いい話

    271:おさかなくわえた名無しさん04/05/16 00:30 ID:2P3FmGbS
    一人暮らしと同時に飼い始めたうさぎが8歳でお星様に。
    翌日、三人しかいない小さな事務所で無愛想かつ厳しいとっつきにくい上司と
    おばさんパートに囲まれて仕事をしていたが不意に涙が出てきて何度もトイレに。
    昼休みにお弁当を食べながらパートさんにウサギの話をして慰めてもらったけど
    上司は「だったらぬいぐるみでも買え」と一言。
    しかもその日は上司に急がなくてもいい書類に残業を命じられ一人事務所でPCに向かってた。
    上司もさっさと帰ってしまい遠慮なく涙をこぼしながら仕事をしていたら一通のメールが。
    サブジェクトは「いままでありがとう」。
    本文は「○○(私)ちゃん/○○ちゃんと会えて/とっても、とっても幸せだったよ。
    一緒にいれてほんとうに幸せだった。/ありがとう。/ぜったいにまたいつか会えるよね。
    いつも近くにいるよ。/だから元気だしてね。だいすきだよ。」(/は改行)
    そして最後にペイントで描いたらしき下手くそなうさぎの絵が。
    送り主は上司のノートパソコンのアドレスでした。

    次の日からも上司は何も変わらず無愛想で厳しかったけど
    そのメールは綺麗な紙にプリントアウトして自宅に飾ってあります。
    でも本当、絵が下手ですね、××(上司)さん(笑)


           女の子, ティーンエイ ジャー, 人間, 女性, ウィンドウ, 入射光の, 投獄

    76 :名無しさん@おーぷん2014/07/28(月) 08:27:26ID:1D9M68xb5
    私の人生最大の修羅場は、小児がんでタヒんだと毒親に言われていた15年上の兄が生きていて、毒親に虐待されていた自分を引き取ってくれたこと。


           顔, 女性, マスク, 手, ストレス, 頭痛, 自己, 非表示, シルエット

    83 :1/22012/08/15(水) 20:34:16P
    ふと思い出した、子供の頃の修羅場。長杉と怒られたので分割。

    小学3年生の頃、ある朝起きたらなんとなく息苦しさがあった。
    親に話したら、「熱もないし、とりあえず学校行ってみようか。もしもっと具合悪くなっちゃったら先生に言って
    保健室で休ませてもらうか帰らせてもらうかしてね。連絡くれれば迎えに行くから」と言われたのでそのまま学校へ。
    登校中、どんどん息苦しさが激しくなってきて、学校に着いた頃には喉の奥から変な音がしてきた。
    更には胸の真ん中あたりに激痛が走り、声を出すのすらかなりの苦痛になってきて、すぐ保健室に行ったけど
    熱がまったくなかったからと休ませてもらえず、担任に相談しても仮病扱いされた。
    担任に無理矢理腕引っ張られて席に着かされたけど、クラスメイトの目から見ても明らかに顔色も呼吸音もやばかったらしく
    「せんせー、〇〇さん(私)が具合悪そうです!」「保健室連れてっていいですか?」と口々に言ってくれてたのに、担任は
    「どうせ仮病だからほっとけ!」「そんなに授業が嫌なのか!」と怒って、ビンタかまして(私にです)そのまま授業続行しようとした。

    そうしてる間に、うちのクラスが騒がしいからと様子を見に来てくれた教頭先生が、私を見てものすごく驚いたようで
    「どうしたの、顔色悪いよ!具合悪いの?××先生(担任)、なんでこの子保健室に連れて行かないんですか!」と言ってくれたけど
    担任は「授業が嫌だからって仮病使ってるんです!放っておいてください!」と頑な。
    教頭先生は激怒して「仮病でこんな顔色できるわけないでしょうが!」と担任を怒鳴りつけ、私に向き直ってから
    「大丈夫?歩ける?一緒に保健室行こうね」と優しく言ってくれて、保健室に連れていってくれたものの、やはり熱がないからと養護教諭まで仮病扱い。
    教頭先生また激怒、その足でまっすぐ駐車場に行って、私を車に乗せてすぐ近くにある学校医がやってる病院まで送ってくれた。
    が、そこでも「全然なんともないですよ。仮病じゃないですか?これぐらいの子供にはよくありますからね~」と。
    「もういいです!別の病院に行きますから!」と教頭先生またまた激怒して別の病院に連れて行ってくれた。


          母, 息子, 赤ちゃん, ビーチ, 日没, 再生, 幸せ, 一緒に, シルエット

    227 :名無しさん@おーぷん2017/10/14(土) 13:24:52ID:???
    趣味で使う道具をネットで買ったら、付いてた説明書が英語でない謎言語で、
    大学生の息子が帰省した時に見て貰ったら、ドイツ語だとかで翻訳してくれた
    「助かったわーあんたすごいわねーお母さん何語かもわかんなかったわ」とか言ったら、
    真顔で「二人がお金出して学校で勉強してるんだから、俺の知識はお父さんお母さんの知識だよ」と言われ、
    何か急に息子が大きくなったなーって思えたわ

    このページのトップヘ