トメ

    771:名無しさん@HOME03/04/08 14:24
    あの〜祭りの最中ですか?
    書き込みに来たんですけど、今はやめた方がいいのかな?

    714:1/22010/07/13(火) 19:57:58
    する気もなかったのにDQ返ししちゃったらしい。
    今住んでいるマンションは私が結婚前に買ったもので、
    そこに旦那が同居しているのが気に入らないらしいトメ、
    結婚してからというもの、一度も我が家に来たことが無いのに

    「小さい汚い部屋」「豚小屋」「犬小屋」と揶揄されてきた。

    そこまでいうなら、一度見に来い!とダンナが言っても
    「アタチのかわいい息子たんがそんな小汚い家に住んでいるのは
    悲しくて情けなくて見られない!」と言って来なかった。

    さて、そんなこんなで半絶縁(冠婚葬祭はおつき合い)して4年目。幸いにも子供に恵まれた。
    さすがに孫には会いたくなったか、家に来たいと連絡があり、
    産後1ヶ月目(ガルガル期が短かった私www)ならどうぞ、と連絡した。
    当日、通したリビングに赤子抱えて行ってみると、開いた口が塞がらない状態のウトメ。
    当時の全財産投入して買った4LDK+ロフトだから、狭くはないが豪邸ではない。
    バルコニーもガーデニングしてるわけじゃなし、広めだが至ってシンプル。


    それでもなんだかカクカクした状態で赤子の顔をちょっと見ると

    518:名無しさん@HOME2009/07/16 19:25:38

    頑張ってまとめたけど、前置きが長いです。
    うちの義実家は会社経営してて小金もち。
    すっごい長男教で、次男である夫やコトメさんは「スペア」だとか「不要品」と
    言われ続けてきたらしい。
    夫とは同級生なので色々噂には聞いてはいたが、私たちの結婚の際も「あ、そ」
    みたいな感じ。見栄っ張りな為、祝い金とかはポンと寄越してくるが、本当に
    夫にはな~んも関心無いんだな、と驚いた。
    一方、能無しの上にウトの帝王学と言う名の甘やかしで育った長男は大学も
    就職も問題起こして追い出され、現在は(英語も喋れないのに)海外在住の
    ウト知人の家に「留学」させている。半引き籠もり状態らしい。
    それでも長男を諦めないウトから、先日、勤務中の夫に電話があった。
    そんな会社すぐ辞めて、うちで仕事を覚えろ。長男が帰ってくる迄はお前が
    会社を継いで、長男が立派になって帰って来たら社長にするから、手取り
    足取りフォローしろ、だって。
    夫は簡単に「んなアホな」といって電話を切り、以後無視している。
    (淡々と報告してきたけど、複雑な心境だったと思う)

    84:名無しさん@HOME2011/07/23(土) 18:45:30.21 0

    プチだけど、帰省の時期になると思い出す出来事

    結婚したばかりのころ、旦那実家に帰省すると、トメに「おかず作ってみんさい」と言われた。

    ちゃんと作れるのか、○○家の嫁としてふさわしいかチェックしてやる、みたいなニュアンスで。
    当時はイイ嫁キャンペーン中だったので、頑張っていろいろ作った。
    食卓に並んだ料理を見てトメ、「まぁ、いろいろ作ったね~」と感心して見せたあと、いきなり
    「でも、お兄ちゃん(夫のこと)はこれが好きなんよね」と言って、自分で作った料理を出してくる。
    そういうことが何回も続いた。

    しかし毎回夫は「え? 俺別にこれ好きじゃないけど?」
    「子供のころはよく食べてたけど、今は好みが変わったし。てか、大人になって美味しいものがたくさんあること知ったし」
    って感じで、トメの料理に全然手を付けない。私の料理ばかり嬉しそうに食べる。

    多分トメは、嫁の料理が並んだ所で、息子の好物を持った自分がジャーンと登場
    息子は「懐かしい、俺これが食べたかったんだよ~」と感激、凹む嫁
    というシーンを思い描いたんだろうね

