告白

    1:名無しさん@おーぷん2016/11/12(土)12:04:04 ID:IVl
    カフェにて

    俺「あのさ」

    女「なぁに?」

    俺「よかったら俺の彼女になって欲しい」

    女「え」

    俺「ごめん、ダメなら良いんだ!」

    女「俺君て免許持ってないよね?」



    俺「自動車免許?」

    女「うん」

    俺「持ってないね」

    女「私ドライブデートするのが夢だから俺君とは付き合えない、ごめんね」

    俺「女ちゃん免許持ってなかった?」

    女「持ってるよ」

    俺「じゃあ女ちゃんが運転すれば良いじゃん」

    女「はぁ…」

    俺「なにそのため息、もういいよこれドリンク代」


    でお金置いて早々に帰ってきたんだがwwwww

    287:名無しさん@お腹いっぱい。2008/12/20(土) 11:01:12
    流れをぶった切って申し訳ないんだが・・・チラ裏な内容なんだけど話を聞いて欲しくてさ。

    先週の日曜日、町内の一斉掃除に我が家代表で俺が出たんだが、近所の奥さんに手紙を貰ったんだよね。
    誰も見てない隙をついてさ、
    「後で、一人で見てください。奥さんには内緒で。お願いします。」
    ってさ。んで、ビックリして受け取ったんだけど、しばらくして2ちゃん脳な俺が考えたのは、俺嫁の浮気かと思ったのね。密告かと。
    まさかと思いつつ、帰ってから嫁に洗車に行くって言って、ドキドキしながら洗車場で開封した訳さ。そしたら内容は要約すると
    ・俺の事が以前から好き
    ・浮気や不倫をするつもりは一切ない
    ・どうしても伝えたかった
    ・かといって避けないで欲しい
    こんな内容が色々便箋に3枚程。

    403: 恋人は名無しさん[sage] 2012/05/07(月) 04:20:42.56 ID:OhSIMqN00
    簡単に。

    自他認めるブスな私に男友達の一人が告白。
    こんな私に?と思いながらもOKし、彼に。
    それから他の男友達グループが私をいじめ始める。
    私は気のせいだと放置。彼にも報告せず。
    しかし、女友達グループが気づいて男友達をしめあげた。
    男友達グループで彼はみんなから好かれる存在。
    しかし、今まで彼に彼女ができなくてヤキモキ。
    そんな時に彼と私が付き合うと聞いて
    彼は絶対いい女と出会うはず!あのブスじゃダメだ!と
    皆で私をいじめて別れさせようと決めたらしい。

    男友達グループから土下座されたり
    彼が男友達グループと絶縁したり色々あったのが修羅場。
    私が色々悪いんだと暫く落ち込みましたがね。

    490:名無しさん@HOME2012/07/13(金) 23:20:31.73 0

    まとめサイト見て書きたくなった自分の話です。

    成人の日、振袖着せてもらって飲み会して帰ってきたら、両親が
    二人ともそろって起きて待ってて言われた言葉が、「お前は俺達の子じゃない」でした。

    時間にして22時。
    普段両親21時就寝。
    マジでびっくりしました。
    振袖脱いでかけて、頭も成人式仕様で頭に花とか刺さったままだったので、全てオフにするため
    一回風呂に入りました。とりあえず素になるまで、私はパニック。

    そして落ち着いた後話した内容としては、父が結婚した相手が、浮気して私が生まれる。
    父と血のつながりなし。父はそれを知りつつ、生みの母と離婚し、私をひきとる。
    その後私が2歳の時に再婚。それが今の母。
    私は、その二人を父母と思って育ってきました。
    「本当の両親は?」と聞いたけど、音信不通なんだとか。
    私に会いたいと一回も言ってこなかった、と言ってました。

    それからもう10年経ちますが、まぁ弟と姉弟として過ごしているし、家族として
    「本当の家族じゃないから!」と遠慮するような時期は終えてるし、反抗期も
    普通に過ごさせてもらったので、特に修羅場なし。
    いきなり玄関で「お前は俺達の子じゃない」と言われ、着物脱いでお風呂入ってた時が
    一番修羅場でした。
    レアケースかもしれませんが、幸せなんだなぁと思ったのも含め、書きます。

    【前編】ボーリングで負けた私は罰ゲームで暗くて大人しいクラスの男子に告白する事に…
    173:名無しさん@おーぷん2014/08/01(金)00:35:12 ID:Lf05V1H8I
    そして秋になります。私の成績もだいぶ乗ってきてて、多少の余裕も出てきました。やっぱり夏の頑張りが大きかったみたいで。
    ただ数学がどうしても苦手で千尋くんに結構教えてもらってました。
    この時期からはもうほとんど勉強しかしてなかったから特に書くこともないのでだいぶ割愛してもいいですか?

