DQN

    【前編】先週プロポーズをし、昔付き合っていた彼女の両親との約束を果たしてきた…「君が誰かを幸せにする日まで、それまでお願いするよ」
    144 :◆vcOZ0g8if7/K2012/03/05(月) 18:38:49.09 ID:SgGaCA2/i
    無双がおわり、このあと綾子の家にみんなでむかった。
    じーちゃんと綾子はなんか会話が弾んでた。

    俺はダメージが回復しきってないので、つかれていた。
    とーちゃんはすっきりした顔していた。

    綾子の家につき、ドアを開けてもらった瞬間
    じーちゃんととーちゃんがジャンピング土下座をしていた。

    俺「え、ちょ・・・・」

    無言でひきづりこまれた。

    おとうさんもおかあさんも唖然としていた

    おとうさん「とりあえず上がってください・・・」

    あれ?いま若干笑ってたぞ

    リビングでみんなで話をした。

    1 :名も無き被検体774号+2012/03/05(月) 10:54:42.18 ID:YUFvLaoW0
    立ったら書く

    867:名無しさん@おーぷん2016/05/15(日)23:43:18 ID:5LG
    娘が反抗期で親に向かってATMだの、高卒とか言ってきた。
    子供が中二の頃、いきなりグレた。悪口や悪態を始めた。

    面白いから、俺も嫁も子供以上にグレた。

    嫁さんも、俺も、元DQN
    子供が産まれてからは、更正した。
    まぁ、一月も持たずに泣いて謝ってきた。花屋

    44:おさかなくわえた名無しさん04/02/28 21:21 ID:zjVm7B0M
    一人暮らしでした怖い体験スレで書いたのを貼っていいすか?

    919:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2012/12/18(火) 11:27:01.48 ID:Aei8qpZz

    昔の話。

    車でスーパーに来たDQN女が、降りざまにタバコをポイ捨て。
    拾えと言ったがルッセオンカッカなので、拾って少し開いていた窓から車内に戻してやった。
    その旨伝えて去ろうとするとぶち切れて車で追いかけてきた。しかしこちらは徒歩。

    住宅地で、歩道車道が植え込みでしっかり別れている道路だったので、行ったりきたりして
    おちょくりまくってやった。
    3回くらい頑張ってUターンしてついてきては仲間呼ぶぞコラとか喚いててとても面白かった。

    265:おさかなくわえた名無しさん@(*'ω'*)2016/10/17(月) 15:37:04.05ID:1SURcoeV

    昔、幼稚園児の息子と娘2人でファミレスに行ったときのこと。
    注文しようとしてボタンを押した所、5、6人のヤンキーたちが
    「おいこっち先に来てよ兄ちゃん!」
    とウエイターを呼んで無理やりこさせていました。
    「すいません私が先にお呼びしたんですが」とヤンキー達に言ったところ、
    「ああん?オメェ何だ?若いもんに譲るのが筋だろうよ姉ちゃん」などとのたまいました。
    私たちは気分を害し、家に帰ることにしました。
    近くにいた女子高生に話を伺ったところ、彼等はいつもその席に朝から晩まで居座っり、他の客の迷惑も顧みずに騒ぎ立てるそうです。

    その数週間後、親戚の集まり(といってもごく小規模なもの)が私の家であって、そのファミレスに行くことになりました。私は気が進みませんでしたが、祖父がファミレスなるものに行ってみたいというもので仕方なく行くことに。

    案の定奴らはいました。

    「あれ、あの女この間の奴やん!おーい、久しぶりーwwww」
    私は無視し、ウエイターに案内された席に着きました。
    「ちょっと無視しないでよーwwwあれ、今日は家族も一緒?」

    祖父が「誰じゃこやつらは?」と私に尋ねたところ、ヤンキー達が「爺さん、口の利き方ってもんがあるでしょうよ?こやつらとは何だこやつらとは」と言いながら祖父を小突きました。

    すると祖父は目にも留まらぬスピードでヤンキーの1人の鼻に何かを突き刺しました。よく見るとフォークでした。
    「ワシは大日本帝国軍で鬼の突撃隊長と呼ばれておってのう...あの東條英機すらもワシには口出しできんかったよ」と言い、皇居の方に向かい敬礼をしました。これは私も初耳(笑)

    「んだとコノヤロー!」と言ってヤンキーが殴りかかりました。しかし相手が悪かった(苦笑)彼が殴りかかったのは空手5段のうちの兄でした。ヤンキーはあっという間にボコボコにされました。

    661:1/303/12/11 23:48 ID:pQzKOv1t
    何年か前の話になるが、俺の武勇伝を。

    その日、俺は一人暮らしをしている彼女の家に遊びにいったんだ。
    最初はいつものように楽しくやってたんだが、途中、些細な事からちょっとした口論に。
    んで、二人とも意地になって、顔を合わせず違うことしてたのね。
    そしたら、後ろから「うっ」って声が聞こえて、まさかと思い振り返ると
    そこには手首から血をしたたらせている彼女が。
    (その頃、彼女は精神的に少し病んでいて、リスカをやってた)

    手首から垂れた血は、床においてあるナイフとハンカチの上にポタポタと。
    びっくりした俺は怒りやら意地やらもふっとんで、、とりあえずナイフを奪い、
    彼女に謝りながら、応急処置をした。
    (彼女の思う壺ってのは解っていたんだが、そうしないと余計切ると思ったんで)

