不思議な話

    30 :名無しさん@おーぷん
    結婚して家を出た娘はもう赤の他人。その赤の他人が実家に顔を出すということは親に恥をかかせると言うことで、お前はそんな親に恥をかかせるようなことはしてはくれるな。
    こちらから連絡したとしても返事を返すなんて、結婚して家を出て赤の他人になった人間がしていいことではない。そんなことをいちいち言われないとわからないなんて一体何を考えているのか。
    家を買っただの何があっただの、いちいち知らせてくるのはお祝い金が欲しいからだ。そんなに金が欲しいのか、恥を知れこの恥知らず。

    これを夫子どもの前でも言われるようになったので、あちらのご希望通り連絡を絶って丸3年ほど過ぎました。
    去年辺りに携帯に「寂しいです」などとメールがあったけど、返事なんてしていい事ではないらしいので放置。

    でもスッゴく不思議。なんで寂しいですとか言い出すんだろう。やっと娘が自分の言う通りに実家に顔を出す事もなくなり連絡もしなくなったので大満足してるだろうと思ってたのに。

    【前編】某宗派の現役の僧侶なんですが、先日「骨壺(骨)を移動させたいので来てほしい」と初めての人から依頼があって行ったんですが、そこでなんとも不思議な出来事が…
    190: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 2016/06/15(水) 23:08:09.37 ID:ZbB+G9wW0.net
    申し訳ありません明日も別のところの助勤要請を頂いたので 
    書けるだけ書いて終わらなかったら続きは明日の夜になります。 

    続けます。 
    「お坊さん、こっち、こっち」
    そう言いながらTさんが掘っていた穴(ご自分の下半身が隠れる位の深さ) 
    から飛び出したのが見えたので、条件反射でそちらに向かいました。 

    Tさん「お坊さん、穴、穴」 

    Tさんが穴の中を指差します。
    が、何もありません。掘られた普通の空間があるだけでした。 

    「どうしました?」 

    Tさん「え?あれー?いない?
    さっき、あの男が私にむかって拝んでたんですよ、掘った中から、 
    私の足元から私にむかって、拝んでたんですよ、
    突然出てきて、だから流石にびっくりして」 

    「あ、奥さん!」 

    私は慌てて奥様の方を振り返って奥様の状況を確認しました。 
    奥様は私たちの上、樹の上の方に視線を向けていました。 
    私は近付いて「奥さん大丈夫ですか?」と聞きました。 

    奥様「はい、大丈夫です、大きな声だしてすいません、
    あの・・・さっきまであの樹の上にあの男の人がいて、
    それでビックリして声が出てしまって、主人を見てる感じで樹の上にいたんです。 
    でも、お坊さんが近付いたら消えていって・・・お坊さん、見えましたか?」 

    「いえ、私には今回は見えませんでした」 

    奥様「あの・・・天国にいったんでしょうか?」 

    「えーっと、天国というのは私たちの言葉ではないのですが、
    浄土ですね、極楽浄土って聞いたことないですか?
    まぁあれです、言葉はともかく、そうだったら良いですよね 
    埋葬終わったら、改めて法要致しましょうか」 

    そう言ってあらためて樹をみましたが、特段変わったものはありませんでした。

    87: ななし製作委員会@\(^o^)/[sage] 2016/06/14(火) 15:09:19.46 ID:tjAHjknz0.net
    身近じゃない人に聞いて欲しくて、でも書いて良いのか迷ってます。 
    九州在住の某宗派の現役の僧侶なんですが、 
    先日ちょっとビックリした事に遭遇して自分でも混乱してるんです。 
    需要があれば書こうかとも思ってますが・・・

    181 :おさかなくわえた名無しさん2014/01/20(月) 08:59:30ID:zz36Z5td
    手術を受けてドナーから内臓の一つをもらったら急に美人になった事(自分比)。
    心配してた移植に伴う病状は軽くてすぐ収まり、後はリハビリだと言う時点で
    自分の肌が何だかキメ細かくなり鼻が少し高くなっているのに気付いた。
    家族は「手術を受けて精神的に楽になったせい」と言うが 暫くしたらさらに目が少し大きくなっていた。
    さらに開脚して手前に肘をつくポーズが出来る事に気付いた。
    病院で担当の先生に聞いてみたが「健康になった証拠だよ!」と言われただけ。
    衝撃だが腑に落ちない。

    656 :2016/08/06(土) 00:01:58ID:O9Z
    昨年の暮れに会ったときは元気だった祖母がボケ始め、数か月で一気に認知症が進行し、
    母の友人のツテで特別養護老人ホームに入ることになった。

