鬼女タウン

当サイトでは、2chの生活系のスレッドをまとめています。 主に鬼女、キチママ、修羅場系、に関するものです。

    恐怖

    108:おさかなくわえた名無しさん2013/12/08(日) 09:38:00.75 ID:kdkhW8Bx
    サークルの友人達と地元のボーリング場でボーリングをしていたら幼馴染みの親友から『たすけて』とメールが。
    いったい何があったのだろうと電話をかけてみれば。

    親友:○○ちゃん。今何してるのー?私はバイト終わって帰ってる途中だよー。
    私:え?ぼ、ボーリングだけど・・・それよりさっきのメールって。
    親友:あー○○ラーメン屋さんだー。また一緒に食べに行こうねー。
    私:は?
    親友:忘れたのー?○○書店と○○ジャスの近くにあるラーメン屋さんだよー。
    私:い、いやちょっと。
    親友:あ、そう言えば明日○スにオニオンリング食べに行こっか?○○ちゃんオニオンリング好きだもんねー。
    私:・・・

    普段の親友からは考えられないテンションの高さ。一緒に食べに行った事など一度もないラーメン屋さん。私の一番嫌いな物がタマネギな事を親友が知らない訳がない。
    これらの事から親友の身に何かが起きて、それを私に伝えたいけれど伝えられない状況だと判断した私は。

    私:うん、ううんだけね。
    親友:!?・・・うん。
    私:○○ボーリングまで来れる?
    親友:うん。
    私:北口の所に居るから。
    親友:うん。
    私:このまま電話切らずにいるから話してるふりしてて。
    親友:うん。
    私:大丈夫だからね。

    そう言って友人達に事情を説明してみんなで駐車場に移動して待つこと20分くらいで親友の車が駐車場に入って来て。
    私達の目の前で急ブレーキをかけたと当時に親友が車の中から飛び出して来た。

    長いから切ります。

    746:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/01/30(月) 19:47:00.27ID:g9KSQssz
    昨日夕方頃に家のインターホンを連打された
    何事かと思ってドアチェーンして出たら血相変えた女セイが
    「早く!早く開けてよ!!チェーン外して早く!早く!!」
    「何チェーンなんかしてんのよ!早く中に入れて!!お願いだから!」
    と怒鳴られた

    もちろん知らない人だし何より怖いし家には
    4ヶ月の子供がいるから
    「誰ですか!無理です!無理です!」
    と何とか扉を閉めた
    それでも扉をガンガン叩かれて開けて開けてと言っているので警察に通報した


    すると5分しないうちに警察の人が来て外にその女セイがいたから話を聞いてくれていた
    どうやらその女セイは男に追いかけられていたらしく、
    我が家に助けを求めるつもりだったようです
    その説明を警官にされてるときにその女セイに
    「ドアチェーンして出てくるわ中にも入れてくれないわで冷たすぎる!最低だ!」
    と叫ばれた
    そのままその女セイは別の警官に連れて行かれたけど
    私に状況を説明してた警官も
    「怖かった気持ちはわかりますがあなたもねー」
    と言って帰って行った
    旦那にその話をしたらそんなときはドアスコープで確認しろ、扉なんて開けないでヤバそうだったら通報したら良いと怒られた
    確かに私が不用心すぎたから夫の言うことはその通りだと思うし、
    女セイがめちゃめちゃ怒ってたのも恐怖ゆえだから仕方ないとも思えるけど
    警官の言葉だけがもやもやして消化しきれないので愚痴吐きです

    878 : ◆kjwIa8fXH5.U 2012/10/20(土) 17:51:08.07
    ジュリオじゃないけど。 

    あなた、いい加減にして。 
    私達は別れたの! わかってるの! 
    天井にへばりついてニタニタ笑ってないで出て行って! 


    2年前に突然出て行った妻からです。 

    わけがわからん。 

    248: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 17:17:56.79 ID:vGfP49/q.net
    みなさんに比べたら実害も無いし微妙かも知れませんが、暇潰しにでも。 

    数年前の出来事。 

    外出しようと思い自宅の敷地内に停めてた車内で携帯いじってたら、玄関に来客が。 
    車内からは玄関がよく見えるのだが、どうやら来客は外人っぽい。うちに訪ねてくる外人さんなんていたのかーと思いつつ、家には母がいたので私は特に何もせず携帯いじり再開。来客は玄関の戸を開けて姿が見えなくなった。
     
    数十秒後、何故かわからないが嫌な予感がした私。車を降り恐る恐る玄関へ近づき、空いたままの扉から中を覗いてみた。(我が家玄関は引き戸) 
    そこで目に飛び込んできたのは……