    その後、仲直りをし、夕飯を食べ、彼女の家をあとにしたんだが、
    応急処置やその後のフォローに時間がかかったんで、もう外は真っ暗。
    駅までの道のりを歩いていると、歩道横の階段で座っている3人のDQNに呼び止められた。
    聞こえなかった振りをして、そそくさとその場を去ろうとすると
    「兄ちゃんちょっと待ってくんない?」と、言いながら
    いきなり体格の良い金髪DQN(以下A)が走ってきて腕を俺の肩にまわしてきたんだ。
    「ちょっとこっち来てよ?」とお願い口調で言ってる割に、強引に俺を狭い路地裏まで連れて行く。
    完全にビビリっぱなしの俺は、されるがままに路地裏の奥へと。

    453:おさかなくわえた名無しさん2006/11/15(水) 00:10:39ID:Bw5dL4IQ
    俺が高校生のときの話、人通りの多い町を歩いていると
    70くらいのおじいちゃんがDQN4,5人に絡まれてた。

    どうやら歩いてるところを
    おじいちゃんがDQNにぶつかってしまったらしく、
    DQNがそのことをしつこく攻め立てている模様。

    おじいちゃんは「ごめんよ、すまなかったねぇ」
    と謝っているのに
    DQNは「土下座せんかい!」と調子に乗っている。
    おじいちゃんは土下座して
    「これでいいかね?いやあすまなかった、すまなかった」
    と謝っている。

    やりすぎだと思った俺は止めに入ろうとすると
    後ろから50くらいの
    いかついやーさんみたいな人が割って入った。

    「会長!大丈夫ですか?しっかりしてください!」

    どうやらそのおじいちゃんはやーさんの頭だった模様。
    一気にDQN達の顔がこわばる。

    そのおっさんは
    「お前らなにさらしとんのじゃコラァ!!」と怒鳴りつける。
    DQNは半べそ。
    するとおじいちゃんはおっさんを止め、
    「いいって、いいって。まだ若いんだから」と笑顔。

    結局おじいちゃんとおっさんは行ってしまったが
    DQNはしばらく動けなかったみたい。
    能ある鷹は爪を隠すって言葉を改めて感じた。

    187: 1/42012/01/07(土) 15:21:54.68 O

    携帯からなので改行がおかしくてスマソ。

    長文注意

    現在超良ウトメと同居中。義姉も良い人。
    ただ1人、義妹だけがイラン。

    義妹は真性DQNで子供(男2人)は誰の子か不明。
    名前もふざけた物で、長男の父親はA男だが出産時に付き合っていた男の名前がB男だったので
    「B男愛してる(はぁt」という意味を込めて長男の名前は「B愛」みたいな感じで名付けた。(次男の名前も同様に「G恋」
    彼氏が変わる度に「D恋にする」「F恋にする」と喧しかった。

    なんやかんやありG恋を産んでから、義実家一同+私達夫婦は義妹と絶縁。
    やっと訪れた平和と思いきや…。 

    【前編】DQNな義弟夫婦が「夫婦水入らずで中国に1週間旅行にいくのでよろしく」と自転車で15分くらいの距離に住む姑に頼まず、うちにガキを持ってきやがった→結果www
    909:70302/09/06 11:49
    ごぶさたしておりますが、703です。
    仕事が忙しかったのでしばらくROMってましたが、その後を報告しますね。
    もちろんあれからも色々ありましたとも。
    あれからすぐ、義弟夫婦は姑のところにガキ奪還に向かったのですが、
    「ママ嫌い!ババといる!」と帰宅を渋り、カッとなった義弟嫁が
    ガキを張り倒したため、そこで義弟嫁vsババのバトルになったそうです。
    義弟嫁は気分にムラがある女で、すぐ叩くなど、よくガキに八つ当たりとしか
    思えない態度を取っているので、ガキにしてみれば久々に平穏な日々だったのでしょう。
    そこで義弟が姑の肩を持ったため(俺らも疲れたし、もう1日預けとこうよ、と言っただけですが)
    キィイイイッ!となったアフォ義弟嫁が無理矢理ガキの腕を引いたらポコン、と脱臼。

    ここまでは姑から聞いた話です。
    ガキの脱臼は大したことなかったそうですが、
    なんとまあ呆れたことに義弟嫁の父親からうちに電話がきたんですよ。
    「そもそも、あなたがお姑さんなんかに預けたからこうなった、責任をとったらどうだ?」ですって。
    もう、親子揃って香ばしくて香ばしくて、笑うしかないですよ。
    でも幸いにジジィはわりと冷静ぽかったので、経緯を1つ1つ話して聞かせました。
    勝手にガキを連れてきたこと、着替えも礼金もなく、こともあろうに
    私が承諾していないのに強引に捨てるようにガキを置いて慌ただしく旅行に行ってしまったことなど。
    そしたらなんと、義弟嫁、全然違うことを親父に言ってたことが判明。
    義弟嫁の脳内シナリオでは、私が「お願い!私に面倒見させて!」と懇願するので
    渋々預けたら、手に負えなくなって姑に丸投げしたことになってましたw。
    ジジィは「そうですか・・・じゃあ娘とまた話し合ってみます」と引っ込みましたが、
    また1つ2つ祭りがありそうなので、ジジィとの会話は録音しておきました。


    で、今晩、ダンナが出張から戻ってくるんですよ。
    明日、義実家に夫婦で行く予定ですが、絶対この一連のバカ事件が話題にのぼるはずなので、
    私たち夫婦にも祭りが起きるかも・・・。
    また面白いことがあったら報告します。

    このページのトップヘ