彼女

    593:恋人は名無しさん2016/10/02(日) 23:03:12.24ID:9CYndwBU0
    彼女を自分の母親に紹介したんだけど
    想像以上に気遣いができなくて引いた

    座ったままで食器は率先して片付けない
    母親が話題を振ってもそれに答えるだけで
    逆に質問とかしてこない
    もちろん彼氏を立てるような発言は一度もない

    別に食器を片付けてほしい訳でも
    自分を立ててほしい訳でもないけど
    良く見られようという
    打算すらできない頭の悪さに引いてしまった

    121:名無しさん@おーぷん2014/10/16(木)20:00:47ID:BMsfDTbgy
    先週なんだけど、ネットの女叩きを信じ込んだ高校時代からの同級生の男友達と縁を切った。
    大学近くの居酒屋にそいつともう一人一つ年下の後輩の女の子とで行ったんだけど、話と酒が進むうちに男友達が「一方的な理由で彼女に捨てられた」と恨めしそうに愚痴をこぼすので話を聞いた。
    すると彼は彼女に「お互い卒業して就職したらすぐに結婚しよう。そしてすぐに子供作って出産3日前くらいまで仕事して産んで3日ぐらい経ったらまた仕事してほしい。社会で輝く君の姿を見たいんだ。育休や産休とか論外だから」
    と愛の告白と未来設計図を同級生の彼女に言ったら即効で捨てられたらしい。
    「意味がわからない」とか「寄生する気だったのかよ」とずっと言い続ける。
    ちなみに私と男友達はともに大学三年生。学部は私だけ理系の学部で二人は文系の同じ学部。男友達の元カノは後輩の同期で私の友人。
    誰も就職していない上に男友達は単位不足で進級すら危ぶまれている。
    正直それで寄生はないだろと思っていると、男友達が「これだから女は」と女の前で言い出した。
    後輩と適当に愚痴をスルーしながら資格試験の話でもしていると、急に「そうだレポート手伝えよお前ら。単位補うのにやんなきゃなんねえんだよ」と言われたので、後輩とお互い自分の分があるからと即断ったのだがとにかくしつこかった。
    「そんなに急ぎなら帰ってやれよ」と言えば「こっちはどれだけ必タヒにやっても女様はすぐこう言うもんな」となぜか性.別をネタに不満ばかり。
    その後も「女はすぐに楽したがる」「悲劇のヒロインぶって休んでばっか」「ニワトリだって毎日卵産んでピンピンしてるのに女ときたら」
    破局のショックで酷い酔い方してんのはわかるけど、愚痴の大半がブーメランかつ非常識なのと、ここまで言われ続けるとかなりイライラしたので、
    「じゃあニワトリと結婚すればいいじゃない」と言って自分と後輩の分を会計して後輩と一緒に帰った。
    以降ラインもツイッターもブロックして連絡を絶ってたら、昨日風の噂で元男友達が留年したことを知った。

    503:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/02/05(木) 13:10:37.96 ID:XJLzepXw.net
    結婚するつもりで付き合ってた彼女、あらゆる面で相性.ピッタリだと思ってたら
    突然別れを切り出された。まだ大好きだったから当然パニックになって理由を聞いたら
    「嘘は付きたくないから正直に話します」と全部話してくれた。実は一ヶ月くらい前に
    お見合いをして、正式に結婚することになったとのこと。「あなたのこと大好きだったし
    今でもその人よりあなたの方がはるかに好き」というので、何かやむにやまれぬ事情でも
    あったのかと(よくドラマとかであるみたいな)聞いたら、相手は30歳の医者で、
    しかも大きな病院の一人息子。今でさえ年収は数千万円あって、将来は年に数億は稼ぐ、
    こんなチャンスは一生に一回しかないと力説された。その力説する姿に風船の空気が
    抜けるようにシューッと萎えていった。最後に「やっぱり人生はお金って事?」と聞いたら
    「え?当たり前でしょ?」と笑ったのが決定打。とりあえず今までありがとうとお礼を言って
    席を立って別れた。

    その後、1年くらいして突然連絡が来て「会いたい」と泣きながら言うのでビックリしたので
    取りあえず事情を聞いたら、そういう相手なので興信所の調査が半端じゃなくて、二マタ掛けてたことも
    あっさりバレてしまい、さらには大学時代からの男関係も全部洗い出されて、良家のお嬢さんであり
    未経験(今どきw)だと信じていた相手がショックを受けて一気に破談になったとか。すぐに連絡
    しなかったのは半年くらい何とか修復できないかと探っていたらス㋣ーカーで訴えられたとかなんとか
    後半あんまり聞いてなかったけど、当然遭わず、今はどうなってるのか知らん。10年くらい前の話。

