義実家

    【前編】偽実家でひたすら無視されてた私。コトメの結婚が決まった時、ペーパーアイテムや引き出物を用意するよう命じられたので、コトメ画像に少し加工して配らせたwww
    748:小島嫁 ◆wjcS8kT5Uo2008/02/25(月) 23:16:11
    コトメの結婚式引き出物のラブラブ画像に鼻毛わき毛落書き加工して配らせた
    DQN返し小島嫁です。

    その後というには早いですが良い事なので報告させてください。
    コトメ夫と話し合い結局引き出物の事に関しては私が慰謝料(弁償金)を払って
    決着をつける事になりました。
    DQN仕返し以外の部分は端折ってしまったので後出しになってしまうのですが
    最初コトメ夫はコトメへの不信感とは別にして私への怒りも当然ありました。
    「何でこんなバカみたいないたずらをしたのか」
    「自分が親類友人知人に何と言われたかわかるか」
    もうこれに関しては言い訳できない。謝るしかなかった。

    でも今までに私が偽実家にされた事と結婚してからを全否定(女中発言)で
    もう自分だってどうなっていいからとにかく傷つけたかったと正直に言ったら
    許してくれ、更に偽実家がそこまで私を追い詰めた事を謝ってくれました。
    (ちなみにコトメ本人は一切謝らなかった。)
    その上で今後コトメがそれを材料にしないように相場の慰謝料で決着。
    改めてコトメ夫に会いお金を渡しこれで私のDQN返しは決着しました。

    そういうわけで後は普通に(?)離婚を進めるだけになったのですが
    コトメ夫の弁護士から信用できる弁護士を紹介して貰えるようになりました。
    DQN返し前から離婚だけは決めていて弁護士と話をしていたのですが
    やたら再構築を進める人で結局決裂、その後は自分で対応して疲れてたので
    これをお任せできるようなるだけでもとても嬉しいです。
    コトメ夫とは戦友のような間柄になっています。
    話し合い後は(不謹慎なんだけど)漫画で男同士が殴りあいして夕日バックに
    「なかなかやるじゃん」「お前こそな」みたいな雰囲気ですw

    789:名無しさん@HOME2008/02/21(木) 11:04:46
    偽実家(ウトメ+毒コトメ)でひたすら無視というか空気として扱われていた私。
    話に混ぜてもらえないはデフォで具体的には

    ・私だけご飯が出ない
    トメ曰く「食べてきたと思ったから」一緒に来てる夫の分はちゃんと作る
    ・私一人置いて外食に行く
    話に加わってないので予定も知らずトイレとかで席を外すといつの間にかいない。
    「気分が悪そうだったからゆっくり休めるように労わってやった」(トメ)
    「腹減ってるならコンビニで何か買ってくればいいじゃん」(夫)
    ・何故か夫の縁談の予定の話をする。
    「息子ちゃんのお嫁さんは○○(私とは正反対の言葉が入る)がいいわね〜」
    「お兄ちゃんの結婚式は××で挙げてよ!コトメ××に旅行したいw」
    私が怒ると「例え話だし何マジになってんのww」と冗談にする。

    文章にするとたいしたこと無いし他の人の強制労働に比べたら楽だと思うんだけど
    みんな笑っていて一人だけ無視って本当に堪える。
    だから夫には「一人で行って来て」と頼んだのに「そんなわけにはいかないだろ」と
    押し切られてしまって4年も耐えてしまった。

    そしてコトメの結婚が決まった。
    私は「常識無いからちゃんとした場に出れない」という意味不明理由で出席できず。
    (まあしたくもないけど)
    でも何故かお祝いは共働きの家計からしっかり二人分包まなくてはいけない。
    更に私はパソコンを使う仕事(製図関係)なので招待状・座席表のペーパーアイテムは
    全て私が完璧に仕上げなくてはならない。
    引き出物のラブラブグッズ(写真入り絵皿とか)も私が(ry
    さんっざん文句言われながらもしっかり納品してやりましたよ。

    【前編】結婚後、夫が変わった。精神的に弱く不安定+PTSDで人付き合いがとても苦手の私に義実家・親戚との付き合いを強要するように…
    821:6222007/05/11(金) 12:16:02
    前スレ622です。スレがすごく進んでいてびっくりです。
    昨日はありがとうございました。
    色んな意見が聞けて、自分にも問題点(自分自身で首絞めてた。
    言いなりになりすぎてた)があることが解って、考えさせられました。
    上手くまとめられなくて長くなってしまいますが昨日のことを書きます。
    アドバイス頂いた録音できる物がビデオカメラしかなくて、
    それを持って実家に駆けつける