    ちなみに、ウトも私の料理ばかり食べていました 

    983:1/3:2008/10/30(木) 14:59:44

    ちょっと長くなりますが、良コトメちゃんの義実家クソ婆トメにやったDQN返し。

    結婚と同時に同居、良ウトさんの前では猫をかぶり、コトメちゃんと二人きりになると
    テンプレな嫁イビリをしていた性悪トメ。
    たまりかねたコトメちゃんがICレコーダーで嫁イビリを録音、
    とりあえず別居に持ち込んだ。
    その時は良ウトさんとコトメ夫に〆られ、泣いて謝ったトメ。
    しばらく付き合いを絶っていたんだけど、コトメちゃんの妊娠をきっかけに
    義実家との付き合いが復活。
    付き合いが復活して間もなく、良ウトさんとコトメ夫がそれぞれ長期出張で
    家をあけたため、嫁イビリも再開。
    車で一時間かけてアポ梨凸は当たり前、料理にケチをつけては捨て、
    あとはお決まりの「本当にムチュコタンの子供なの?」攻撃。
    最初は、良ウトさんや夫のためにと我慢していたコトメちゃんだったが、
    妊娠報告がコトメ夫が出張してからだったせいか、
    「時期的に考えてムチュコタンの子供とは思えない!」と、糞トメの妄想炸裂。
    しまいには「旦那がいない間に出来た不倫の子はおろせ!」と言われ、
    身の危険を感じたコトメちゃんが実家にSOS。
    コトメちゃんは私の旦那の妹で、旦那実家は義兄(未婚)、旦那(現在夫婦で不妊治療中)、
    コトメちゃんの三人兄弟。
    コトメちゃん実家にとっても初孫になるので、トメから何かされる前に!と、
    皆で相談して糞トメにDQN返し決定。
    DQN返しの仕込みを色々済ませて、まずは私がコトメちゃんの家に遊びに行った。
    私がやって来てしばらくすると、トメ登場。
    私の姿を見るなり「んまー旦那が働いてるのに何やってらっしゃるの?」と嫌味モード全開。
    どうやらトメの中で「嫁の実家の嫁」ということで、目下認定された模様。

    192:名無しさん@HOME2007/10/17(水) 20:31:57

    なんか冗談みたいな展開ですが。
    何かというと「離婚よ離婚!」が口癖のトメ。

    ウトさんがトメの気に入らないことをすると「そんなんじゃ離婚よ!」
    私が何かしても「それじゃ離婚するしかないわねえ」
    それさえ言えばまわりがビビって動くマジックワードだと思ってるらしい。

    先日、用があって義実家へ行った。


    夕食は寿司を取ったのだが、食事が終わって本題の為の書類を広げるのに、
    食卓が狭かったので寿司桶を重ねて脇へ寄せた。
    「あ~ら~片付けもできないのね、出前の桶は洗ってから返すものよ。そんなことも出来ないなら離婚しかないわねえ」ほぼ予想通りのセリフだったので、にっこり笑って緑の紙を出した。

    「残念ですけど、ご本人の意思が大切ですものね。書き方も聞いてきましたから」
    鉛筆で夫欄にウトさん、妻欄にトメを下書しておいた。
    「なっこれどういう意味!」
    「だって今トメさんが片付けも出来ないなら離婚っておっしゃったから…
    そりゃあその家の主婦が片付けも出来ないのはどうかと思いますけど、
    そんなに自分を責めなくていいと思うんですよ?

    でも、前からよくおっしゃってるし決意固いのかと思うんです」
    「まさか息子とはいえうまくいってる他人夫婦に離婚奨めるような非常識な方はいないでしょうから、
    ああこれはトメさん思いつめてるなと前からお気の毒だったんですよ」
    もっとイヤミ言おうと思ってたんだが、ふと見たらウトさん、自分の欄記入してたw
    書きながら、ウト「毎日言われてるもんなあ俺…退職して家にいるようになったからトメも疲れるんだろう?
    お互いのペースが違うからなあ。
    一度別居して、外でデートするところからお互いもう一度やり直すのもいいな。

    トメがいなくなったら家事の辛さや有り難さも俺にもわかるだろうし、
    トメも一人で暮らしたら俺を懐かしく思ってくれるだろう。
    そうしてデート重ねて、俺、もう一度トメにプロポーズするよ。
    息子も一人立ちしたんだ、親じゃなく男女としてもう一度やり直そう」
    聞いてて私もウルっときたけど、トメ号泣。

    結局離婚届は使わず、ウトメは人もうらやむラブラブっぷりになり、
    トメはウトとのデートに忙しく、ウザさはすっかりなくなりましたとさ。

    717:名無しさん@HOME2010/09/18(土) 09:48:46
    自分の話じゃなくてゴメンだけど、
    近所の家の嫁さん、DQ返し続けて十数年だ
    そこんちのオバサン(トメ)、元々近所でも評判の性悪だった。
    一人息子が結婚する時も、さんざん酷いことして反対したあげく
    騙し打ちのように同居に持ち込んで

    「結婚させてあげるんだから、家事をして尽くしなさい」とか言ったらしい

    でも、大人しいと高をくくった嫁さん、実は強かった。

    家の中で、トメのことを完全スルー。
    トメの分だけ掃除洗濯をしないのはもちろんのこと存在自体がないものとして扱うという、徹底したスルー。
    トメがまとわりついてギャンギャンわめいても、聞こえない、見えない。
    夫も、やがて生まれた二人の子供もいつしかそれに倣い、トメは家庭内で透明人間になった。
    じわじわと追い詰められ、今は2階の1室でコソコソ暮らしている。

