不思議な話

    78:本当にあった怖い名無し2014/02/16(日) 22:27:49.57ID:G1w8+PBfP
    中学の頃、とある女の子と友達になった。引越しに引越しを繰り返しているそうで
    (親の仕事だろうなと、思っていた)いつまで、ここにいられるかわからなんだ、と
    言っていた。妙に馴れ馴れしいのだが、そこがかわいくて憎めない。
    そして、手作りクッキーだの、これ美味しいから、と振舞うから益々まわりは
    憎めない。特に私には馴れ馴れしかった。いいんだけど。
    私はある事に気付いた。彼女に対して悪い印象を持った人は成績が下がったり、登下校
    中に、不良(古いなー・・・今は何て言うんだろう)にからまれてお金を取られたり。
    逆に彼女に好かれた人は漫画雑誌の懸賞に連続して当たったり、財布を拾ったり
    思いがけないお小遣いをもらったり。
    私だけが気付いていた。人に話しても笑われた。そして、「それ」を話すたびに
    何かの気配がある。しばらくして、霊感の強い叔母が九州から来て、私を見るなり
    「あんた、イヌガミが憑いてるね」何のことかわからなかった。何しろ、今みたいに
    ネットはないし、本だって本屋になければそれまで。
    「だけどあんたは大丈夫だ。」そう言って帰っていった。
    20年以上たった最近、ふとしたきっかけで「そういう事がわかる人」に出会った。
    いきなり「あなた、イヌガミ憑いてますよ」イヌガミ?何か聞いたことあるな・・・と
    今は亡き叔母のことを思い出した。「言われました!それ!20年も前ですけど!」
    「あんた、イヌガミ憑きと関わったね。その人から色んなものをもらっただろう。
    食べただろう?覚えとくといい。憑き物筋はやたらとモノを送るんだ。動物を乗せる
    道を作るためにね。みんな、短命だったり、いきなり不幸になったり。だけど
    あんたが平気だったのは、四国犬を大切にしてたね?四国のモノには四国のモノだ。」
    誰にも懐かない四国犬が隣にいた。が、私にだけは懐いてくれていて本当の友達だった。
    初めての友達だった。
    イヌガミとは何か、そこで初めて知ってぞっとした。そして私だけが無事だった不思議の
    謎も解けた。「私、生まれは四国なの」とサラッと言ったことも突如にして思い出した。

    801:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/04/20(水) 00:33:40.78 ID:UvmzQTA4.net
    うちの姉の話
    姉は元々くじ運が抜群に良くて、おみくじはいつも大吉だし、宝くじも数万円単位でよく当たってた。で、いつかそうなるんだろうなーと思ってたんだけど、ある時数千万円が当たったとの報告を貰った。
    もちろん税金関係もつつがなく家族に分けてくれて、本人の分は中古のマンションを買って使いきり、普通に暮らしてた。

    そんな姉も遅咲きなりに結婚。姉は子供を産めない身体だったんだけど、相手がシングルファーザーだった為親になる事が出来た。その子は少し生意気な子だったけど、姉はきちんと叱って沢山話をしていいお母さんをしてたように見えた。
    それから何年かして、姉と旦那は大きな事故に巻き込まれてタヒんだ。
    そしてわかった事。姉が当選した宝くじは本当は億で(私達には前後賞の片方だけが当たった事にしてた)それをほとんど使わずに持ってた事。だからか2人とも保険にも加入しておらず、連れ子が継ぐ財産は現金数百万円程度。
    姉は遺書も遺してて、寄付についての記述まであったのに連れ子に対しては一切無し。
    さらに日記には、連れ子と養子縁組をする話が出たけど断った。絶対嫌だと書いてあった。
    愛情深くて太っ腹な人だと思ってたから衝撃だった。

    317:名無しの心子知らず02/07/30 23:29ID:lz3uwCIe
    出産後入院中、同じ時期に産んだ人たち同士で講習を受けてて、
    そのうちの一人が、何だかえらいボーっとしてた。
    心ここにあらず、というような。
    授乳室にも来てなくて、助産婦さんがミルクをあげていた。

    3日目ぐらいに、それぞれの出産ドラマを皆でお互い話してたとき、
    彼女にもそれとなく、「どうだった? 陣痛長かった?」などと聞いてみた。
    すると、「私、…知らないうちに産んじゃって…。」と。

    妊娠したのにも気がつかずに(結婚はしてた)、
    ある日の夕食後、テレビを見ながらコタツでごろごろしてたら、
    「産んでしまった」らしいのです。

    とにかくショックだったらしくて、ちょっとウツ(?)状態みたいな感じで、
    あんまり根掘り葉掘りは聞けませんでした。

    476 :名無しさん@おーぷん 2017/09/13(水) 15:15:53 ID:BTk
    ヨーロッパ某国に留学中、大学にすごく可愛い男の子がいた
    逆ナンしたらあっちも気に入ってくれて連絡先を交換した
    年齢を聞いたら彼のほうが年上だとわかってお互い驚いた
    何度かデートして体の関係もできたけど
    家には一度も呼んでくれなかったし場所も最寄り駅でしか
    教えてくれなかった

    半年くらいして妊娠したかも、ということがあって
    彼にそれを打ち明けたらスーツ姿の男性5人が
    突然私の下宿に来た
    彼の名前を出して代理人だと名乗り、子供をおろしてほしいこと
    そのための費用や慰謝料は当然支払うことを言ってきた
    彼と話をしたいと言っても、彼は母国に帰ったからダメと
    ひたすらそれで押し通された

    結局妊娠はしてなかった
    代理人からは当時のレートで700万円くらいのお金をもらった
    多分手切れ金ってやつだと思う
    どこの金持ちのボンボンだよクソーと憎たらしかった

    帰国して数年たち、wikiで偶然彼の名前を目にした
    ある国の王族の人だった(王位継承権が上のほう)
    ハーレクインかよ・・・って脱力したわ

    50 :鬼女タウン 2015/12/06(日) 22:51:01 ID:yIN
    ある日突然食事が一切喉を通らなくなった時が修羅場だった
    10代後半の頃、突然ご飯が食べられなくなった。理由は不明
    理由はあったかもしれないけど何も思い当たらず、腹も減らなければ匂いもダメで食べるたびに吐いてた
    食事は200ミリの紙パックのジュース×2本
    150センチ44キロだったのがみるみるうちに落ちて、二ヶ月後には36キロ
    座ってるのもだるいしケツの肉がなく骨に当たって痛い、歩くと膝とかめっちゃ痛い
    このままいったらタヒぬなと思い、精神科を受診
    あと1キロ落ちたら(35キロになったら)入院ね。と一回目の受診で宣言された
    まじかーと思い気楽に聞いてたが、34?32?キロを切ると内臓が減ると言われて恐怖を覚えた

    当時体調悪くて立ち仕事が出来なくて、内職で暇してたのもあ離婚、毎日点滴&帰りにコンビニで食べれそうなものを買う、という生活を続けた
    吐いてもいいから必ず食べてた
    あと飴をしょっちゅうなめてた。カ□リーを少しでも取る作戦だった
    それから少しずつ体重が戻り始めて、3ヶ月で通常の食事が取れるようになり、体重も40キロ超えた
    何度かカウンセリング受けたけど、未だに原因は分からず

    このページのトップヘ