いびり

    498 :鬼女タウン 2016/01/21(木) 13:19:20 ID:drp
    お正月、彼氏の実家に挨拶に行った時のことでモヤモヤしています
    よろしくお願いします

    前提
    彼氏は両親と弟を中学の頃失っており、母方の実家で育った後18で就職し、その際に父方の祖父母と養子縁組しています
    彼氏と祖父母は戸籍上親子ですが距離は近くありません

    私も彼氏も学生の頃、お付き合いをする前、私が彼氏をかばって大怪我を負いました
    怪我を負わせた相手に責任能力がないことで、花火を押し当てられた左目の下からこめかみ、左腕に大きく火傷の痕が残りました
    5回の手術で皮膚が引っ張られて目が釣り上がる状態は改善されましたが、肌が泡立ったような見た目の治療(火傷痕にきくジェルシート?)が自費になるらしくできていません
    彼氏が悪いわけではないのですが、彼氏は責任を感じて一生かけて償うと言っています

    前提が長くなりました
    このような経緯で私は傷物の地雷物件です
    彼氏はそんな私を一生面倒を見てくれると言ってくれて、お付き合いをはじめ、この度結婚の話が出ました
    私の両親はこの傷が原因で私が苦労をしたことを知っているので、中堅の企業に就職し、懸命に働く彼氏との結婚を歓迎してくれました

    そこで彼氏の実家に挨拶に行きました
    彼氏も祖父母とはそこまで親しくないので、私が見ているだけでも余所余所しい感じがありました
    結婚後は彼氏が私の姓を名乗ると説明し、俺の代わりに傷を負ったくれたことを一生かけて返していきたいと祖父母に頭を下げました
    私も挨拶を済ませ頭を下げましたが、彼氏の祖母から「あなたは非常識なことをしてるのよ」と言われました
    挨拶の仕方が悪いのかと思っていると、女は夫に尽くすべきで、一生かけて尽くさなければならないのはあなたなのよと言われました
    その後祖父母と同居しているという彼氏の従兄弟とその奥さんと子供(4歳)を同席させ、私と彼氏は従兄弟たちに頭を下げさせられました
    挨拶が終わった後、居間で横になってゴロゴロする従兄弟たちに変わり、私は子守を言い渡され、子供が遊び疲れると食事の手伝いをさせられ、
    私が子供に食事をとらせ、私は一番最後の食事で、終わったら片付けは一人でやらされました
    彼氏は手伝おうとすると、祖父母から何もするな、座ってなさいと棒で叩かれ、手出ししないことを強要されていましたので、私がじっとしておいてとお願いしました
    その日は泊まっていく予定でしたが、彼氏がタクシーを呼んでくれて、ネカフェかどこかで過ごそうと夕飯の支度が始まる前に連れ出してくれました
    実家をあとにするとき、祖父母から私だけ呼び出され、「あなたはドロボウだからね、それをよく覚えておいて」と言われました

    この一連の出来事が忘れられません
    彼氏は特に祖父母と関係があるわけではなく、実家に帰るのも両親の墓参りと法事の時だけです
    彼氏にとっても殆ど他人と変わらない人たちのこと、この気持ちを話したとしても彼氏の罪悪感を引き立てるだけでしょう
    実家と絶縁させてしまえば、彼氏はお仏壇に手を合わせることもできなくなってしまいます
    それを理解したうえでモヤモヤしてしまいます
    こういった気持ちは時間がたてば消えるものなんでしょうか?
    吐き出せるところがなくて溜め込んでいたら、時間が経てば経つほどモヤモヤが黒く重くなってきた気がして参っています

    790 :鬼女タウン 2018/03/31(土) 17:19:27 ID:6rj
    自分が新卒で最初に入った職場の人間関係が最悪だった
    ピリピリしてる人が多くて常に周りの人間に粗探しをしてマウンティングしあってばかり
    自分の得意分野では「お前らなんでこの程度のことも知らねーんだよ!」
    「この分野の仕事は俺がいないと回らない。お前ら俺に感謝しろよ無能ども!」って感じでマウントを取り合い
    自分が詳しくない分野の話になると「俺はこっちの技術専門なんだから知らないのは当然だろ!」とふて腐れる
    そういう人が何人もいた

    そして先輩たちは新人が入るととにかくいびりまくる
    「お前の給料だと時給換算だと○○円くらいか。お前は今日はお勉強ばかりで何も仕事ができなかったから
     会社は○○円の損害を出したってことだな
     あーあ、その分を俺が稼いでやらないといけないのか。お前、自分が寄生虫だって自覚しとけよ」
    「君、確か××大学出身だったよね。なのにそんなことも知らないのか。××大学ってレベル低いんだね(笑)」
    みたいな感じ

    直属の上司もしょっちゅうヒステリーを起こしてた
    この人部下から挨拶されても返事をしない(かすかに体がぴくっとする程度の反応があるくらい)
    なので挨拶をしても聞こえてるのか聞こえてないのかよく分からない
    しかしもしも聞こえて無かったら「ちょっと!今日私に挨拶しなかったでしょ!」とヒステリーを起こす
    聞こえてなかったかなと思って挨拶をし直すと「聞こえてるわよ!バカにしてるの!?」とやっぱりヒステリーを起こし
    大き目の声で挨拶をすると「うるさい!」とヒスる
    なので適度な声で挨拶し、挨拶が聞こえてたときのごくわずかな反応を見逃さないようにしないといけなかった
    しかも機嫌が悪い時はそばを通る時に足音が鳴ると「うるさい!社内で足音を立てるな!静かに歩け!」と怒り
    なるべく静かに歩くと「忍び足で歩くな!痴漢か!気持ち悪い!」と怒る
    支離滅裂だった

    そういうヒステリーやマウンティングしない人もいたけど、そういう人たちはゾンビみたいなタヒんだ目で黙々と仕事してる感じ
    (俺もそのゾンビタイプの1人だった)

    離職率が高くて俺の一年上と二年上はみんな一年持たず辞めていったそうだった
    そして俺の次の年に入ってきた新人は朗らかで温厚な子で俺ともすぐ仲が良くなって、なるべく俺はその子をかばってたんだけど
    半年くらいで「先輩ごめんなさい!俺もう耐えられないです!」と泣きながら俺に電話してきてそのまま会社に来なくなって辞職
    その次の年に入ってきた子はきの強い子だったけど「ざっけんな!」とブチ切れて一年もたずに辞職
    そんな状態でも社長は「うちは技術が高くてレベルが高い。なので優れた資質のあるやつでないと定着できない」と自慢げ
    比較的まともな会社幹部の1人が「うちはもうだめだ……」とため息を付いたりしてた

    ここまで書くとこの会社がとんでもないブラックっぽく見えるかもしれないけど意外にも業務自体はホワイト
    ほぼ毎日7時か8時には帰れる
    (残業すると「残業しないと仕事をこなせないノロマ!」「会社の光熱費に負担をかける寄生虫!」とむちゃくちゃ説教される)
    土日出社や長時間残業は繁忙期以外はないし、繁忙期も年度末のごく短期間
    給料は正直低いけど各種手当やボーナスもちゃんと出る
    人間関係だけが最悪なところだった

    このページのトップヘ