鬼女タウン

当サイトでは、2chの生活系のスレッドをまとめています。 主に鬼女、キチママ、修羅場系、に関するものです。

    538: 名無しさん@おーぷん 2018/06/06(水)17:54:45 ID:8eI

    数年前、祖父の家にあった掛け軸を妹が鑑定に出した所
    数百万もするものだというのが発覚した
    母にその事をいっても特に驚く事も無く
    「そうなんだ」
    ぐらいしかいわなかった
    祖父の家には大きな蔵があったので
    「探せばもっとすごいお宝が出てくるかも」
    というと急にあきれたように
    「その下卑た顔、祖母そっくり。育て方をまちがえたかねぇ」
    と言って出かけてしまった

    なにが悪かったのか分からなく姉に尋ねてみると
    「アンタが祖母のように金に意地汚く成長した事にあきれたんだよ」
    と言われた
    生前の祖母はそれこそ金に意地汚く自慢ばかりしたり母や姉、妹
    を苛めていたそうだ
    でも俺は祖母にはよくお菓子をもらったりやさしい思い出しかなかった
    そのことを言うと
    「あんたは長男だもん。そりゃ扱いも違うわ」
    といわれた
    「ていうか私や母が祖母に馬鹿にされてたのアンタ見ていたけど
    それも忘れてたの?」
    全く覚えていないというと
    「あーあ。そりゃ母も呆れるわ」
    といわれそれ以来、母達と連絡がにくくなった
    ちょっと金の事を言っただけだこんなこんな事になるのが納得いかない

    26: 名無しさん@HOME[sage] 2010/05/26(水) 18:07:21 0
    母が柿の木を植えたら
    「そんな物植えたりして、いつまで生きてるつもりなんですか?」
    と言い放った兄嫁。
    ご飯を炊けば柔らかすぎる、おかずを炊けばまずい、と文句の山。
    母が入院しても一度も見舞いに来ず、退院すると
    「病人食なんて作れないから自分で作ってください」
    と母を敷地内の離れで一人暮らしの自炊をさせた。
    母のことが目障りで、何でも文句を付け、子どものことも
    一切触らせなかった。
    母もストレスで体の調子が悪くなる。

    しかし、人を呪わば穴二つ。
    母のことが大嫌いだった兄嫁が病気になった。
    余命宣告されているみたい。

    831 :おさかなくわえた名無しさん 2013/05/17(金) 15:47:34 ID:d42vBgHs
    新婚一ヶ月目
    料理嫌いの私と料理好きの夫。料理嫌いなのは結婚前から言っていた。

    しかし朝食夕食を毎日作ることは私にとって予想以上に苦痛!
    夫は帰宅がとにかく遅いので家事をする余裕はないが、料理好きなだけに、味やらなにやらとにかく口うるさい。
    日々努力してるし、三品は必ず作り、なかなか美味いと思うのだけど、口に合わないとかあと一品欲しいとか文句を言われるのがつらかった(味が薄いとか)

    …ということを母に愚痴ったら
    「残されたりまずいといわれたらにこにこと目の前でゴミ箱に捨てちゃいなさい。すっきりするわよ。」と。

    実践してみたら確かにすっきりしたし次の日はおいしいと褒めてくれた。
    なんか、母、すごい。
    と思ったので報告です。

    304 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/12/26(水) 00:22:04 ID:jiID3A0S0
    母がもうそろそろ最期だなって時に、病室に私しかいなかった。
    ここはいっちょ息のあるうちに写真でも撮っておくべきか…と思って、目を見開きただ息をしているだけになってしまっていた母にカメラを向けた。
    iPhoneでシャッター切ったら自動モード設定になっていて意図せずフラッシュが光ってしまった。
    ピクリとも動かなくなって反応のなかったのが、その瞬間「ビクッ!」とした。
    「あぁっ!ごめんごめん!今のナシ!」つって、もっかい撮って、数分後にふと見たら、スーッと目を閉じ息をしなくなった。
    父はタヒに目に間に合わなかった。泣いてた。
    苦しまなかったよ、と今際の際の写真を見せたら喜んで、メールで送ってやったのを大事そうにしている。

