711 :名無しさん@おーぷん
    うちの親、特に母親の金銭感覚がおかしい。子供の頃からずっと違和感があった。

    うちの場合、おかしい、というのは散財するとかではない、一般的な相場というのが理解できないらしい。
    例えば、中学生の子供に「これで靴(通学用のローファー)を買ってらっしゃい」といって1000円を渡すとか。
    今でこそ安い靴屋もなきにしもあらずだが2-30年前では1000円で何が買えるのか?
    それじゃ買えないと靴を買えるだけのお金を要求すると大騒ぎになる。

    買い物に行くと「高い高い高い」とつぶやいて何を買うにも一番安いものを買う。

    母親の知り合い同士で大人だけで食事&お茶だとランチとかを利用するにも1000円ぐらいはかかる。
    でも母親は数百円で済ませるつもりだったからやっぱり「 高い高い」

    で、うちが貧乏だったらそれでもいいのだが、父親は人並みに稼いでいたらしい。

    なんでなんだろうってずーっと謎だったんだけど、最近親戚の伯母さんから母の学生時代のときの話を聞いた。
    母は学生時代、洋服とか靴とかを自分で一切買わずに済んでいたらしい。
    すぐ近くに洋裁学校に通う同級生が居たのだという。洋裁学校って毎日のように何かしら縫う必要があり
    母の母(私から見て祖母)が その家に布代を援助する代わりに縫った服を母親用に貰い受けていたのだという。
    だから母親は普段着からちょっとしたお出かけ着までほとんどその近所の人が縫った服で済ませていた。

    ちなみに百貨店で服売り場より生地売り場が幅を利かせていた時代。

    洋裁学校といっても近所の人が行ったのはその地域でも当時トップレベル学校で、確か当時3年?で最後には
    コートのようなものまで作ったらしい。だから母は学生時代から就職して結婚するまでの4−5年間、ほとんど服を
    かわずに済んでいたのだという。さすがにちょっとしたものは親から買ってもらっていたが、まだまだ豊かではなかった時代、
    1つを買って壊れるまで使うのが当たり前だったので今ほど服飾品はそんなに買わなかった。

    【前編】母が嫁に「子の野菜嫌いはドレッシングが美味しくないからじゃない?」とアドバイスしたら怒って嫁が出て行った…
    222: 公務員 ◆Evf7k/bZhY 2018/04/04(水) 01:31:07.02 ID:4h1D/aPT0
    これ言うと話が戻るから言いたくないけど、子供の世話や私の介助が必要で
    嫁が大変だから母に手伝いに来てもらってたんですよ。 

    母が子供たちと遊んだり料理したりしてくれている間に
    嫁が掃除洗濯等して私の風呂や着替えを手伝って、
    みんなでご飯を食べた後は母が子供たちの風呂まで入れてくれるから、
    嫁はゆっくり食事の後片付けやゴミまとめたりできるじゃん。 
    そうやって協力してみんなでやってたんですよ、嫁のために。 
    恩知らずだと母もカンカンですよ。 
    DNA鑑定は早急にやったほうがいいかもしれませんね。

    434: 公務員 ◆Evf7k/bZhY 2018/04/02(月) 14:59:48.99 ID:ugUz3tvtp
    ◆現在の状況 
    嫁が子供連れて離婚届置いて家出 
    ◆最終的にどうしたいか 
    戻ってきてほしい、離婚はしたくない 

    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
     
    30後半、公務員、500万 
    ◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額) 
    30前半、事務員、370万
    ◆家賃・住宅ローンの状況 
    無し(私の親所有) 
    ◆貯金額 
    私200万、嫁不明、共同不明 
    ◆借金額と借金の理由 
    無し 
    ◆結婚年数 
    6年 

    ◆子供の人数・年齢・忄生別 
    4歳男、2歳女(双子) 
    ◆親と同居かどうか 
    別居 
    ◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由 
    共に初婚

    【前編】嫁が妊娠中で悪阻が酷い時母が軽い病気で入院した。嫁はそういう事情で母の病院に行かず妹が世話しに行ってたんだが、後日母と妹から嫁への愚痴が…
    737:素敵な旦那様05/03/07 23:20:10
    何だかいいヤツだな。
    嫁さんガードがんばれよ。
    嫁に直に連絡がいかないように出来れば、ほとんど大丈夫だと思う。
    ただ、嫁が気を使うタイプだと、拒絶してること自体に罪悪感を抱かないか心配。
    あくまでも711の希望によりってことで。

