元旦那

    【前編】3年前に離婚。子供は元旦那に。最近8年間付き合っている彼とうまくいかず、元旦那から貰った500万の慰謝料もなくなり苦しい。元旦那とヨリを戻したいんだが…
    473:4582008/02/23(土) 16:04:40
    今書き込めそうなので、昨夜書き留めたものを投下します。

    【①最初の結婚に至った経緯】

    192:離婚さんいらっしゃい2007/11/08(木) 14:02:21
    私は3年前に離婚した×1です。
    子供は一人で元旦に見てもらっています。
    8年間付き合っている彼氏がいますが、最近うまくいっていません。
    元旦にもらった500万の慰謝料もなくなり、生活も苦しくなってきました。
    元旦の方は離婚時に会社を解雇になりましたが、その後事業を起こして成功し、最近では大きな家を新築したようです。
    将来の事を考えて元旦と再婚したいのですがどうすればよいでしょうか

    551 : ◆l5cEUlQGOCPT 2013/09/22(日) 01:17:04 O
    誰も居なみたいので書き逃げ。 

    元旦那が結婚3年目(小梨)で浮気。 
    この時点で離婚を決意してたんだけど、 
    大奥大好きなプリンちゃんが「見台所(?)と側室が一緒に暮らして寵愛を奪い合うなんて素敵☆ミャハ」と乗り込んで来たので、弁護士入れてサクッと離婚した。 

    そんな後ろ暗い出来事があったにも関わらず、さっき元旦那からロミメが来たので投下。 

    件名:お久しぶりブリーフ! 

    お元気ですか? 
    君の所(私の持ち家)から追い出されて、もう2年かぁ。 
    早いなぁ…ほんと早い。 

    そういえば、○○(共通の友人)から聞きました。 
    お父さん、亡くなったんだね。 
    離婚しなければ、今頃は俺が社長だったのかな?なんてね! 

    今からでも遅くない。 
    俺が君を支えるよ! 
    先ずは食事でもして、これからの事を話し合おう。 
    連絡して。 

    これが一通目。

    603 :名無しさん@おーぷん
    旦那の不倫が発覚。
    怒りが冷めると同時に愛情も冷め切ったので旦那有責で離婚。
    不倫相手からも些少ながら慰謝料をいただいた。
    二人からは散々文句言われたよ、
    やれ「そういう可愛げがないところが嫌なんだよ」だの「旦那くんかわいそう!」だの。

    離婚が成立してすぐ二人は入籍。
    私が意地悪でお金を取っていったから、結婚式は挙げられなかったんだってさ。
    でもでも負けない、幸せになるもん、だってさ。
    もう悲しみとか通り越してイライラしかしなかった。

    で、それから二か月後、元旦那からメール。
    「いつも出してたなめたけってどこのメーカー?どこで買ってた?」
    どこのメーカーでもないよ。だって私の手作りだったもん。
    元旦那がなめたけ大好きで欠かさず食べるもんだから、
    いろいろ研究して元旦那好みのレシピを開発して作り置いてたんだよ。
    元旦那には、
    「あれ私の手作りだから売ってない」
    とだけ返信。そうしたらまさかの返信、
    「作って送ってよ」

    不倫して、離婚した馬鹿のために、なんで私がなめたけ作って送んなきゃならんのか。
    スマホ叩き割りたくなったけどグッと堪えて
    「奥さんに作ってもらえば?大丈夫、と っ て も 簡 単 だ か ら 」
    とだけ返信した。

    そして半年後の昨日、元旦那のアドレスからメールが来た。
    最近どう?とかいろいろくだくだ書いてある絵文字満載メール。
    書いてあることをまとめると
    「なめたけのレシピ教えて」
    …元旦那が私に送ってくるメールは文章だけのシンプルな物。
    このメールのキラキラした文体、元旦那の不倫調査の時に見た、不倫相手のメールとそっくり。
    多分、不倫相手が元旦那のアドレスから送ってきたんだろうな。

    650 :2017/02/06(月) 16:09:54ID:2Tg
    結婚して5年で別れた旦那から1年半ぶりのSMS
    「養育費の支払いをお願いします。今月中にお返事がない場合、職場に連絡して給料差し止めさせて頂きます」

    ちょっと待って、私、未だかつて子供産んだことない

    264:名無しさん@HOME2010/06/12(土) 22:48:12
    じゃあぶった切らせていただきます。
    ちょい前に貰ったもので、相手は元旦那。