    タヒぬのを待つばかりな感じだったしもう虫の息だったので、看護師さん達もナースコール押しただけでわかった顔して来てくれたし、あの時が自然な最期だったはず。
    でも、私がタヒ期を一寸早めたのではなかろうか…とずっと思っている。
    なんか、三途の川の光が見えた!って間違って逝っちゃったのかなぁ…とか。
    このフラッシュ事件は、夫にも親兄弟にも誰にも言えないままで墓まで持って行く。

    762 :おさかなくわえた名無しさん 2018/03/07(水) 15:57:48 ID:C6XBdhxn.net
    運転が自己中すぎる母親。
    追越車線をノロノロ走り、追い越そうとしている車には並走して道を譲らない。
    それでも後ろの車は母を追い越していき、ちょうど先の信号が赤になったので停車していた。
    その車を見て母が「私は信号のタイミングを見て赤で止まらないように走ってた。
    あの車は私を追い越して馬鹿だ」と謎の理論を展開し始めた。
    別にいいじゃない、越してもらって自分はゆっくり走れば。
    だいたいそれをやりたいなら走行車線でやれば?と思った。
    でも何を言っても母には通じず。
    自分の横に乗せても些細なことで運転に文句をつけるし、どう接していいかわからん。

    364 :スカッとする修羅場まとめ 2018/11/07(水) 11:07:24 ID:nUtbs1Sd.net
    10歳位の頃に寝てる間に伸ばしてた髪を母にザクザク切られた。
    それから母が怖くて何となく距離置いてたんだけど、最近になってなぜあんな事したのか聞いてみた。
    そしたら教えてくれた話が修羅場だった。

    当時アメリカに住んでたんだけど、同じ町に忄生.犯罪者が引っ越してきた。
    当然町は騒然となって、めちゃくちゃだったらしい。

    私の記憶でも例えばスクールバスのバス停まで保護者が迎えに来ないと降ろしてもらえなかったり、
    校舎の出入り口に鍵がかかって、先生達が出迎えてたり、
    学校の周りにお母さんやおじいちゃんおばあちゃんがたむろってたりしてた。
    アメリカの学校は広い敷地に校舎がポンポンと建ってる感じだから入りやすいっちゃ入りやすい。だから怖かったんだと思う。
    塀とか無いし。
    あと近所の家の前に、おじいちゃんがプールサイドみたいな椅子に寝そべってて、玄関の横にライフル?猟に使うタイプの銃身が長い銃?アレ立てかけてたり、
    一般的な家はいわゆるオープン外構っていうのが主流だから、塀のない家しか無かったけど、
    何か近所の人がお父さんとお兄さんとで夜っぴて塀を作ってたり、
    確かに思い出せば何か変だった。

    犯罪に対する危機感って、子供でもちゃんとあるけど、日本育ちの私は犯罪の意味すらよく分かってなかった。
    そんなのテレビドラマとか映画の中の話でしかなくて、現実感ゼロ。
    緊張して怖がってる友達の中でぼーっとしてた気がする…

    父はアメリカ国内で出張も多く、不在がちだったので母は不安でしょうがなかったそうだ。
    まぁもし家に犯罪者が押し入ってきたら、父がいても太刀打ち出来そうにもないけど。
    そして反対集会に出た痩せ型華奢な母が「なんてみんな逞しいのだろう、私は何てこんなに弱いのだろう」とショックを受けたらしい。
    おばあちゃんすら母よりはるかに逞しかったそうだ。容易に想像できる。

    53 :名無しさん@HOME 2015/09/02(水) 16:37:05 0.net
    私が小学校の中~高学年のとき、なぜか母が「養子をもらおう!」と意気込んで、講習(?)とかに
    私や父を連れて行きまくった。もちろん母一人でも行きまくってた。
    父はとめていたようだが、母は逆に父を説得してしまった。
    それから母は一人の男の子(8歳くらい)を週末だけ預かるようになった。私の目から見て、そのこは大人しいと思った。
    返事もはきはきして、母に懐いていたようだった。でもずっと家に泊まるようになると、少しずつ凶暴になった。
    私は何度も髪を引っ張られたり殴られて痣できた。石も投げられた。
    母も父も噛みつかれたりしたらしい。特に夜がひどくて、物を投げたり叫んだりしてた。
    私はそのときのことがほとんど記憶にない。恐怖で、部屋でラジオの音量を最大にして聞いてた。
    あとで聞いた話だけど、そのこは親からひどい虐待を受けて施設にいた子みたい。
    母は、たぶん「まともな家庭の温もりを与えてあげよう」みたいなことを思っていたみたいだけど、我が家では無理だった。
    数か月してその子がいなくなったときは、父と一緒に泣いて喜んだよ。

