披露宴

    409: 愛とタヒの名無しさん 2007/08/30(木) 15:54:06
    新婦の仕事仲間として昔出席した結婚式。 
    新婦は二十代前半、新郎は四十代半ばの年の差カップル。 
    新郎はその年にしてはかなり若く見え、これまで仕事一筋だったが新婦に出会って 
    はじめて結婚する気になったという話だった。 
    披露宴の途中までは順調に進んでいたのだが、新婦友人のスピーチのあとに 
    新婦の友達(と皆思った)が一人後ろのほうから出てきて、飛び入りで 
    スピーチさせて欲しいと言い出した。 
    司会は困惑していたけど、酔っ払ったオッサンたちが「いいじゃないか」と言って 
    マイクを渡してしまった。 
    するとその人 
    「はじめまして○子さん(新婦)、お久しぶりですお父さん。15年ぶりですね。 
    養育費も面会も無しでしたが私はここまで育ちました。○子さん、これからは 
    義理の娘になりますのでよろしくお願いします。実子に養育費も払わない男が夫で 
    これから苦労されると思いますが、末永くお幸せに」 
    と一気にしゃべってツカツカ歩いて会場の外に。 
    場内は凍りつき、その人が出て行ったとたんに騒然。新郎新婦真っ青。 
    途中で気づいて止めなかった司会が新郎親たちに吊るし上げされるし、 
    新婦親族は新郎に詰め寄るしで散々だった。私は楽しかったけど。 
    結局、披露宴は途中でお開きに。結婚もとりやめ。 
    あとで新婦が愚痴ってたところによると、新郎は若い頃恋人をはらませたが 
    結婚せず、認知だけして子供が幼稚園児くらいのときまで同棲していたそうだ。 
    その後、面倒になって二人とも捨て、独身貴族として楽しく暮らしていたらしい。

    452:愛とタヒの名無しさん2008/06/17(火) 23:56:39
    結婚式に招待された。
    当日、私の席が無かった。
    呼ばれてなかったのか?

    64:愛とタヒの名無しさん2011/01/03 14:13:24


    友人(新婦)の式。オカルト注意。

    新郎新婦の生い立ちみたいなプロフィールビデオが流れたんだけど
    写っちゃいけないものがバッチリ写ってた。
    他にも何人か気付いた人がいたらしくてザワザワ…ザワザワ…。
    で、その変な空気がやっとおさまりそうってところで、
    新婦の従姉妹(?)が中二病かメンヘラか分かんないけど
    「○○ちゃん(新婦)は祟られてる!」と叫び出してさあ大変。
    父親らしき人に即行でつまみだされたけど、
    「怨念!悪霊!私が除霊してあげる!」ってロビーでも暴れてた。

    そのPVは新婦の手作り。 
    小さいプレビュー画面を見ながら作ってたせいで気付かなかったらしい。 
    当時、新婦は皆がザワザワしてるのは 
    あまりにもPVの出来が良くて感心しているせいだと思ったらしい。 
    いきなり従姉妹が叫びだした時には 
    「何のサプライズ演出かと思ってワクワクしたのにww」って笑ってた。 

    式後、PVを家族で確認したところお父様が「かあちゃんだ」とポツリ。 
    なんと写っていたのは生前からイタズラ好きだった新婦のお母様だそうな。 
    お母様が亡くなったのは新婦が3~4歳の頃だったため 
    あまり記憶もなく、写真と見比べてもピンと来なかったらしいけど 
    お父様が呟いた「かあちゃんだ」を聞いた瞬間に 
    涙があふれてとまらなかったそう。 

    そうだよね。 
    悪霊が「あっかんべー」して写るわけないもんね…。 

    あれ?もしかしてスレチか?どうもすみませんでしたー。

    945名無しさん@HOME2013/03/31(日) 12:39:11.98ID:0

    結構前の話だけど

    学生時代から女4人で仲良くしてた(全員微喪女)。
    就職してからもその仲は続いていたんだが、ある時Aの彼が既婚だった事が発覚。
    A彼とは私もちょっと会った事あるけど、まだ20前半で恋愛にも疎い私達には
    彼氏が既婚、自分が不倫してるなんて遠い世界の出来事で全く気付けなかった。
    でも、グループの中では一番恋愛経験があるBは、注意しろと度々Aに言ってた。

    Aは即別れて、「馬鹿だよねー」と笑いながら話してたけど必タヒで涙を堪えていた。
    私とC(当時恋愛未経験)は、なんて言っていいか判らず、ただAの手をもんでいた。
    BはAを上手く慰めてくれていた。
    けど、段々説教じみておかしくなっていって、

