息子

    596 :名無しさん@HOME2008/11/17(月) 16:17:280
    漫画のようなネタっぽいんだけど、ついさっき息子がやった事。
    昼過ぎからトメが凸してきてて、ハイハイワロスワロスと
    いい加減帰ってくれと思いながら適当に相手をしてたときに電話。
    息子(4歳)が電話に出たら相手は良ウトさん。
    手が離せなかったので、息子にスピーカーホン機能にしてもらうと
    「トメ、そっちにいるかな?」
    「いますよー」っと私が答えるより先に息子が返事。
    「いらないから持って帰ってー」
    ウト大爆笑、トメガクブル。
    よくやった、息子よ!!!

    314 :名無しさん@おーぷん
    今日で入籍して1年になるので記念に嫁との馴れ初め
    自分はバツ1息子有り、嫁は弟の嫁さんの友達です

    元嫁といろいろあって離婚し息子を引き取って実家方面に転勤&引越し
    実家には両親と弟夫妻&子供がいるので俺と息子は近くのアパートに暮らしてた

    職場側も俺の離婚のゴタゴタを知っていたので比較的早め(といっても19時だけど)に帰宅して
    保育園に息子を迎えに行く→自宅アパートと俺実家でみんなでご飯が週の半々の生活
    弟の所の子供と俺息子の年齢が近く保育園も一緒なのでたまに弟嫁さんが一緒に実家に連れ帰ってくれる
    土曜日が仕事の時も俺両親&弟夫妻が率先して俺息子の世話をしてくれた
    シングルファザーには本当に助かる環境だったと思うし、お陰で息子に寂しい思いをさせずに済んた

    たまに俺実家には、弟嫁さんの友達という女性.が出入りしていた
    弟嫁さんの友達でありながら、俺母の知り合いの娘さんでもあるという
    元幼稚園教諭で、当時は資格のための勉強をするために退職して時間があるらしく
    子供好きなので俺実家に来ては俺息子や弟の子供達とよく遊んでくれていた

    1 :名も無き被検体774号+ 2017/11/28(火) 21:13:39 ID:HIhOGNBe0.net
    ちょっと相談に乗ってくれ 
    弁護士にはまだ相談していない 
    現在、嬉しくて泣きそうなのと、息子への申し訳なさで胸がいっぱい 

    俺 38歳 自営業 
    嫁 38歳 専業主婦 

    先日離婚が決まった。 

    嫁の言い分は 
    ・何度言っても家事も何も手伝ってくれない 
    ・子育ても任せっきり 
    ・何日も何日も家に帰ってこないで遊び歩いてるんじゃない? 
    ・いい加減、お金を私に管理させてって何度も言ってるのに生活費を入れるだけ 
    ・あなたに飼われている気がしてならない 
    ・親権は私がもらいます。子供だってあなたとついていくとは言わない

    758: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/01/27(木) 11:57:55
    息子(15歳)が自分の通帳とカードを渡せと要求して 
    嫁がかたくなに断り続けている。 
    小さいころからのお年玉など30万ぐらい入っている。 

    ならば通帳を見せろ、と息子が言った。 

    忙しくて記帳に行けない、と嫁はいつもはぐらかす。 

    怪しいので、きのう嫁の財布から息子のカードを抜いて 
    さっき残高を調べてきたら1800円になっていた。 

    ちなみに共稼ぎで、2人ともそこそこ稼いでいる。 

    さて、息子にばらすと大変なことになりそうだが、 
    どうしたものか?

    471: 素敵な旦那様2005/06/09(木) 15:54:09
    息子がタヒんだ・・・・・・ 
    おまえら大切にしてやってくれ・・・・・・・ 

    391 :名無しさん@おーぷん 2017/09/05(火) 12:08:35 ID:VVz
    結婚したら、父、母、子で暮らす事が幸せ!祖父祖母はいらん!寄ってくるなの考えの叔父妻。
    それを叶えるなら嘘も方便とばかりに、いとこに「祖父祖母は意地悪、けれどそれが普通」「お前のいとこ(私)は息子君が嫌い、近寄ったらいじめられる」とないことないこと吹き込んだ。
    そんなことしたら、いとこが結婚したら祖父祖母(叔父夫妻)捨てるに決まってるのにね。そういう教育してるし。