    41: 名無しさん@おーぷん 20/04/02(木)01:28:05 ID:rd.cv.L1
    昨年末に夫の母親の介護が始まった。
    頭はハッキリしているけど、
    足腰が弱り廊下やトイレに手摺り、
    2階に置いていた物を1階に下ろして、
    1階で十分生活できる様に生活をコンパクト+合理的に整えた。
    自営業で基本自宅勤務の私がサラリーマンの夫に代わり、
    1週間に2回ほど顔を出し買い出しや洗濯等不便を片付けた。
    夫はごめんな、ありがとう、と都度声を掛けてくれたし、
    自分も義母が好きだったから当たり前としてやった。
    それが四ヶ月前。


    一昨日私の母が転んで腰を打って自宅療養になった
    (コロナ対策で軽度外傷は自宅療養になる)。
    それで父が
    「気が弱ってる(コロナの事もあり)からたまに顔を見せてくれないか」と連絡があり、
    夫に行ってくるねと行ったら『は?お袋はどうすんの?』と言われた。
    え?貴方の母も助けが必要、私の母も助けが必要なんだよ?
    どっちがどうじゃなくない?と言ったら、
    『行ってもいいけどこっち(義母)を疎かにすんなよ』だと。
    「は?は?何言ってんの?ちょっと待って?
    じゃぁ自分の母親を疎かにしてるお前はなんなん??」と言って今に至る。
    はぁ。もうどうしよう。
    人って続くと「当たり前」になるんかね。


    309: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2010/05/21(金) 14:05:38 ID:6/oGAs2T
    この間姉が買い物に行きたいので一時間だけ預かってほしいと、3か月の赤ん坊を置いて行った
    初孫にメロメロな母は大喜びで引き受けあやしていた
    俺や弟、父も可愛い可愛いと見ていたが、最初は機嫌の良かった赤ちゃんだったが
    そのうちぐずりだし激しく泣き出した。
    男連中はどうしていいか分からず各自部屋へ逃げこんでしまった

    しばらく鳴き声が聞こえていたがそのうち変な鳴き方したので気になり
    見に行くと・・・そこには世にもおぞましい光景が

    60すぎた母が服をたくしあげ、胸をさらして一生懸命ティクビを含ませようとしていた。

    仰天して「なっ・・・なにやってんだよババァ~~!」と叫んでしまった
    気まずそうに母は「いや・・・気がまぎれるかと思って」とか「可愛くってつい」などと言い訳していたが
    「お願いだからお姉ちゃんにはだまってて」と懇願された
    まぁそうだろう、これが知れたら姉は間違いなく激怒し二度と我が家に子供を預けなくなるはず。

    というわけで姉には言ってないのだが、あの光景はしばらく脳裏に焼き付いて離れそうにない。

    790: 愛とシの名無しさん 2008/05/08(木) 19:46:27

    新婦が泣き腫らした顔で出てきた。 
    それも嬉し泣きじゃなくて悔し泣きの表情。 

    新婦の母親と妹は体調不良で欠席していたので、 
    そのせいなのかなと思ってたおめでたい私。 

    今日知ったが、新婦妹がとんでもない馬鹿で、
    前夜に新婦が部屋に吊るしておいたお色直しのドレスに
    「ちょっと着るだけ」とピザな体を突っ込んで破いたんだと。

    新婦妹は「だってピンクは私の色なんだもん!」という
    幼稚園児でも痛々しい理屈をこねて大暴れし、
    とうとう新婦とつかみあいのキャットファイトに。

    そこで母親がようやく叱りつけた。 新 婦 を 。

    「お姉ちゃんなんだから最後にわがままを聞いてあげなさい」
    という母親の理不尽な説教に新婦もキレて、
    絶縁宣言して祖父母宅に逃亡、そこから式場に来てたらしい。

    新婦さん幸せになれよと思った。

    このページのトップヘ