鬼女タウン

当サイトでは、2chの生活系のスレッドをまとめています。 主に鬼女、キチママ、修羅場系、に関するものです。

    イジメ

    939:名無しさん@おーぷん2015/06/11(木)09:27:15ID:w6m
    サークル内でえげつない弄り、ドン引き物の陰口ばっかりやられててついに精神が限界を迎えた
    部室のドアに貼ってあった看板を破壊して大号泣、今までの恨みつらみを一人一人にぶつけて退部
    オンオフどちらにも会話する人すら居なかったし唯一の親友ともこれで縁が切れてしまい、完全な孤独となった。ここまでが前提

    数年後、その号泣してる様子がサークル内で「ブスの大暴れイベント」という名で鉄板の物マネギャグとして広まり今の世代もやってる大はやりギャグになってると知り
    屈辱とショックで大学のど真ん中で滝の様に嘔吐
    人参やニラが目の前でどぼどぼどぼ~っと流れる光景を見てまた屈辱的になりその場で失神
    救急車を呼ばれた

    車内で目を覚まし救急隊が周囲をうろうろしてる様子を見て「あ!こいつら私を取り囲んでまた虐めるんだ…!」て思いに捕われ急に怒りが爆発。錯乱
    その場にあった物を手当たりしだいに掴んで杀殳そうとしたのを数人がかりで押さえつけられて結束バンドを巻かれた
    「はなせえーはなせえー」と叫んでいるうちに酸欠になってまた失神。脱糞
    以降数日記憶が飛んでいる。一瞬正気に戻っては錯乱を繰り返していた

    871: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/06/24(月) 09:52:20.12 ID:VBUeUTaK0
    高校時代いじめに遭ってた 
    自分的にはちょっと過激なコミュニケーションだろうと思ってたが、進学先で思い出話として語ったら聞いてたゼミの教授まで真剣な顔で慰謝料を取れるレベルだとか言われてようやく自覚したのは我ながら間抜けだったと思う 
    ちょっと青あざになるほど殴られたとかプール授業で溺れさせられて救急車に乗ったとか笑って言えた自分のバカっぷりが恐ろしい 
    大学卒業後地元に戻って働いてたら、いじめの首謀者だった奴の親と名のる方から電話があり 
    「息子が事故で記憶喪失になった、高校の頃まではぼんやりと思い出せるのでその頃の知人に思い出を語ってもらえれば記憶が鮮明になるかもしれないので会ってやってくれないか」との事 
    正直新人でてんてこ舞いしてるしそいつのためとか冗談じゃないとか思ったが、そこで復讐のチャンスだ!とか思いなおして快諾

    当日病室で親御さんに「何を言われても絶対に止めない、ただし俺は暴力を振るわない(振るったら即通報可)」で念書を書かせた 
    いぶかる相手を「社会人になったんで、一筆貰うとか憧れてたんですよ(笑)」とか満面の笑みで押し切った 
    で、こちらがわからない首謀者に向かって延々といじめをされたことへの恨みつらみを明るい口調で語り続けた 
    本人は俺を階段から突き落として今も片足に障害が残ってる話がいたく琴線に触れたようで、懸命に親に救いを求める視線を投げるがこちらはにっこり笑って話継続 
    親御さんも度々止めかけるが、念書をピラピラ振って黙らせた 
    会話の感触からして途中から記憶が戻った(もしくは記憶喪失自体が軽度か詐病)ようだったが、


    延々と続く過去の悪行暴露(こちらが被害意識がなかったから親も学校も知らなかった筈) 
    あとで知ったが思い出話の語り合いに応じたのは俺だけという自身のぼっちぶり 
    そして親バレ世間バレした悪行の数々から逃げるように、そのままノイローゼか何かを発症して今も病院にいる 
    親御さんもいたたまれなくなってか地元から逃走 

