鬼女タウン

当サイトでは、2chの生活系のスレッドをまとめています。 主に鬼女、キチママ、修羅場系、に関するものです。

    覚醒

    929 :鬼女タウン 2016/02/03(水) 18:42:19 ID:gH7
    エネme話で叩かれそうなので書き捨て。
    結婚して15年、もう本当にエネmeだった。頭にお花が咲いて、いい格好しいだった。
    「私さえ我慢すれば」「子供ができたら、この人もきっと変わってくれる」
    「告げ口なんてはしたない」「頑張りはきっと誰かが見ていてくれる」
    「誠意の通じない人なんてこの世にいるわけない」
    全部本気で思ってた。
    でも「子供ができたら~」は叶わなかった。
    これは後でわかったんだけど、夫、私と結婚前にパイプカットしてた…。

    結婚後は即同居。
    義理両親、夫、私、義兄、義姉(出戻り)、義姉子2人、義妹、義祖母の10人家族。
    10人分の家事って、それだけで一日が終わるくらいの量。
    洗濯機は一日何度も回さなきゃならないし、食事も三度三度、義父と夫と義妹と義姉子たちのお弁当作って
    義祖母の介護して、義姉子が帰ってきたら世話して…買い物行く暇もない。
    みんな洗面所を使った後は床がびしゃびしゃだし、トイレも朝夫たちが出勤したあとはすごい悪臭+床の汚れ。ちなみに和式。
    渡される生活費は12万。充分じゃん?と思うだろうけど、10人分はだとカツカツ。
    ここから義祖母のオムツや医療費、義姉子の月謝やおやつ代も出さなきゃいけないし。
    夜は義父の背中を流させられる。さすがに服を脱ぐのは拒否。背中殴られたけど、拒否を貫いた。
    義母は空気。義姉は鬱病だそうで、一日中ぼーっとしていて何もしない人。携帯が普及してからはずっと携帯いじるようになった。
    義妹は唯一まともに私としゃべってくれる子だけど、どうしようもなくDQN。
    義兄は自分以外の全てが嫌いで、特に女が嫌いっていう人。
    義姉の娘を陰で虐待してた(肉体的暴力)。やめさせたら唾吐いてきた。
    夫は空気。結婚したら空気になった。

    59:名無しさん@おーぷん2014/12/15(月)19:00:16ID:UsS

    旦那…DV男。のち元旦那
    私…バカ。エネme乙だった
    ぷりん…旦那の浮気相手。のち本気相手
    友達…友達。いろいろスマンカッタ

    旦那にDVされ、友達には「離婚しろ」と言われるもデモデモダッテだった
    「でもあの人にはアタシしか居ないから~」とか。頭沸いてた
    後に友達は
    「あんときのアンタ、切れた唇歪めて笑ってたよ。キモかった」と。
    スミマセン
    今となってはお笑い草だが、本気で「アタシしか居ない」と思ってたんだ
    だから浮気が発覚しても容認。
    「本気じゃないからアタシの元に戻ってくる」って
    これも友達に相談して↑こう言って呆れられてた

    そうしたらぷりん妊娠。
    それでも「アタシしk(以下略
    しかし旦那が
    「アイツ(ぷりん)のもとに行ってやりたい。子供を抱いてやりたい」と言い、
    「アタシだけじゃなかった」と遅すぎる覚醒をした
    すでに友達は呆れきってて距離置かれてたというか
    むしろFO寸前だったがどうにか保留にしてもらい
    友達にデモデモダッテ禁止を言い渡され、
    友達に言われるままに旦那・ぷりんに離婚・慰謝料請求
    旦那大暴れ(全部録画録音。友達案)、
    病院に行き診断書を発行してもらい(友達案)
    ぷりんには「子供を持てないのが悔しいんだ」と嘲られ(全部録音)

    結果無事離婚。
    元旦那は晴れてぷりんと再婚。
    ぷりんからは嫌味たらしい結婚しましたハガキが送られてきた
    ここまで付き合ってくれた友達ありがとう

    その後旦那はぷりんにDV三昧。
    何故かぷりんは私に泣きついてくる
    家にまで押しかけられ、さすがに「何で私に」と聞くと
    「同じ男を愛した女同士もはや夫婦以上の絆がある。力を貸して欲しい」とな
    しかも
    「●ちゃん(元旦那のこと)と
    ○クン(旦那とぷりんの子)を交代で世話しましょう」と
    すげぇ。
    私以上の馬鹿だ