    679: 名無しさん@HOME 2014/07/18(金) 20:16:16.24 0
    ちょっとここらで趣向を変えた修羅場を。 

    私と旦那がガチでタヒぬかと思った修羅場なんだが、 
    結論から言うとホオジロザメに追いかけられた。 

    数年前、南の島に旅行に行ってきた。 
    女だてらに釣りキチな私はビーチに見向きもせず、 
    釣竿かついで船をチャーター。 

    旦那と一緒に釣りに行ったんだ。 
    私は大物狙いで投げ込み釣り、旦那は隣で小さい魚を釣ってた。 

    海の具合もよろしく、結構魚が釣れたんだ。 
    その時もカツオが引っかかった感触がするので引っ張ってたんだが、 
    いきなりガクッとリールが重くなったんだ。 

    釣りしてる人は分かると思うけど、その時は暢気にサメに食われたかなーとか思ってた。

    211 :おさかなくわえた名無しさん 2012/09/06(木) 01:35:59ID:sfp5EYFH
    じゃあ、次の報告者さんが来るまでの繋ぎで投下します。 
    携帯からなので読みにくかったらすまんね。それに面白くもないと思う。 

    2年程前、私(18)は上京して一人暮らしを始めた。 
    当然ながら周りに友達はおろか知り合いすらもいなかったので不安だったが、アパートの大家さん(46歳/独身)がとても親切な人でいろいろ気にかけてくれていたのでなんとかなった。 
    住み始めて3ヶ月ぐらい経った頃かな?突然見知らぬ老夫婦がやってきた。??となっているとおばあさんが写真を取り出し「これはあなたで間違いない?」と丁寧かつ申し訳なさそうに見せてきた。 
    確認してみるとそこに写っているのは紛れもなく私。だけどこんな写真撮られた覚えはない。 
    てかなんで全く面識のない人達が私の写真持ってんの?とか考えてたら、おじいさんがこれまた丁寧かつ申し訳なさそうに「失礼を承知で聞くが、お嬢さんはここの大家とお付き合いしているかい?」と聞くので即効「いや、してないです。」と否定。 
    すると老夫婦は「やっぱり...」とか「またか...」とか言ってた。 
    2人だけで納得されても困るので話を聞いてみたら、大家はとんでもない勘違い男だという事が判明。話長かったからまとめた。こんな感じ。 
    ・老夫婦は大家(以降勘助)の両親。 
    ・3ヶ月前、勘助が私らに「新しくアパートに入った子と付き合いだした!」と報告に来た。 
    ・だが勘助は以前にも「新しく入った子と付き合いだした。」と言い、実際は勘助が一方的に付きまとっていただけという事がある。 
    ・なので心配していたが、勘助は、付き合ってる証拠だと言って、実家に来るたびに大量に交際相手の写真を持ってくる。 
    ・だがどれもあからさまに隠し撮りのような雰囲気の物ばかり。それで今日直接確認しに来た。 
    ちなみに写真は家の近くはもちろん、バイト先や学校付近で撮られた物もあってぶったまげたわ。 
    老夫婦は引越し費用は全て自分達が出すからすぐ逃げなさいと言ってくれたので、友達に手伝ってもらったりして翌日には家を出た。 
    その後は勘助からは何もされていない。ただもしかしたら、隠し撮りはされ続けてるかもしれないけどね。

    135 :名無しさん@HOME 2016/11/21(月) 13:14:32 0.net
    昔引っ越し屋で働いてたときのこと 

    ストー力ー被害にあっているという女忄生の引っ越しを依頼された 
    その頃はストー力ー犯罪が認識されだした頃でマニュアル等もなく、 親御さんと会社とで入念な打ち合わせをして(本人は最後まで出てこなかった)決行 

    ・スタッフは勤続1年以上の社員のみバイトは不可 
    ・貴重品は事前に親御さんが持ち出し、荷物はすべてお任せパックで会社が梱包、運搬 
    ・近所の人や知人を装って引っ越し先を聞かれても答えない 
    ・大家にも不動産会社にも引越先は言わない 
    ・東京→横浜に引越だが一度静岡支店に運び車庫に入れ、朝他のトラックが出るのに合わせて横浜に引き返す(場所はフェイク、ナンバーを見られた場合も想定して違うトラックに積み直し) 
    ・社内でも直接関わるスタッフ以外には秘密、書類もすべて偽名(男名)で 

    基本的には芸能人等の対応と一緒で、変な話普通の引っ越しの3~4倍くらいするしストー力ーのせいで気の毒だなと思ってた 

    仕事が終わって家の近所の飲み屋に行って飲んでたら中年男に話しかけられた 

    出張で初めて来たけど良い店ですね!お勧めのお酒ありますか?とか言われて、 これがお勧めだよって教えたらありがとうございます奢るんであなたもどうぞとか言ってその酒注文するの 

