田舎

    619:長いですが2006/06/16(金) 21:24:19

    ババァの体験談を聞いてください。

    17年前の話で悪いけど、息子を生んだ時の話。


    家は半端な田舎、元々農村が町になり人が増えてきたところ。
    新築の家やアパートの間に畑や田んぼがある感じだった。
    妊娠後、田舎の町医者よりも遠くの大病院と偏見を持って遠い所に通ってた。

    所が酷い腹痛が来て慌てて近所の産婦人科に電話したら
    2代目の女先生が「ちょうど昼だったよ」と車で来てくれた。
    様子を見てすぐに私を病院に連れ帰り、そのまま絶対安静。

    その間2歳半の娘の面倒を見てくれた。


    これだけでも感謝感謝なんだけど、凄かったのはその後。

    駆けつけてきたトメどもに、

    「昔はへその緒をカマで切って(ry」
    「腹の子が男なら(ry」
    「今度がダメならまた作って(ry」
    「これだから都会のお嬢さんは(ry」

    とまくし立てられ、農家嫁の空気に飲まれてた私はそのまま退院しようとした。

    29:おさかなくわえた名無しさん2013/10/10(木) 23:31:00.47 ID:mfHluM5h
    ダンナの友達が、もう20年来、晩飯時にやってくる。
    毎日じゃないけど、けっこう来る。 
    迷惑極まりない。

    そいつにも家庭があるのに、子供をおいて食べに来る。
    「いや、食べに来たんじゃないんだ」
    と言うなら晩飯以外に来い。
    さらに子供まで連れてこられると、本当に神経を疑う。

    しかも、その子の誕生日にもつれてきた。 
    自分ちで祝え!

    【前編】娘のランドセルの色で離婚した。皆と一緒の赤がいいと娘が言ってるのに、自称都会人トメが「没個性はダメよ、オレンジにしなさい!」と。夫「母さんの言うとおりだ」って…
    149 : オレンジランドセル ◆/Wb1YQeufhiU :2011/02/25(金) 09:16:59.48 0
    test 

    352: 名無しさん@HOME:2011/01/19(水) 17:20:10
    ちょっと違うけど、うちはトメが娘にオレンジのランドセルを担がせたがって 
    うるさいんだよなあ 
    夫は「ハイハイって聞いてりゃいいんだよ、そうしないといつまでもうるさいし」とヘタレ。 
    娘自身が赤がいいって言ってるのにさ… 

    うちはド田舎でちょっとでもほかの子と違うことすると 
    すぐいじめられたりする閉鎖的な土地で 
    娘もそれをよくわかってるから 
    「普通のみんなと同じ色がいい」 
    「変わったのはいや」 
    って何度も言ってる。 
    でも自称都会的なトメはそれが嫌みたい。 

    たしかに閉鎖的なのは良くないけど 
    まず娘の意向を尊重してくれよ…

    6:名無しさん@HOME2013/04/24(水) 13:09:01.89 0
    少し前の話。

    首都圏に住む義弟子が小学校受験して見事受かったらしい。
    義実家に遊びに来たときに
    「すごいところに受かったの。どこだと思う?」と問われて
    ウトメと私たち夫婦でかろうじて聞いたことのある小学校を三つほどあげたんだけど
    違っていて「うちの子を馬鹿にしてる」と怒ったうえに泣かれた。

    地方都市在住で、首都圏のお受験事情を全く分からないまま答えた私たちも
    いけなかったと思うけど、外れて怒るくらいなら聞かないで欲しかった。
    何よりしょんぼりした義弟子がかわいそうだったよ。

    118 :1/22010/05/06(木) 13:26:00
    嫁いびりの道具にされた披露宴の話を。

    親友のAちゃん(新婦)が19歳、彼(新郎)18歳で学生同士の頃、授かり婚をした。
    2人ともまだ若いんで両家でだいぶもめにもめたが、なんとか丸く納まり入籍。

    披露宴は金銭的な問題もあったので、子供が産まれてから
    落ち着き次第挙げようと言うことになっていた。

    ちょっと長い前置きになるが、新郎の方はかなりのイケメンで、新婦は男気溢れる
    (女らしさのない)タイプでまったく男っ気がなく、新郎が初めての彼氏だった。

    新郎側の両親は「モテない年上の女にたぶらかされて騙された」ぐらいに思って、
    かなりキツく当たっていたのだが、実際はというと新郎の方が彼女のサバサバした
    媚びない性.格や、優しさ、不器用さなんかを見抜いて惚れ込んで、新郎から
    始まった交際だった。

    妊娠が発覚した時もAちゃんはイケメン彼を信用し切れず、別れて一人で育てると
    意固地になっていたんだけども、誠心誠意プロポーズを繰り返して、やっと結婚をする
    運びに。

    373 :名無しの心子知らず@\(^o^)/2016/01/23(土) 22:41:58ID:ukrlO0yq.net
    2歳1歳×2(双子)持ち全員男児
    元々近距離義実家で週1か2ペースで義母がお世話しに来てくれてて私は本当にしんどくて寝てばかりだったし実家も親1時間圏内だから月1で母に来てもらって楽してたんだけど
    、最近義父がセカンドライフ()だとか言い出して田舎で農業やるとかで義実家を売り払い田舎に一軒家建てて引っ込んじゃった
    いつかは田舎に住みたいとよく言ってたけど、まさか可愛い孫とムチュコたん(うちの旦那のこと)ほっぽり出して行くとは全く思ってなかったのでボーゼン

