923:名無しさん@HOME05/01/02 09:50:12
    「エライ失礼ですよね」とウトに言った。

    うちの両親は離婚している。
    結婚の挨拶は自分の実家に戻っていた父&再婚していた母の二ヶ所に行ってもらった。
    その時点で私の実家はないと脳内変換されていたらしい。

    今年、長女の入学で実家の父(娘にとっては実の祖父)が年末にランドセルを買ってくれた。
    無邪気に報告する孫娘を見てウトのライバル心に火がついたらしく
    「家はなんとしても初売りで学習机を買ってやる!」と酔っ払って息巻き始めた。
    「机は春先でいい」といさめる夫。
    「いや。買わねばならん。どこのじいちゃんに買われたかわからないランドセルより
    本当のじいちゃんが買ってやった机は大事だ」と。
    今までの失言は酔っ払いのたわごとと流していたが、それを聞いて私の頭の中は沸点。

    「私の父はこの人。母はこの人と挨拶のときにちゃんと紹介したでしょ?
    母の再婚相手だってそれはそういう関係の人。娘にとってはちゃんとしたじいちゃん。
    えらい失礼なこといってるのわかってるの?」と一気にまくし立てた。
    普段黙って聞いてるだけの私が切れたのが伝わり
    旦那は「とにかくちゃんと謝らなきゃならないことだ」と仲介。
    ウトは「男はそう簡単に謝れない」とモゴモゴし始めたので、あきれて席を立って終了。

    とりあえず言いたいことだけは言えたので、私はスッキリして新年を迎えました。

    812:名無しさん@HOME2011/10/08(土) 11:52:23.77 0
    今日のトメ+α

    三連休にいそいそ息子(旦那)と娘と旅行に出かける。
    よほど嬉しいのか「留守お願いね〜」と嫌味もなし。
    ひきつって顔面蒼白な息子チャンの様子も
    「飛行機嫌いだもんね〜、お母さんが一緒だから大丈夫よお?」
    と気付かず。

    戻ってきたときには家は無い。今から離婚届出しに行ってきます。
    旦那の顔が青かったのは、
    隠れてた私の父とはちあわせして嫌味言われたからだよ。
    トメとコトメの居候を容認したうえ浮気する旦那なんていらねえ!

    403:名無しさん@おーぷん2014/08/30(土)00:09:34ID:xMg7tefKi
    母の再婚が決まったのでカキコ。
    昔私が小学生の頃、その日は普段より早く帰ってきたんだけど、
    ちょうどその頃忍者ごっこが流行ってて、
    玄関や廊下を音を立てずに家に入って親を驚かそう!と実行。
    母が居るであろう居間に向かうとなにやら中で「んー!」
    とくぐもった声と暴れる音が聞こえた。
    何かあったんだ!と隙間から除くと母は手を縛られて
    口にガムテープか何か貼られて手ぬぐいで
    顔を隠してた男に暴行されてた。

    一生懸命泣き叫びながら抵抗する母に
    私は慌ててランドセルの持ち手を掴み男に投げつけた。
    男は逃げたんだけど私は急いで母の拘/束を解かなくては!
    と犯人を追いかけたりはしなかった。

    すると母は私を抱きしめて泣き続けて、
    父が帰ってきてからは父の胸で大声で泣き続けた。

    その後両親は別居。
    母について行った私は母の実家で暮らし始めて
    最初は危うかった母もどんどん落ち着いてきた。

    たまに父もこっちに来てくれたんだけど、
    ちょうど私が小学校を卒業するあたりで
    ぱったりと来なくなった。
    のちに両親が離婚した、と聞いて幼心に裏切られた、
    という気持ちになって相当落ち込んだ。

    高校生の頃、父方の祖母が亡くなったと連絡があった。
    小さいころは大好きな祖母だったから線香だけでも、
    と行くと父が凄く苦い表情をして
    まるで他の人に見られないように
    こっそりと線香だけあげさせられた。

    本当にショックだった。
    大好きな祖母の葬式にも満足に出れないのか。
    と泣きながら葬儀場を出ようとしたら
    「私ちゃん?」と声を掛けられた。

    そこには伯父が居た。
    小さい頃はよく遊びに連れて行ってくれたりして
    懐いていた私は伯父に泣きついてしまった。
    すると伯父は私をどこか落ち着くところに、
    と言って車に乗せ祖母の家へ。

    あまりの懐かしさに再び涙ぐんでいると
    伯父が中に入ってお茶を出してくれた。
    その時「あれ、お葬式出ないのかな。」と思ったから
    伯父に聞こうとしたら伯父が急に私を倒した。

