嫁いびり

    837: 名無しさん@HOME 2008/01/05(土) 20:01:31

    すえたご飯だされた。 

    においと色ですぐわかった(他の人は綺麗な白めし)ので 
    「食欲ないわーあなた食べて」と手をつけないまんま、旦那の茶碗にプリンみたいに乗せた。 


    コントラストが素晴らしかったよ。
    その後、「やっぱりご飯食べたくなったー」といって新しく炊いてた釜を勝手に開けて 

    マンガみたいに山盛りもりつけてもしゃもしゃ食ってやった。 


    「よく食べるわねー・・・」とプルプルしてたwざまあw

    202:名無しさん@HOME投稿日:2010/03/09(火) 02:13:39

    トメ「うちの嫁ったらこの三日一度も赤ちゃんを外に出してないのよ」
    トメ友人「この大雪の中赤ちゃん出すひとがいるはずないでしょう」
    トメ「洗濯だって午後の日が落ちてからするのよ」
    トメ友人「雪だからどうせ中で干すのに、いつ洗濯したって同じでしょう」
    トメ「最近手を抜いた料理ばっかりで」
    トメ友人「あなた赤ちゃんの世話で忙しいひとにごはん作らせているの?」
    トメ「だって嫁なんだから」
    トメ友人「あなたも嫁でしょう」
    トメ「なによ、あなたも嫁とおんなじようなことばっかり」
    トメ友人「あらあら、あなたタヒんだほうが赤ちゃんのためでしょうねえ。ほらタヒねっ!」
    私「ブフォッ」
    トメ「ちょっと!あんたそこで聞き耳たててたわね!」
    トメ友人「嫁ちゃん、夫さんが出張から帰ってきてくれるまで実家にお行きなさいよ」
    私「あ、はい。今日から帰る予定でした」
    トメ「聞いてないわよ!」
    トメ友人「いいからあなたは墓の準備をしなさい」

    なぜこのふたりが友人でいるのかまだよくわからない。

    819:名無しさん@HOME2013/06/13(木) 18:21:08.00 0
    プッチプチの上、昔話ですまん。
    結婚前から夫には
    「お袋は、バカだから思った事がすぐに口から出ちゃうんだ。
    悪気はないし、その場だけで忘れるから気にしないでね。」
    と言われてました。

    まぁ、本当に私妖怪サトリにでもなったかと思うくらい本音でズバズバ言って下さって。
    「嫁子ちゃんリンゴ剥いて。あ、嫁子ちゃんの実家から送られて来た美味しくないリンゴじゃ無い方ね。」
    「この間嫁子ちゃんに貰った珍味、ウトさんと一緒に『本物がこんなに入ってる訳ないよね』って言いながら食べたの。」
    そんな事を言われて、どう返したらいいものかと一瞬フリーズする事が度々。
    するとトメ「嫁子ちゃんは、時々ぼーっとしてるけどバカじゃないのよね?」ですと。

    で、息子の中学入学が決まりご挨拶に行った時。
    近所の有名なお寿司屋さんから特上にぎりを注文して待っていてくれた。
    銘々の前にお寿司が並んで、さぁ食べようかと言う時に
    トメ「あんまり嬉しいから○君のために奮発しちゃった。ご近所にも
       孫が入学の報告に来るからお寿司取るって自慢して歩いちゃったのよ。」
    私 「ほんと凄く美味しそうですもんね。ご馳走様です。」
    トメ「ほんとは嫁になんか食べさせたくないんだけどね・・・」
    夫 「お袋、なんて事言うんだ!!」

    トメも失言したって気付いたみたいだけど
    「嫁と姑は色々あるんだから仕方ない。」と言って結局謝らなかった。
    私が「喉を通らないので。」とお寿司を辞退するとトメは「まったく神経質なんだから・・・」と言ってた。