    1:名無しさん@おーぷん2014/07/31(木)00:13:23 ID:iEA2kmOcq(主)
    私、
    佐々木希を一発殴ったみたいな
    顔してるって言われる

    千尋くん、
    罰ゲームで付き合った子、
    中性.顔の美少年って感じ、
    根暗なオタクって雰囲気、
    眼鏡をしてた。

    50:名無しさん2014/04/22(火)03:57:07 ID:???
    昨日婆オトコの人に告白されちゃったわ
    直接告白されたのはウチの爺なんだけどね
    「娘さんをボクに下さい!」って言われたって
    そりゃ確かに年の差あるし、見た目もかなり子どもっぽく見られるからナンパもされたことあるけどね
    もう三児の母だし、上は女子高生でございますのよ

    興奮して眠れませんわ

    524 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/04(金) 17:54:25 ID:vOMX9kK8.net
    3年間通ってる美容院の美容師に今日突然、結婚してくださいと言われた。 
    付き合ってないどころか、連絡先も交換してない。 
    毎月行くから普通の会話はしてたけど何故この展開になったのか不明。 

    38歳、年齢的な焦りはあるからとりあえずお付き合い出来たら嬉しいけど騙されてるのか?おちょくられてるのか? 心配で返事ができない。


                    女の子, 祈り, 手, まつげ, 目を閉じて, 顔, 女性, 人, 美しい

    66 :名無しさん@おーぷん
    2年間ずっと好きだった子に告白したら、
    10年好きな人がいてこの先もずっと好きだからから無理と言われた
    誰か聞いたら亡くなってる相手だった。
    しかも10こも上。

    彼女今31だから当時の彼女からしてもただのオッサンだと思う。
    ここで1冷め。

    おためしでも良いといったら
    「興味のない異忄生 のためにおためしごときで自分の時間取られたくないし本当にこっちは好きでも何でもないから止めろ」的なこと言われた

    ずっと1人でいるの馬鹿らしくない?と聞いたら、
    「好きでもない男と一緒にいるのは私にとっては苦痛でしかないし望んでも無い関係のために苦痛を我慢するのは馬鹿らしい」
    普通に考えて10年も男いない訳ないし俺にもチャンスくれよといっても
    「10年ずっといないけど」って言うから

    冗談で10年もフリーだったら忄生 欲どうしてんの、さすがに誰かとやるでしょって聞いたら
    「自分がそうだからって皆そうだと想ってるあたりがキモい」と言われた

    最後に俺のことどう想ってたからだけ聞いたら
    「しょうもないLINEの多いただの面倒な人だったけどたった今面倒で気色悪い人に変わった」とのこと

    なんでこんなキツイ言い方するのか訳わからんし
    接客の業界なんであんなじゃ出世は無理だなと思ったら来月からチーフになるらしい。

    頭硬いのもだけど想っててもどうにもならない相手のために10年も時間取ってる
    彼女の方が馬鹿らしいと思うし、未練がましくて冷めた(笑)
    俺は結婚願望ありなんだが2年もあったら今頃良い子捕まえられてたと思う。

    俺の貴重な2年を返して欲しいわ。

    618 :鬼女タウン 2015/03/11(水) 22:13:10 ID:fr8
    現在22歳の女ですが高校時代の親友が好きです。
    今までも女の子しか好きになったことないし、接客業なんだけど可愛い女の子のお客さん見るのが大好きです。
    この前親友の胸に顔を埋めて眠る夢(2回目)を見てしまったり、どさくさに紛れて手を繋いだり、過去にも酔ったふりして胸に顔を埋めたりしてしまい、正直自分が気持ち悪いです(同性愛を認めたくないという意味ではなく、親友を性的な目で見て、親友を汚しているという意味で)。
    親友が就職で地方へ行ってしまう前に告白をしたいですが勇気がありませんし、親友のままでいられるならそれで良いのですが、親友が就職先の人(男性)と付き合ったりしたらと思うとどうして良いのか分かりません。
    独占欲の強い自分に辟易しています。もしかしたら恋愛感情よりも依存に近いのかもしれません。
    どうしたら相手に依存しないようにできるのでしょうか。

    このページのトップヘ