    なあ、もうそろそろ戻ってこいよ。
    お互いに意地はってたって、いいことないだろ。おまえもそろそろ
    俺から持ってった金使い切ったんじゃないのか。
    女一人働いてたって辛いだけだろう。
    俺は最近、家事もするようになった。会社へも自分で弁当もってってる。
    俺は変わったぞ。おまえは前のままか。
    お袋や姉きにはもう口出しさせない。証明書が欲しいなら書いてやる。
    だから戻ってこいよ。

    トメコトメに仕送りをしまくり、そのことでトメコトメから嫌味を言われる私をかばわず、
    私が仕送りを止めた事で結局は離婚になった(このへんのゴタゴタは前どっかに書いた)
    大好きなママとおねーちゃまと同居して、せっせと貢いで幸せなはず、
    なのにね。

    放っておいたら来た2通目
    再婚でもしたのか? 昔の男なんてがらくたみたいなもんか。
    おまえもひどい女だよな。
    次の男の家族には、ちゃんと金は出してやるのかよ?

    240:名無しさん@HOME2008/04/04(金) 17:47:11
    随分DQなんだが、この度無事出産したので記念カキコ。


    新婚時代からテンプレ×3くらいでさんざんウトメコトメのサンドバッグにされて楽しまれた私。
    ストレスで内蔵をヤって入院している間にダンナが浮気
    弁護士に相談して晴れて自由の身になったのが6年前のこと。

    その後数年してカレシができた。


    仕事関係の人で、こっちが×付きなのも承知。
    で、とんとんと話が進み、結婚式の前日に式場へカレシと行ったとき、
    いきなりロビーで元トメコトメダンナトリプルヘッダー登場。

    「ドロボー!彼を返して!!」だとさ。


    思わず「え?コトメさんが前カノなの?付き合って初めてのデートにママンもいっしょに連れて来たのが?
    美術館へ行って飾ってあった美術品のアクセサリー(無論非売品)をくすねてもうちょっとで警察沙汰に
    なりかけたのが?誕生日にブランドバッグ指定して、翌日に質屋に持っていったの~って嬉しそうに
    報告したのが?
    (その他あれもこれも)も全部コトメさん?」

    あとで知ったんだが、そこのホテルは実はウトの取引先だったらしい。(カレシも知らなかった)
    その関係で自分たちが騒げば結婚もオジャンになると凸かましたらしいが、結局私に昔の悪時を
    バラされ、また私の担当者がウトの担当だったこともあり
    ウトの会社は大きな取引先を失ったことを重く見て、ウトを依願退職させ
    同様に同じ会社にいた元ダンナも降格&左遷。

    やるつもりはなかったが、結局DQ返しになっちゃった。


    今はそのカレシの超絶良ウトメと同居中。
    新生児を見てもらいながら、色々教えてもらえるのがすごく嬉しい。

    439:名無しさん@おーぷん2016/05/19(木)12:54:43ID:WNO
    勝手に女つくって署名した離婚届おいて
    姿くらましたのにどうして残された嫁が
    待ってると思うんだろう。

    頭の中が理解できんわ。
    まさしくスレタイ。

    91:名無しさん@おーぷん2014/11/01(土)15:51:17ID:P8Ap3vX0s
    報道されたので
    フェイクが盛り沢山ですがお許しください
    私が二十代の頃に
    実の妹に旦那を取られたことがある
    もちろん慰謝料を双方からぶんどって離婚
    昔から妹を可愛がって
    私をsageまくった両親は妹の味方だったよ
    私は両親妹と縁を切って遠方へ逃亡
    その地で別の男忄生と再婚して子供が産まれた

    子供が中学生になったぐらいに、
    再婚相手が救急車に運ばれたと連絡があった
    再婚相手は何者かに狙われ重傷とのこと
    私は発狂しながら病院にかけつけ、
    再婚相手の無事を祈った

    再婚相手は一命を取り留め、
    私とファザコン気味の子供は安心して泣きまくり
    再婚相手の回復後はもちろん警察が入り事情聴取だ
    再婚相手は「小柄な女に刺された」と証言
    これだけではなんとも・・・
    な感じな刑事さんたちだったが、
    必ず捕まえると約束してくださいました

    【前編】3年前に離婚。子供の親権は元旦。8年間付き合っている彼氏がいるが、元旦にもらった慰謝料500万もなくなり生活も苦しくなったので元旦と再婚したい…どうすればいい?
    473:4582008/02/23(土) 16:04:40

    今書き込めそうなので、昨夜書き留めたものを投下します。

    【①最初の結婚に至った経緯】

    このページのトップヘ