    今朝旦那に渡した紙を挟んで
    父が旦那に激怒中。
    旦那は明らかに殴られ顔。
    父は
    「お前がこんな苦しんでいるなんて知らなかった!!」と
    突然良い親モード。
    (父に以前相談した話は他のことに夢中で、
    右から左に受け流していた模様)

    父が何故私に親をちゃんと
    頼らなかったのかと怒りだしたので
    「説明しても『仕方ない、我慢しろ』って
    言ってたのは父さんでしょ!」
    と言い返したら
    父もま私が言い返すと思わなかったらしく
    「あれだ、お前の説明が悪かったからだ。たぶん・・・」
    と意気消沈。

    それでも
    「とにかくこんな男は訴えろ!
    慰謝料貰うべきだ!
    (というか自分が金欲しいだけ)」
    とうるさいので
    とりあえず旦那と話がしたいから
    待っててくれと親を待機させて、
    元の私の部屋に行って
    旦那と話しました。

    622:1/22007/05/10(木) 12:27:32
    今朝、エネ夫と対峙してきました。
    私は精..神的に弱く不安定+PTSDがあって、
    人付き合いがとても苦手です。
    沢山のしきたりがある、皆が親戚同士のような遠方の義実家に行くのはかなり恐怖です。
    夫は婚約後(一年前)から急に昔の人間みたいな脳味噌になってしまい
    「何度も行けば慣れて怖くなくなるよ」「早くお袋の味を覚えて」
    「結婚って言うのはこういうものなんだから我慢して」と、
    出来ない、行きたくない、怖い、と泣く私に言ってきます。(口調は優しいですが)
    義母は夫に似て口調は優しいけれど、完璧主義で厳しい人です。
    私にコウトたちの洗濯物を干させた後に、
    義母が全部チェックしてやり直しさせられたりします。
    テレビを見ているコウトたち本人に干させればいいのにと夫に愚痴.ると
    「でも君は俺の妻だし、君が干すほうがみんなの評価も上がるよ」と
    返されて、何か変だと思うようになりました。

    875:名無しさん@HOME2014/08/10(日) 20:36:24.58 0
    スカッになっているかどうか分からないけど投下
    24歳で最初の結婚をしたのだが偽両親と独身の偽姉二人と同居
    偽両親と偽姉二人は無職で元旦那の給料は私の給料より少なく
    馬車馬のように働かされる毎日

    家事も収入も全て私に依存していた上に元旦那は長男なので
    男の子産めプレッシャー
    私の独身時代の貯金を偽姉たちに浪費され3年経っても
    子供一人産めない石女として一方的に離婚

    その後私は30になる前日に地元の幼馴染と再婚
    旦那家族は私の離婚歴も受け入れてくれた
    今は旦那と子どもが三人(娘娘息子)と忙しいながらも幸せに暮らしていた。

    そんな中、旦那が仕事に、娘達が幼稚園に行ってる時に
    元旦那と偽母が我が家にやってきた
    インターホン越しに偽母が泣きながら

    「病院で診て貰ったらムチュコタンは子どもの産めない体だった!
    偽姉は二人とも嫁に行ってから
    連絡はくれないし偽父は年金払ってないから脳梗塞になったのに
    病院にも入院できず世話する人も居ない!
    だからあなたの子供を養子に頂戴!元嫁として当たり前でしょ!」

    という支離滅裂な事を言ってのけた
    その時、偶然家にいた義姉が、私が困惑しているのを察知し代わりに
    偽両親どもに向かって

    「そんな頭のおかしな事言われたのに子どもを渡すバカがどこにいるんですか?
    今すぐ警察に連絡しますよ」

    偽母「何よ偉そうに!我が家は武家の末裔で・・・フジコフジコ
    その女が嫁に来るまでは我が家は平和だったのに、その女は疫病神よ!」

    義姉「疫病神?嫁ちゃんは福の神を通り越して女神ですよ。
    私夫婦で長年不妊治療をしていて半ば諦めていたんですけど
    昨日遂に妊娠が分かりました。
    どうせ子どもが産まれないのも何もかも全て嫁ちゃんのせいだって言ってたんですよね?」

    偽母「・・・」

    義姉「一歩でもこの家の敷地に入ったら警察呼びますよ。二度と来ないで下さい。」

    実は義姉さん、妊娠を伝えるためにうちに訪問したのだ。
    その後お姉様は元気な双子の男の子を出産しました。めでたしめでたし。

    302:名無しの心子知らず@無断\(^o^)/2015/04/10(金) 07:56:41.10 ID:/yISHHta.net
    私20代前半、バツイチ
    旦那、30代前半、バツイチ

