470:名無しさん@おーぷん投稿日:2016/02/14(日)15:25:54
    女の子出産予定です
    うちもやはり私と夫、姑で対立しています

    私案
    佳織もしくは香織(読みはいずれもカオリ)
    すみれ(ひらがなです)

    夫、姑案
    華英(ハナエ)
    慶華(ケイカ)

    名字が短いので、名前は三文字にしようという点は一致してます
    (谷とか町とか、そういう簡単な漢字一文字で読みが二音の名字です)
    夫と姑の案は、ちょっとまとまりが悪いように見えるのと
    字面がごつすぎるような・・・
    いかがでしょうか?

    648:おさかなくわえた名無しさん2017/06/15(木) 04:44:57.60ID:6L/KxYg5
    専業主婦だからって
    家事以外の用事も完璧にやって、
    その上休みもないって何なの?

    私はロボットや機械じゃないんだけどっていう
    夫への愚痴です。
    長いし分かれてるんで嫌な人はスルーして下さい。
    今春から夫の転勤のため仕事を辞めた。

    前職は稼ぎも良く育児休暇も充実してたので
    本音は辞めたくなかった。
    でも夫は最低でも5年は帰れないと言うし、
    まだ新婚でもあるのでやむ無く辞職。

    専業主婦歴はまだ数ヶ月、
    引っ越したばかりの部屋を
    「仕事が忙しい」という夫のため
    一人片付けながら日々の家事も頑張った。

    開封作業しつつ初めての土地で
    主婦業って思ったより重労働。
    ゴミの出し方、仕分け方が今までの自治体と違うし、
    買い足す物があっても店を探す所から始まる。

    少しは夫にも手伝ってほしかったけど、
    新しい職場に一杯いっぱいの様子だったので
    相談しにくかった。

    それで先日の日曜は、
    とにかく朝からやる事だらけで息つく間もなかった。

    朝6時半から川清掃
    (町内会に入ってるので新参者として断れない)

    10時から資源物出し
    (自宅から徒歩20分の公民館に出しに行く。
    狭い裏路地で8~17時まで車の進入が禁止のため、
    カンカン照りの中何往復も
    引っ越し時に出た資源物を持って歩いた)

    家に帰って大急ぎで昼食と夕食の準備、洗濯、掃除。
    17時から祖母のいる施設で今後の話し合い
    (今の自宅から高速のって一時間ぐらい。
    両親が亡くなってるため孫の私が後見人。
    予後が悪く今の施設から特養に移るため
    その話し合い)

    帰り道に数件ハシゴして買い物、
    家に着いたのは22時だった。

    朝から食べてなくて空腹だったが
    とにかく疲れてた。
    食事無しで諸々の片付け、入浴、
    たぶん深夜1時頃寝たと思う。

    78:名無しさん@HOME03/12/28 05:58
    スカってほどではないのだけど・・・
    ウトと夫と私の3人で食事をしました。
    そこで、ウトが「孫男ちゃんと嫁子さんの2人でうちに泊まりに来なさい、トメ子も言ってる」
    と言いました。
    夫がなんか言ってくれるだろうと思ったのに、「そうだよ、行ってこいよ!」とこれまたヘタレ。
    せっかくの料理がまずくなると思いながら「2人では行かない。」と答えたのに
    再びウトが同じセリフ、夫も同じセリフ、私無視。これがあと2回も続きました。(w
    隣で食事してる人も笑ってる様子。
    ウトがイライラしだし、夫が「聞こえないのか?」と怒鳴ったので、
    「聞こえないし、これからも聞こえないから無理」と答えた。
    ウトは怒って、食事の途中に席を立って帰ってしまった。
    夫は、「そんなに嫌か?」と言ったので「あなたと子供の2人で私の実家に泊まりたいか?」
    と言ったら理解してくれて謝ってくれた。
    これは今日のお話なので、明日電話がかかってくるかもだ。

