事故

    893 :2014/12/14(日) 08:52:22ID:???
    まだストーカーって言葉が無かった頃のお話です。

    小学生の頃、近所に引っ越してきた家族がいて、そこに10歳上の男性.(以下A)がいた。
    今思えばAは無職のパラサイト。
    小太りで無害そうだったためか、たまに近所の子供達の遊び相手になってた。
    そのA、私が中学生になるとストーキングをするようになった。
    登下校時についてくる(下校時は門の近くの文房具屋で待ち伏せ)、家のそばをウロウロする、
    土日に出かけると追いかけてくる(もちろん撒く)、手紙や飴玉を渡してくる
    飴玉は捨てて、手紙は最初だけ読んで2回め以降は読まずに捨てた。
    手紙の内容は支離滅裂で意味不明、長文で告白ですらなかった気がする。宇宙とか過去と未来とかなんとか。
    告白だったのかも知れないが、それはそれでアウトだった。
    うちの両親がAの両親にクレームをするも、Aの両親は「まあ子供のすることですから」と話にならない。
    20代なかばは子供じゃないだろっと両親は呆れたが、A両親はどうも「嫁を貰えばAはしっかりする」
    と考えていたらしい。
    ある時庭にAが侵入してて母が警察を呼んだ。
    しかしAは「投げたボールが庭に入って取りに来た」と言い訳をし、警察もなあなあで済ませた。
    うちは祖父の代から住んでる土地で引っ越すのも納得がいかないし、私も転校は嫌だったから、
    自衛するしかなかった。
    洗濯物を干す時も庭は避け、家や学校の出入りも裏口や裏門を駆使し、
    暗くなってからは一人で出歩かないようにしたりした。
    それでも危険を感じた私は、自宅よりも学校にほど近い叔母(独身一人暮らし)宅に住まわせて貰って
    学校に通うようになった。
    叔母宅は新興住宅地で新しい家だし、自宅に比べて周りに住んでる人の目も多いので多少安心だった。
    そうして不安な日々を過ごしているある日、Aがタヒんだ。
    なんと私が叔母宅にいることを知り、叔母宅の裏の山から侵入を試みて滑落タヒしたらしい。
    新興住宅地は山を切り開いて造成されていて、裏の山の半分をほとんど垂直に削って崖状になっていた。
    Aは何を考えたのか、深夜その崖を降りて私のいる叔母宅に侵入しようとしたらしい。
    人に見られる可能性.があるとはいえ、叔母宅は要塞でもなんでもなく、侵入自体は正面からでもなんなく出来る。
    防犯カメラとかいった気の利いたアイテムも無い時代、おそらく人目を避けるためだけに20mはありそうな
    崖を落ちていったAの存在が衝撃だった。