    90:恋人は名無しさん2014/07/16(水) 00:51:57.06 ID:ukT/5r+N0
    酒の力借りて書く

    1:名無しさん@おーぷん2014/09/23(火)22:06:09 ID:J5zZzTxX1
    母ちゃんが不貞腐れてて晩飯が出てこなかったwww

    272:名無しさん@おーぷん2014/07/03(木)14:52:25 ID:???
    新幹線で2時間の距離に新支所を開設することになって
    新支社開設のメンバーに選ばれたのを期に、3年付き合った彼女にプロポーズした
    彼女も大きなプロジェクトを抱えていて、それが終わったら退職して支所のある街に来ることになった。
    6月に両家族だけの結婚式を挙げて、異動後二人で新居を見つけて入籍することにした。
    彼女が来るまで、新居と家財の購入ができないため、俺は家具付きのワンルームに入居した。

    結婚式後、2ヶ月後で彼女が退職できるはずが、彼女の上司が仕事の完了を認めないので退職できずにいた。
    無視して退職することも勧めたが、そのプロジェクトに必要なスキルは彼女しか持っていなくて
    退職すると他のメンバーの迷惑になる為など、彼女は理由を付けて仕事を続けていた。

    5ヶ月後、知らないアドレスで彼女が男のモノを手で慰めているものや
    彼女の胸に男の手が入っている写真がメールで送られてきた。
    彼女が浮気している事を知って、入籍前だったので婚約の破棄をメールで伝えて着信拒否をした。
    支所の立ち上げの激務でいらだっていたこともあり、あまりの理不尽さに急激に彼女に冷めて
    話し合う事よりも切り捨てて前を向くことにした。
    実家に婚約破棄を伝えて、その理由も説明した。

    950:12009/09/14(月) 21:01:35ID:k7ebSJDb0
    飯の話で被ったけど投下します
    大分長くなった
    修羅場じゃねぇってのは簡便してほしい
    命の危機を感じたもんで

    俺 社会人
    彼女 大学生
    友 学生時代からの友人

    彼女と知り合ったのは大学時代。
    俺の2個下の彼女がサークルに来て、
    程なくして付き合うことになった。
    俺は一人暮らしで彼女は実家通い

    時折、弁当を持ってきてくれたりと
    色々世話好きで家の掃除とかもしてくれてた。
    大学を卒業しても彼女との関係は変わらずに続いてた。

    将来を見越して、同棲をしようかと言う話になって
    両親へ挨拶をして彼女が俺の家に来る形で同棲が始まった。
    そこから地獄みたいな生活だった。

    160:名無しさん@HOME2015/03/19(木) 16:29:32.43 0.net
    婚約者の様子が最近、わがままといいますが
    傲慢さが出てきたので相談させてください。

    職場で知り合って結納が終わり
    式まで4ヶ月前なので新居の話し合いになって、
    新居は一人暮らしの俺家に2人で住む事になりました。

    彼女母と彼女が家を見にきて彼女母が帰った後に
    彼女がいきなり「この家の家具はお母さんが揃えたの?」
    と聞いてきて社会人なりたての頃だったから母さんが見繕ったけど?

    と答えたら、

    「お母さんが嫌だから家具も、家電も、カーテンも
    全部捨てて新しいのにしてほしいの。
    お金は私の実家に出させるから」
    と言い出してビックリしました。

    何か嫌がらせをされたのか聞いても、
    「何もされてないけど、お母さんが大嫌いなの。
    わかんないけど雰囲気が気に入らない。」
    と言うので従わざるを得ません。

    今までは母と仲良く付き合ってくれて、
    大人しくてけんかもしない子だったのに驚いています。

    俺の部屋以外の物全部取り替えたいから、
    搬入日までにガラ空きにしてくれということですが、
    女性.(23)って姑(になる人)が選んだ物で
    生活するのが気に入らないのでしょうか?

    1:名無しさん@おーぷん2015/02/02(月)13:20:46 ID:XjF(主)
    生理が2週間遅れてて今日検査薬使ったら陽性.だった

    まだ大学生なのにワロエナイ

    1:以下、VIPがお送りします2016/05/11(水) 22:42:33.990ID:YgAzya6y0
    彼女「そうなんだ…
    私も力になれるよう結婚してからも一緒に頑張って働くね!」

    なにこのいい彼女、泣いた

    このページのトップヘ