853:名無しさん@HOME2013/08/24(土) 00:11:08.55 I
    誰にも話せない私の最大の修羅場。

    母との激しい夫婦喧嘩の果てに、
    夜中に父が農薬を一気飲みして自サツ未遂を謀った。

    夜たまたまトイレに起きた私が、何故かトイレ近くの
    仏間の隅に転がっていた父の「救急車を呼んでくれ…」
    「農薬を…飲んだ…」と言う小さな声に気付き、
    その尋常じゃない様子に慌てて119番通報。
    父が夜中に何故そのような場所にいたかと言うと、
    激昂していた母とは同じ寝室では眠れないと思った父が
    自主的にトイレ近くの仏間に布団を敷いて一人で寝ようとしていたそうだ。

    そもそもその自サツ未遂の動機となった夫婦喧嘩自体、
    私から見ても明らかに父に非があったので、
    「喧嘩」と言うより激昂した母が父を一方的に詰るような状態だった。
    後日わかった事だが、どうやら父はその母からの無限説教から抜け出す為、
    たまたま手近にあった農薬を一思いに呷ったらしい。
    体調が悪くなれば心配してくれて
    母のお説教も少しは収まるだろう!(ピコーン!)
    と言ったようなほんの軽い気持ちだったようだが、
    体調不良どころか一時は意識不明の重体に陥った上、
    今でも重い障害が残ってしまった事を見るにつけ、
    子供のような浅はかな言動に身内ながら心底呆れた。

    私が119番通報した時、母は風呂上りでドライヤーを掛けていた。
    母に、父に請われて救急車を呼んだ旨を伝えると、
    ただでさえ激昂していた母は更に激怒。
    「あの男は私たちにどれだけ迷惑をかければ気が済むのよ!!」
    と完全にブチ切れてしまい、
    夜中駆け付けてくれた救急隊員も全て無視。
    それどころか仏間に届くような大声で洗面所から
    父を罵りながら髪を乾かし続けていた。
    母は結局父及び救急隊員を無視したまま、
    私だけが救急車に同乗した。

    季節は冬。
    仏間に暖房器具はなく、
    母への引け目から寝室に寝具を取りに行く事すら
    躊躇したらしい父は薄い肌掛けのような布団一枚と
    折った座布団だけで寒さに震えながら寝ているところを発見された。
    そして枕元に転がっている農薬らしき液体を瓶から一気飲みした様子の父。
    倒れ込む父に鞭打つように大声で罵詈雑言を浴びせ続ける母。
    …どうやらこの一連の様子を救急隊員が訝しみ警察に通報したらしく、
    翌日母がサツ人未遂の容疑?で任意同行された事の方が
    私にとっては修羅場だった。

    528: 名無しさん@HOME 2009/10/03(土) 01:14:14 O
    遠回しに嫌味を言ってくるトメ。
    ムカッとは来るけど相手にするのもって思ってハイハイワロスワロスで済ませていた。
    最近私だけじゃなく実家にも色々嫌味を言ってた事を知った。

    去年のお歳暮時期に実家にお歳暮のお礼電話があったらしい。
    ちょうど母が用事をしていて父が出たんだが、トメは父に何を思ったか「お父さんも早く孫を見たいでしょう」と宣ったんだそうな。
    嫁の私に言うならまだしも嫁の父親に言うその無神経さに唖然としたんだが、父は一言「別に…」と返答。
    電話の向こうは何やらブツブツ呟きながらそそくさと切ったらしく、その後母に父は「そんな事したら嫁子が向こうにいらんことされるやろ!」と怒られたらしいが、父GJ!と思ったよ。

    830:名無しさん@HOME2012/05/05(土) 16:22:23
    皆さん乙です。修羅場って二度と体験したくないですね。

    私はキレることしかできないヘタレなんだと確認できる良い機会でしたが。
    以下、長くなりますが、決着がついて20年経ちましたので書かせてください。。


    前提として、父の実母は父が生まれて数ヵ月後シボウしています。
    父の父が再婚して、今の祖母(以下姑とする)がやらかし続けて、やっと縁が切れたという話です。

    父は末期がんによりしにました。しぬ一か月前まで仕事を続け、
    貧乏だったため病院代を心配し入院を拒否。
    強制的に救急車でかかりつけの病院へ運んでもらったが、入院した翌日に逝ってしまった。
    私と母はひとしきり泣いたが泣いてばかりもいられない、とにかくあらゆる方面へ父のしを連絡した。

