座席

    253:おさかなくわえた名無しさん2008/04/24(木) 14:46:32ID:EbU3Pkin
    先日の会社帰り、かなり疲れていたので
    グリーン車に乗った。
    満席状態、立ってる人もチラホラ。
    と、その中に見覚えのある顔が。

    クライアントのおっさんだった。
    (しかし、俺は担当ではない)
    先方も気付いたようで、お互い軽く会釈。

    俺は席を譲る気も無かったので、寝ようかと。
    数分後、携帯に担当の同僚から電話が。

    「席がどうの・・・なんか言ってるんだけど・・・」
    無視。

    さらに数分後、上司から電話。
    「今すぐ席を譲れ」
    無視。

    しばらくして社長から電話。
    「今すぐ会社戻って来い」

    おっさんの顔を見ると、
    勝ち誇った笑みを浮かべていた。

    次の駅で降りたが、
    そこは自宅の最寄り駅。
    もちろん会社には戻らなかった。
    会社でもとくにお咎め無しw

    335:名無しの心子知らず2010/03/19(金) 18:18:51 ID:/wxfbhFX
    10年ぐらい前の話なんだけど、帰省する為に特急の指定席を二席予約(隣に酔っ払いとかが座ったら最悪なので)。
    学生の身に出費は痛かったけど、三時間の長旅でハズレ引いた前回の教訓を活かして快適さを選択した。
    当日、指定席の通路にも人が溢れる程で予約してて良かったと思いつつ自席へ。
    隣に鞄を置き、イヤホン付けて音楽聴きながら窓の外の風景を楽しんでいた。

    突然肩をバシバシ叩かれ、何事かとイヤホンを外して通路側を見ると、幼稚園児位の女の子の手を引いた母親らしき女性。
    「ここ!うちの席なんだけど!鞄どけてよ!」と言いながら指差すのは私が鞄を置いている席。
    ああ、この人席間違えてるんだと思い、「席間違えていませんか?」と聞いたけど「ここだから!早くどけてよ!」と相手も譲らない。
    仕方ないので指定席券を見せて、「ほら、こことここの席は私の席だから違いますよ」と言った途端
    「何で?ズルい!」と激昂。ここで漸くこいつは指定席を取ってないのに、空いているように見えた私の席に座ろうとしていたのだと気付いた。
    「ズルい、座らせろ!」と喚く母親に「ちゃんとお金を払って取った席だからズルくない。どうしても座りたいなら自由席でお願いして回れば?」と言ってあげたのだけど
    「子供を産んだ事も無いくせに」だの「目上の人に向かって」だのとしつこく食い下がってくる。
    しかも、何か感極まってしまったらしく、「ズルい…ズルい…」とシクシク泣き出す。
    鬱陶しいタヒんでほしいと思ってると、娘も母親につられて泣き始める。所謂ギャン泣き。
    クズから産まれただけあって、その幼さで他人を不快にさせる才能を開花させているとは。恐れ入りました。
    結局、クズ二匹の不快な泣き声二重奏にまわりの乗客がキレて「向こうに行け!」と一喝。
    クズ母は泣き叫ぶクズ娘を連れて車両から逃げ出して一件落着。
    あいつら、今でもやっぱりセコケチなんだろうなぁ…

    273:名無しの心子知らず2007/07/30(月) 21:25:25 ID:lf3PvPHd
    ちょっと前だけど某子供番組コンサートでのこと。
    大人も子供も料金一緒で1才から席が要る決まりになっている。
    運よくチケットが3枚取れたのに生憎旦那が急な仕事で脱落したので実家母を呼んだ。
    4才娘と11ヶ月息子を連れて先に会場入りして娘・私・息子と荷物の順で席についたら隣の席の赤ちゃん抱いた母親が話しかけてきた。
    にこにこしながら「ボクはいくつですか?」と聞くので11ヶ月と言ったらいきなり
    「え〜席要らない年なのに一席キープってズルイ」「かわりばんこにしましょうよ」と頭オカシイ発言。
    膝に抱いてる子は「1才越えてるから本当ならこの子の席だし」とまで言い出して、こっちは逆だろそれ?とポカーン
    「この席の人は後から来ます」といっても「またまたまた〜狡いんだから」と信じない。
    「何が狡いんだかわからない、変ですよ」とまじめに返したら逆ギレして
    うちの子がキャラオモチャ満載してるので迷惑してるんだから席くらい協力しろとか更にオカシイ発言が加熱。
    もうほっとこう、と無視してたら腕をつかんで「ねえねえねえってば!」と言いだしたとこに実母登場。
    うちの実母は野村サチヨと三輪明宏を足しっぱなしにしたような人で、実母だから諦めてるけどこれが姑だったらすごく嫌なキャラで
    事情を聞いた実母は、冷静に大罵倒して相手が涙目になったら係員を呼んで「お子さんが1才過ぎてるのに席がなくてお困りですって」と引き渡し。
    幸いどっか空席があったのか係員さんに連れられて席を移動して行ったのでその後は知らない〜嫌な経験だった 

    このページのトップヘ