    244 :2016/07/15(金) 11:02:04ID:gC8
    毎朝夫を最寄りの駅まで送ってるんだが、
    家を出る時間が毎日同じだと、前後に同じ車が付くことがよくある。
    その中に1台、後に付くと無駄に煽ってくる鬱陶しい車がいるが
    住宅街の中の片側一車線だと、どう煽られようが対処の仕様がない。
    その車は住宅街を丁度抜けた所で、少し遠回りになる別ルートを使って
    (私たちが走るのは図の赤いルートで、その車は青いルート)
    一気に私たちの車を追い抜き、バイパスに出る手前で前に出る。
    青いルートは一方通行になってて、そんな道路でスピード出すなんて危ないなぁと思うけど
    かと言って、途中路肩に寄せて追い抜いてもらえるような場所もないし。
    こっちは交通ルールに従って走るだけだと思ってスルーしてきたけど、ある日のこと。
    いつものように後から煽られる→別ルートで追い抜かれる→バイパス手前で前に出られる、で
    バイパスに出る信号待ちをしていた。
    煽る車、私たちの車の順。
    そこに信号の右方向からスピード出し過ぎの車が左折してきた。(緑色)
    煽る車の助手席側にモロに衝突しながら車は民家に突っ込み
    煽る車は回転しながらうちの車のバンパーを激しく擦った。
    普段から危ない運転するやつだから車間を十分空けて信号待ちしていたので助かった。
    でも煽る車が回転しながらコンニチハ状態になったとき、
    スローモーションのようにはっきりと、初めて運転者の顔を見たんだよ。
    驚いたことに女だった。
    それまでルームミラーで後方を走るその車を確認したときは
    男か女か分からないような感じだったし、
    合流地点では朝日がガラスに反射して見え難かったし、
    とにかくそれまで運転手のことを気の短い男性.かなって先入観があったんだ。
    (男性.のみなさま、ごめんなさい)
    その女の恐怖の顔が小林まことの漫画に似てて目に焼き付いている。
    回転した車はそのまま電柱に激突して、次にその運転者を見た時は
    血で目鼻立ちがよく見えなかった。
    今回の場合、その煽る車側には全く非はないわけだけど、
    普通に走って入れば事故に巻き込まれていたのは私たちの車だったはず。
    ああいう無茶な運転する人って、結果的に自分で不運を引き寄せてるんだなぁと思った出来事。



    c91b56a4

    696: 名無しさん@HOME 2011/10/28(金) 13:56:00.39
    ややgu**注意 

    小学校の頃、飼ってた猫が帰ってこなくなった。 
    一晩半狂乱で探すも見つからず 
    翌朝母が「あとは探すからあんたは学校行きなさい」と言うので 
    泣きじゃくりながら家の前の道路に出たら

    血だらけで横たわってるうちの猫発見。 

    「s時rふぁsぢうひゅづいでぃls!!1!!!1!」ってなって 
    母に「助けて!!猫シんじゃう!!!」と叫んだ 
    「あとはお母さんがする!あんたは行きなさい!」と言われて、わんわん泣きながら走って行った 
    学校で友達に「ひかれて倒れてた、助かりますように助かりますように」と泣きながら話すと 
    「ひかれて一晩経ってんだからシんでんに決まってんじゃん」と言われた。 

    …そこから意識が無くて、気がついたら家で寝てた。 

    送ってくれた先生によると 
    「絵うふぃryf下お会いf夫ウェ栄雄くぃw09sq@じょぢほ9ふぁああああああーーーー!!!!!!!!」と 
    意味不明な言語で泣き叫びながら泡吹いて倒れたらしい。教室中大パニック。 

    目が覚めて、改めて猫はダメだったことを知って再び意識を失った。 
    何か叫んだらしいけどもう声にならなかったらしい。 

    あの日一生分叫んだせいか、今でも声が出づらい。 
    トラウマが強すぎて、未だに轢かれた動物を見ると運転中でも意識が遠のく。 
    あと今考えたら、私より先生とかクラスメートと、 
    何より猫の処理と弔いと娘の処理にいっぺんに追われた母が一番修羅場だったと思う。

    61:名無しさん@おーぷん2014/05/16(金)03:37:28ID:5mrCuBUL8

    あんまり酷くないけど、個人的には最大の修羅場。
    小学校低学年の頃の出来事です。

    友達の家で遊んで、夕方頃帰宅最中に車の後部座席に姉を乗せた母方の祖母とすれ違った。
    酷く慌てたように「早く家に戻れ」と言われ、不思議に思いながら帰宅すると、今度は父方の祖母が家にいた。

    「お母さんが事故に遭って、病院に入院した。もうすぐ父さんが来るから一緒に病院に行こう」

    そう言われたものの、イマイチ事態が理解できなくて、泣もせずに忍たま乱太郎を観てると、父が到着。
    病院に着いて案内されたのは集中治療室。
    そこに居たのは、沢山の管を着けた母だった。
    その姿を見た瞬間にようやく事態を理解して号泣。
    意識がかろうじてあった母が

