鬼女タウン

当サイトでは、2chの生活系のスレッドをまとめています。 主に鬼女、キチママ、修羅場系、に関するものです。

    不思議な話

    304 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/12/26(水) 00:22:04 ID:jiID3A0S0
    母がもうそろそろ最期だなって時に、病室に私しかいなかった。
    ここはいっちょ息のあるうちに写真でも撮っておくべきか…と思って、目を見開きただ息をしているだけになってしまっていた母にカメラを向けた。
    iPhoneでシャッター切ったら自動モード設定になっていて意図せずフラッシュが光ってしまった。
    ピクリとも動かなくなって反応のなかったのが、その瞬間「ビクッ!」とした。
    「あぁっ!ごめんごめん!今のナシ!」つって、もっかい撮って、数分後にふと見たら、スーッと目を閉じ息をしなくなった。
    父はタヒに目に間に合わなかった。泣いてた。
    苦しまなかったよ、と今際の際の写真を見せたら喜んで、メールで送ってやったのを大事そうにしている。

    タヒぬのを待つばかりな感じだったしもう虫の息だったので、看護師さん達もナースコール押しただけでわかった顔して来てくれたし、あの時が自然な最期だったはず。
    でも、私がタヒ期を一寸早めたのではなかろうか…とずっと思っている。
    なんか、三途の川の光が見えた!って間違って逝っちゃったのかなぁ…とか。
    このフラッシュ事件は、夫にも親兄弟にも誰にも言えないままで墓まで持って行く。

    936 :名無しさん@どーでもいいことだが。 2004/08/22(日) 01:00:00 ID:UiayTOvg
    上のフラッシュで思い出したから、書き殴らせてくれ。

    数年前、うちの猫が亡くなったんだ。老衰。16歳。爺ちゃん猫。
    そいつ、真っ黒なくせに、手足の先っぽだけ白い、言う所の、「足袋猫」だった訳だ。
    そいつが亡くなったとき、心底泣きに泣いて、仕事も何も手につかなかったんだよ、
    葬式も挙げたけど、心の中で告別できないでさ。恋人を引き摺るみたいにずっと引き摺ってたんだよ。

    で。亡くなった次の寒い冬の真夜中だったんだよ。自分、血圧が激低くて、寝てそのまま一度も夜には起きないんだよ。

    一つの場合を除いて。

    猫が腹に足で乗ると、流石に「重いよコラ。」って感じで意識だけは戻るんだ。降りたのを確認するとまた寝るけどな。

    とりあえず、寒い冬の夜。羽毛布団フル装備、完全防御体制で寝てたんだけど、俺は目を覚ました訳。
    でも、当然超寝ぼけてるんだ。状況の確認なんざ出来ないけど、いつもの様に対応したんだよ。

    「重いよ。○○。(猫の名前)」『……。』「降りなさい。」『にゃあ。』「…ん。よし。…いってらっしゃい。」『にゃあ。』

    これだけ。たった之だけ。覚えてるのはこの会話と、腹に刺さる重みと、夜闇の中の白い足だけ。

    次の日に思い出して、泣いた。自分の不甲斐なさとかも来てね。絶対アイツはい俺に渇を入れに来たんだ。って。
    タヒんだ猫にまで心配されて来る飼い主何ざ、情けないでしょ?とりあえずお前ら。

    自分の飼い猫には気をつけなさいってこった。

    629 :スカッとする修羅場まとめ 2014/01/19(日) 06:11:36 ID:9V8NOzA30
    私の従姉妹
    姉妹揃って美人というか華やかで可愛い
    忄生.格も悪くないし料理出来たり女子力も高い
    女の子の友達も多いし、私から見てても羨ましいぐらい趣味とか
    楽しんでいるしさぞ幸せなんだろうなあと思ってた

    それが、結婚適齢期が来ても二人共結婚どころか彼氏がいない
    言い寄って来る人はいるものの、上手くいきかけても何故かスーっと
    上手くいかなくなるらしい
    相手が急に寝取られる、相手が激務で欝になったりで恋愛どころじゃなくなる、
    実は婚約者がいた、同僚にそそのかされてそっちと付き合った
    ガツガツしてなくて高嶺の花的なところもあるんだろうけど、たまに自分から
    動いて頑張っても好きな人とは上手くいかなくなるんだって
    結局いいように利用されたりするだけで
    相手の写真とか見せてもらっても全くイケメンでは無い部類(ごめんなさい)

    よく考えたらこの姉妹の父親が仕事で地位のある人だけど若い頃から女遊びが激しい人で、
    浮気繰り返したり今も続行中
    姉妹に非は無くてもこういうのも因果応報になるのかしら