    その後、私は夫と息子を残して近所のマックへ 徒 歩 で 行って テイクアウト にして貰った。
    義実家へ帰る道すがら義実家ご近所さん数人に
    「あれ? ○○さんとこのお嫁さん? 今日××屋のお寿司じゃ無かったの?」と呼びとめられ
    その度、ありのままを話してきた。
    トメは十何年使って来た「うちの嫁は私が姑で幸せよ」という
    お気に入りのフレーズが使えなくなったって怒ってたけどね。

    24:名無しさん2014/04/07(月)07:29:32ID:UgQh4zpml

    トメがちょっとした意地悪をしてくる。
    報告ではよくある、食事のランクを嫁(私)だけ下げるとか。
    本当にこんなことする人いるんだね!
    それで、また報告でよくある饅頭怖いをやってみたんだけど、
    トメのリサーチが凄いのか、上手くかわされる。
    カニ苦手で〜(嘘)
    →じゃあこのカニは他所に贈るわ
    アレルギーじゃないんでエビは好きで〜(本当)
    →万が一あると嫌だからエビはうちで消化するわ
    後で考えると私に聞く前から知ってた模様。
    いろいろ考えてるうちに混乱して嫌いなものを好きって伝えてしまい、
    高いものでも無かったせいか義実家詣での際に振る舞われてしまった。
    (○○漬け系)
    別に実は嫌いだったって言えば良かったんだけど、
    混乱状態の私はここで負けちゃダメだ!とにこにこしながら食べた。
    トメはちょっとびっくりしたみたいだけど、じゃあ遠慮無くどうぞって
    すすめてくる。
    ありがとうございます〜ってどんどん口に入れていくうちに耐え切れず、
    涙が出てしまった。
    旦那とトメがえ、どしたのってうろたえてるうちに思わず咀嚼物噴出。
    正面のトメの顔におもいっきりかかってしまった。
    平謝りで本当は嫌いだったって伝え、旦那と一緒に家に帰った。
    旦那に全部告げるとちゃんとトメと話してくれて、
    それ以降はあんまり意地悪はなくなった。
    わざとじゃなかったけど、DQN返しって思われたんだろうな。

    63:名無しさん@HOME2007/12/03(月) 18:14:05

    食事の時席に着きさあ食べましょとなってから私に仕事を言いつけるトメ。
    いつも一人遅れて食べ始めることになる。

    とっても些細なことだし、文句を言うのもみっともないと思いスルーしていた。

    ある日なぜそんなことをするのか気がついた。

    私が食べる頃には良い食材はあらかた食べつくされて、粗末なものしか残されてなかった。
    たまに義実家へ行くときの夕食だし、それならそれでいいと我慢してたけど、
    仕返しする機会をうかがってはいた。

    で、先日焼肉したんだけど、こっそり上肉を隠して席に着いた。

    いざ食べようとしたら、「嫁子さん、これ下ごしらえ忘れてたからお願い」と言われ、
    座らせてもらえない。

    仕事済ませて「お肉まだ台所に残ってましたよ」と上肉を持って席についた。
    案の定最初に出ていた肉のなかでよいものは残ってなかったけど、
    ゆっくり上肉をいただくことができた。

    トメはすでにガッツいてお腹いっぱいになってたみたいで、
    上肉はほとんど口にできなかったようだったw

    895:名無しさん@HOME2008/02/27(水) 04:00:04
    絶縁してきました。

    テンプレ通りの意地悪トメ
    軽くエネな旦那にトメからされた事など話しても
    「まさか母さんがそんな訳ないよ」と。

    ならば証拠を見せようか
    旦那がいないとこでグチグチ言うのは御見通し
    旦那と私とトメで義実家でお茶してる時
    まず旦那に私が手だけ机の下で携帯操作しTEL