    66:名無しさん@HOME05/01/19 12:48:46
    こんにちは、はじめまして。
    いつも勇者の皆さんの報告を読ませていただいてました。
    みなさんの書き込みのおかげで勇気がついて、私もなんとか義理の母に
    反撃できました。

    私は先日二十歳になったばかりで、夫は26歳の会社員です。
    去年結婚して、ハネムーンベビーを授かりました。とてもうれしくてすぐ
    トメに報告したら、急に顔色を変えて「息子ちゃんの子供じゃない!」と
    騒ぎ始めました。なんでも「新婚旅行ですぐに子供ができるなんて聞いた
    ことがない! ほかの男の子供に決まっている! このことは息子ちゃんには
    黙っていてやるから自分から身を引け!」だそうです。
    びっくりしてその夜は寝られませんでした。
    それからトメは毎日「まだ出ていかないのか」の連続で、この前は夫の
    署名捺印済(トメが書いた)の離婚届を持ってきました。
    限界だったので夫に話したのですが、「かあちゃんは昔から思いつめる
    性.質だから気にしなくていいよ」の一言で終わってしまいました。
    夫が傷つくかもしれないと思ってすこしソフトに伝えたのが悪かったみたいです。
    次の日もトメに離婚を迫られたので、今度は言われたことをそのまま伝えたら、
    階下に下りていってトメに「嫁子がこう言われたって言ってるけど本当?」
    「そんなこと言ってないわよ、嫁子さん初めての妊娠だから気が張ってるんじゃない?」
    夫はトメの言い分を信じたらしく、その後トメに言われたことを伝えても
    「そうかそうか、疲れてるんだろ?」と、妙に優しくなってしまいました。
    私が嘘を言っていると信じてしまったのです。
    続きます。

    538:1/42010/09/06(月) 06:47:19 0

    エネとは少し違うし長いので、叩かれない間にこっそり書き込み。
    出てくる関係者にはすべて元がつきます。
    夫とは見合い結婚。
    条件も良いし、こちらにも彼はいない時期。
    何度か会う間に、話は合うし、誠実でクソのつくほど
    真面目でウブな性.格が気に入って、
    とんとん拍子に話が進んで結婚した。

    交際中はキス止まり、新婚旅行中も抱き合って
    寝ることはあっても最後まで致らない。
    で、それとなく夫を誘ってみた。
    結果から言うと、夫婦関係ができないわけじゃなかったが、
    最後まではムリ、どうやっても終わらない。

    それからまる2年、回数がかなり少ないし、
    子供はできなかった。
    その間、義実家からは孫催促がきつく、
    最初こそ夫は諌めてくれたが
    徐々にその話題になると青ざめるようになり、
    最後には「孫・・・」の
    言葉を聞いただけで吐くようになった。

    756:名無しさん@HOME投稿日:2013/06/09(日) 16:31:54.47

    最近起こった修羅場

    知人の結婚式があり、4歳の娘を私実家に預け夫と出席してきました。
    式が終わり娘を迎えに私実家へ行くと娘が足に包帯を巻いていました。
    それを見た夫が「どういうことだ」と怒号。
    父が後ろから支えながら娘を自転車に乗せていたものの父がバランスを崩し手を離してしまって転倒。
    そのためにけがをしてしまったということでした。

    幸いたいしたけがではありませんでしたが夫は激怒し、両親へひどい言葉投げかけました。
    「預けたのが間違いだった」とか「二度とここ(私実家)には連れてこない」とか「娘に会いたければ
    自分たちの家に来い」「でも面倒は見させない」等聞くに堪えない発言ばかりでした。
    たいしたことなかったからいいじゃないかと私がとりなしても「黙ってろ」。
    「下手すれば大事だった」とそれはそうだけど…。
    両親は自分たちの落度なので何も言えません。

    正直、夫の豹変に戸惑っています。
    今までこんな物言いをする人ではなかったのに。
    娘のことが大事なのはわかるけど常軌を逸してると思います。
    それとも私が冷めているのでしょうか。