    885 :スカッとする修羅場まとめ 2017/04/04(火) 16:55:09 ID:mIf
    最近すごい悩んでること
    私はオフィス街にある定食屋で働いている
    その定食屋にランチの時間にほぼ毎日来てくれているおじさんがいる
    おじさんはいつも笑顔で気持ちのいい食べ方をしている素敵なお客さんで、毎日ハンバーグランチを頼む
    でも、毎日ハンバーグだけをきれいに残す
    付け合せの野菜とサラダとライスだけをとても美味しそうに食べてハンバーグは手もつけない
    何回か「ハンバーグまずかったですか?」「もっとお得なセットがありますよ」と言ってもこれが美味しいからいいよと頑なにハンバーグランチを頼み続ける
    ここ一年土日以外毎日こんな感じ
    付け合せを美味しそうに食べているしいいんだろうけどモヤモヤする
    何がしたいんだろう

    882 :可愛い奥様 2009/11/08(日) 08:30:36 ID:qYLyxLFN0
    他のスレでも書いたけど地球の裏側から来た留学生に
    主人ともども心を盗まれてしまったこと。彼の心も私たちが奪ってしまったこと。
    ほとんど毎日のように連絡をとっている。
    私の財産はすべて彼にと遺言書を弁護士立会いで書いたこと。
    主人も何も言わなかったし、多分、主人も同じことすると思う。

    他の留学生受け入れや、施設の子供受け入れ、その他ボランティア
    スカイダイビング・バンジージャンプ・・・・多くの刺激的な趣味に
    遊びに恵まれているはずなのに家に来たとき反日だった少年が子供として
    異常に愛おしくてならなくなったこと。彼も実親を捨てたいと言い出しるらしい。

    9 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/04(木) 10:28:02 ID:UJs
    私、コミュ障。困ってる人がいたら、声をかけていいのか、そもそもなんて言えばいいのか、迷惑になるんじゃ…と悩んでるうちに他の方が助けに行ってしまうこと多数。
    当然恋人もなし、結婚願望もなし。ただひたすらせめて仕事だけはと頑張ってるだけの状態

    先日、会社を出てからめちゃくちゃ体調が悪くなった
    時間的に病院も空いてないし、休めるような場所もないし、帰宅するしかないと思って電車に乗った
    電車はそこそこ混んでて座れなかったから、立って吊革につかまってた
    そしたら、私の顔色見て「よかったらどうぞ」って少し離れたところに座ってた、眼鏡をかけた優しそうな男の人が譲ってくれた
    その人は笑顔だったんだけど、その笑顔がなんていうかものすごく安心する感じで、体調不良ってのもあって、ものすごくホッとしたんだよね
    お礼を言ってありがたく座らせてもらったんだけど、なんでか分からないけど胸がいっぱいで泣きそうだった
    毎日仕事漬けで人の優しさに飢えてたのかもしれない。割とブラックだし
    その事があってから、電車で私の前に立ってる人が少しでも体調悪そうだったら、あの人みたいに笑顔で席を譲れるようになりたいと思ってた

    そんで昨日。電車で運良く座ってたら、前に妊婦さんが来た
    今だ!と思って、勇気を振り絞って立ち上がった
    コミュ障なりに頑張って笑顔で譲れたと思う。ちょっと声裏返ったけど
    妊婦さんからお礼を言ってもらえて、ちょっと誇らしい気持ちだった。私もやれば出来るじゃん!って

    結局最寄り駅まで立ちっぱなしだったんだけど、妊婦さんと降りる駅が一緒だったんだ
    何となく気にかけながら歩いてたら、その人の旦那さんが迎えに来てたみたいなんだけど、なんとあの眼鏡の男の人だったんだよ!
    こんなことある?!と思った
    二人ともにこにこしてて、穏やかな感じで歩いていった

    この興奮を誰かに伝えたかったけど伝える相手もいないし、ここに書いてる
    なんかあのご夫婦見てると結婚したくなってきた
    婚活頑張ってみようかな。まずは笑顔の練習からだけど

    780 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/08/28(木) 17:40:37 ID:bSB7K6IXb
    俺と嫁は中学の同級生
    といっても中学時代は接点なし、クラスも3年間一度も同じにならず話をした事もなかった
    嫁は中学時代生徒会長をするほどしっかり者で頭もよい、でもそんなにかわいくはなかった。一方俺も成績だけははよかったが太っていたしオタっぽくて教師からの評価が低かった
    中学を卒業して10年以上たって、30手前の時。会社帰りに買い物に行ったら嫁が働いてるを発見
    嫁はすごくかわいくて俺のタイプになってて、かわいいな~とチラっと名札を見たら見たことある名前で、家に帰って卒アル見てみたら同級生だとわかった。
    一番仲のいい友達に「生徒会長みつけたーめっちゃ可愛くてタイプになっとった」と報告だけした。でも当時は好きな人も別にいたし本当にかわいいと思っただけだった。
    しかし、俺がめっちゃタイプ~と友達に報告したのが10人くらい伝言ゲームして「中学の同級生の俺ってデブが嫁に一目惚れして付き合いたいって言ってる」と
    嫁に伝わってしまった。