    慌てて逃げようとするけどスカートに乗られて逃げられない。
    抵抗したらビンタされてそのまま続けられてすごく怖かった。
    恐怖で涙がぼろぼろ出て必タヒに助けて!
    と叫んでもあたりはみな
    祖母の葬式に出かけている親戚の家だからだれも来ない。

    そのうちエスカレートしてきたから私は必タヒで叫んだ。

    するとがしゃん!と窓が割れそこから父が入ってきて
    伯父を殴り飛ばした。
    そのあと母も入ってきて私を抱きしめてくれて
    私はそのまま泣き続けて気が付いたら病院に居た。

    しばらくして落ち着いたころ、私は母からすべてを聞いた。
    昔母を暴行しようとした男は伯父だった事。
    私が小学校を卒業するころ伯父が暴行で捕まった事。
    犯罪者の親戚が居る、と言うことで
    私が傷つかないように離婚したこと。

    今日、私を隠しながら線香をあげさせたのは
    伯父に見つからないようにしたこと。
    伯父が居なくなり、私も居ない事に気付いて
    必タヒに父が探し回ってくれたこと。
    …最後に私が叫んだのは「助けて!お父さん!」だったこと。

    父が病室に入って土下座した。
    「お前たちを守ろうとしたのに、すまない」
    そう謝る父に私はただ泣くしかできなかった。

    その後伯父は捕まり、余罪もあった事で檻の中に入った。
    そして今年、両親も再婚が決まった。
    以上、私の修羅場です。

    __lt__script type="text/javascript" src="/front.js"__gt____lt__/script__gt__serif;" class="t_h">621:名無しさん@HOME2012/10/18(木) 18:45:36.41 O
    子供の頃、母親から父親の職業は公務員と教えられてた。
    小さい頃は疑って無かったけど、大きくなるにつれ疑問が出てきた。
    しょっちゅう家に居ないし、居ない時は連絡が取れない。
    家族で出かけることもなく、珍しく出かける予定があっても大抵キャンセルだった。
    ある父親参観日に父親が来た。
    まず来れないと思ってたので嬉しかった。
    出勤前に寄ってくれたらしくすぐにいなくなった。
    休み時間にあれ誰のお父さん?と言われて、私のと言おうとしたら男子が、
    絶対あれはヤ〇ザだと言い出した。
    確かにコワモテで物静かだけど妙な迫力はあるし、穏やかに話してても威圧感のある声な父親だった。
    目も怖い。
    父親に怖い目に遭わされたことは無かったけど、もしかして?と思った。
    あれが私のお父さんと言えなくなった。
    家にかかってきた電話に話す内容もヤ〇ザ関係に思えた。
    夜中に両親が交わす会話を聞いてしまった時、身を案じる内容だった。
    ヤ〇ザの抗争のニュースを見て、母親がこっそり不安そうにしてるのも見てしまった。
    自分はヤ〇ザの子でいつかヤ〇ザに就職で面接に行かないといけないと思ってた数年間は修羅場だった。
    ヤ〇ザの家にピンポンと鳴らして面接に行く夢を見ては朝泣いてた。
    父親が刑事だと知るまで絶望して食欲もなくガリガリに痩せて体が弱かった。
    夫の身を案じながら、食が細く弱い娘を病院に連れてったり食事療法してた母親も修羅場だったかもしれない。

    あの頃頑張ってたであろう両親に、まさかヤ〇ザだと思い込んでたなんて到底言えない。
    一線を退いた父親は、昔みたいな威圧感もなく、穏やか。

    481:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/24(金) 15:14:59.18 ID:n7BRggv5.net
    こんなこと誰にも言えないし誰かに聞いてほしかった衝撃話

    長文で書くのは初めてなので見苦しかったらすみません
    文中に出てくる名前は仮名です

    私の家は父、母、姉(私の6歳上)、私、弟(私の3歳下)の五人家族でした
    しかし、姉は私が小4のとき、父は高1のときに病気で亡くなりました
    たまに喧嘩はしましたが優しい姉で兄弟仲は良かったと思います。
    ただ、父母は子供ながら仲がいいとは思えませんでした。(なんで結婚したん?と聞けばお見合いとだけ母に聞かされました)

    話は変わって子供のころから家の仏壇に女性.の写真が飾られていました。
    ある日、私はその人のことについて母に聞きました
    私「この女の人はだれ?」
    母「お母さんのお姉ちゃんやで」
    小さい私は「ふぅん」と思い納得しました。
    思えば変ですよね。何で嫁いだ先の仏壇で母の姉の写真が飾られているのか

    250:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2009/05/28(木) 04:10:58
    娘(前妻との子供)が結婚すると報告してくれた。
    式挙げるけどお父さんは縁起悪いから招待できない、ごめんねと言われた。
    うん。そりゃそうだ。そうだよな。
    不倫して不倫相手と再婚した父親なんか式には呼べないよな。
    きっと娘夫婦に子供ができたら娘は更に俺を軽蔑するだろうな。連絡も会うことも少なくなるかなくなるだろう。

