田舎

    94 :名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土) 12:18:14 ID:fuj
    衝撃、というか恐怖体験。

    田舎生まれ田舎育ちの私。
    おばあちゃんちとか鍵をかけてないくらいの田舎。
    大学進学に伴い、都市部で一人暮らしを始めることになった。
    引っ越しの時、従姉(同じく都市部に進学、就職、結婚。この時は出産の里帰りしてた)に
    「鍵は絶対にかけること!帰って玄関ドアをくぐったら、何より先に施錠!
    チャイムが鳴ったらまず扉越しに応答!
    宅急便が来たらドア開ける前に『送り主は誰になってますか』って聞く!
    受け取りはドアチェーンをかけたまま、
    受取状だけ受け取ってハンコついて『荷物はそこに置いといてください』って言って、
    扉の前から人がいなくなったことを確認してから回収!」
    と厳しく言われた。
    まったくピンとこなかったけど、従姉の言いつけなので守っていた。

    ある日、チャイムが鳴って
    「宅急便です、お荷物お届けに来ました」
    と男の人の声がした。
    実家から荷物が来るときは必ず連絡があるのに、その時はなかったし
    通販も頼んでない時だったのでなんだろうなと思いつつ、いつものように
    「送り主は誰になってますかー?」
    とドア越しに聞いた。

    そうしたら、わずかな沈黙の後、バン!とドアが鳴って(多分殴ったか蹴ったんだと思う)
    それっきり何の音もしなかった。
    ドアを叩かれた時点でビビって硬直したけど、
    郵便受けに不在票もなく、家族や友人の誰も何も送ってないことが確認できて
    それが完璧に不審者の仕業と確信した時が恐怖と衝撃の頂点だった。

    あまりにも怖かったので親に泣き付いて引っ越し。大学の女子寮に入ることになった。
    窮屈で不自由も多かったけど、あんな怖い目に合うよりマシだった。
    本当に怖かった…生まれて初めて、はっきりとした害意にさらされたっていうか。
    厳しく言ってくれた従姉にはすごく感謝してる。

    363 :名無しさん@HOME 2009/10/09(金) 19:25:57 0
    いいともを見てるといつも思い出すのだが、同じ学校に農家地帯から 
    通って来てる、めちゃくちゃ美人でスタイルも抜群な先輩が居た。 
    あんまりキレイ過ぎて、学内の男子は声を掛ける事すらためらう程。 

    しかし農家ってのは何処までも恐れを知らぬ様子で、当時17才だった 
    先輩に、干支が2回りで同じの41才長男との縁談を持って来た。 
    当時母から聞いた私は何かのギャグかとすら思ったが、当時夏休み中に 
    学校で流行っていた昼ドラがいいとこの娘さんが石原義純?と無理矢理 
    結婚させられるというもので、それを思い出した皆が大騒ぎ。 
    先輩を守る会みたいのまで結成される始末。 
    けれど先輩はそれをあっさり解散させて、自力で縁談を流れさせた。 

    その方法は、当時160くらいで40キロだった体重を半年かけて倍にした事。 
    その上でこれ以上無いと言っていい程だらしのない女(先輩談)を、 
    相手方宅で演じてきたらしい。 
    どんどん太って行く先輩の姿は、状況を知っていても凄かった。 

    破談が決まって数ヵ月後、先輩は卒業。以前から内密にお付き合いしていた方と上京。 
    私が会いに行った頃には既に元の先輩へと戻っていた。凄過ぎる。 

    今でも例の見合い相手は未婚で、家族で先輩の悪口を言い続けている。 
    先輩が結婚して男の子を産んだと伝え聞いてもあんな下品でデブな女wと 
    笑いの種にするばかり。 
    大抵の後輩・同級生は今の先輩を知っているので内心大爆笑w 

    太っていた頃の先輩は今にもネ果足でビヨンセ踊り出しそうな姿だったので、 
    いいとものビヨンセも痩せたら先輩みたいになるんじゃないかと思う時がある。 
    長文すんません。

    617 :名無しさん@おーぷん
    冬になると思いだす、現在40代半ばの自分が子供の頃の話。

    近所の嫁さんが男と逃げた。たぶん当時20代。
    そこんちのおばさんと息子が「嫁が若い男と逃げた!行方を探してる!」と
    近所に言いまわって、わら半紙に印刷したガリ版刷りみたいなチラシを必タヒに配っていた。
    当時俺は子供で「男と逃げた」という意味がよくわかっておらず
    運動会の二人三脚的なものを想像していた。
    うちに帰って「あそこんちの嫁さん男と逃げたん?」と親に聞いて母親に「そんなん言うな!」と怒られ
    なにやら淫靡な意味であるとようやく理解した。
    嫁さんの親が謝りに来てたとかなんとか噂で聞いた。