    良い気分で飲んでたらガタイ良いですね!なんの仕事してるんですか?今日はどんな仕事したんですか?とか聞いてくるの

    375: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:qzFxvXYu
    し も ネタ(グ ロ ス カ チョロ)+胸糞注意。 
    小学5年生の時に同級生の女子に追い掛け回されたのが最大の修羅場。 

    当時、今で言う放置子なA子っていうのがいて、 
    言っちゃ悪いんだが何日も着てる服が同じで、肌はまだら色(洗ったところは白く洗ってないところは浅黒い) 
    毎日毎日近所を徘徊していてそのうち近寄ると臭いが・・・・という感じだった。 
    しかもA子は惚れ症で、誰彼構わず(美醜構わず)惚れてはつきまとい、 
    自分が歌ったアニメソングを60分テープに丸ごと録音して惚れた男子に家のポストに放り込んだり、 
    結婚予想図みたいのをノートに描いて切り取ったのを下駄箱に放り込んだり、 
    夜9時ぐらいになるまで玄関前で座り込んだりとかして、何度も被害者の親や本人や 
    先生から言っても聞かずに何度も何度もつきまとい、突然対象を変えてはまたつきまとう。 
    A子両親(母親が16歳の時の子らしい)も放置しているから、それはもうクラスどころか学年中の 
    男子から恐怖の対象になっていた。 

    145 :名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火) 13:18:10 ID:aHj
    電車で通勤してるんだけど、仕事帰りに隣に座った親子連れが衝撃だった。

    その日は終電に乗ったから夜の12時過ぎてた。人もまばらなのに私の隣に座ってきた3歳くらいの女児連れた女。
    女は子供を目の前に立たせて、電車は動き出した。座らせればいいのになぁと思いつつ疲れてたので降りる駅まで寝ようと思い目を閉じる。
    しばらく寝れずにいると、隣からブチッ…ブチッ…となんか千切るみたいな音が。それがあんまりにも続くもんだから、何なんだと目を開けて見ると女が自分の髪の毛を一本ずつ抜いては床に落としていた。
    抜いては落とし抜いては落として、女と私の間の床はすでに長い黒髪が何本も落ちてて思わず私は、ひっ!て言って足を引っ込めたけど女はそんなの気にするそぶりもなく髪の毛をブチブチと抜き続けてた。
    どこを見てるのか分からない呆然としたような表情がこわかった。彼女の前で何もせず何も言わず大人しく突っ立ってる女児も。

    380 :鬼女日記2018/04/15(日) 11:18:38ID:rBx
    もう時効と思えるくらい昔の話。
    上司が仕事中に帽子をかぶるようになった。
    結構テッペン来てたんでハゲ隠しかな~とか思ってた。
    スーツに帽子でデスクワークしてんのはちょっと変だったがデりケートな問題ゆえ誰も口出しできんかった。
    帽子が何回か変わり、すっぽりかぶるニット帽みたいなやつになった。耳まで隠れるやつ。
    上司は机の周りにサプリメントの瓶を沢山置くようになった。
    私物持ち込みに寛容な会社だったし、健康に気をつかってんだなとしか思わんかった。
    その頃、上司が離婚するとかいう噂が聞こえて来た。
    社内不倫してる?という噂も流れ出した。
    「女ができたからハゲを気にするようになり、健康を気遣うようになったのか?」と思った。
    ある日、その上司が業務中に立ち上がって、新卒で入ったばかりのA子につかつか歩み寄り
    A子を突然突き飛ばした。
    A子は椅子から落ち、課内全員が唖然とした。
    上司はA子を靴の爪先でツンツンしながら
    「ナントカ線(忘れた)が繋がっているのにこれじゃキミと結婚できないじゃないか~ん~?」
    え?不倫相手はA子?と思ったが、上司は次に中堅のB子を振り返って
    「キミがいるからA子とのナントカ線の受信感度がどうのこうの」怒鳴り出した。
    あっこれマズいやつや、と気づき、数人の社員で上司を止め、
    まあまあとなだめながら廊下に連れだした。
    もうおわかりと思うが、上司は統失だった。
    帽子はナントカ線を妨害する電波を遮断する装置らしい。
    サプリメントの瓶はATフィールドみたいなバリアを作っていた。
    上司とA子はナントカ線で繋がっていてテレパシーで会話できて愛し合っているという妄想だった。
    B子は上司を愛していて、A子との仲を裂こうとしている設定もあった。
    なんやかんやあって上司は休職し辞めたが、
    A子とB子が怖がって上司が休職中に退職してしまい、
    一気に三人を失った課内は繁忙期より忙しくなり
    そっちはそっちで修羅場だった。

    このページのトップヘ