523:名無しさん@HOME2014/01/30(木) 21:21:56.84 0
    あの日のことは忘れない。梅雨明け間近の6月後半のことだった

    仕事が終わり愛する妻の待つ自宅マンションへと車を走らせる。
    雨雲が垂れ込め外は雷雨。
    帰宅ラッシュが重なり道は混雑気味。

    雷か・・・梅雨明けが近いな。これからもっと暑くなる。と、思いながら
    エアコンの設定温度を下げBGMを流し気を紛らわせる。
    そしてやっと混雑を脱し自宅マンションへと着く。
    駐車場に車を停め共用廊下へと走るがそれだけでびしょ濡れになった。
    そして自宅玄関に着き鍵を開け中へ入る。
    「ただいま。」
    ・・・しかし何の返事も無い。

    いつもならリビングかキッチンから
    「おかえりなさい。」
    と元気の良い返事が帰ってくる筈だ。

    「〇〇?」妻の名を呼びかけてみるが返答が無い。
    妻の車は駐車場に停まっていたはずだ。
    明かりも点いている。

    胸騒ぎを感じた。神経を尖らせ耳を澄ませてみるが何も聞こえない。
    一際大きな雷鳴で不安が増幅される。
    俺は勇気を出してゆっくりとリビングへと向かった。
    そしてリビングを恐る恐る覗き込む。

    妻が硬い表情でフローリングの上で座布団も敷かずに正座をしていた。
    非日常的な光景を目の当たりにして俺は頭が真っ白になった。
    そして妻と目が合った。

    続きます。

    【前編】旦那「夜友だちとの飲み会で我が家に来るから」私「じゃ、子どもたち連れて実家に行くわ」→旦那「お前がもてなすんだよ」私「バカじゃね?お断りー!」→結果www
    2:名無しさん@おーぷん2015/11/29(日)11:27:52 ID:dzy
    スレ立て乙です!

    496:名無しさん@おーぷん2015/11/28(土)13:08:37ID:ul5
    旦那に今日の夜友だちとの飲み会で我が家に来るからって言われた。
    乳幼児が2人いる家庭に夜集まるってか。
    じゃ、子どもたち連れて実家に行くわと言うと、私が残ってもてなさないといけないと。
    今まで、他の人の家に行って飲んでたけど、みんな奥さんが何もかもやってくれた。うちだけできないのはおかしいそうだ。

    よその奥さんたちにそんなことさせてだ旦那もアホだけど、その人たちはもともとサークルのメンバーじゃん。
    自分の奥さんが言うこと聞くところを友だちに見せたいんだろうけど、バカじゃね?と思う。

    153: 名無しさん@HOME投稿日:2012/11/22(木) 09:39:28.52
    家といえば、10年前に弟夫婦は家を買った
    所得税優遇もなくなり、壁の修繕工事が必要となり、お金がないの!と泣きついてきた
    賃貸の価格で戸建買える私たち勝ち組といばっていたのに笑える
    年収300万以内で壁の修繕工事費70万ww
    ちなみに家のメンテナンス費用はかからないと思っていた世間知らずなお嫁様ww

    【前編】帰宅したら家に知らない男と子供と妻がこたつに入って楽しそうにテレビ見てた。俺「誰?」妻「職場の〇〇さん」男「お邪魔してます」…はぁ?
    631:392014/06/02(月) 12:02:10.55

    なんか俺、ものすごい間抜けなのかな
    妻は良い人間だって信じきってて
    浮気なんてするわけない、信じなきゃいけないんだって

    間抜けだな

    608:392014/06/02(月) 11:15:16.93
    いきなりですまんが参加させてくれ

    3月の半ばに仕事後帰宅したら家に男がいた
    こたつに子供2人、妻と男で仲良さそうにテレビを見ていた
    沈黙「誰?」と俺
    「職場の〇〇さん」と、ぎこちない笑顔で妻
    「お邪魔してます」と男
    「なんでいるの?家に」

    そこからまあ喧々諤々で、最終的に俺が許してしまった
    やましいことはない、絶対にない、と言う妻を信じた
    でもそれ以来、俺は何か心の線が切れてしまった

    本当は浮気だったのではないか?俺はまんまと丸め込まれたのではないか?
    今更、蒸し返したら今度は俺が悪者になってしまいそう
    子供のことも考えると修羅場にはしたくない

    なんかもう辛い

    664: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 19:59:47.02 ID:dW+5b6yD.net

    今までと言うか現在進行形 
    近所のババアがうちの駐車場に勝手に車停めて
    しかもアクセルとブレーキ間違えて家に突っ込んだ 
    幸い誰もいない時間で怪我人はババアだけだったけど
    エコキュートの機械は完全大破 
    家も脱衣所から風呂場までの壁に穴が空き水道の配管も破って水浸し、
    柱も太めの1本が折れた 
    修繕の見積に来た業者曰く最悪建て替えも想定して下さいと言われた 
    柱が折れたのがかなり厳しいらしいらしく確かに家が微妙に歪んでる 