    自宅に帰ってからは普通ですが、またいつあんな豹変を見せるかと思うと怖いです。

    537 :名無しさんといつまでも一緒:2009/05/05(火) 15:21:33 0


    私の不倫がバレた後も、バレる前と同じ態度で、いつも笑顔で優しく接してくれる旦那。
    家事育児も手伝ってくれるし、デートにも誘ってくれる。
    夜も今までと同じ優しいくしてくれる。

    けど、生活態度は同じなのに、日に日に痩せ細っていく旦那を見ていると、いたたまれない気持ちになる。
    心療内科に内緒で通っていることも知っているけど、「仕事のことでちょっとね」なんてお茶を濁す。
    思い切り私を責めてもいいのに、って言ったけど、「君を責めて何が生まれるんだ?夫婦って愛し合うもんだろ」と返された。
    それ聞いたとき、すごく嬉しかったけど、余計に罪悪感が増した。

    酷い仕打ちしたのに、それでも私のことを愛してくれて、本当は凄く辛いくせに私を傷つけまいと頑張ってくれる。
    そんな旦那が今まで以上に、凄く凄く愛しくてたまらない。
    でも、愛しければ愛しいほど、自分がやってきたことへの後悔や罪悪感が大きくなる。
    さっきインフルエンザで寝込んでる旦那が、看病している私の頭をなでて「ありがとう。愛してるよ」と言ってくれた。
    嬉しさと後悔と罪悪感で今涙が止まらない。
    不倫できるほど自分はいい女なんだって、浅はかな考えを持っていた過去の私をコロしてやりたい。

    748:名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/23(月) 19:04:17.60 .net

    もうすぐ2回目の結婚記念日。
    離婚したいという気持ちと、こんなことで?
    と思う気持ちとの間で揺れてる。

    共働きで、夫の強い希望により、
    夫の会社から車で5分、私の会社から40~50分の所に住んでるから、
    帰りは大抵私の方が遅くなってしまう。
    そんな中で夫に料理のレパートリーや
    品数が少ないことを指摘されて始めた作り置きだけど、
    私が夜中や週末に作り置きした副菜のほとんどが、
    1~2日で夫に全て食べられてしまう。
    メインは調理前の状態で冷蔵or冷凍なので、
    調理しない夫は副菜だけで腹を満たそうとどんどん食べる。

    メインが冷蔵庫にあることを伝え、
    「グリルで5分」とか「フライパンで焼く」と分かりやすく書いておいても、
    ごはんをタイマーでセットしていっても、ムダだった。
    夫がやるのはレンジでチ/ンすることだけ。


    ある日、米を2合も炊いていったのに、帰ったら何もなかったので驚いて聞くと、
    昼休みに会社から家に帰って食べたと言う。

    作り置きを始めた日から、どんどん夫と夕食を共にする日は減っていった。
    私がどれだけ急いで帰っても、夫は先に食事を終えている。
    ある日、会社からくたくたになって帰宅したら、
    夫が全てを食べ尽くした後の、汚れた鍋やタッパーがシンクに山積みにされていた。
    その光景はよくある光景だったけど、疲れ切った私にはダメージが大きく、
    口論の末に台所の前にへたりこんで泣いた。
    多分、夫の前で泣いたのはこれが最後だと思う。
    そんな私に夫は、心底めんどくさそうな顔で言い放った。

    「俺、女ばっかりの家で育ったじゃん?
    だから家で食べ物の取り合いとかしたこと無いんだよ。
    食べ物のことで言い争うのって卑.しい感じがして好きじゃないから、
    明日から外で食べてくるわ」

    それから、夫の分の食事は本当に作っていない。
    私は一人分のごはんを作って、一人で食べる。
    夫は大抵、外で食べて帰ってくる。
    たまにコンビニ弁当を食べてるときもある。
    別にそれ以外に大きな問題はないけど、
    この生活で子供を持つなんて到底考えられないし、
    夫となぜ一緒に暮らしているのか自分でもよく分からない。

