ATM

    878: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/18(火) 11:59:24.85 .net
    レスられて早一年。 
    先日の話し合いで、
    もう話し合いも辛い、夫婦生活は諦めて、と
    嫁にはっきり言われた。

    愛情の確認もなしに、なんの為に一緒にいるのかと聞くと、
    子供の為という。 
    夫としての価値はゼロ、父親としての俺にしか用はないということだ。 

    その日から、以前は結構やっていた家事の手伝いを一切やめた。 
    家事は本来専業の嫁の仕事、俺は稼ぐのが仕事。 
    それを愛情や労いの気持ちがあるからこそ手伝っていたのだ。 

    愛情が否定された今、手伝う理由は全くないわ。 
    感謝ももう言わない、お互いの役割をただ果たせばいい。 
    盆は好きなだけ趣味三昧、子供と遊び放題で楽しかった。 

    これからは子供と趣味の為に生きよう。 
    嫁への片思いはもう終わりだ。

    733: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/12(火) 13:27:07

    俺も実際やられたけどな 

    俺の場合は当日、休日前にへとへとで残業から帰ってみると、
    嫁と子供がおめかししてた 
    俺は焦って、記念日とか外食とか何か忘れてないか、
    すんごい勢いで疲れた頭回転させて、ついでに言い訳も考えてた 
    「帰ってくるの遅いじゃない!」何にも思い出せないので、
    しどろもどろになってたら 
    嫁が「夜行バスでおじいちゃん達と
    (義両親)TDL行ってくる、二泊三日で」 
    俺ぼけーと聞いてたら、「言ってなかったっけ後ヨロシク」・・・・・・・
    最初から俺は行かない事になってた、
    確かに残業続いてて誘われてても断ったと思う 
    嫁子が家出た後、あいつら全員ぶっコロしてやりたい気持ちが湧いて
    頭かきむしった、スグ治まって虚しくなったけどね 
    ああ俺ATMなんだなって自覚した、
    10年近くレスだしな、一人になって少し涙出た 
    旅費は半分義両親持ちみたいだ、当たり前か 

    休みの間に家の中メチャクチャにした、
    家捜しして貯蓄用通帳持ち出してアパート借りて 
    自分の荷物だけ持ち出して、緑の紙置いて出てきた 
    子供の事で一瞬迷ったが、嫁の洗脳で最近俺のこと
    バカにするようになって来たし、離婚成立してから考えようと思った 

    いままで嫁子に気を使っていたのがバカバカしいとしか思えなくなってた 
    なんかポエムになってきたな、あとは箇条書きで 
    携帯バックアップ取って解約 
    弁に依頼 
    会社に連絡してくる>無視 
    現在協議中 

    尊敬しろとまでは言わないが、最低限の敬意をはらえないなら
    一緒にいる意味無いな、養う気もないし

    42::2011/06/28(火) 19:47:02.08 ID:


    今月の中頃。
    俺が外出先から帰宅した時に、リビングで友達と電話中の嫁。
    俺の帰宅には気付いてない。
    会話の内容を陰から聞いてると、
    「旦那は低性能ATM」
    「旦那の貯金はエステと彼氏とのデート代で消えたw」
    「新しい彼氏と温泉旅行に来週行くの」
    「私が何年も夜の相手しないから旦那は自室で自慰三昧(爆笑)」

    次から次へと出る信じられない言葉…

    今月で仕事辞めようと決意し、先程部長に辞表を提出してきた。
    引き継ぎで1週間ほど時間が掛かるが、仕方ない。
    失踪し、どこかでひっそりと暮らすよ。
    幸い、親に預けてた金が500万くらいあるし、しばらくは生活できるだろう。

    265:名無しさん@HOME2008/06/25(水) 23:28:36

    エネと判別した夫から絶賛、逃亡中。
    正直、もうどうにでもなれと自分でも神経おかしくなっていて、
    テンションおかしいです
    前スレ読んでて、私に似た状況の人もいてちょっと一安心。

    文章が下手なので箇条書きで説明します。

    私:会社員、研究職、研究がらみの特許を持っているので(チームで)、その使用料で給料は少しいい
    エネ夫:同じ会社の営業、人当たりもいいし、見かけも悪くない(と思う)2つ年下
    トメ:近距離(2キロぐらい?)別居、ちょっとお金に細かいかな?と思ってたけど、
    細かいところに気づくいい人だと思ってた・・・・。
    ウト:空気、無口な人で、いつも本を読んでいる印象しかなかった。
    義兄・義兄嫁:ともに看護師、近所の病院に勤務していた。時々、カオを合わすけど、妙によそよそしい人たちだった。
    一男一女(5歳と8ヶ月)