    結局慰謝料は勿論のこと(これは面会の後で言われたが面倒なので拒否した)その日休んだ分の補償や交通費ももらえなかった(こっちは欲しかったw)けど俺的には長い便秘のクソが出たかのようにスッキリした話 
    乱文失礼しました

    366: 本当にあった怖い名無し 2012/05/23(水) 19:50:03.00 ID:AYiY9dsJ0
    昔いじめを受けた 
    私の名前を騙ってクラスの男子に告白 
    汚いと避けられる 
    先生に相談すると「やられたらやりかえせよーw」と言われ 
    「俺はそんな噂しらねえよ?それ本当の話か?」と言われた 
    そうか、やりかえしていいのか・・・と思い、その通りにやり返した 
    同じ部活だった主犯に「お前の一緒にいるあいつ、お前の事嫌いって言ってたよ」 
    と言ってみると、みるみる顔が青ざめて、とたんに元気がなくなったいった。 
    私に散々陰湿な嫌がらせしといて一言で折れるのかと思い、私は強くなったような気がした 
    手下の奴が、笑えるくらいにすんなり主犯を裏切って、私に寝返ってきた 
    「あいつハブこうよーw」「○○があんたの悪口言ってたよー」とか言うので 
    「電話で私のフリして告ったよね?同じことしてあげるね?」と言ったら泣き出したw 
    そのうち、主犯は部活を辞めたそしたら、私にいじめられたと親と学校に言いに来たらしい 
    「お前にことチクッたからw」と言われたので、担任に「どういうことですか?」 
    と聞くと「そんな事実ない」と嘘をつかれた。

    297:苛められっこ2006/09/03(日) 16:02:43 ID:duqD6ScY
    高校二年生の頃、俺は苛められていた。誰に、と言うわけではなく、「クラス全体」からのいじめだ。
    時には、クラス全員から無視され、時には、○○(俺の名前)病やー!とか言われ、俺にちょっとでも触れた奴が騒ぎ出す。
    鬼ごっこならぬ○○病ごっこの始まりである。
    教師も、表面上は心配していたが、裏ではめんどうな問題の一つとしてしか見ていなかったと思う。

    そして最悪だったのは、弁当を鞄から取られた事だ。昼休み、俺は自分の弁当を食べようと、かばんをあさった。
    しかし弁当の感触は無く、教科書の感触だけが俺の手を伝わった
    無い。無い。俺の弁当が無い。

    首をかしげながら、ふと回りに目をやるとこちらを見て、数人の男子が笑っている。(教師も手を焼くDQN軍団) 
    「おい○○!お前の弁当落ちてるぞ!」 
    嫌な予感がした。 
    俺はビクつきながらもDQN達の居る所へと歩いていく。俺の弁当は確かにそこにあった。 
    「見つけてやったんだからさ。1割だよな」 
    「5000円くらいじゃね?」 

    げらげらと下品な笑いを浮かべるDQNたち 
    ゴミ箱の中に捨てられた弁当の中身を見ながら俺は震えだした。今まで、どんな苛めも耐えぬいてきた。 
    しかしこの弁当は、母が作ってくれたものである。 
    朝から晩まで働いている母が、眠い目を擦りながら作った俺の大好きなお弁当。 
    俺は感じたことの無い感情に見舞われた。こういうのを切れると言うのだろうなと思いながら 
    俺は椅子を持ち上げていた。 

    325: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/11/25(金) 14:16:42.59 ID:CF0iKStL
    かなり昔の話ですが…。 
    とある専門誌系メインの編集プロダクションにて。 