    連絡したくはなかったが一応姑へも一報を入れた。

    反応は予測していたが「あらそう、だからといって私への支払いを減らしたりしないでしょうね?」だった。

    病院にいたため、その場では怒りをおさえて「その話は後日」とした。

    するとその夜、姑は父の兄弟を従えて我が家へ突撃してきた。
    「お父さんがしんだからって、金がないとか言わないでよ。
    私へは今まで通り30万払ってもらうから。その確認をしにきたのよ」
    だった。

    324:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2008/07/26(土) 16:54:12ID:V4NVthoQ

    中学生の頃、父が大嫌いだった。
    おしゃべりでお調子者で背が低く威厳のない父を軽蔑していた。
    まぁ、これぐらいの年頃の娘にはよくあることなんだけどさ…
    母が若くて綺麗(父と母は20歳差)な分、余計に父が疎ましかった。

    中3の夏休み、夏期講習のあと、
    友人とマックで喋っていて帰りが少し遅くなった(22時ぐらい)。
    電車の中は席は全て埋まっており、酔っぱらいが多くてイヤな感じ。
    あと4駅ぐらいで地元の駅に着く頃、ドアの付近で女の人の叫び声があがった。
    「や、やめてください!」
    「なんだぁ? 俺が痴/漢だってのか!」
    バシン!
    「え?」と思って見ると、背が高く、ガッシリしたチーマーっぽい男が女の人を殴っていた。
    「や、やめろよ」と他の男性の声がしたが、それもドンとかバンという音がして消えた。
    「ふざけんな、てめぇら! おら、文句があんなら来いやぁ!」
    と、チーマー風の男は怒鳴り、
    殴られた女の人はその場にうずくまって泣いている。
    (うわーヤダなぁ、関わりたくないなぁ、誰か止めてくれないかなぁ)
    と、私はうつむいて気配をコロしていた。
    他の乗客も私と同様に関わりたくないオーラを出しながら見て見ぬふり。

    885:名無しさん@HOME投稿日:2014/04/14(月) 14:09:42.28
    義兄嫁から、うちの実家の米(玄米)があったら譲って欲しいと電話があった
    お断りしたところ、「だからあれはつい言ってしまったけど謝ったじゃない・・・息子があれじゃないと食べてくれない」と泣き声出したがシラン!!!
    お前のとこには金輪際うちの実家の米(低農薬米)はわけないと決めた!

    私の実家の父が病気で入院した時に、
    義妹や義両親→お見舞いを出してくれたり、言葉で気遣ってくれたり、私が実家に行きやすいように子供預かるよと言ってくれたりした。
    義兄嫁→開口一番「じゃあ今年はお米は作らないの?」
    当時、うちの実家で作る玄米を、食べ物のこだわりが強い義兄息子の健康食としてわけていた。
    (玄米で食べる前提の品種だから、普通に炊飯しても食べやすくて美味しい)
    だからって開口一番それはないだろよ、と思ったので以後は分けるのはやめた。
    義兄嫁はかなり謝ってたけど、別にこの世に家の米しか無いわけじゃなし、この先も分ける気はない。

    768:おさかなくわえた名無しさん2009/07/14(火) 01:29:44 ID:Sz0CHrYx
    夜中にこっそり長文を貼ります。
    怒らないで。

    高校の時、母親が病気でなくなった。父は弱い人だったのだと思う。
    苦しむ母親から目をそらして、他に恋人を作って、
    母親がなくなると家を出ていった。

    「高校卒業までは面倒をみる。その後は自力で暮らしてくれ」

    受験も追い込みに入る3年生の秋、わたしはこうして独り暮らしを始めることになった。

    わたしの通っていた高校は進学校で、ほぼ100%の生徒が大学を目指していた。
    わたしだけ、大学受験という目標は消えた。
    授業料や家賃や光熱費は父が負担していた。
    生活費は送ってもらえなかった。
    どこを探しても家にはお金がなかった。