    4月くらいに実家に帰った際、祖母と同居していた両親とホームに面会に行ったら、
    祖母は俺の顔も名前も覚えてなかった。

    幼い頃から可愛がってもらっていたのですごくショックだったが、
    今までずっと家で農作業や家事を気張ってやっていた分、
    これからはホームで悠々自適に過ごして欲しいと思うようにした。

    それからしばらくして、仕事中に違和感を感じることが多くなった。

    毎日書いているはずの書類に書く言葉が出てこない。
    いつもは電卓など使わずに計算してる計算ができない。
    毎日顔を合わせているはずの同僚の名前が出てこない。
    引継ぎで言うべきことがわからない。
    引き継がれたことが覚えられない。

    そんな状態が一週間くらい続き、仕事でミスが増えた。
    祖母のことがあまりにショックで、自分が思うよりもずっと精神的に疲れてるんだろうと思い、
    数日間有休をとって実家に帰った。

    続きます

    41 :2016/04/30(土) 02:31:27ID:RZw
    何の楽しみもなく生きていると思ってい女性.が、実は真逆の生活をしていた

    会社の同僚のA子はかなり地味な女子(独身)
    化粧もほとんどしていなくて髪は黒髪ロング
    小綺麗な貞子って感じ

    業務上必要なこと以外は一切会話しないし
    お昼休憩も、全員強制参加の会社の飲み会も
    ひとりでがっつり小説を読んでいて
    「話しかけないで」オーラがすごい
    プライベートも一切謎
    男性.社員が彼氏がいるか聞いたところ、いないと言ってて納得した

    GWの連休前の最終出勤日の残業中、iPhoneの充電器が落ちてるのを発見した
    うちの会社はみんなデスクワークで
    勤務中もプライベート携帯充電し放題で
    ちょっとメール見たり多少触っていても指摘されない自由な職場

    事務所に残ってるiPhoneユーザーに聞いても持ち主がいなかったので
    いつも通り定時で帰宅したA子に
    「iPhoneの充電器忘れてない?」
    とメールしたら、持ち主はA子だった

    自宅に予備の充電器がないらしく困っていて
    私の家とA子が住んでいるらしい地域はそんなに遠くないので
    「自宅近くまで届けようか?」とメールしたら
    「お願いします」と住所が送られてきた

    家まで行くのかよ!と思ったけど、聞いた私も悪いのでA子のマンションまで配達することに

    377 :2013/05/30(木) 16:36:45ID:k+4n/bnV
    姉がタイムスリップしてきたらしいこと

    何言ってるんだと思われるかも知れないけれど
    高校に入学する2週間前から、不登校気味で家族とすらまともに話さなかった姉が別人のようになって、(ほんとに性.格と表情が言動が変わった)
    高校デビュー、大学受験すべて大成功

    この間一人暮らしの姉が家に帰って来たときに、その話になって
    「高校入学前に中身だけ23才の私がタイムスリップしてきた」と言い出した

    嘘だろうと思っていたけど、そう考えるとしっくりくることがいくつもある

    まだ混乱している、どこかに書き込みたかった

    682 :2014/06/11(水) 11:58:52ID:gJrf2edGx
    思い返すと修羅場だったなという話
    長文で読みにくかったらごめん

    高校生の時のこと
    自転車で通学中、学校まであと5分位の駐車場みたいな所で困り顔の外国人を見かけた
    20代から30代の男性.で顔立ちからして多分中東系だったと思う
    何人も通り過ぎているのに目が合わないよう無視しているのが丸分かりで見ていて腹が立ったから「どうかされたんですか?」と聞いてみた
    そうしたらその外国人は「ありがとう。みんな私のことを無視して悲しかった」とカタコトの日本語で言い、
    「インクをつけて紙に文字を書くペンのことを日本では何と言いますか?」と聞いてきた
    何でこんなことを聞くのかよく分からなかったけど一応答えたらその後も
    「紙に文字を書いて掲示したいけどそれはどんなもですか?」とか「大きな丈夫な紙はどこに売っていますか?」とか色々聞かれ段々こっちも混乱
    一体この外国人は何のためにこんなことを聞いているんだ?そしてこの道具たちを何に使おうとしているんだ?と不審に思い、学校に向かおうとしたけどなかなか解放してくれない