    「だから言ったじゃない、人の言う事聞かないからこうなる!傷物にされて…」
    「クリスマスだってさ、Aのデートの後きっと家族で楽しいパーティーしてたんだよ」
    「彼の誕生日会えなかったんだよね、奥さんとラブラブデートしてたんだよ」
    「子供かかわいくてかわいくて仕方が無いんだろうね、離婚なんて絶対にしないね」
    「最初から捨てるつもりの恋愛ごっこはさぞ楽しかったろうね、酷い男だね」
    「こうしてAが夜一人で泣いてる間も、奥さんを抱きしめてキスしてるんだよ、辛いね」
    「これで判ったでしょ?」
    「Aが頑張ってバイトしてプレゼントしたネクタイも、すぐに質屋に売ったんだろうね」
    「Aはもっと怒って良いよ!だって彼はもうAの事なんかすぐに忘れるよ?酷くない?」
    「Aのお父さんとお母さん可哀想、娘が愛人にされて…」
    「A!ちゃんと反省してる?!二度とこんな事しちゃ駄目だよ!」

    こんな感じで、説教と慰めと罵り?を巧妙に織り交ぜながら話し続けた
    特に「何もかも嘘」「奥さんとラブラブ」「愛人扱い」は何度も言ってた。
    途中で私とCが「もう帰ろう」って言って、解散になった。その後、
    Aが私の家に一人で来て、その日は泊まっていった。ワンワン泣いてた。私も泣いた。

    29:名無しさん@HOME2007/08/24(金) 19:46:00

    ここの皆さんに比べたらプチだけど…。
    今日コトメの披露宴だった。コトメとコトメ旦那は教師なのでこんな日になった。
    その披露宴に私、私の父母、私の叔父(少しだけ名を知られている楽器演奏者で箔付けのため呼ばれた)
    三名欠席&招待客のホテル予約キャンセルした。
    30名ほどの予約だけど観光地なのでなかなか他のホテルは予約できないはず。

    おまけに衣装、ブーケ、小物届かずにしょぼい間に合わせの貸し衣装で間に合わせたと
    思うのでずいぶん惨めな式になったと思う。
    親戚中で都会の嫁と馬鹿にしつづけ裁縫以外とりえのない女と罵り、私の母(和裁士)まで
    巻き込んで衣装を安く上げようとしたり何より私の子は席代が無駄なので呼ばない、でも花束贈呈は
    させろなんてコトメ夫婦で言うので腹が立った。
    さっきから携帯がずっと鳴ってるけどもう知らない。

    356:愛とタヒの名無しさん2010/10/19 02:04:33

    グチグチ言う新郎母って、多いのかね?
    以前出た、不幸な結婚式。

    事前に「反対するなら式出るな」と
    新郎と新郎父が言った為、しぶしぶ
    結婚を認めて口をつぐんだ新郎母。
    でも、我慢できなかったのか披露宴会場に
    移動する時にはグチグチと新婦の悪口。

    怒った新郎姉妹に「黙らないなら追い出す」
    と凄まれて再び沈黙するも、またグチグチ言い始める。

    お色直しの時に、新郎から呼ばれて
    控え室に行った後、真っ赤な目をして
    帰ってきた。あー〆られたんだな。と察しておいた。

    その後は大人しくて、親族一同ホッと
    していたら、最後の新郎父挨拶でやってくれた。
    「新郎ちゃん、新婦は料理なんてまともに
     作れないだろうから、同居しましょう。」
    「お父さんも同居のほうがいいでしょ?
     そうしましょうよ!ね?」
    なんて声をマイクが拾ってしまい、
    会場に駄々漏れ。

    怒りで震える新郎に、泣きそうな新婦、
    顔面蒼白の新婦両親、固まってる新郎父。

    固まった新郎父からマイクを奪い
    「僕は、今日限り母と縁を切ります。
     僕の家族は新婦です。
     一生守ると誓いましたが、
     今、改めて皆さんに誓います」と
    言い、新郎母を引きずって出て行った。

    ふじこっている新郎母は、普段の肝っ玉母さん
    からかけ離れていてショックだった。
    幸い、二人は仲睦まじく暮らしており、
    新郎・新郎父・新郎姉妹が、後日お詫び行脚したからか、
    新婦両親や新婦親族とも上手くやってるようです。

    ちなみに、私は新郎姉です・・・

    452愛とタヒの名無しさん2012/01/16(月) 11:44:49.10
    一昨年行った披露宴の話。

    式そのものは和やかに進んでいたが、上司のスピーチが始まった瞬間
    入り口の扉が突然ばーんっと開いた。
    みんな驚いて振り返ると、スレンダーな美女が目を血走らせて仁王立ち。
    そのまま高砂まで駆け上がると、新郎新婦に一発ずつビンタをかまし
    上司を突き飛ばしてマイクを奪い取ると。
    「私は新郎さんの恋人です!お腹にはこの人の子供がいます!」
    と高らかに宣言


