不幸な結婚式

    236:愛とタヒの名無しさん投稿日:2011/09/19(月) 20:14:09.51
    旦那が友人の結婚式から帰ってきたが、様子がおかしい。
    お友達と久し振りに会えて良かったね。楽しかった?
    新婦さん綺麗だった?お料理美味しかった?二次会参加しなかったの?
    何を聞いても無言。ぼそりと一言「疲れた…寝る」
    あの~携帯鳴ってるよ?出なくていいの?あ、そう。じゃ、お休み。
    寝室からドヨーンとした気配。
    そっと覗くと、ベッドで大の男が背中を丸めて涙を堪えている(多分)

    …不幸な結婚式フラグな予感

    393:愛とタヒの名無しさん2010/06/04(金) 16:51:39
    飛び入りの人たちが8人前後だったかな、10人はいなかったと思う
    テーブルを用意した上で、それでも席が足りなかったらしく、
    まだ到着していなかった自分の席に割り振られたらしい
    割り振ったのは新郎、飛び入り組は仕事の都合で二次会からの参加だったのが、
    新郎のために皆休日出勤等で間に合わせたらしく
    そんな感じだったので新郎がえらく感激してたそう 

    自分はもっとも遠隔地(九州から前日の夜に前乗り。式は東京で行われました)からだったので、
    「当日来ないんじゃないか」と新郎が勝手に判断した 
    新郎とは面識がなかったけど、ドタキャンするように思われてたのがorz 

    その後は、 
    新郎「俺のために休日出勤してまで式に来てくれた、どうしても出席してほしい」 
    新婦「それは大変嬉しい、でもだからと言って
    突然の来場で事前参加がわかっているお客に迷惑かけるのか」 

    と、どっちも譲らない 
    開始の時間が迫りその内新婦が泣き出してしまい、
    そこで遅まきながら踏ん切りがつき、自分が席を譲って出席辞退しました 
    自分は二人の間に入っていましたが、
    飛び入り組はそれぞれ知り合いと旧交を温めていたのか、当事者の場にはいませんでした

    241: 愛とタヒの名無しさん 02/08/02 17:14
    私が参加した披露宴で友人スピーチの女の子、すごくさわやかでハキハキしてて 
    いい感じ! 
    でもスピーチの途中「○○(新郎)さんと初めてのドライブの時、高速でタイヤがパンク 
    してしまった時、自分ひとりでテキパキとタイヤ交換をする○○さんを見て・・・」 
    と、何も知らない人が聞けばこれまたさわやかな話なんだけど、新郎は???顔。 
    私を含め、数名の新婦側の友人が引きつった顔。新婦は固まってました。 
    おい・・・それは新郎じゃなくて同時進行で進んでたもう一人の男との話だよ・・・。 
    しかもその相手は既婚・子持ちで、この後ギターの弾き語りでスタンバってた。 
    彼女はそのままやっぱりさわやかにスピーチ終了。 
    次の余興でその彼が出てきたけど、さっきのスピーチのせいか演奏は全然ダメ。 
    彼女は「ああ?緊張したから喉渇いちゃった?」とさわやかにオレンジジュース飲んでました。 
    それに引き換え新婦の蒼い顔が対照的で忘れられません。

    687 :名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木) 13:20:09 ID:jDV
    友人Aの披露宴で、A自作という凝った見た目の菓子をプチギフトとしてもらった
    ママ友に人気のレシピ♪♪だそうだが、どうも変なにおいがしてたので食べずに捨てた
    しばらくして、披露宴に出席してた共通の友人たちが全員腹痛を起こしていたことをSNSで知った

    もしかしてと思ってそれぞれに聞いてみたら、全員が披露宴の翌日の同時間帯に
    プチギフトを食べていたことが判明
    「あれ変なにおいしなかった?」と聞いてみたが、実はその友人全員が花粉症だったので
    異変があったとしても気づかなかったという不幸な偶然が起きていた
    披露宴に出席した友人の中で、プチギフトを食べなかった私だけが無事ということで
    原因はプチギフトだったんじゃないかという話になった

    友人全員大人だったので、原因がはっきりしないことを外にもらすことはなかったけど
    プチギフトを食べた親戚・職場関係で同様の腹痛を起こした人がかなりの数いたらしくて
    つながりのある者同士で話していくうちに、やはり「あの菓子が原因じゃないか」という話になり
    攻撃的な人がAに凸して問い詰め、Aは被害者たちにより槍玉に挙げられてしまったらしい
    2歳児が入院したって話も聞いたので、その子の親もやりきれない気持ちだったんだろうね

    後日、SNSにAがその旨を書き込んだところ
    「それは式場の食べ物のせいじゃない?Aちゃんのせいとは限らないよ!式場に凸しよう」
    「あんたの作ったお菓子を食べなかった人は平気だったから、式場のせいじゃない!」
    という二極化したコメントが次々と投下されて大炎上
    Aは自分の味方になってくれるという人に煽られて、本当に式場に凸しようとしたが
    親戚に詰られた義両親がキレ、「おまえのせいだ!」と一喝してそれどころじゃなくなったそうな