    父の新しい相手は他人の奥さんだった。

    きっと慰謝料のために何もかも持っていったのだろう。

    【前編】妻から離婚を言い渡された。同居の私父から五年に渡り妻、子供がセク八ラを受けていた。それを私が知りつつ見て見ぬフリをし続けたから。青天の霹靂、寝耳に水で…【未決】
    761:離婚さんいらっしゃい2016/11/12(土) 00:01:04.28
    言い訳になるかもしれませんが、
    スカートの中に手に入るといっても見た感じでは下着の中に手を入れている様子でもありませんでした
    しかも産まれたときからそばに居る孫に対して例えスカートの中にうっかり手が入ってしまっているところを見たとして、
    私としてはまさかセク八ラだとは思わないし、そう思うことは難しいのではないかと思いました
    オムツを替えていたときなんかもろだったわけですから


    嫁をすぐに信じてあげられなかったことは本当に申し訳なかったと思っています
    嫁のことも子供のことも愛していますし、離婚は考えていません
    嫁が本気で考えているなら説得はするつもりでいます

    655:離婚さんいらっしゃい2016/11/10(木) 21:40:02.96
    【自分の年齢・性.別】 36 男
    【相手の年齢】 35
    【結婚年数】 11年
    【子供の有無】 有 女6歳
    【相談内容】(なるべく簡潔に・自分・相手の経済状況についても簡潔に)

    今日妻から離婚を言い渡されました。
    離婚理由は、同居してる私父から五年に渡り妻、子供がセク八ラを受けていた。
    それを私が知りつつ、見て見ぬフリをし続けたそうです。
    しかし、私はそんな事実は知りませんでしたし気付きませんでした。


    怒り狂い外出中の父に電話して問いただしましたが、そんな事実はないとのこと。
    娘も私父に懐いてるような素ぶりは確かになかったかもしれませんが、意識したこともなく
    セク八ラされているにしては毛嫌いというほどでもなく混乱しています。
    妻は娘と妻実家に帰ってしまい、訳が分かりません。電話もでません。
    離婚はしたくありません、どうすればいいですか

    104:名無しさん@HOME2013/12/26(木) 03:20:00.83 0
    出所してきてある程度落ち着いたので書いとく。
    俺が仕事から帰ってくると、
    たまたま元母親が不倫相手と
    結婚するからと間男と一緒に
    親父に話をしているところに出くわした。

    親父は怒るわけでもなく淡々と
    話を聞いているようだったが、
    元母親と間男の言い分がトチ狂ってた。

    慰謝料払え・間男は仕事してないから
    生活費を出せ・俺にも金を入れてもらうから
    引き取るとかなんとか。

    父が話を一通り聞き終わった後、
    完全に可哀想なものを見る目で
    頭おかしいんじゃないか?と言った途端、
    元母と間男が激怒して親父に殴りかかった。

    親父に止められて話に加われず
    横で聞いていた俺が止めに入った。

    俺と間男がもみ合いになって間男を
    ベランダの方の窓へ押し倒した。
    ガラスが割れて血も出ていたがなおも
    暴 れる間男をもみ合いしている振りして
    マンションの9階から落としてあげた。

    親父の横で話を聞いていて怒りを
    通り越していた俺はこのクソババァに
    どうしたら制裁できるか考えた結果、
    親父を捨ててまで一緒になりたいとい
    う間男刹せばいいじゃんという結論に至り、
    暴 れた時にこれ幸いと事故の振りしてタヒんでもらった。

    結局俺は情状酌量はあったものの7年間お勤めしてきた。

    250:恋人は名無しさん2009/11/25(水) 18:57:10ID:0VV0NXD00

    流れぶった切るために投下。
    板違いかもしれない。

    私が小5のとき、父が浮気して家に帰ってこなくなった。
    浮気前もろくでもない父で、給料を家に入れない、パチ狂い、酒好き、
    私や姉が小学校高学年になったらシリやチチを掴むなどの最低男だった。
    家族構成は父・母・姉・私・弟、祖母(父方)。
    祖母はいわゆる「シュウトメ根性」って感じの性格で、弟だけを溺愛していたが
    弟は母ラブだったので父も祖母も嫌っていた。

    父が帰ってこなくなり、私はあんな奴いない方がいいや~と思ってたから
    このまま帰ってきませんようにと思いつつ、学校行ったり遊んだりしていた。
    しかしある日帰宅してみると、家がパニックになっている。
    家の中めちゃくちゃ。
    姉が泣きながら祖母に置き時計やら灰皿やらを投げつけていた。
    祖母、わけのわからない金切り声で泣き叫ぶ。母は姉を止めるのに必タヒ。
    弟は姉の加勢をしていた。

    このページのトップヘ