    周りのスタッフが慌てて取り押さえようとするものの
    「お腹はだめ!お腹には触らないで!」
    と大騒ぎするので周りも困惑して手を付けられない。
    10分程度騒いだ挙句にようやく連行されていった。

    会場がざわざわする中、先ほど突き飛ばされた上司がマイクを拾って
    「新郎くん、私たちは君たちの門出を祝うために集まったはずだ。
    はっきり言いなさい。今の女性が言っていたことは本当かね?」
    新郎は真っ青になっていたが、マイクを突き付けられて震えながら
    「僕はあの人のことを知りません…僕が愛しているのは新婦だけです」
    という趣旨のことをやっと言った。

    新郎が新婦にべたぼれなのはみんな知ってたし、なによりも
    「この育ちのいいおぼっちゃんがそんなことをするわけがない」と
    全員が思っていたので、この一言で疑いが晴れてお祝いムード再盛り上がり。
    女性は錯乱していたので警察と救急車を呼んでお引き取りいただいた。
    資産家の息子(新郎)に、一方的に恋心を募らせたス㋣ーカーということで落着した。

    191:おさかなくわえた名無しさん2009/09/19(土) 13:46:05ID:JT1rlGxV

    ちょっと長いけどお付き合い下さい。会社の後輩Aちゃんの結婚式の話。
    3年付き合った彼氏とAちゃんが晴れてゴールインすることになった。
    Aちゃんは凄くいい子で仕事も出来る。彼氏はとても優しく真面目そうな資産家令息(イケメン)。
    小さい会社だから、もう会社中で我が事のように大喜びだった。
    式には社員総出(+社員の家族)でお呼ばれ。
    式中、結婚にいたったきっかけが披露された。
    彼氏に腫瘍ができたことが発覚。そのときAちゃんが彼氏に
    「もし悪性だったら結婚しよう、あなたに出来ることは全部したいから」とプロポーズしたらしい。
    幸い腫瘍は良性で、検査結果を聞きに行った帰りに彼氏から
    「両性だったけど、結婚してくれますか」と改めてプロポーズしたんだって。

    その話に一同和んでいたところ、新郎友人席からバカにしたような「ハッ」という女の笑い声。
    「バカじゃないの、もろ遺産狙いバレバレじゃん」。
    見るとなんか荒んだケバ目の女が酔っ払ってグデグデしながら喚いていたわけ。その後も
    「新婦の席見てみなよ、片親じゃん」「この前みかけたらユニクロとか着てて地味だった。嫁ぎ先に不似合い」
    挙句「ブス」などAちゃんをけなし放題。
    その女の旦那さんらしい人が手を上げそうになってるわ、うちの会社の後輩(若くて血の気が多い)が
    「あんたにAさんの何が分かんのよ!」とか怒鳴りだすわ、もうぐちゃぐちゃの大騒ぎ。
    と、ゴボゴボッ、ドンドンというような音の後に「あーあー」という女性の声。
    声のほうを振り返ってみると、和装の美熟女がマイク片手にすっと立っていた。
    新郎のお母様だった。

    343:名無しさん@HOME2013/02/02(土) 13:56:12.82 0
    流れよまずに長文ごめん。
    中学時代に私と友達をいじめてた奴(女)が結婚式するから、披露宴用の動画作ってくれってのがあった。
    別の友人の披露宴で動画作ったから、たぶんそれ聞きつけて、
    友人伝って依頼されて、きっちり作った。
    渡された素材を使って作って、OK貰ったから、
    それをラベル・音声そのままにして、写真たちだけごっそりすり替えてやった。

    焼却炉に捨てられて灰まみれのバスケットシューズ、
    卑猥な言葉の羅列された練習着、それに被せるようにして
    イジメの内容をありありと示した当時の私の日記の一文たち。
    私の予想では式前にチェックされて、そこで発覚されて流されないと思ってたから、
    実際あれが新婦友人スピーチの後に使われるとは思ってなかった。

    731:愛とタヒの名無しさん2007/01/06(土) 17:30:32
    夫から聞いた話なんですが…。

    先日夫が出席した某披露宴。
    夫は新郎の同僚で普段から仲が良く、お祝いのスピーチも頼まれ
    ていたので、張り切って出かけて行ったのに、帰ってきた夫は
    憔悴していました。

    その訳なんだけど、なぁんと挙式・披露宴当日に


    新郎父と新婦母
    が駆け落ちしてしまったとか。何でも2人は以前交際していたと
    か何とかだそう。まるでドラマじゃんと目が飛び出ました。

    でも一応新郎新婦の気持ちは変わらずという事で、そのまま挙式・
    披露宴を行ったものの、空気は…。スピーチをした夫も気疲れ著しく、
    こんな披露宴は初めてだとぐったりでした。

    焼けぼっくいに何とやら、なんでしょうけれど、あるんですねえ、
    こんなこと。

    このページのトップヘ