    不倫し再婚してシミジミ思うが不倫は不倫だから輝く。
    切なくなる状況下での恋だから燃える。
    そして激しく燃えた後だからすぐに燃えカスみたいになってしまう。
    今になって、切なくなる状況下ではないのに思い切り恋愛して結婚までした前妻との恋こそが本物だったんだよななんて思う。
    また、比べる相手がいるってのも(前妻と後妻ね)あんまりよくないよね。
    不倫相手と再婚するときはみなさんよく考えてね。
    離婚して一年は再婚せずに様子見なきゃだめよ。

    260:可愛い奥様2013/11/10(日) 00:29:39ID:VUgDDXQr0
    十数年前の高校生の時、社会勉強の為に父の部下のそのまた部下の知り合いの小さな会社でバイトさせてもらう事になった。
    バイト初日から社員の男A(ブサイク、口臭い、臭い、デブ、短足、ワキガ)に絡まれるようになった。
    二人で飲みに行こうとか、俺金持ちだから家泊まりに来る?とか、酷い時には「ここ連れてってやるよ」ってホテルのクーポン券をバサッと机の上に置かれたり。今から考えるとヘッタクソだな!って事を毎日されてた。もちろん全部断ってた。
    このAだけど、この会社の社長の息子らしく、あまり会社に顔を出さない社長に代わって会社を仕切っている奴だった。

    誘いを毎日断り続ける内にキレて、Aは私に嫌がらせをしてくるようになった。
    まず、仕事が3倍以上になった。今までは簡単な書類整理などだったのが、どう考えてもバイトの高校生にはおかしいだろって見積りの作成とかも任された。もちろん出来るわけないんだけど、そんな私をAは怒鳴りつけ罵りまくる。
    他にも書類を電卓で計算中に「うるさい!」って頭を思い切り叩かれたり、机の中の私物を勝手に出して他の社員と笑いものにしたり、3時間掛かった書類を「字が気に食わない」って破いたり。
    性.的な事も色々とされた。
    高校生バイトだけど毎日毎日12時まで残業してた。タイムカードはAとか他の社員に定時前に押されてた
    毎日泣きじゃくって体重が8キロ落ちた。でもこれも社会勉強なんだと思って我慢してた。この時は

    26:名無しさん@HOME2011/01/30(日) 21:28:36 0
    長文です。

    当時、私はエスカレーターで大学まで行ける学校の生徒だった。
    父は、仕事は自営の資格商売をしていて、趣味人だということは知っていた。
    収入は結構あったようだ。子供の頃、不自由をした記憶はない。
    朝早くに出勤する父は、夜は早めに帰宅し、夕食は必ず私と母と3人で採っていた。それは、母との約束だったらしい。
    親子の団欒と言えば夕食だけで、父は土日もろくに家にいることはなく、家にいる時は書斎に篭ってなにやらしていた。
    その筋では有名なマニアというか、市井の研究者だったらしい。
    時々、父の友人という人達が訪れて酒盛りをしていた。
    よく、私と母に手土産と言って、珍しい菓子や珍味をくれたのも覚えている。

    187:おさかなくわえた名無しさん2013/04/04(木) 15:21:46.00 ID:QPiXl+AY
    俺は実兄を見ごろしにした。
    母が亡くなって、やがて俺が結婚して家を出て、
    実家は70過ぎの父と30代の兄の二人暮らしとなった。

    兄は今まで一度も就職したことがない、
    筋金入りの引きこもり気味のニートだった。

    145:おさかなくわえた名無しさん2016/10/06(木) 18:21:30.98ID:6qw0BbPx
    双子の妹と就職の報告を親父にした時、
    実は俺達が亡くなった母の不貞で生まれた子供だと教えられたのが修羅場

    親父は母がガンで亡くなる直前にその事実を聞きだした。
    「成人して働くまでは養ってあげて欲しい」
    という遺言を守っただけと説明してくれた。

    俺、妹大泣き状態
    でその後
    「実は今付き合っている彼女と今度結婚するから二度と会わないでもらいたい」
    といわれた。

    親父曰く今度こそ本当の家族を手に入れたいんだと
    母の両親はもういないし実父も慰謝料払った後母の後を追ってしまったそうだ。

    その後急遽妹と住むところを探してなんとかなったけど
    しばらく妹が情緒不安になったりと大変だった。

    今は30後半だけど俺も妹も結婚する気は全くない
    特に親父を恨んでいるわけでもないが血のつながらない
    自分を裏切った女性.の子供を育てるのはどんな気持ちだったのかと考えると
    なんとなく自分が家庭を持ってはいけないような気分になる。

    このページのトップヘ