    874名無しさん@HOME2014/09/28(日) 19:46:00.72 0.net
    主人、私共にアラフォーで、7歳と13歳の子供がいます。
    今の家が手狭になってきたので自宅を買いたいと夫に相談したら絶対嫌だと言われて、
    しまいには年内に離婚すると言われました。
    夫が子供を作ったときのことを深く根にもっていて、
    もう一生許す気もないし、何をされてもムダと言います。

    お前が二人目が欲しいといったとき、
    お前にはこれ以上の負担は無理だからやめろって言ったよね、
    それでも産むといったのを忘れたように、何かにつけて責任感がないとギャンギャン怒鳴って
    俺がそれに言い返したらふてくされて何なんだ。
    上の子が生まれてから一度も関係がなかったのを
    無理矢理付き合わせて妊娠して、また完全に拒否して俺を何だと思ってる。

    少なからず身に覚えはあったし、そこまで思い詰めているとは思わなくて。。
    それに、主人は子育てに協力的ではなく、私も冷たい態度になり
    家の中ではすっかり私と子供たち 対 主人になってました。

    交流を持とうにも部屋にこもって出てこないのは主人です。
    私も悪かったけど、貴方も人のこと言えた義理じゃないよと
    言い返したら、もう離婚したい、もう一緒に生活したくないと言い、
    出ていくと言います。
    なら今までどおり生活費を払ってよね、責任とりなさいよと言ったら、
    黙って壁を殴り、大穴をあけました。賃貸なのに。

    それから出かけて帰ってきません。
    来月の生活費が不安になったので主人の給与口座のお金を全額おろしてきました。
    主人の貯金通帳は全部私が管理しているので、多分困ったら帰ってくるとは思うのですが
    どうしたらいいでしょうか。
    正直暴 力をふるわれそうで怖いです。

    569::2015/10/18(日) 23:32:19.82 ID:

    うちのマンションの上の階の夫婦が、怒鳴り合いの喧嘩してるのが聞こえてくる。
    今晩は特に激しくて、なんか怖い。

    862:名無しさん@お腹いっぱい。2013/02/22(金) 19:19:26.44
    俺39歳、嫁37歳
    家庭内別居9年。嫁との会話月平均15秒。
    子供も小学5年生になったし、中学上がる前で離婚しようかなと考えてた矢先、
    俺の癌が見つかった。

    嫁と結婚し、ATMとして扱われ、人生どうでも良いと思って生きてきた。
    仕事も激務だったけど、ボロボロになるまで働いた。家に居場所も無かったし。
    医者が言うには、どうやら俺は
    6ヶ月持てばイイ方らしい。あえて治療はしないで自然に任せることにした。

    仕事も辞めよう。残された時間は自分自身の為に使おう。

    生命保険には入ってないから、俺がタヒんで嫁が喜ぶのが回避できたのが幸いか。
    このスレの住人には言い残して行こう。

    「人生は短い。お前らの人生は自分自身が楽しむ為だけに有る」

    じゃ俺は先に逝ってるから、お前らは後悔しない脱ATMライフを送ってくれ。 

    298:名無しさん@お腹いっぱい。2009/02/09(月) 21:22:51
    レス7年目。

    最初の数年はレス解消に向けて努力してきた。

    639::2011/07/25(火) 21:27:50 ID:

    「お前から金を取ったら何か残るんだよ!」
     
    と日曜の晩、嫁に言われた・・
    帰ったって誰が待ってるわけでもなし、なんであんな所に帰らないといけないんだろ・・・

    【前編】真剣に私と向き合ってほしいと思ったから夫に離婚届を突きつけた…まさか本当にサインするとは。今、調停・裁判に進んでいますorz
    491::2011/04/06(水) 19:56:27.27 ID:
    先月末に二審の裁判が始まりました。
    私と私側弁護士、夫の弁護士3名の出席でした。
    夫の弁護士さんに夫は欠席なのか、と聞いたところ
    「前も申し上げた通り、離婚回避が前提のテーブルには着きません」
    と言われました。

    まず私はここがおかしいと思います。
    離婚する、しないの話し合いは避けて通れないはずです。
    まずは私の言い分、夫の言い分を存分に話しあってから、その次に
    「離婚が本当に必要かどうなのか」を探るべきだと思うのです。

    このページのトップヘ