黒歴史・黒い過去

    124 :名無しさん@おーぷん
    >>119
    そんなに頻繁に変質者出現するしたのね。乙でした。

    マイ黒。

    昔、姑が心臓発作で亡くなったんだけど、犯人は私。近距離別居の姑が我が家に来るときにいつもこっそりと合鍵使って入ってきてた。リビングドアの向こうで会話をしばらく聞いてから登場するのが毎度で、
    やめてと言ってもやめてくれなかった。ドアチェーンをしてたこともあったけど、年頃の子供たちが何度も出入りするため、その度にインターホン鳴らしたりするのが面倒だと言われて却下。
    そんなある日、たまたま玄関を掃除してると、カチャリとそーっと鍵が回った。そんな開け方をするの姑しかいないので、やめてと言ってもやめてくれない腹いせに脅かしてやろうと思って、
    姑がそーっとドアを開けると同時にこちらも勢いよくドアを開けてわぁ!!!ってやってやった。そしたら姑、目玉飛び出そうな顔してウッ!て言ったかと思うとそのまま苦しそうに倒れこんだ。名前呼んでも起きないし返事もしないから救急車呼んで、
    そのまま御臨終。ざっとこんな感じだけど、家族はまさか私が脅かしだなんて、思ってもいない。

    498 :名無しさん@おーぷん
    私は恥ずかしながら30代でデキ婚した。
    旦那は子供大好き。デキ婚した私達がだらしないにも関わらず、
    『よそのお嬢さんになんてことを!』と言って順序を守らなかったおまえが悪い、
    と旦那をタコ殴りにした義父とやさしい義母とに大事にしてもらっている。


    この間、20代の頃の元彼から電話があった。
    「おまえと結婚すればよかった。
    あの時の子供を産んでもらっていたら、今頃俺は
    幸せな家庭を築けていたのに」ってさ。

    元彼と別れた原因は私よりも付き合いの長い女友達の私の悪口を
    鵜呑みにしたこと。
    やさしくて皆から頼られていた彼からしてみれば、女友達に
    それほど嫌われる私の方に何か問題があったと考えたみたい。
    未練のあった私はそれでもずるずると会うのをやめられなくて、
    結果妊娠。
    もしかしたら彼が思いなおしてくれるかもと期待したが、はっきりと
    私の目を見て堕胎してくれと言われた。
    結構な額のお金と引き換えにひとりで病院に行き、体調が戻ると
    彼は私と繋がりを絶った。

    自分でも馬鹿だったと思うし、浅はかだった。
    優しい人のはずの元彼は、皆にいい顔したい人だったし、別れてからも
    私と会っていたのは元彼の知り合いと私が仲がよく、付き合うのを阻止したかった
    からだった。その知り合いとはただの友達だったのに。
    おそらくこの話は彼は誰にも言ってなかっただろうと
    思う。いい人ぶりたい性格だったし、実際そう思われていたから
    自分からそんな酷い仕打ちを元彼女にしたなんて言い触らせるわけもないしね。
    そんなわけで、同じ県内だけどずっと疎遠だった。
    携帯番号がお互い変わってなかったので今回久しぶりに話したわけだ。


    なんで今更私に連絡してきたのかと不思議だったので尋ねたら、
    結婚してだいぶ経つのになかなか子供が出来なくて、奥さんに検査
    させたんだと。奥さんはなんの問題もない。
    本人曰く実績(本当にこう言った)があるから子供なんてすぐできる、
    嫁が悪いんだとすっかり思いこんでいたのに、なんと彼の方に原因が見つかった
    んだそうだ。

    お医者さん曰く、もっと若いうちなら何とかなったかも…という状態。
    不妊治療は大変で、お金もどっさりかかるみたい。あと、奥さんの実家からも
    随分責められたんだって。

    662 :名無しさん@おーぷん2017/11/04(土) 21:36:17ID:A6n
    小学校時代、男子A、Bにいじめられてた。
    テンプレ一通りのことはされてて、自杀殳することも何度かよぎった。
    体格も声量も劣る俺は、毎日奴らの良いようにされてた。

    ある日、ABに連れられて人里から離れた丘陵にある廃坑跡に行った。
    虫やら蛇やらが出る場所で、途中には野生動物の出没注意の看板もあるような場所。

    宿舎みたいな小屋の横に深く大きいため池があったんだが、な ぜ か ABはそこに落ちた。
    足が届かず、「おい俺!早く助けろ!」ともがきながら叫ぶA。
    近くにロープが落ちていたのを見つけたが、
    う っ か り ロープを全部投げてしまい助けられなかった。

    やがて先に沈むA。苦しむAに足を掴まれ水中に引きずりこまれるB。
    はしごもないし、四隅は垂直のコンクリ製。どうやっても自力では上がってこられない。
    水しぶきが聞こえなくなるのに時間はそこまでかからなかった。
    ドラマとかで見る溺タヒ体って浮くものだと思ってたけど、実は沈むんだってことはびっくりした。

    AB。ごめんね助けられなくて。
    俺、ズブでノロマで役立たずのひょろもやしだからさ。

    246 :鬼女タウン 2017/09/09(土) 23:32:34 ID:5wrxT3K60.net
    「人のものを盗っちゃいけない」って思えないこと

    小さい頃から何度も万引きしてたし、大人になってからも化粧品はほぼ万引きで揃えてた
    高校生のときは体育祭の練習などで校舎が無人になるときに人の財布からお金盗りまくって(まだあまり貴重品を常に持ち歩く世の中じゃなかった)全校集会まで開かれたけどなんとも思わなかったし、
    私が集める担当だった部費をちょろまかしてマンガを買ってた