    それを「会社からだ、外行くね」と家の外へ行ってもらった

    そこでトメスタートwww


    「嫁子、あんたムチュコタンに苦労かけてないでしょうね
    大体なんであなたが嫁に来たのかしら

    生まれ変わったらアテクシがムチュコタンと結婚するわよ
    嫁子はでぶで不細工でおまけに子ども作らないし
    ムチュコタンにとって毒だわ!毒、毒よ!
    ムチュコタンは仕方なく嫁子と結婚したんだ
    あーあ可哀相なアテクシのムチュコタン
    しんだ父さん(ウト)が悲しむわ…
    こんな出来損ない嫁子…
    うちの家系の唯一の汚点だわ…

    何とか言いなさいよ!謝りなさいよ!」
    「すみません…お義母さん」
    「何度も謝りなさいホホホ」
    「この会話あなたのムチュコタンも聞いてます、サーセンwwww」
    「は?ムチュコタンは今電!話!中!よ」
    「いや、だから、私と電話してます、旦那君もういいよ」

    すぐに旦那が入って来て、トメびっくりして泣き出して

    「わかってるよな、一生さよなら、母さん」と一言残し絶縁しました。


    その後はわかりません、長文失礼デシタ。

    104名無しさん@おーぷん2014/08/30(土)17:35:12ID:Ue03oE6Ll
    今日のトメ
    妊娠3ヶ月の私のもとに、朝もはよ(10時)から電話で「いまから嫁いびりしにいくわよ!!」と言ってきたトメ。
    やってきてそうそう私のおもてなしを見て「まー嫁子さんお姑様にこんなものを出すなんて!せめてこれくらい用意しなさい!!」となかなかお目にかかれない高級なケーキを渡される。嫁子用意のようかんは「こんなもの!」と言いながら平らげる。
    それから始まるトメ無双。

    嫁子がお昼を用意しようとすれば「○○家の味を教えてやる!」と言いながら嫁子を居間に座らせ持ってきた材料で○○家の味を再現する。
    嫁子が掃除しようとすれば「嫁子は掃除がなっていない!」といいながら嫁子にたまごクラブを渡して家の掃除機がけをする
    しかたがないのでたまごクラブを読んでいると「あそこのやつ全部洗濯機に入れてやったわよ!」と勝ち誇った顔で言ってくる
    そろそろおやつ時なのでお茶の用意をしていると「息子ちゃんに変なもの食べさせてないでしょうね!」と言いながら台所を占拠して晩御飯まで作り始める
    そして最後に「嫁子が貧相だと息子ちゃんまで貧相に見えるんだから○○家の嫁としてそれなりの服装をしなさい!」と封筒に入った三万円を置いて去っていく
    そんなツンデレトメ

    ちなみに上記のセリフの前には「これ勝手にやっちゅうわよ!」とか「ご飯何々勝手に作っちゃうわよ!」とかいった断りが必ずはいるツンデレトメ
    私が動こうとすると「嫁子は邪魔だから寝てなさい!」とお茶をだしながら言うツンデレトメ
    ありがとうございますと言うと「違うから!嫁いびりだから!」と顔を赤くするツンデレトメ
    凄くかわいいです

    ちなみにお義父さんが酔った勢いで「あいつはかわいい。出会いからかわいかった」といった直後真っ赤になりながらお義父さんのズラを奪ってバシバシ叩くお義母さんが今までで一番かわいかったお義母さんの姿でした

    以上、うちの萌え系お義母さんを自慢したかっただけ

    512:名無しさん@HOME2013/07/04 10:54:58
    流れ豚切りで妹のプチDQをばw
    妹ウト、妹旦那の前ではおくびにも出さずに妹にだけ悪口雑言イヤミ炸裂天麩羅イビリの妹トメ。

    妹ウト、妹旦那が自治会の集まりで妹ウトメ宅斜向かいの公民館に出掛けた時にも
    妹に差し入れ用のツマミを作らせながらアレが駄目コレも下手と罵りつつ、妹トメは高みの見物。
    妹は「至らなくてすみません」と謝り続け、料理を重箱に詰めながらもICレコーダーに録音。
    妹トメ、出来上がった料理を「私が作った事にして、代わりに恥をかいてきてあげるわ」と自治会の集まりに差し入れに行った。

