695:名無しの心子知らず投稿日:2009/08/09(日) 09:55:27ID:bN4XHtwS
    流れを変えて、お盆の季節になると思い出す昔話を。

    田舎でまだ個人商店が主流だったような町の、お盆の墓参り時期。
    自分の家の墓石がいくらかズレていることに気づいた人がいて、地震もないのに不思議だと親族総出で墓をあけてビックリ。
    遺骨がない!
    よく探してみると過去の埋葬時に入れた遺品もない。

    あわてて通報、その墓地の墓を全て調べたら他家でも無くなっている物多数。

    犯人は、唯一被害がなかった家の娘(入り婿あり子持ち)。
    遺品目当てに墓荒らし、いい遺品がなかった墓からは遺骨を盗んだり腹いせにゴミを入れたり、他にも窃盗多数。

    塀の中行きが決まり、入り婿は子を引き取り離縁。
    両親も盗み公認していたために村八分(個人商店がほとんどだったので買い物さえできなかった)、夜逃げ。

    墓荒らしの被害者の中にはその筋の方がいて

    885:名無しの心子知らず2011/09/29(木) 16:04:05.35 ID:IJkwa06F
    カレー作った状態で置いておいたカレー鍋が消えた件
    店で売っているカレールーを数種類混ぜて、
    牛すじ肉を入れて作った高校生の息子の大好物なんだよ

    ただ、我が家は超辛党一家で、自家栽培のハバネロが結構な量入ってるんだよ
    一応警察には相談したけど、「カレー鍋が消えたpgr」で頼りにならん
    アレは素人(というのはちょっと変だが)が食べられるようなものじゃないのに・・・

    21:名無しさん@おーぷん2017/01/26(木)07:48:43 ID:Ilx
    時々テレビで紹介されたりするラ・カンティーヌの容器が可愛くて
    ちょうどバルサミコソースが欲しいところだったから購入。
    で、この間義父母と義妹がうちに遊びに来た時に
    使い終わって洗って伏せておいた容器が彼らが帰ったあとに無くなってたの。



    そういえば義妹が食事中に手を洗いに台所に入ったのを思い出して
    電話して知らないか聞いてみたら「可愛いから貰って帰った」って
    ビックリするぐらいあっけらかんと言うのね。
    「要るから返して」って言ったら「また買えばいいじゃん」って。

    「欲しいなら***に売ってるから自分で買いなさいよ」って言ったら
    しぶしぶ返しに来たんだけど、
    「お姉さんが出来て嬉しいと思ってたけど、こんなケチなら要らなかったわ」って言われた。

    売り言葉に買い言葉だったのは反省してるけど、
    思わず「こっちこそ手癖の悪い妹なんか要らない」って言ってしまって

    帰宅した義妹が義母に「こんなこと言われた〜」と愚痴

    義母から旦那に「あんたの嫁さん、娘を泥棒呼ばわりしたが如何なものか」とチクリ

    旦那から私に「いくらなんでも言い方が悪い」と文句

    私から旦那に「あんたの家族は人のものを黙って持って帰ることを“泥棒”とは言わないのか」と言ったら旦那激怒。

    旦那と冷戦中3日目。(今ここ)

    いまだに何故私だけが悪者になってるのか分からない。
    つくづく嫁ってのは赤の他人なんだなと思って空しい。


    実は12月に同居開始したんだが、まだ入籍していない。
    元々式を挙げる予定はなかったが、世間的には結婚したことになっている。
    2月の記念日に一緒に届を出しに行くことになっていたんだが、
    こんなことになってかなり入籍に消極的になっている。

    あ〜あ、親族が絡んでくる結婚って面倒臭いや。どうしよう。

    830:名無しさん@HOME2007/07/23(月) 21:27:50
    芝居やミュージカルが好きでよく行ってるんだが
    2回ほどチケットを紛失するということがあった。
    1回目は自分が悪いんだなと思ってたんだが
    2回目はきちんと財布に入れて(夫にも確認してもらった)
    置いていたのになくなってる。
    お金じゃなくてチケットがなくなるなんて変だな…と思って。
    そしたらコトメが同じ日、同じ時間の芝居を観てきたと言う。

    そういえば1回目になくなった時も同じ日、同じ時間のやつ観たと言ったよな。 
    いやいや、でもそんな人を疑っちゃいかん、でも…。 
    なんか気になったのでちょっとトラップを作ってみた。 
    少々お金は掛かるが某ミュージカルのチケット(一番安いの)を買って 
    観に行かずに、日にちが過ぎてからバカでもわかるくらいあからさまに 
    日付を書き換えて財布にin。 
    うっかり義実家のリビングに財布を忘れてみました。 
    次の日に「財布忘れちゃった~」と義実家に行き、中を見たらチケットがない。 
    あ、やっぱりな…と思いつつ夫とwktkして待ってたら書き換えた日にコトメが家に乗り込んできました。 

    チケット出して劇場で恥かいた! 
    つか怪しまれた! 
    あんたのせいだ! 