    私「あれ?そういえば今日Mさん来ませんね」 
    先輩Sさん「Mなら辞めたよ」 
    私「え?辞めたんですか?知りませんでした。 
    私にいろんな仕事を振ってくれるいい先輩だったのに」
    先輩Sさん「は?お前いじめられてたんだぜ?」 
    私「ええ? 私、いじめられてたんですか?」 
    先輩Sさん「自覚ないの?土日も仕事押しつけられてたのに? 
    ここの全員が知ってるよ。でも、下手に庇うと余計悪い方向 
    に行くんじゃないかってことで、みんなで様子観てたんだよ」 
    私「そのおかげでいろんな仕事を高速で覚えられましたよ」 
    先輩Sさん「でもお前のアイデア、ほとんどあいつにパクられてただろ」 
    私「それはMさんが気に入って採用してくれた、と単純に喜んでました」 
    先輩Sさん「お前バカじゃね?手柄横取りされてたんだぜ?」 
    私「でも会社名義の仕事だから、出版社や読者からすれば誰のアイデア 
    かなんてどうでもいいですよね。面白ければ。 
    それより、なんで急に辞めちゃったんでしょう?」 
    先輩Sさん「出版社から、Mの原稿はつまらないから全部お前に書かせろ 
    って指令が下ってて、Mは仕事が減って居づらくなって、ここの男全員 
    に好きでしたとかなんとか言って関係を迫ってたんだ」 
    私「えええ?社長は?」 
    先輩Sさん「とにかく全員。男だけで飲みに行ったとき発覚した。 
    それを社長が問い詰めたら辞めたんだ。自分から辞めてくれてよかったよ。 
    そのぶんお前が大変になるけど、まあ、頑張れ」 

    まったく何の自覚もなく、糞女の仕事をほぼ全部取り上げて追い詰めて辞めさせた、という話でした。

    582: 可愛い奥様@無断転載は禁止 2016/05/16(月) 12:09:54.62 ID:nJ4+Bbj30
    上手く伝わるといいんだけど文才無い、ごめん、長い 

    私は某専門職に就くための国家資格が取れる大学の学部に通っていた。少人数の学科なので上下との繋がりは濃いめ。 
    そこでサークル内の先輩A男にイジメ(毎日何件もタヒねってメールしてくる、私の事を気に入っていたドン的な先輩に私を取り巻きと一緒にベロベロに酔わせて献上など)にあい、精神疾患発症、退学。 

    時は流れ私も何とか精神疾患を克服、結婚。そして学科繋がりの親友B子が結婚することに。しかしB子の新郎友人にA男がいる、無理して来なくても大丈夫だからと。私はあえて出席。

    140: 名無しさん@おーぷん 2015/09/19(土)05:00:41 ID:H20
    新卒で入社した会社で、先輩女子社員に酷い目に遭わされた。
    その先輩女忄生社員Kさんは、私の3歳上。女優の南果歩に似たシジミ目。
    とにかく仕事をしない人で、協同でするはずの作業も八割以上は私に投げっぱなし。
    あまりのハードワークに先輩社員に相談したら、創業者一族の遠戚(コネ)だから、我慢するしかないと諭され…
    就職して二年半で胃に穴が空き、腹膜炎を起こしかけて電車で倒れて救急車搬送→緊急手術→入院。
    自宅療養中にパニック障害その他諸々の症状が出たので退職した。

    うちは、祖父と兄が不動産屋を経営し、
    父と姉が不動産管理会社をやっている。
    私は、管理会社の方で働かせてもらうことにした。
    その後、中学の同級生と26歳で結婚。子供も2人産まれて、忙しいが平和な日々だったのだが……

    私が30代なかばになった頃、祖父の不動産会社が管理するマンションに新規入居者が入ってきた。
    あのKさんと旦那さんだった。

    私が朝、共同集積所からマンションの前にゴミをえっちらおっちら運んでると、後ろから声。
    「あら! 私さんじゃないの! あら、どうしたの?」
    Kさんは、意地悪な笑みをニヤァーッと。
    私が作業着を着て、ゴミを通りまで運んでるのを見て、嬉しそうに
    「あらあら、お仕事中なの? ご苦労様ね。うちのゴミもお願いね。がんばってー」
    二十代の頃の私だったら、その場で固まっていたか、うろたえていたかもしれない。
    しかし、私も子供を二人産んで、強くなっていた。
    「おはようございまーす! このマンションに引っ越してらしたんですねー!」
    会社勤めだった時と大違いの、私の大声にKさんは驚いていたようだった。