    もうこのババアコロしたい

    579:おさかなくわえた名無しさん2013/11/18(月) 20:29:25.88ID:y8t+u1Th
    自分というよりは父の修羅場。
    幼少時、自分の火悪戯で火事を出した。
    調度両親ともに仕事で出ている時。(母は内職の定期集合作業だったらしい)
    仏壇の蝋燭で暗い所を探検しようとして、外して立て掛けてあった襖に引火。
    仏間は二階で、一階からジョウロで水を運んで消そうとしたが、間に合うはずもなく。
    そこからは覚えていないのだが、隣家のお兄さんが気が付いて救出してくれ、消防に通報。
    家は半焼した。


    記憶は飛んで、ご近所の人が古着や何かを集めて寄付してくれたりする中、私は呆然と周りを見ていた。
    やがて鎮火すると、父は私を玄関まで連れて行き、ただ一言、
    「自分がやった事をよく見て置きなさい。」
    と言われた。
    玄関の正面にあった階段の向こうにポッカリと空が見えたのを鮮明に覚えている。
    それ以上、怒られたり叱られたりした記憶は一切ない。
    ただその一言だった。

    父は朝早く夜遅い職人仕事を辞めた。
    親方の信頼も厚く、将来有望だったが、キッパリとやめて、家族で過ごす時間最優先の仕事に転職した。

    大人になってからこの時の話をしたら、
    「子供がやった事は親の責任だ。お前を叱ったからって何になる。」
    と言われた。

    もう一つ、余り鮮明でない幼少時の記憶にある、本家の仏壇の前で号泣する父の姿。
    住まいを失い、転職するための準備に追われる中、親戚に預かってもらう為に私を連れて行った時に、責められたのだそうだ。
    両親は反対を押し切って駆け落ち同然に一緒になっていたから、余計だっただろう。
    そして、悔しくて悔しくて、お祖父さんお祖母さん(父の父母)の前で泣いたのだそうだ。
    父が泣いている姿は、後にも先にもこれしか見ていない。

    985:名無しさん@HOME2009/08/18(火) 11:55:46
    まだスカではないけれど。

    ウトメと2世帯住宅で同居中。
    一昨年旦那が交通事故で他界。子供は2人(双子)
    先週のお盆休み中に既婚コトメがウトメ世帯に泊まりに来ていて、

    帰りがけに自分達がウトメと住むと言い出した。

    コトメ達が帰った後に聞くと、ウトメは寝耳に水だったらしく
    「コトメさん一家がウトメさんと一緒に暮らしたいらしいけど、ウトメさんはどう思ってるのか」
    と聞いた所、二つ返事で喜んだ。
    やっぱり血を分けた実の子と暮らすのが一番らしい。
    ウトメと私達の同居を解消する事にした。

    機械の苦手なウトメに変わり、いつも通りコトメに
    「ただ今、荷造り中。楽しみです。」
    と引越しダンボールの前で満面の笑みのウトメの画像と共にメールしておいた。
    コトメからは
    「早速行動してくれて嬉しいけど、ウトメをビックリさせるつもりだったのに。」と返信あり。
    ウトメは昨日までに張り切って荷造りして、大きな荷物は引越し業者に依頼。
    もうすぐ出発する模様。


    ちなみにコトメ夫婦は、私達の世帯に住むつもりらしい口ぶりでしたが
    我が家は元々旦那の名義で、今は私の名義に変更してある。
    その旦那も生前は浮気して別居中にあぼん。
    親族であるプリンと同棲までしてたのに、浮気は男の甲斐性だとか、
    嫁に魅力がないだとか御託を並べた上に、別居費用まで出資したウトメに義理も糞もない。
    1年半我慢した甲斐もあり、浮気相手のプリンが先月授かり婚。
    きっちり慰謝料請求したいと思います。

    ウトメが出発後、こちらへも引越し業者さんが到着予定。

    実家はもう無くなってるので、新しい土地で頑張りたいと思います。

    735:12010/02/15(月) 12:37:52 ID:UU7KJCdQ
    長文注意。フェイクありなんで矛盾点はご勘弁ください。

    子供の通う幼稚園のお友達、D太君のおうちは幼稚園に近く、大きくて広い。
    とても居心地がよく、D太ママの気さくな人柄もあって
    入園してからずっと、いつも誰か遊びに来ていたらしい。


    週末にはたくさんのママ達が訪れ、ちょっとしたパーティーのよう。
    お迎えの時間までのくつろぎタイムとして
    クラスのママさん達の憩いの場になっていたそうだ。

    私の子供はクラスが違ったので、D太君家にお邪魔したことはない。
    ある日、D太ママがおうちに誘ってくれた。
    お昼ごはんを食べ、ちょっとお酒も飲みつつ
    お迎えまでの時間をおしゃべりして過ごそうと言われたので
    おみやげも兼ねての多めのビールと、ビーフシチューを持ってお邪魔した。

    このページのトップヘ