    私は旦那のDV、不倫により離婚
    旦那は嫁の不倫、借金により離婚

    お互い二人の子供が居て旦那の方はプライドが許さないと言った元奥さんに引き取られた。

    離婚後1年くらい経って知り合い2年後結婚することに
    それまでは良かったのだが異常なくらいの義実家からの嫌われよう。
    話すらしてくれない会ったこともない状態が1年続く。
    その時に3人目(夫婦間では初の子供)妊娠。

    義実家に連絡したが旦那の子供じゃない、
    それでも結婚したいなら勝手にしろ顔も見せるな
    それで親に会わずに結婚出産、
    孫とは認めないと手紙が届いても流してました。

    80:名無しさん@HOME2008/09/23(火) 22:42:01
    三年半前にDQN返した義姉夫婦が自爆した(・∀・)
    親戚宅の玄関ぶち壊して御用になった!
    刑務所にでも入ってくれれば義姉の来襲に怯えなくてもいいって
    トメは泣きながらもホッとしてた。
    ここを見てまたいつかくるであろう
    義姉夫婦との対決に備えるよ。

    【前編】借金塗れで倒産も時間の問題の義実家家業。それを必死で金銭援助する夫含めたバカ兄弟。このままだと兄弟家族も共倒れ。だから嫁同士で結束、離婚を突きつけた→結果www
    339:タッグマッチ嫁 ◆wdUAaTPjsA2008/10/22(水) 20:48:52
    スレ124で、
    夫兄弟が沈没寸前の義実家(自営)にお金をつぎ込み
    嫁3人で離婚を申し出る計画をしてた者です。
    流れぶった切りますが、よろしくお願いいたします。

    今日、無事に私と義弟夫婦の離婚が成立いたしました。


    思いのほか早く諦めてくれたので、ほっと一安心です。
    ・元夫→ママンの事を助けない嫁なんてイラネ。離婚?はい喜んで!
    ・義弟→離婚?そんなことしたら困るのお前じゃん。
    親にも疎まれてるお前にバツついたら、生きてる価値ないじゃん。いいよ判押してやるよ。
    後で泣きついても知らないからな!ということで、弁護士さんに散々悪態つきながらも
    素直に判を押してくれたようです。
    普段大人しい私たちが反旗を翻した(と言うか正当な要求だ)のが面白くなかったらしく、
    「これは一種のお仕置きですから。」
    と寝言を言いながら離婚届を書いてくれました。

    双方の弁護士さん曰く
    「離婚についてあまり真剣に考えてないようでした。
    後から色々気付いて接近してくるかもしれませんので
    その対策も必要ですね。」
    との事でした。戦いはこれからですね。

    387:名無しさん@HOME2008/10/01(水) 10:13:08

    エネ話に無理やりくっつけるけど、私は実家にいくと一切財布を開けないw
    実家の親や兄弟が「普段お金で苦労してる分、うちではゆっくりしなさい」と言って
    絶対受け取ってくれない。
    中元歳暮・記念日の贈り物も一切してない。

    と言うのも、うちは旦那の稼ぎの7割を義実家に援助してるから。
    旦那は残りの3割で光熱費と自分の小遣いにしてるので
    光熱費を除く生活費全般は私の給料から出している。
    義実家は自営をしてるんだけど、倒産は時間の問題。
    旦那兄弟からの援助を受けて、ほぼ自転車操業。
    今のままでは共倒れになるから、自営を清算するように言ってほしいと頼んでも
    踏ん切りがつかないらしい。

    「なんとかなってるから」って言うけどさー。
    それは私たちの生活の犠牲の上でなんとかなってるだけで
    根本的な解決にはなってないんだけど、
    4代続いたものを自分の代で潰せないって、口だけは一人前のウトメ。

    それに追随して金を出しまくるバカ兄弟たち。

    旦那兄弟の嫁同士で結束して、離婚を突きつけることにしました。
    うちと義兄嫁さん実家は事業をしてるので、顧問弁護士に相談、
    義弟嫁さんにも紹介することに話は付いた。

    目指せ、年内離婚!

    128:名無しさん@HOME2012/07/05(木) 21:41:14.62 i
    20代のうちに両親を無くした親戚のA子。
    親は不動産を結構所有していた。
    しかし亡くなる前に大部分を処分しており、
    一人娘のA子は、分譲マンション1室のみを残して残りの物件も売却。

    このページのトップヘ