    泣かないで
    お母さん笑った顔が見たい
    明日のマラソン大会見に行けなくてごめんね。頑張ってね

    と弱々しくしゃべっているのを聞いてさらに号泣。
    笑ってと言われても笑えるわけがなく、泣きじゃくりながら
    絶対に1番取るから!!と約束した。
    そのあとすぐに母の意識がなくなり、私たちは部屋を追い出された。

    長いといわれたので分けます。

    577:名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/09(日) 00:29:09.12.net
    同級生の家に突然お邪魔したらカレーが出てきたんだけどこれがめちゃくちゃ美味くて、具材も豚バラとトロトロのジャガイモだけだったんだが最高に美味かった
    レシピ聞いたら飴色玉葱に市販のルーだけだって言われてなんかもう色々ガッカリした
    うちで出てくるカレーも市販のルーの筈なのに酸っぱいし苦いし具材も生煮えだし、なのにこの差
    それを嫁にさりげなく言ったら感想が具材がそれしか入ってないとか貧乏臭いwだけだった、もうガッカリ

    111: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/06/08(水) 20:39:15.49 ID:mUcTlIDU

    交通事故にあった。見通しの良い田舎道の交差点で、原因は相手の信号無視。 
    俺の座る運転席に猛スピードで突っ込んできたのは、趣味の悪いスーツを着た 
    50代くらいのオッサンだった。 
    幸い右腕と右足を骨折した他は命に別状はなく、額から流血したものの意識も 
    ハッキリしている。ただパニックになった俺はアコーディオンのようになった 
    マイカーの中で何をするでもなくただ痙攣を繰り返していた。 

    オッサン「おいバカ危ねーだろが! ワシの車どうしてくれんじゃ!」 

    全損した車内でうずくまる俺に罵声を浴びせたオッサンは、元気に車を降りると 
    誰かに電話し始める。会話の内容から警察ではなく、相手は知人か何かのようだ。 

    ようやく意識が正常に戻り、芋虫のように車を降りた俺にオッサンが畳み掛ける。 

    オッサン「てめぇふざけんなよ。とっとと警察呼べ。大した怪我でもねえくせに」 
    オッサン「ワシの車なんぼする思うとるんじゃ。お前の軽バンが5台は買えるんぞ」 
    オッサン「弁償や。ワシ誰や思うとんねん。○○会の人間やぞ。おぉ?」 

    俺は痛みと悔しさで何も言えず、唯一使える左手で携帯電話を取り出すので精いっぱい。 
    そんな時、遠くからよく知った声が聞こえた。しかも集団で。

    79:おさかなくわえた名無しさん2013/10/18(金) 12:06:55.02 ID:JtmGuxDF
    三流大学の法学生だったころに事故にあった。

    車に突っ込まれて1週間の意識不明の重体。俺がバイクで相手が車のノーブレーキ追突事故だ。
    普通に新聞にも乗ったし、全国ニュースにはならなかったと思うけど、隣県ぐらいまでは報道された。
    結論から言えば、相手の速度超過にカップルが乳繰り合っていてのよそ見が原因の事故だった。
    ところが俺が意識不明の間に、そのカップルは俺が車の横から抜いて急にブレーキをかけたとか証言していた。
    もちろんそんな事実は存在しない。しかし、警察側は目撃証言もそういう風になってるしと曖昧なことしか言ってくれない。

    もちろん俺は猛抗議したけど、三流大学の法学生は基本的に馬鹿です。
    法律なんて憲法が一番強いとかいう風にしか認識していないレベル。
    俺は警察署からの帰り道に大学に行き、泣きながらゼミの教授に相談した。

    この教授は、結構歳がいっている爺さんだったんだけど、すぐに緊急の法学教授会を開いてくれて、様々な協力体制を作ってくれた。
    ただし、アドバイスはするけど、これも勉強だからという理由でゼミの課題となり、この事案をゼミ生で解決するようにという指示が…
    幸いなことにゼミ生の皆は俺に協力してくれた。