    大学生のときもしょっちゅうバイト先からお金抜いたり、同僚の財布から抜いたり
    社会人になってからも人のロッカーからお金盗んだり化粧品盗んだりしてた

    ちなみに何万も一気に盗ると被害者が声をあげて騒ぎになるので、被害者も「あれ、勘違いかな?」って思って誰にも言わないくらい少額しかやらないのがコツ
    例えば27000円持ってる人だと一万円札には手をつけずに2000円だけ盗るとかw

    最近はしてないけど特にきっかけがあって辞めたわけではない
    サイコパスかなと思うけど、なんとも思わないのは「盗む」ことに対してだけで、子供や動物に対しては可愛いとかかわいそうって気持ちは普通にあるし、グロイのとか痛いのは普通に嫌い

    383 :鬼女タウン 2015/10/31(土) 15:17:43 ID:GJU
    年の離れた姉の娘(小5)が、アニメのアイドルにハマって友達となりきりゴッコをしてたらしい。
    なりきりゴッコするだけならいいけど、グッズに無駄遣いや友達に手紙とか書いたりで宿題もしない塾サボりまくり。
    注意しても改善しないってことで、何故かうち(実家)に連れてこられた。
    母(姪からしたら祖母)は「ちゃんと勉強しなきゃダメよ」と言い聞かせても姪は拗ねて黙ってるだけ。
    そんな態度をみた姉(姪からしたら母)がヒスりだした。
    姉はファンシーな手紙を取り出すと
    「大好きなまきちゃんへ。!宇宙一のアイドルにこにいより!にこにこにー!」
    と封筒に書かれてる文字を読み始めた。
    姪はぎゃん泣き。やめて、読まないでと叫ぶもヒステリーな姉がやめるわけもなく。
    お花畑満載な手紙とか日記とか大声で読み上げてた。
    「は?あんた自分がアニメになれると思ってんの?現実見なさい!」
    と怒る姉に宿題も勉強もちゃんとする、今までごめんなさいと姪が言ったことでこの件については終わったけど
    自分の黒歴史真っ最中をヒスられながら親類に暴露されちゃうのは、姪にとっての修羅場だっただろうな…。

    677 :鬼女タウン 2018/03/13(火) 13:36:03 ID:futSMs7N0.net
    元夫の男性不妊を知ってたけど本人に内緒にして放流しプリンちゃんにプレゼントした
    元夫が再婚してそこそこ時間がたったらプリンちゃんが男性不妊に気づいて即離婚準備してたらしい
    元夫は惨めったらしくプリンちゃんにすがりついてたんだって
    離婚してからは人伝てにしか知らんけどざまあみろ
    余談だけど私は再婚して子作りはじめたら約2ヶ月でさくっと妊娠した
    種が違うとこんなに違うとはね

    877 :鬼女タウン 2017/09/17(日) 03:10:40 ID:l37
    因果応報って何なのか、と思った衝撃話。

    私の母は兄弟が多く、沢山のいとこがいる。
    従姉で最年長のA子お姉さんは、私より10歳以上年上で、いとこのまとめ役だった。
    私にとっては優しいお姉さんで、年下のいとこたちの面倒を見るにも、えこひいきとかはなく公平で、
    しかも何かと自分の取り分は少なくして年少に手厚くしてくれた。
    私にとっては理想のお姉さんで、かなり年上なので「先生」のような感じだった。

    大人になってからは顔を合わせることも少なくなったけれど、今でも親戚内の評判は良く
    旦那さんと子供に恵まれ、夫婦で会社を立ち上げて頑張っている。
    別の従兄からも、A子は人望が篤いというようなことを聞いた。

    ところが、最近、別の年配の母方親戚と親しくなる機会があり、そこでA子お姉さんの中学校時代のことを聞いた。
    私が衝撃的だったのは、A子お姉さんは、中学生時代に酷いいじめの中心加害者だったこと。

    暴力的ないじめというより、今でいうモラハラというか、できない子にわざと失敗させて
    道徳的に責め立てたり、些細な迷惑やミスを何人もで詰ったりというようなもので、
    優等生でコミュ力も高かったA子に同調する生徒が何人もいて、先生も気づかないか見て見ぬふりだったらしい。

    被害者のB子は心を病んで不登校になってしまい自傷行為をしたりして、怒ったB子母が
    A子を待ち伏せて謝らせようとするが逆に侮辱され、かっとなって凶器で(A子ではなく他の子を)
    怪我させたために、かえってB子側の立場が悪くなってしまった。
    B子母も心を病み、婿養子だったB子父は出ていき、B子弟もいじめられるようになって引きこもり
    B子は今もまともに社会復帰できず、時々窃盗で警察沙汰になり、弟は姉に家庭内暴力を繰り返し、
    母親は入退院を繰り返しているらしい。

    A子お姉さんがおかしかったのはその中学時代だけで
    高校生になるとそんな問題もなくなったので、もともと雰囲気の悪かった学校の空気に呑まれていたのかもと言われた。
    お姉さんはいじめをしていた記憶はあり、反省はしていたそうだという。

    いじめの加害者は順調に暮らし、いじめの被害者は人生を壊されたままというのは理不尽だと思ったけど、
    もう一つ衝撃的だったのは、実はB子の母親が、自らの子供時代に酷い苛めをしていた加害者だったこと。
    家がお金持ちなのをかさに着て取り巻きを作り、転校生を再度転校に追いやったり、
    知的障害のある子をいじめて水タヒ事故に追いやった疑いもあったらしい。

    この話ですごくモヤモヤしてる。因果応報って何だろう、本当だろうかと思う。
    母親のいじめの因果が子どもにというのは、本人はともかく子供には理不尽極まりないことだし、
    もし今後、A子のいじめの因果がA子の子どもに跳ね返るならそれもすごく理不尽だ。

    このページのトップヘ