    とわめくわめくw 
    私「チケット?ああ、行くの忘れててやつかな?でもあれ、財布に入れたままだったんだよね」 
    夫「何?お前こいつの財布から盗んだの?ありえねー」 
    私「息子と遊んだ後だから落書きしてたんだよねー」 
    夫「日付確認しないで行く?バカじゃなね?つかお前盗人かよ」 
    コトメ、泣きながら「お母さんに言ってやる!」と帰っていったけど 
    向こうでガンコ一徹な義父に「人様の物を盗むとは!」とはったおされたらしい。 
    義両親には平謝りされて、コトメ抜きで寿司を奢ってもらいました。

    576: 名無しさん@HOME 2008/04/30(水) 23:08:41 0
    今日トメにやってきたDQN返し。 
    パートに行く前に我が家に必ず寄り、あら探しをしていく近距離トメ。 
    私の母の遺品である真珠のネックレスがあったのだが、勝手に 箪笥を開けて発見、「素敵素敵」と繰り返してきた。

    777:おさかなくわえた名無しさん2013/09/16(月) 20:40:12.37ID:+bjUtC1J
    以前、ゴミ袋が指定有料になった時、自治体から無料で全世帯に3000円相当の
    燃えるゴミ、燃えないごみ、粗大ごみ処理券を配られたのに、
    俺の住んでいたアパート10世帯分だけ町内会長にパクられた。

    【前編】ママ友Aが遊びに来る度サイフの一万円が消える。ある日A宅に行った帰り、また財布の1万円が無くなってたので「財布忘れたから戻る」と電話でカマかけた…
    800:名無しの心子知らず:2005/12/02(金) 11:02:36 ID:qFHAGi72
    534です。
    昨日あれから主人に話しました。
    これからどうすべきなのかを色々話し合いました。
    「本当なら警察に被害届けを出したい。
     が、子の親だし、一応お金も戻ったし
     今回は出さないでおこう。
     ただこのままだとオシャベリなAがあることないこと
     言いふらしても困るから、
     Aのご主人も交えて4人で話し合い、念書なり取ろう。
     そしてこのようなことが再び起こるようなことが
     あったら、そのときは被害届けを出そう」
    という結論になりました。
    その旨をAに言おうと電話したのですが
    留守電でした。

    461:名無しの心子知らず:2005/11/28(月) 23:02:36 ID:sHY0BIlj
    ママ友Aが遊びに来ると
    サイフの中の一万円が消えることが2回あった。
    ある日、Aの家に行って
    帰り、買い物をしようとしたらまた一万円がなくなっていた。
    すぐにAに電話して「サイフを忘れたから戻る」と伝えた。

    59:名無しの心子知らず2010/07/15(木) 19:13:45 ID:/LuKdPHj
    Aママからあぶり出しメール来た。

    最初は何も思わず、回覧板で盗難の注意が回ってたこともあって、
    すぐに警察に届けるようにという内容の返事をした。
    そしたら「高価な物ではないから警察は悩んでいる。戻って来たら不問にしたいと思ってるしgdgd」
    という内容のメールが来て、
    「安価な物でも泥棒だし、他所でもやってるかもしれないから
    指紋などの証拠を消してしまう前に警察に行った方がいい」という内容の返事をした。 

    601: 名無しの心子知らず 2007/09/14(金) 16:17:54 ID:qqe7p5u/
    たった今やられた。 
    幼稚園のママ友と家でお茶してたんだが、ママ友帰った後に
    ピアスつけかえようとしたらピアスとネックレスが盗まれてた 
    (出かける時はいつもフープじゃなくて違うピアスをつけてて、
     子供にちぎられないように帰ったら付け替える)

    家を出るまではあったからそのママ友しか考えらんないんだよなぁ。 
    なんかキョドってたし。 

    安物ならいいけど盗まれたのはヴィヴィアン・ウェストウッドのピアスとネックレス。 
    被害金額10万以上…… 
    ママ友に何も言わず問答無用で警察に24でおk?





    このページのトップヘ