    711:素敵な旦那様05/03/07 21:33:02
    先日、母親が入院した。
    軽い脳梗塞で、経過は順調。
    妹が病院に通っていたんだが、嫁が来なかった事で母親と妹が
    嫁に文句を言ってたらしい。
    嫁は入院した時妊娠7週で、妊娠が判明したばかりで、おまけに風邪気味で悪阻が酷い。
    下手に病院に行って風邪を悪化させたらまずいと思って、俺から行かなくていいと嫁に言って、
    親にはインフルエンザで寝込んでいる事にした。
    それなら仕方ないね、って流れになってたのに、先週に3回くらい、
    俺のいない隙に嫁に文句を言ってた。
    それで大人しく聞いていたわけもないと思っていたんだが、
    本当に過去にやられた嫌な事を「こういう事されて私も不愉快だったんですが」と
    その度に並べ立てて、火が大きくなって俺に報告が来た。
    嫁からは、親に言われるまで気付かなかった。
    嫁の味方をするつもりなのは当然なんだが、どうしたらいいかアドバイスをお願いしたい。
    住所は知られていて、来る気なら突撃できる。
    電話は嫁が半分仕事で使っているので、番号変更は難しい。
    とりあえず着信拒否ができる電話にはしたが、突撃されれば終わりorz
    ついでに、ここに引っ越してきたのが2月中旬なので、正直引越は辛い。
    絶縁覚悟ではあるが、先に現状だけ言ってみました。
    お願いします。
    一度、嫁は流産しているので、できうる限り防波堤になるつもりでいる。

    159 :名無しさん@おーぷん
    書き捨て
    どこに書いたらいいかわからないし、話せる人もいないので。

    昔から母に愛されていない自覚があった。
    自分もいい年になって親父に真相を聞いてみた。
    否定されたが、しつこく追求した。
    愛してるならどうして俺に一度も笑顔向けたことがないのか。
    どうして俺との会話だけ淡白なのか。
    どうして俺を汚物を見るような目で見るのか。
    結果、やはり俺は愛されていなかった。
    俺は母が好きだから、わかっちゃいたがすげー悲しかった。
    母は俺にだけすげー冷たいけど親父やペットには人が変わったように優しいんだよ。
    別に虐待されてたわけじゃない。
    ただ手をつないだり、抱っこしてもらったり、そういう記憶がない。

    母は「子ども」という存在を嫌悪している。らしい。
    これは精神的な病で、通院もしてたそうだ。
    子どもはいらないという条件で結婚したが父はやはり自分の子が欲しくて頼み込んだ。
    母は妊娠したが、自分の中にウジ虫がたくさんいると発狂、鬱に。
    流産することなく無事に産まれたが、 俺に一切の興味がなかった。
    むしろ気持ち悪いと思っていた。
    俺が泣くたび騒ぐたび、母は俺を嫌悪した。
    最低限の世話はされた。ペットの犬のついでに。
    本当は俺なんかに触りたくもなかったから、出来るだけ触らないようにしていた。
    出かける時はちゃんと連れて行ってくれた。
    手は繋がなかった。でも俺はきちんとついて歩いた。
    きっとはぐれても捜してくれないと思ったから。
    1日騒がずに外出出来たら帰りにおやつを買ってくれた。
    それだけで嬉しかった。
    夏休みの自由研究を手伝ってくれた。母は絵が上手い。
    母は俺とは最低限の話しかしないし触れないけど、母が好きだった。
    わからない宿題は教えてくれた。
    俺は母と会話したくて、わかる問題すら質問を繰り返した。
    母は俺のことを名前で呼ばない。お前とか、子供のヤツ、とか。

    母は2才頃から10年ほど両親からひどい虐待を受けていたらしい。
    母が子どもの頃は同年代の子の家庭を羨ましいと思っていた。
    だけど、大人になるにつれ、羨ましいという感情のほかに、ずるい、憎いがくわわった。
    母は見ず知らずの子ども達を見て、こいつらのほとんどはタヒぬまで一度も殴られる痛みを経験することもないんだ。こいつらは幸せなんだ。ずるいずるい憎い不幸にしてやりたい。ひどい。という思考回路になってしまうらしい。
    たとえそれが自分の子どもでも。

    支離滅裂な文章ですみません。
    ただやっぱり俺は母が好きだなー。悲しいけどね。
    現嫁との結婚報告も興味なさげだったし、孫なんか絶対連れて来んなって言われてるから、まだ孫の顔も見せたことないけど。

    【前編】母は仲良くしたいドリーム満載。嫁は舅姑とは親戚なだけと言う。嫁「携帯メールが姑から届く生活はごめんなんで番号削除してください」って…モヤモヤ
    829:素敵な旦那様2006/01/20(金) 13:51:58
    相手が嫁だろうが、なんだろうが、本人の許可無くメールアドレスを
    他者に教えるのがそもそも一番の間違い。
    最初に母親にお前のメールアドレエス教えていいか?って聞くのが良識ある大人。