    いとこは結婚して県外に、叔父妻は「そんなつもりじゃないの!孫ちゃんに会わせて」とダブスタ乙な事を喚いたが、何がそんなつもりじゃないのか。

    770 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 21:32:23.48 ID:T21rReUf.net
    今日3歳半の息子に「前の水曜日、海いったね。たのしかったね。また行きたいね。」って言われた
    前の水曜日って言っても8月の話だし、その日だって全然乗り気じゃなくて
    つまんない早く帰ろう連呼で滞在時間一時間ぐらいだったのに今更なんなの
    当時二人目妊娠中で最後の夏だったから海行こうお祭り行こうって色々誘っても全部拒否った癖に
    一ヶ月検診前の新生児抱えて引きこもり状態の今言われたってどうしようもないんだよ
    服は自分で選びたかっただのパンは焼かないで欲しかっただのあんたはいっつも言うのが遅いんだよ
    私だって最後の家族3人の思い出作りしたかったよ

    657 :名無しさん@おーぷん 2017/08/20(日) 17:44:59 ID:NPd
    息子が小学生のとき。
    息子と同じクラスに、私の実母の息子Aがいた。
    実母は、離婚再婚を繰り返していて、私と一緒に暮らしていたのは私が中学校の途中まで。
    そこで何番めかの再婚相手だった養父に引き取られて、そこからは全く連絡もとっていない。
    息子も私も全く気づいておらず、息子同士も最初の半年くらいは比較的仲良しで、学校のあと遊んだりもよくしていた。
    ある日、学校でうちの息子がAの体操服を汚してしまった。
    一緒にサッカーをやっていて、息子が鼻血を出し、助けてくれたAの服にけっこうドバドバついてしまったらしい。
    息子は俺んちで洗うよ、ごめんなと言ってAの服を持って帰ってきた。
    時間もたっていて、洗っても完璧には落ちなかったので私も謝罪の電話をかけた。
    そしたら、新しいの買ってこいとすごい剣幕で、確かにこっちに非はあるので、新しい体操服を買って渡しにいった。
    実母の家について、顔を見た瞬間、思わずお母さん?といってしまい、実母に気づかれてしまった。
    そこから、何かとあんたは甥っ子でしょ?とうちの息子をパシりにさせようとしたり、いろいろされた。
    息子同士は仲良くて、Aくんも普通のいい子だったのに、実母のせいで疎遠になってしまうわ、クラス中に実母と私の関係、息子同士の関係をばらされて変な目でみられるわ、散々。
    ちなみにそのとき実母は50代後半、Aの下にも何人か弟妹がいて、一番下は一才?小さかった。
    Aが保育園のお迎えいったり、遊ぶときに弟妹みんなつれてきていたりといい子だったがゆえに、なんだか辛かったな。
    私は中学生で逃げられたけど、Aもどうか逃げてほしい。

    299 :名無しさん@HOME 2013/01/09(水) 00:22:38 0
    全然シリアスじゃないんだけれど、俺の元旦からの修羅場を聞いてくれ。 
    元旦に親戚の集まりに、嫁と子ども連れていったんだ。 
    男オタク独身ばかりの兄弟や従兄弟たちの中でも、かなりディープな30代後半の 
    オタクの俺を、何かの間違いで向こうが好いてくれて一緒になってくれた、 
    奇跡の嫁ってことで、ジジババ連中は、うちの嫁と子どもを猫かわいがりしている。 
    いつもは10人程度の集まりだったんだけれど、今年はうちの子どもが、 
    久しぶりに参加する集まりだからって、ジジババ兄弟従兄弟その他が 
    集まりに集まって、30人ぐらいになった。 

    子どもも大はしゃぎで親戚連中に幼稚園で習った歌とか歌ってたんだけど、 
    本当に唐突にいきなり、子どもが大声で、「でも、僕はパパのこどもじゃない!」って 
    言いだした。最初は爆笑していた親戚も、何度も真剣に「本当だよ!」って 
    子どもが言い続けるため、オロオロ。 
    嫁が止めても俺が止めても「だって違うんだもん!」と止まらない。 
    「じゃあ誰の子なの?」と従兄弟が聞くと、指差したのは天井。 
    親戚がどよめきだしたところで、子どもが「僕、愛の子ピョンピョンなんだ!」 

    酔っぱらった親戚は大爆笑してたけど、俺は後で嫁に裏に連れていかれて、 
    「何のアニメ見せた!」と激怒されて、正月早々大変だった。 
    濡れ衣だ。どこで覚えたのか本気で分からん。我が子ながら怖い。

    376 :名無しさん@お腹いっぱい。2016/01/13(水) 18:15:28.33.net
    良いスレだ。
    うちの息子も自慢させてください。

    社会人3年目になるひとり息子が言った。『父さんと母さんに会わせたい人がいる。』うちの子ももうそんな歳になったか〜と感慨深く感じながらも二つ返事で快諾。
    恥ずかしそうに連れてきた女性.(以下A)は、少し内気ながらもピンと伸ばした背筋で正座をしていた。そして、息子に良く似て優しい顔をしていた。

    一旦切ります。

    このページのトップヘ