    345: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 13:01:54.87 ID:U14Pi0/S0.net
    小中学校のとき私の出っ歯が理由でイジメられてた。 
    顔をイジられるだけじゃなく、トイレで床に顔を押し付けられたり、物を捨てられたりもした。 

    高校は他県に2時間かけて知り合いのいない学校に通い、
    幸い進学校で良くも悪くもみんな他人に興味がなく
    自分の勉強が優先でいじめられることもなく 
    歯科大に入り6年かかったけど歯科矯正で出っ歯も治して
    普通の生活を送ることができた。 

    そのまま隣の県に歯科医師として就職していたある日、
    転倒して前歯を4本折ってしまったと言う女の人が来院した。 
    あのイジめっ子のリーダーだった。 

    私はマスクとゴーグルをしてたので相手は私と気付かず
    泣きながら「前歯治りますか?まだ2◯歳なのに前歯ないとか考えられない!
    明日から仕事行けない!どうしよう!」と訴えてた。 

    正直ざまーみろとしか思わなかった。 

    心の中であの時あいつに言われた
    「奇形歯かわいそう~、そんな恥ずかしい歯でよく生きていけるね」
    「顔が犯罪、前歯が凶器だから近寄らないで」って言葉を投げかけました。

    139 :名無しさん@HOME 2014/03/16(日) 08:17:23 0
    フェイクありなのでつじつまが合わないところがあってもご勘弁。 

    突然、中高の友人(Hとする)から訴状が届いた。訴えられたの私と夫、A(男) 
    B(女)。いずれも同じ学校、クラスの生徒、共通しているのはクラス委員を務めた人たち。 
    私と夫は同級生でその後結婚した。 

    私たちは中高大一貫の学校の卒業生、大学は内部進学する子もいるけど大半はヨソの大学に行く。 
    Hは中学のとき同じクラスになった。私たちはその時1年間のクラス委員。 
    この友人Hはうそつきで、ちょっとのことでも騒ぎ立て、クレーマーで、クラスの鼻つまみ者だった。 
    しかし、ちょっと避けることはあっても、イジメたり、のけ者にしたことはけっしてなく、挨拶もするし 
    普通の会話も、連絡事項もちゃんとした。しかし、Hには親しい友人という存在はなかった。 

    長いのでいったん切ります。

    270 :名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月) 13:11:24 ID:OlM
    フィクションなんだけどさ。

    中学のときいじめられてた。
    ある日、晩ご飯の後自室にいたらいじめの首謀者♀から携帯に着信があった。
    出たけどはあはあいう息遣いと小さい悲鳴みたいなのが聞こえるだけで
    こちらの問いかけにも何も答えないので「なんだよこいつ、ラリって盛ってんのか」って呆れてた。

    しばらくして男の声で「○○(首謀者の名前)の友達?」って聞かれた。
    思わず「違うよ」って答えたら、ちょっと笑ってから「○○にひどいことしてもいい?」って聞かれたので
    「別にいいよ」って思い切って返した。
    そしたらそこでちょっと声が遠くなって、がたがたいう音が聞こえてから通話が切れた。

    翌日から首謀者♀が学校に来なくなってちょっとした騒ぎになった。
    しばらくして遺体が発見されたとかで、携帯の通話履歴云々で警察が話を聞きに来た。
    最後に電話した相手が私だったみたいなんだけど、「何か変わったことなかった?」って聞かれたから
    「○○さん何もしゃべってませんでした」って返した。
    男のことは黙ってただけで、嘘はついてない。
    犯人が捕まったかどうかは知らない。
    でも時効が成立して何年もたってるので、今更ね・・・って思う。

    このページのトップヘ