    たまに近所で嫁の悪口言いまくってるけど
    嫁さん、トメ以外の人に対してはとても感じがいい明るい人なので
    「あんないい人にそこまでされるのは、よほど酷いことをしたんでしょ」と陰口言われるだけ。

    23:名無しさん@HOME2012/04/04(水) 11:44:19.04 P
    夫と喧嘩をした。原因はトメ。
    車で1時間半ほどの距離に一人暮らししているトメは。
    毎月1泊2日の日程で、私たちが休みの週末に泊まりにいているのだが、
    今月は平日に泊まりたい、二人の留守中に行くから
    先に合鍵を送れと言ってきたらしい。
    留守中によその人が家に入り込むのは好きじゃないからやめてほしいと言ったら
    夫は「よその人じゃない、親だろう。俺は平気だから鍵は送る」と言って平行線。
    俺の親を嫌ってるのか?母さんだってたまにはこの家でゆっくりしたいんだから、わかってやれ。
    だってさ。

    でもトメの魂胆はわかってる。
    私は、祖母と母が茶道を教えていた関係で、着物をたくさん持っている。
    特に祖母は普段から着物で、いいものを着てるのをトメが見て
    私が持ってる着物を見せろと言われ、見せたことがある。
    「あら、これはコトメ1号ちゃんに似合いそう、これはコトメ2号ちゃんに似合いそう
    これは帯を変えれば私でも着られそう」
    と品定めされた。
    おまけに、来月はコトメ1号が同僚の結婚式に呼ばれてると言っていたし
    コトメ2号は花嫁修業(予定はないけど)で茶道を始めたらしい。
    私がいないときに来て家探しする気満々なのは、火を見るより明らか。

    夫とギクシャクしても訪問を断るか、着物を実家に避難させて訪問を許すか、思案中。

    【前編】1ヶ月の海外出張から帰ってきたら、トメが我が家に住みついてた!→旦那「父さんと離婚して寂しいって泣いてるのほっとけないよ」 私「はぁ?」→修羅場に…
    15: 580 ◆/U8QPQcQv2 2007/03/28(水) 00:38:01
    旦那と再び話し合いしました 
    私「なんで私がこんなに怒ってるかわかってる?」 
    旦那「俺が勝手な事したから」 
    私「じゃあどうすればいいかわかる?」 
    旦那「これから勝手な事はしない」 
    私「一生それができる?義理とはいえ親だから、何かあったら助けようとは思ってたけど 
    こんなやり方されたら、トメの事今後助けようとか思えない」 
    旦那「でももっと年取ったらさあ…」 
    私「常識のない人と仲良くはなれないし、一緒に住むなんて絶対できない」 
    旦那「気は強いけど、良いところもあるし、今すぐじゃないから…子供俺だけだし」 
    私「私も一人娘だけど?」 
    旦那「とにかくなんでもするから離婚はやだよ」 

    ↑こんな感じで話はまた始めに戻る 
    勝手な事をしたことに対して怒ってるだけで、内容は関係ないと思ってる旦那orz 

    他にも色々はなしたけど、トメの面倒は最終的には自分がみなきゃと思ってます 
    気持ちはわからなくはないけど、あのトメと一緒に暮らすのは私には有り得ない 
    緑の紙決定です。 

    中学から寮暮らしで離れて暮らしてるからって、トメの性.格わからなさすぎ 
    とりあえず弁護士探します

    580: 名無しさん@HOME 2007/03/27(火) 12:56:55
    私が1ヶ月の海外出張から帰ってきたら、なんとトメが我が家にいた! 
    ただ遊びにじゃなく、2週間前から住んでるらしい 
    旦那に速攻で電話したら 
    「父さんがいなくなって寂しいって泣いてるのほっとけないよ」 

    はあ?ウトがいなくなったのは、トメに愛想つきて定年した当日に離婚届け突きつけられて出て行かれたんだろうが! 
    出張中に電話やメールで変わりないか?って聞いたら 
    変わりないって言っただろうが! 
    トメが引っ越して来たなんて、大きな変化だろうだボケ! 
    私の仕事部屋を勝手にトメ部屋にするな! 
    って言ったら 

    「60過ぎて一人暮らしは可哀想だって思わないの?冷たいな」 
    の返答 
    私の母は62で一人暮らしですが? 


    あのトメを可哀想だと思える人がいるなら見てみたい。

    このページのトップヘ