    805:素敵な旦那様2006/01/20(金) 11:45:21
    うちの嫁はきっぱりものを言うほうだから
    おれの母親はとまどってうちとけられないらしい。
    ひとなつっこいお嫁さんが来るはずとか夢持ってたんかね。
    例えば結婚が決まった後、おれは身内になるし、緊急連絡にと思って
    母親に嫁の携帯番号とメルアドを教えた。
    で、母が嫁に「これからよろしくね」とメール。
    そしたら嫁が
    「携帯メールが姑から届く生活はごめんなんで番号削除してください」だって。
    母に相談されて嫁に相手してやってくれと頼んだけど
    「わたしの父からあなたに今日は寒いですねとかメールきたらキモくない?」
    って言われて確かにそうだからなにも言い返せず。

    おれ母は仲良くしたいドリーム満載。
    嫁は舅姑とは親戚なだけと言う。
    結婚3年目だけどうちの嫁、おれの親と2回しか会ってない。
    おれも嫁親と2回しか会ってないからダブスタ嫁ではないのだけれど…
    なんかひっかかってるんだなあ。 
    嫁姑「争い」ではないのだけれど…

    535: 1/2 2013/09/27(金) 04:55:39.62 0
    こんな時間に目が覚めたので 

    兄の妻、つまり義姉が今現在も継続中の多分DQN返し 
    文章を書くことがあんまりないので、読みにくいかも 

    兄と母の親子関係は、結婚するまでは普通だと思ってた 
    べったりでもないし、険悪でもない 
    本当に普通の親子だって 
    結婚当時、私はまだ大学生で、 
    8つ年上の兄が綺麗な配偶者を連れてきたときは単純に嬉しかった 
    結婚生活は別居 
    母は、それが気に入らなくてぐちぐち兄に文句を言ってたけど 
    父は、新婚なんだから2人っきりで暮らしたくて当たり前だって言ってた 
    だいたい親の面倒を見させるために結婚するんじゃないぞって 
    兄たちが結婚して、新婚旅行から帰って来て、生活が少し落ち着いたとき 
    兄が義姉を連れて家に来た 
    そのとき、玄関先で、ただいまじゃなくて、 
    「お世話になります」って義姉が言ったのが母は気に入らなかったらしくて 
    台所に呼びつけた義姉に嫌味を言っていた 
    「お客様になりにきたの」とかそんな感じ?だったと思う 
    玄関でもうあなたの家なんだから、って義姉に言ったとき 
    それはどうでしょう?って言われたのが気に入らなかったのかも 
    私的には(義姉が)養女に来た訳じゃないのにって思った 
    だって、他人だよね? 
    兄と結婚したけど、うちの子になった訳じゃないのにって

    648 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/12(火) 17:16:55 ID:VpxcN324
    私の母の友人は、男に騙され入籍され 
    実家の財産も全て失い生き地獄に堕ちた。 
    だから、子供達の連れてきた異忄生は全員調べる!と常々言われていた。 
    コレが前提。 

    「俺の子供を産んで欲しい」 
    とつきあって1年の彼に言われた。 
    私はコレをプロポーズと受け取った。 
    でも、彼は避妊をやめようとするばかりで 
    指輪を買うでも、親に紹介するでもない。 
    本当に「子供を産むだけ」させようとしているのかな?と疑惑に思い始めた。 
    そして、母に「プロポーズされた」と相談。 
    母は早速興信所に調査を依頼した。 
    結果、彼は 
    単身赴任中の既婚者 
    30歳は嘘で、実は40歳 
    彼の郷里では、彼の祖父母と彼の父を介護する彼の嫁がいる 
    彼の嫁は病気で子どもの産めない身体になっている 
    彼の妻は彼の借金を一緒に背負い、彼女の実家を売った 
    という事実がボロボロ出てきた。 
    母は激怒し、娘(私)の名誉を守るために弁護士に依頼。 
    私が不倫と知らずにいたことを証明し、相手方に慰謝料請求。 
    もちろん内容証明の送り先は彼の妻の住む、彼の実家。 
    弁護士を通じ、彼の勤務先にも連絡。 
    彼の妻はショックで介護を放り出し、出奔。 
    彼は勤務先にいられなくなり退職。 

    恋が冷めた・・・というより、私は今放心状態。 
    でも、これから先、まともに人を信じられるかどうか、本当に自信がない。

    このページのトップヘ