    【前編】超ド田舎のクソ膿家に空気夫とウトメと同居して六年。実家へ帰ることができたのは二回だけ。でもこの夏、何故かどうしても実家に帰りたくなった私は思い切って…
    740 :1/3:2010/08/10(火) 20:21:50 0
    覚えて下さっている方がいらっしゃるかどうかわかりませんが…
    夕日に照らされて黄金に輝くバスに乗り、クソのつくド田舎から逃げた嫁です。
    ようやく落ち着いたなと思えるようになったので、その後のことなど報告させて下さい。

    実家に戻り、クソウトに暴言を吐いてからしばらくは表面上おだやかでした。
    が、義実家とその周辺では「嫁が跡取りをさらって逃げた」と大騒ぎだった様子。
    (といってもウトメがあちこちにないことないこと触れ回り、暇なご近所がのっかっただけ)
    夫から「嫁子も息子たちも元気か」「すまない」と電話があったのは一ヶ月後でした。

    そして季節が変わる頃、実家に分厚い封書が届き、開封したところ中から便箋10枚…
    「嫁子は人さらい、跡取り(特に長男)を連れ去った罪は重い、どこの馬の骨かわからない女を
    今までどれだけ尽くし面倒をみてきたか全くわかっていない、それを許して囲う両親もバカ野郎だ、
    これを読んだら即刻長男を○○に戻し、嫁子には謝罪と今後の介護と家業の全てを命ずる、
    ○○(集落)の人間には全て暴露してあるから日本中に逃げる場所はないと思え」
    といった旨の内容がカタカナと方言混じりのクソウトの字で書かれていました。
    おまけに、もともと私にはないはずの「ウト名義の土地田畑家屋全てを相続する権利(?)」
    を放棄する内容の誓約書まで同封されていました。「甲」が「申」でした。

    365: 名無しさん@HOME 2009/09/17(木) 16:39:06 0
    電車どころかバスも一日一本しかない超ド田舎のクソ膿家に空気夫とウトメと同居して六年。

    朝は四時半にトメの掃除機(私が寝ている部屋の障子のへりにゴンゴン音を立てて起こす)で起床。
    身支度などする間もなく田畑のチェックと野菜の収穫、何をもいできても文句を言われるのは二年目に慣れた。
    形が悪く虫だらけの野菜と格闘して朝食の準備、ウトと二度寝のトメと夫を起こす。
    食べている間にチェックした箇所の報告をして(当たり前のように返事はない)息子らを起こしてお世話。

    ウトメと夫が出ていってから息子らと朝食。二層式の古い洗濯機を回しながらセカセカと動く。
    息子ひとりにつき卵一個と決められ、私はウトメたちが残したものを舐めるようにこそぎとってご飯と一緒に流し込む。
    みそ汁の残り、トメ製漬け物の切れ端(皿に盛ると文句を言われるので端っこはよけてある)、おすそわけの梅干しなど。

    庭とは呼べない敷地で息子らが遊んでいる間に掃除、洗濯、朝食の後かたづけ、昼の弁当の用意。
    塩むすび、うめぼし、たまごやき、お中元お歳暮の時期は焼いたハムなどをつけるが当然わたしには当たらない。
    ハムやかたまり肉は誰かの分に端っこが入っていないと食べたのがバレて文句を言われるから、欲しくもない。

    田畑まではウトメが軽トラ、夫が車に乗っていくので私は歩いて三人分のお茶を弁当を持ち、2~3キロの距離を歩く。
    妊娠中も、赤ん坊の頃でも、熱があっても腰が痛くても、おんぶひもと抱っこの時期でも。
    どこにいるのか知らされないし私は携帯を持っていないので、近いところから探して回る。
    軽トラの運転席、助手席、車の運転席にそれぞれ弁当とお茶を置いて、声をかけて(無視されて)家へ戻る。
    息子らは足腰が強い子どもに育っていると思うし、最近は楽しんで遊びながらでも歩いてくれるので楽になってきた。

    このページのトップヘ