    528 :名無しさん@HOME 2010/01/16(土) 15:14:16 0
    堕胎といえば… 

    旦那の実家がすっごい田舎で、未だに玄関前にわけのわからんもんを吊るしたり 
    何やらの日には何を食うな、何を食え、何をするな…とやたらとしきたりだの迷信だのが生きてる地域。 

    で、私が妊娠した時に旦那が実家に電話で報告したら、偉い説教された末堕胎しろといわれた。 
    出産する年にちょうど弟の結婚式があって 
    「祝い事が重なると幸せを食い合ってどっちも不幸になる」ということらしい。 
    そういや、私と旦那が結婚した年も旦那側の従弟が結婚するという話が浮上して 
    「うちの息子の結婚が先に決まったから親族はうちの結婚式に出るべき」 
    「いや、格はうちのほうが上なんだからうちの結婚式に親族が来るべき」とケンカになったとか。 
    (一年で一度しか結婚式出ちゃいかんらしい) 
    結局、従弟側の結婚の話というのが親の先走りで、翌年以後の話しということで丸く収まったけど。 

    子供生まれた時は私が厄年だったら、病室で義母が 
    「子供を十字路に捨ててくるからよこせ」って大騒ぎした。 
    何でも厄年に生まれた子供は一度捨てて拾わないとダメなんだってさ… 
    ここら辺車の通りが多いし危ないですから…と必タヒで止めた。 
    義母自身も厄年の生まれで最初につけてもらった名前とは別の名前で育ち 
    厄年の度に呼び名を変えている(別人にならないとダメなんだとさ…)。 

    田舎めんどくせぇよ…('A`)

    698 :鬼女タウン 2018/04/17(火) 16:21:26 ID:7pC
    愚痴というかもやっとしてる

    転勤でド田舎に越してきたらキジが出た
    車で帰宅中に道路に飛び出してきたところを気がつかずに当ててタヒなせてしまった
    社宅の庭が広いから墓でも作るかと持ち帰ったら嫁が喜んだ
    隣家から道具を借りてきてあっちゅうまに捌いて、翌日蒸し料理になって出てきた
    隣家に道具のお礼にと肉の一部をおすそ分けしたら、猪の肉を分けてもらって帰ってきた
    キジからむしった羽は、綺麗だからと消毒か何かしたらしく部屋のインテリアになった
    店によくあるいい香りのする竹串が刺さってるビンってあるじゃん、あんな感じで
    小瓶に刺さってテレビ台のところに鎮座してる
    別に羽からいいにおいはしてこないが、妙に存在感があって気になる

    結婚前は東京都心でバリっとしたスーツを着て仕事してた嫁
    中国地方の山村出身で、同級生が一桁台というところから出てきたというが
    大学から上京しているせいか訛りもないし変わった習慣もなかった
    (生理のときに鳥居をくぐらないようにしてるとかそれくらいか)
    結婚前に両親が海外移住を果たしたので実家がなく、俺は嫁の地元を見たこともないし
    どういうふうに暮らしていたかも知らなかった
    キジ事件のあと、父方の祖父の実家が代々がマタギでそのあたりの知識を仕込まれたと教えられた
    イノシシくらいなら解体できるらしい(力仕事だから疲れるらしいが)
    「女は山を怒らせるからとマタギにはなれなかったが猟銃を触ってみたかった」と告白された

    最近は女性でも猟銃の免許を取れるというか、取っている人が増えてるらしいな
    マタギ不足で害獣が出て困っているらしく、自治会だか猟友会だかのジジババに誘われてるらしい
    転居してから、田舎者同士任せてよと嫁がご近所付き合いに精を出しているのは知ってた
    たまに社用車で走ってると、近所の家で嫁がお茶をよばれてるのを見かけてたし
    すっかり近所のアイドル的存在になっているようで、畑仕事や買い物の手伝いをしては
    米や野菜や酒をどっさりもらってくるので、ありがたいことだと思ってた
    貴重な若手だから期待されてるらしいが、正直なところ俺は嫁をマタギにはしたくない
    偏見というか、バリっとしてた頃の嫁を知っているだけに、なんとなく受け入れがたいものを感じる
    「どうしたもんかな」と嫁に相談されたので「事故が怖いからやめてほしいな」と答えた
    嫁は引き下がってくれたようだが、でもやっぱりやりたいんだろうなと思う

    このページのトップヘ