    まあ実母にたまに来てもらおうと思ってたら、前々から趣味にしてたクラフト制作みたいなやつが商品化されるとかで最近は百貨店の人との打ち合わせや製作で大忙し
    旦那はそもそもいないも等しいので完全に詰んだ
    元からスレタイなら諦めもつくし頑張ろうと思えるけど2歳の上の子もまだまだ赤ちゃんだし下二人なんて完全に怪獣で手がつけられない

    常に床掃除と食事作りと洗い物と洗濯してる
    手湿疹が治らない
    タヒに方ばかり考えちゃう

    辛すぎるよ…一時保育は常にいっぱいだし、今は暇さえあれば格安シッター探してるけど、いつだかの千葉だか埼玉の事件になっても怖いしあーもうやだ

    203 :おさかなくわえた名無しさん 2010/03/04(木) 19:59:59 ID:fZHfLRCB
    10年ほど前、私は病院の栄養士だった。たまたま5月の連休に休みが取れたので、 
    久しぶりに両親と母親の実家(田舎)に行った。 
    母の実家には親戚一同が集まっていて、栄養士をしている私の話になったが、なんだか叔母たちにトゲがある。 
    『栄養士なんてど~せ料理なんかできやしない、頭でっかちな女なんでしょ』そんな空気だ。 
    久しぶりに会った叔母たちにそんな態度をとられて、私は落ち込むを通り越して、嫌な気分になっていた。 

    そのとき、うちの母が夕食を作ると言い出したので、私も手伝った。 
    メニューはその日の朝、山で取れた山菜とその他いろいろの天ぷらだ。 
    下ごしらえを終えて母が「じゃあこれ全部揚げてね」と私に言った。 
    20人分はあるだろう大量のネタを目の前に、私は臆することなく揚げ物をはじめた。 

    私が働いていた病院は献立作成などの事務は病院専属の栄養士がし、厨房業務は委託会社が請け負ってた。 
    で、私は委託会社の栄養士なので、現場で料理ばかりしていた。 
    しかも、私が働いていた厨房は設備が整っておらず、フライヤーはおろか、 
    自動的に油の温度を調節してくれるコンロもない。揚げ物は自分の腕と勘のみだ。 

    慣れた手つきで、サックサクの天ぷらがバンバン揚がる様子を、目を皿のようにして見つめる叔母たち。 
    そのうち、待ち切れなくなった叔父たちが宴会をはじめ、私が全部終えるころにはほとんどなくなっていた。 
    私の口にはあまり入らなかったが、皆がとてもおいしそうに食べる様子を見るだけで、大満足だ。 

    その後、叔母たちは私に対して、トゲのある態度で接することはなくなり、 
    むしろ、一人の大人として接してくれるようになった。 

    後日談…田舎で私の天ぷらの揚げ方が広まって、ボテッとしていた天ぷらがサクっとなったらしいww

    968 :名無しさん@おーぷん
    嫁が初めて妊娠した時に、男でもわかりやすい妊娠や妊婦の扱いを書いたサイトを探しているうち
    2chの気団板にたどり着いた。
    つわりの事や、むくみがどうとか、野生動物と思えとか女から見りゃ「いちいち言わんとわからんのか」
    と思われそうな事が懇切丁寧に書いてあり非常に助かった。
    それまで自分が妊娠に対し抱いていた間違った思い込み
    (病気ではないからほっときゃいい→病気と違って治らないんだからよりいっそう労わるべきなど)
    を正すのも役立ち、逃げられにならずに済んだ。1、2回ヤバかったが。

    子供が幼稚園に入り前ほど手がかからなくなった頃、いったん帰省した。
    そしたら地元の仲間のうち5人が嫁に逃げられていたのが衝撃。約4分の1なのでかなりの確率。
    ほぼ全員が嫁が妊娠中のやらかしだった。
    ひどいのになると安定期じゃない嫁を無理にヤったとか。
    田舎なもんだから親世代は「嫁の我慢が足りないのが悪い」的考えが主流で息子を叱らない。
    叱られない息子は当然改めないから、嫁さんたちがたまりかねて逃げたらしい。
    元々生まれ故郷の空気があまり好きじゃなく、進学を機に出たんだが
    だめだこりゃと再確認した。

    733 :2009/07/06(月) 10:05:570
    もう15年位前の話だけど。
    近所に住む夫婦の旦那がシタだったよ。
    超田舎だったもんでかなり有名で子供の私でも知ってた。
    サレはとっても優しくて、他の親達にも子供達にも人気だったんだ。
    当時シタは50代でプリは20代前半の大学生。
    周りも知ってる位だからもちろんサレと離婚話が進んで、一人息子の親権はサレで
    かなりの慰謝料をシタとプリから取ってさくっと離婚。
    その後プリとシタは再婚。田舎な為、プリは大学を辞めて慣れない農家を
    手伝い続けてたみたいだけど、その間またシタが違う女と不倫。
    怒り狂った若サレは刃物を持ち出してシタとプリをハサミで刺した!!(助かったけど)
    その日一日田舎は騒然となったよ。で、また離婚。
    その後10年位?ずっと年老いた親と3人で暮らしていたシタは最近親子水入らずで
    老人ホームに入ったらしい。

    ちなみに最初のサレ妻は今もご近所さんです。
    当時同級生だった息子は現在は県病院に勤める医者になってる。
    驚くほど大きな家を建てて幸せに暮らしてるよ。

    スレチ気味でごめん。

    このページのトップヘ