    終いに「紙に書いて説明して欲しいからこっちに来て」と言われて見たらいかにも怪しいハイエースっぽい車が停っていた
    これやばくないか?と思ったけど、外国人は車に押し込んでくる
    その時はあーあ、これは外国に売り飛ばされるか臓器取られるか杀殳されて山奥に捨てられるわと思った
    この時に抵抗もせず完全に命を諦めてた
    うちは所謂毒親で、私がどうやってタヒんでも何とも思わないだろうと思ってたから
    そして車の中で何されるんだよと思ったらおもむろに紙とマジックを出してきて、「さっきの説明をもう一度お願い」と言われたので紙に全部書いた
    あれ?これだけ?私助かるのか?と思っていたら外国人に「あなたの学校の英語教師をさせてくれ」とお願いされた
    私にそんな権限ねーよwと思い断ったら次は「じゃああなたの家に住まわせてくれ」と言われて唖然
    うちは友達が泊まりに来ることすら親が許さないのに見ず知らずの外国人を住まわせるなんて絶対無理
    普通どの家庭でも無理だと思うが・・・
    勿論即効で断った
    すっごく粘られたけど「うちは狭くて貧乏な家だから」とか「親が滅茶苦茶怖いから」とか言いまくっていたら諦めたみたいで解放された
    疑ってごめんねと心の中で謝って手を振り別れて急いで学校へ

    当然学校は遅刻
    1時間目の途中で教室に入ったら先生に「どうしたんだ」と言われたから素直に「外国人が困っていたっぽくて話しかけたら車に押し込められた」と言ったら無用心だってめっちゃ怒られた
    何もなかったから良かったけど、高校生にもなって本当に無用心で馬鹿だったと思う
    でも、未だにあの質問の意図が分からない

    755: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/12(火) 00:49:53.73 ID:4PktbfLD
    震災じゃないんだが。 
    誰にも言えなくてずっと苦しくて、ここに吐き出していく。 

    因みにもしもしな上長文。 

    震災からすぐ、母親がシんだ。 

    俺の家はすごい田舎で、山奥の豪雪地帯。 
    震災で、若干だがライフラインに影響が出て
    水や食料を買い出しに出た両親がジコにあった。 

    雪崩だった。 


    家への道はその道路しかなく、山の上で下はすぐ崖→川という状況だった。
    他の車も何台か巻き込まれたが、みんな無事だった。

    運悪く両親は雪崩にのまれ、道路から押し出されて数十メートル下の川に落下した。

    288 :名無しさん@おーぷん
    俺はマンションで独り暮らしをしているんだけど、3年ほど前によく変なチラシが入ったんだよね。

    そのチラシはどこかの劇団からのものだった。
    しかし「入団しませんか」とか「演劇を見に来ませんか」とか、そういう類いのチラシじゃなかった。
    そのチラシには「夫婦喧嘩のエピソードを以下の宛先に送ってください」と書かれていた。
    俺は独身だったし、仮に結婚していたとしても送ることはなかったと思う。
    一体誰が送るんだろう…と、物凄く不信感を抱いたのを覚えているわ。

    そして夫婦喧嘩の内容を送ってどうなるかも書かれていた。
    「夫婦喧嘩のエピソードをもとに我々が演じさせていただきます。
    そしてそのDVDをお送りします。そのDVDを夫婦でご覧になって笑ってください」などと。
    「無料!!」とバカでかく書かれてもいたけれど、それが余計怪しかったわ。

    そのチラシが月に1回くらいのペースで入るようになったんだよね。
    それが半年くらい続いた。
    俺以外のマンション住民のポストにも入っていたようで、
    マンションの総会の時にもそのチラシのことが話題になった。
    皆「何なんだろうね、あのチラシ」と言っていたんだけど、
    俺と同じ階のAさん(既婚男性.)が「やっぱり怪しいんだ…」と絶望的な顔で言った。
    (因みに、その総会にAさんの奥さんは来ていなかった。)

    Aさんが言うには、Aさんの奥さんが「面白そうだから」という理由で申し込んでしまった…ということだった。
    Aさんがそのことを奥さんから聞かされたのは、奥さんが申し込んだ後だったようだ。
    Aさんは「妻が申し込んだのは2か月くらい前なんだけど、まだDVDは来ない。
    来てほしくないけど、来ないのは余計恐ろしい」と言った。
    夫婦喧嘩の内容がどこかで何かに利用されたらどうしよう…と思っていたようだ。

    そしてそのマンションの総会の日の夜、
    Aさん宅から今までになくすごい夫婦喧嘩が聞こえてきた。
    Aさんが奥さんに「やっぱりあの劇団のチラシ怪しいってさ!」とキレたようだ。

    その劇団のチラシの件はほんのきっかけにすぎなくて、
    元から夫婦仲に亀裂が入っていたのかもしれないが…
    結局Aさん夫婦はそれから約2か月後に離婚してしまったので驚いたわ。
    結局マンションにはAさんが残り、奥さんが出ていく形となった。

    Aさんはそれからしばらくして「未だにDVD来ないけど、今来たら逆に笑って見れそうですよ」と言っていた。

    劇団の本来の意図は分からないが…
    夫婦で笑うことを目的としたDVDのはずが、
    夫婦を離婚に発展させる一因となったことには衝撃を受けたよ。

    このページのトップヘ