    その後、Aは近所のスーパーでパートを始めたんだけど、最初の配属が生鮮食品の売り場だった
    そこに誰かが「Aは食中毒で被害者3桁近く出した女」というタレ込みを入れたそうで(A談)
    そのせいかどうかははっきりしないけど、Aはレジ打ちに替えられた
    でもそこに「食中毒女に品物を触らせないで」という電話や手紙がひっきりなしに届き、
    スーパーも食べ物関係の場所から外したけど、それでも抗議はやまず、
    Aも見ず知らずの客に客に舌打ちされたり、Aの触った品物をウェットティッシュで拭かれたりして
    気落ちしてしまいパートをやめて、さらに離婚までして親戚を頼って遠方に転居していった
    そこでも嫌がらせをされているそうだけど、Aも少々おかしくなってるからどこまで本当かわからん

    最初の段階で原因をはっきり調べたり、形だけでも謝罪するような姿勢を見せたりすれば
    ここまで恨まれることもなかったのにとは思うものの、そこまで恨んで行動する人がいることにも
    ずいぶん衝撃を受けた

    382 :1/2 2011/06/14(火) 09:33:36
    姉の結婚式。自分は弟。 

    ゲロさんとは真逆で、姉は自他ともに認める子供好き。 
    高校時代から子供たちに触れ合う職種を探し、大学卒業と同時に就職した。 
    その姉の結婚式。 

    披露宴の中盤辺りで、余興もノッてきたころ、 
    予定に無かった新郎母がなぜかカラオケマイクを握った。 
    そしていきなり「参列の皆様には申し訳ございませんが、 
    これを持ちましてこの披露宴を終わりたいと思います」みたいなことを宣言。 
    新郎新婦も新婦親族もポカーーーーーーン。 
    拍手してるのは新郎親族の一部のオバサンたちだけ。あとで聞いたら、新郎母の姉妹だった。さすが似た者。 
    怒りよりあっけにとられている間に、新郎母がなぜかを説明。 
    つまり、姉は子供が好きと言うので嫁に来ることを許したが 
    保母をしてる割には結婚を祝いに子供たちが来る気配がない。 
    それはつまり子供に好かれない、根性の悪い人間だということだ。 
    そんな結婚は認められない。ご破算にする。さあ●クン(新郎)、帰りましょ

    480 :名無しさん@おーぷん
    いとこの結婚式があったのだが(いとこは新郎)
    新婦のご両親が出席しなかった。
    式のあとの披露宴でやっと
    「新婦のお母様が、またいつものをしでかしまして
    お父様が見張りで家から出ないようにしております」と
    原文ママでアナウンスがあったら
    新婦側親族は「またかー」みたいな顔をしていた。

    (ここから)
    新婦の母はなぜか、箸を折ってから使うらしい。
    原因は完全に不明で、
    誰が聞いても「折らなきゃダメなのよ!」としか言わずに
    箸の先端から3センチくらいを折って使っている。
    夫や両親にも同じ愚行をやらせようとして失敗したため
    子供にだけは、家族の目が届かないところでそれを強制していたところ
    幼稚園で「お前のカーチャン狂ってる」と指摘したのが新郎。
    母の異常性に気づいた新婦は公然と逆らうようになり、
    そのまま成長して新郎と結婚した。
    同じ幼稚園だった新郎が「狂っている」と断じたからには
    地方の風習ということはないし、
    そもそも新婦母の両親さえやっていないのだから
    新婦母だけの儀式か何かだろうと判断され、
    親戚中から白い目で見られていた。

    式には「何もしないなら呼ぶ」と事前に通達していたのだが
    前日になって、先から5センチほどで折られた箸を大量に用意していたとかで
    「行けなくなった」と新婦父から連絡があったらしい。
    「見張っていなければコレ持って式場に押しかけかねない」とのことでは
    父だけでもとは言えず、欠席することで話がついたとか。

    ここまでが、幼稚園当時の折られた箸の写真付きで流された
    新郎新婦の馴れ初めと事情説明のビデオ。
    「こんな母ですが、どなたにも一切かかわりませんので」とぼやいていた
    新婦さんの呆れ顔が印象的だった。

    391 :鬼女タウン 2016/07/16(土) 17:02:34 ID:Kh75w36r.net
    昔行われた親戚の結婚式がなかなかに不幸だった

    新婦側の親戚として参加したんだが、そこの家は両親と新婦(姉)と弟の四人家族
    弟が今で言う知的ボーダー(障害者と健常者の境目あたり)で、
    小さい頃から姉である新婦が一生懸命面倒見てたのを覚えてる

    で、新婦弟がどうしても新婦にお礼を言いたいとかでお礼の手紙を読むコーナーが設けられた
    新婦弟は日本語でおkな文章力しか無いので新婦両親の検閲と振り仮名入り
    だから問題無く終わるだろうということだったが……甘かった

    このページのトップヘ