    393 :名無しさん@おーぷん 2017/07/25(火) 22:37:11 ID:vWq
    復讐か微妙だけど
    うちは教科書に載せれるくらい典型的な長男教
    物心つく前から兄と私で差別があったから、
    にちゃんの長男教の話見ても
    「こんな家庭あるんだー」って思うくらいだった
    成長して就職して一人暮らしを初めても、実家に月30万を入れれいたんだけど、
    それなのにほぼニートの兄のほうがすごい、お前はクズwwwと言われても
    「まあこんなもんかな」と思ってた

    でも去年の今頃、なぜか急にこれはおかしいんじゃないか?と思い始めた
    きっかけは小さいんだけど、私の数ヶ月前からの約束を
    「お兄ちゃんがカレー食べたいって言い出したから作らなきゃだからいかない」って意味不明な理由で断られたから

    その約束ってのが私の20才の誕生日のお祝いなんだよね
    人生で一度も親に祝われたことがなかったから、
    私のコツコツためたお金でディナーを予約してて、カレーだからね

    それで一気に目がさめた
    その日から実家への仕送りをやめた

    呼ばれたら必ず行ってた無料タクシーも買い物(費用はもちろん私)もやめた
    最初は怒ってた両親だけど、
    自分達のやってたことに自覚があったのか、
    媚を売るようになり
    しまいには泣き落としを始めた

    仕事もとっくにしてないし、
    私がいなかったら生きてはいけないだろうけど一切連絡をとってない
    家に金を入れるためにしてた風イ谷の掛け持ちをやめてから気分が晴れやか

    1:名無しさん@おーぷん2014/10/08(水)15:24:04 ID:ktGIX49cM
    「芋食うなんてお前ばばあかよ!」とののしられたあげく大学芋捨てられたwwwwww

    162 :名無しさん@おーぷん
    よその人から見たら、全然ありふれた話なんだろうけど、自分なりに目覚めた瞬間が修羅場。
    実家には両親と兄。父は定年→嘱託。母はずっと専業。兄は高校中退→専門学校をはしごし続けて30越え
    私は県外で働き、一応正社員。
    手取り15万の給与のうち、8万を仕送りしていた。
    たまに母から無心があるので、運送屋やガソスタのバイトで補填していた。
    なんでかわかんないけど、いつか母が自分の頑張りを認めて
    頭を撫でて、「ありがとう」って言ってくれる日が来ると信じていた。
    ある日、銭湯からあがって、疲れてぼーっとしていた。
    全然知らない人から、いきなり500円玉を握らされて「なんかおいしいもん食べな」って言われた。
    ??と思ってたら、「あんた見るたびに痩せてるから、おっかない」と言ってその人は去っていった。
    体重はそれほど落ちてなかったので、再度??と思った。
    でも姿見を見たら、顔が青黒いミイラみたいな女が映っていた。
    「ヤバっ」と思った。

    929 :鬼女タウン 2016/02/03(水) 18:42:19 ID:gH7
    エネme話で叩かれそうなので書き捨て。
    結婚して15年、もう本当にエネmeだった。頭にお花が咲いて、いい格好しいだった。
    「私さえ我慢すれば」「子供ができたら、この人もきっと変わってくれる」
    「告げ口なんてはしたない」「頑張りはきっと誰かが見ていてくれる」
    「誠意の通じない人なんてこの世にいるわけない」
    全部本気で思ってた。
    でも「子供ができたら~」は叶わなかった。
    これは後でわかったんだけど、夫、私と結婚前にパイプカットしてた…。

    結婚後は即同居。
    義理両親、夫、私、義兄、義姉(出戻り)、義姉子2人、義妹、義祖母の10人家族。
    10人分の家事って、それだけで一日が終わるくらいの量。
    洗濯機は一日何度も回さなきゃならないし、食事も三度三度、義父と夫と義妹と義姉子たちのお弁当作って
    義祖母の介護して、義姉子が帰ってきたら世話して…買い物行く暇もない。
    みんな洗面所を使った後は床がびしゃびしゃだし、トイレも朝夫たちが出勤したあとはすごい悪臭+床の汚れ。ちなみに和式。
    渡される生活費は12万。充分じゃん?と思うだろうけど、10人分はだとカツカツ。
    ここから義祖母のオムツや医療費、義姉子の月謝やおやつ代も出さなきゃいけないし。
    夜は義父の背中を流させられる。さすがに服を脱ぐのは拒否。背中殴られたけど、拒否を貫いた。
    義母は空気。義姉は鬱病だそうで、一日中ぼーっとしていて何もしない人。携帯が普及してからはずっと携帯いじるようになった。
    義妹は唯一まともに私としゃべってくれる子だけど、どうしようもなくDQN。
    義兄は自分以外の全てが嫌いで、特に女が嫌いっていう人。
    義姉の娘を陰で虐待してた(肉体的暴力)。やめさせたら唾吐いてきた。
    夫は空気。結婚したら空気になった。

    このページのトップヘ