    公民館には青ざめた妹ウト、妹旦那と冷めた目をした地域役員たち。
    自治会の副会長が一言「いつも美味しい差し入れ料理を作ってくれていたのは嫁子(妹)さんだったんですね。お礼を伝えてください」と。

    ICレコーダーだけでは弱いから、とワイヤレスマイクを妹に持たせ、自治会の集まりの日に
    周波数を合わせた公民館の拡声器の電源を入れておいたのはウチの旦那w
    妹トメ、私と旦那が中学生の時は良い担任だと思っていたんだけどな…

    574:名無しさん@HOME2008/10/09(木) 18:24:52
    友人が泣き笑いしながら避難完了、祝事投下

    テンプレウトメ+モラ八ラ旦那、友人両親他界後にひどいいじめ開始2年
    「お前がタヒねば保険金出るし、新妻と子供もできて家が幸せになる」と
    暴 リョク以外全部あり、保険金8000万
    身長160センチなのに30キロ前半まで追い込んだ

    タヒのうと泣きながら電話を私にかけてきて判明

    洗脳とくのに半年、そこから共闘開始、板読んで勉強した
    弁護士も生活相談課(相談の既成事実を作る為)も暴 言録音も浮気の証拠も押さえた
    お金の心配もされたが投資、弁護士が余裕で取れるから心配ないと返事


    友人、義家族が昼食中、弁護士名刺と緑の紙をおいて家にきた
    うちの家族も全面協力、家は距離あるし、知らないし、
    来れるなら来てみろの立地(警察すぐ)

    もちろん、礼儀を重んじて、嫁ぎ先へのお礼も忘れない
    ・「お前の出入り口」と言われていた裏口を、防犯の為にアロンアル○ァで接着
    ・自分が働いて買わされたDVD再生機、ゲーム機にもレンズ部分や入り口に
    うっかりアロンアル○ァ数滴
    ・浴槽洗浄後、うっかり粉末洗剤を穴部分に投入
    ・洗濯機をカラにして、うっかり洗濯槽の外側の隙間に洗剤を一箱投入


    家にきたとき、時間がなくてこれしかできなかったと悔し泣きしてたww

    さあ、宴会だ!

    325: 1/32009/09/10(木) 16:51:24 0
    プチです。
    結婚したばっかりなんですけど。
    近距離に住んでいる姑が、「ちょっとゴメンネ、腰が痛くてートイレ掃除やってくれない?」って言ってきたので、
    快く引き受けました。
    掃除洗濯料理類は、実家で仕込まれていたので、自分なりに完璧にやりました。
    ついでに、看護士ではありませんが、病院勤務だったので、トイレ掃除は得意中の得意。
    姑は、その名の通りピカピカになめられるようになった便器を見て、びっくりしてました。

    それだけなら良いのですが、舅も夫も褒める中、姑だけはなんだかムッスリ。
    気になってたんですが、その日は帰宅。

    後日、夫が笑いながら
    「母さんさ、若い嫁さんにアーダコーダって教えたかったらしいよ。アテが外れて、がっかりしてらー。」
    って言いました。
    おいおい、とも思いましたが、まあ、気にせずに「ふーん」って感じで聞き流してたら、夫から

    「でもさあ、お前も空気読めば良かったんじゃない?たまには姑らしい事させてやれよ。」

    と、耳を疑う事場が発せられました。


    「は?何?つまり姑にいびらせろって事?」
    と、ムッとなって聴き返すと、
    「そーそーそう言う事ー」
    と、もう「いかにも冗談ですよー」って顔で言う始末。

    でも、この時虫の居所が悪かったので、
    「判った!そうする!これからいこっか!」
    と、夫の手を引いて、姑の元へ飛んで行きました。

    このページのトップヘ