    286 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/11/18(日) 11:09:11
    姉の結婚式での事

    新郎新婦、どちらも似合いの二人
    周りにも祝福され、めでたく結婚する事に

    そして式当日。
    多少新郎友人の悪ノリも遭ったけど、式は普通に進行
    無事終わりかけた頃、何と新婦の祖母が倒れた
    体調良くなかったのに、孫の晴れ姿が見たいあまりに無理したらしい
    すぐ病院に運ばれたが、祖母はそのまま亡くなった
    新郎新婦はすぐに新婚旅行をキャンセル
    祖母の葬儀に出席することにした
    特に新婦は祖母に可愛がられていたため、口も聞けないほど
    一番幸せな日に大変なことになったと落ち込む一同
    そこへとんでもない知らせが来た

    新婚旅行先に大津波が来て現地は壊滅状態
    もし予定通りに現地に着いていたら、
    新郎新婦は丁度津波の真っ最中にその場に居たはず
    式は不幸だったけど、お陰で新郎新婦の人生は不幸にならずに済んだ

    76 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/04/28(土) 16:11:50
    5年間つきあった彼女に、手痛く振られたんだよね。 
    彼女の実家にときどき遊びに行って、父親と酒飲んだりしていたんで、 
    まあ、プロポーズしたら受けてくれるかと思っていたが、甘かった。 

    そしたら、彼女の母親から電話があって、ぜひ会いたいと。 
    断り続けたが、あまりにしつこいんで、ホテルのラウンジで会った。 

    そうしたら、娘が申し訳ないことをしました、って、釣書渡された。 

    今はそんな気はない、と言ったら、先方さんはいたく乗り気でうんぬん。 
    勝手に個人情報流しやがって、と思ったし、腹が立ったが、 
    元カノの親父さんも、釣書の親父さんも、けっこうな有力者なんで、 
    両方敵にまわすのも、とか思って、見合いすることにした。 

    5年たったが、完全に尻に敷かれながら、まあまあうまくいっている。 

    俺のことを振った元カノには、嫁さん通じて、大学の先輩で、 
    超絶的に忄生.格の破壊された人を紹介して差し上げた。 

    そうしたら、これがうまくいって、昨年ゴールイン。 
    この4月に、その先輩は、准教授にご昇進。 

    世の中何が起こるかわからないです。 

    俺は片親で、奨学金と授業料免除で大学を出た、貧民層出身。 
    元カノも嫁さんも、誰でも知っている会社の代取の娘。 

    嫁さんは地味でケチで、とても代取の娘には見えないけれどね。 
    9LDKの邸宅から2DKの社宅に越しても平気みたい。 
    俺のほうが狭さと赤ん坊の泣き声で参っている。

    45 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 14:25:53 ID:E55dGrq80.net
    以前他のスレにも書き込みましたが、ここにも書かせてください。 
    ----------------------- 
    俺の母親は、俺が小学生2年生の時にタヒんだ。 
    タヒんだことを納得できず、そのあと一月くらいは母親が帰ってくるのでは? 
    と期待していた。 
    ある日、学校から帰ると普通に母親がいた。買い物をすまして夕食の準備をしていた。
    父親が帰ってきたが、母がいることに驚くようすはなかった。 
    子供だったので、母が帰ってきたことがうれしくて、そのまま生活した。 
    学校にいって、友達に「タヒんだおかあさんが帰ってきた」と話しても、 
    「オレくんのおかあさん、タヒんでないじゃん」と言われた。 
    楽しい日々が続いた。 
    1年半ほどした、その日は、遠足だった。 
    母親の作ってくれた弁当はとてもおいしかった。 
    遠足から帰ると、家に母親の姿はなかった。 
    家中さがしまわったがいなかった。母親が生活していた痕跡もなかった。 
    慌てた俺は、家の近所も探し回ったが見つけられなかった。 

    夜になって父親が帰ってきたので、「おかあさんがいなくなった!」と 
    言ったら。 
    「おいおい、おまえ、いまごろ何言ってるんだよ・・」と困った顔で言われた。 
    次の日から、父親と二人の生活が始まった。 

    30年以上たったいまでも、あの時の母との生活を思い出す。 
    何だったんだろう?

    このページのトップヘ