    実況見分調書などを取得して、事故現場を写真で撮ったり、目撃者探しをしたり、警察・検察に何度も足を運んで再捜査の依頼書を書いたり…etc
    その結果、目撃者は、運転手の友人の友人であったことが判明し、偽証罪ということで全員逮捕(警察がちゃんと調べてくれた)
    本当の目撃者はこちらで見つけ出して、本当に第三者であることを証明した。
    さらには道沿いのマンションの防犯カメラから、俺のバイクが進行した後に速度超過の車が通り過ぎる映像も警察が見つけ出してくれた。

    その結果、相手は逮捕されて、悪質ということで交通刑務所行きになった。
    散々相手の保険屋は、俺が悪いとか言っていたけど、手のひらを返したように全額支払い。
    物損も市場価格をサーチして、一番高額なのを送ったらその額で支払ってくれた。

    46:名無しさん@HOME投稿日:2012/07/21(土) 22:17:16.74
    3回忌を機に吐き出し

    深夜の電話に「何時だと思ってんだ」と出たら、泣きじゃくる祖母の声
    「○(弟)が…事故…」
    最初は人身事故と聞いても、何故か弟が加害者だと思い込み、「弟は無事!?相手の方は!?」と訊くと
    「今、息子と嫁(両親)が…呼ばれて…嫁、狂ったみたい弟を呼んでて、おばあちゃん、見てられなくて…」

    とりあえずコート羽織って、夫に「弟が事故った。病院行くね」と言ったら「タクシー呼べ、俺も行く。お前まで
    事故ったらどうする」と言われ、がたがた震えながら、何か神様とかタヒんだおじいちゃんとかに祈りながら
    病院へ。
    「○の姉ですが」と受付で叫ぶと「急いで下さい!」と案内されるままに小走りでICUらしきとこに行ったら、
    父が茫然自失でへたり込んでて、母が「○、○、お母さんが呼んでるやろ、返事して、お願いやから
    返事して!」と叫んでいた。

    医師らしき人が何か言ってたけど、全く耳に入らなかった。弟は20歳。スピード出し過ぎてカーブ曲がれなかった、
    完全に自損の事故だった。

    500:名無しさんといつまでも一緒2010/06/15(火) 14:12:24
    元夫がプリと再婚して2年。
    ヤツの浮気がばれたらしく、今は2人の仲が不調。
    そんなおり、元夫が事故で半身麻痺になった。

    そんな状態で私に連絡してきて復縁希望してきた。
    どうやらプリに匙をなげられそうな感じらしい。

    知ったこっちゃないと一蹴してやりました。
    そのまま野垂れタヒんでくれてかまわない。

    604:1/42012/09/20(木) 15:55:25.80 0
    長文失礼。
    車通勤の帰宅途中でのこと。

    帰宅ラッシュで幹線道路が混雑していて
    抜け道を通ろうと小さい道から、大きめの道へ
    右折で出ようとした。

    が、タヒ角になっていたようで
    直進車がこちらへ向かってくるのが見え
    慌ててブレーキを踏んだものの、
    ガッシャーーーーン!
    相手と自分の車の前方がぶつかった。

    なにもかもスローモーションのようで、
    ブレーキが間に合わず
    車がすべっていく様がコマ送りのようだった。

    それなりに衝撃はあったが、お互いケガもなく
    事故処理のため車外へ出ると、相手の姿にびっくり。

    スキンヘッド、DT松ちゃんのような刺青柄のTシャツ、
    ニッカポッカ(幅のある長ズボン)の中年男忄生で
    「ねえちゃん、どこに目ェつけとんじゃ!」と
    怒鳴りつけられた。
    暗闇の中、ヘッドライトに照らされたその姿は
    迫力ありすぎた。

    このページのトップヘ