都会

    707:名無しさん@HOME2016/06/29(水) 17:31:01.70 0
    義弟嫁とそのグループほんと訳わかんない

    私は娘の病気のこととかあって、5年位前に義実家の地域に引っ越してきた
    義実家は農家だけど、
    後継はお義父さんの兄弟血筋に決まってるから旦那は普通の会社員

    こっちに引っ越してから娘の病気は良くなるし、
    私もつられてなんだか体調が良くなってさらに男女の双子を産んじゃった

    後継は別にいても義実家の農作業は一家で手伝いに行ったり
    そのくらいのことはしてる
    だっていつも美味しいお米とかお野菜とか海産物とか、
    私の実家に送る分までたくさん頂くから。当然だと思ってる。

    だから手伝わせてくださいって言った時、
    自分が産まれも育ちも都心部だから最初はちんぷんかんぷんだったけど
    旦那やお義父さんお義母さん達が丁寧に教えてくれた。
    義実家の人達はいいお嫁さんが来てくれたって褒めてくれるけど、
    どう考えても世話になってるのはこっちの方で恐縮する。

    でも1年位前に義弟一家が引っ越してきて、
    集落からちょっと離れたニュータウンの奥さん達とつるみだしてから
    なんだかずっとモヤモヤ中

    膿家(ほんとにこう書いてた)は閉鎖的で嫌よねー
    みたいなメールをしょっちゅう送ってくる
    さらに同じ都会育ち同士なんだからアナタ味方よね!?みたいな論調で。

    いい加減にしてほしい。
    その閉鎖的とかいう理由もどれもこれも自分勝手だし。
    引っ越してこの方ここの人達が閉鎖的だなんて感じたことないよ
    あの人達さえ関わってこなければ平穏な生活だったのになーという愚痴

    94 :名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土) 12:18:14 ID:fuj
    衝撃、というか恐怖体験。

    田舎生まれ田舎育ちの私。
    おばあちゃんちとか鍵をかけてないくらいの田舎。
    大学進学に伴い、都市部で一人暮らしを始めることになった。
    引っ越しの時、従姉(同じく都市部に進学、就職、結婚。この時は出産の里帰りしてた)に
    「鍵は絶対にかけること!帰って玄関ドアをくぐったら、何より先に施錠!
    チャイムが鳴ったらまず扉越しに応答!
    宅急便が来たらドア開ける前に『送り主は誰になってますか』って聞く!
    受け取りはドアチェーンをかけたまま、
    受取状だけ受け取ってハンコついて『荷物はそこに置いといてください』って言って、
    扉の前から人がいなくなったことを確認してから回収!」
    と厳しく言われた。
    まったくピンとこなかったけど、従姉の言いつけなので守っていた。

    ある日、チャイムが鳴って
    「宅急便です、お荷物お届けに来ました」
    と男の人の声がした。
    実家から荷物が来るときは必ず連絡があるのに、その時はなかったし
    通販も頼んでない時だったのでなんだろうなと思いつつ、いつものように
    「送り主は誰になってますかー?」
    とドア越しに聞いた。

    そうしたら、わずかな沈黙の後、バン!とドアが鳴って(多分殴ったか蹴ったんだと思う)
    それっきり何の音もしなかった。
    ドアを叩かれた時点でビビって硬直したけど、
    郵便受けに不在票もなく、家族や友人の誰も何も送ってないことが確認できて
    それが完璧に不審者の仕業と確信した時が恐怖と衝撃の頂点だった。

    あまりにも怖かったので親に泣き付いて引っ越し。大学の女子寮に入ることになった。
    窮屈で不自由も多かったけど、あんな怖い目に合うよりマシだった。
    本当に怖かった…生まれて初めて、はっきりとした害意にさらされたっていうか。
    厳しく言ってくれた従姉にはすごく感謝してる。

    このページのトップヘ