おかしな人達

    219 :名無しさん@おーぷん2015/02/20(金) 19:17:48ID:nmS
    疲れた。
    ㌧切ってたらごめん

    私は一人娘。両親は離婚、直後父親が自サツ。
    幼少期の記憶はない。それがいつだったのかも覚えていない。
    殴られたことや、深夜に追い出されたこととか、ぼんやり覚えてるだけ。
    18になってなんとか高校卒業してお水をやりながら家出した。
    家出して関係は良くなったようで、擦り寄ってくる。
    次はいつ帰ってくるの?美味しいメロンもらったんだよ、食べにこない?
    でも用事があって帰れば「うっかり」靴を隠されたり、後日お腹を壊したりした。

    しばらくして私が怪我をした。
    しつこい誘いを断るために「怪我をしたから行けないよ」と返信したら、
    どういう怪我をしたのか、保険が降りるから書類を送りたい、住所を教えてくれ(知らせてなかった)

    後日手続して私が保険金を受け取ったら、キレるキレる。
    私がもらえるはずのお金をなんであなたが受け取ってるの。
    私が保険に入れたのに(保険金は自分で払ってる)、入れなかったらもらえなかったのに。
    お前がタヒねば私がもらえるからタヒんでくれ、轢いてあげようか?
    お金を振り込まないならそれ相応の手段に出る。

    等々。
    私の怪我は母にとってラッキーで、だから心配より先にお金の話になったんだなあと思ったらなにもかもどうでも良くなって、
    結婚とともに姿をくらます予定。

    175 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/12/24(土) 10:53:47ID:KSq4x9RO.net
    元嫁に「初恋の転校してしまったA君」に似てるからと告白された
    聞けばスジを通すためと彼と別れてきたと
    怖かったので断ると元嫁友人や元彼まででできて説得された
    何事にも一生懸命だが勘違いが多く一緒にいると楽しいかもと友達から始め、こちらから告白、結婚し息子もうまれた
    育児も落ち着き元嫁が働きにでて数年「初恋のA君が別部署にいた。気持ちが抑えられない。スジを通すために離婚したい」と言われた。
    お互いの両親を呼んだ席で「親権を手放し身軽になりたい」と言い放ち絶縁された
    ここまでするのは相手と話がついてるのではないかと元嫁会社にいる友人に話を聞くと自分に似てるその男は「海外事業部のアジアの方」だった
    この人のために嘘をついて離婚する気だと心が折れ親権もらい離婚、引っ越した
    しかし元嫁は本当にA君だと思ったらしく、会社を辞め1人でいるらしい
    こちらを探してるとは聞かないので、A君を探してるんだろうと思う

    688 :名無しさん@HOME2013/03/13(水) 10:28:370
    話ぶった切ります。
    私の足のサイズは、22.cm 身長は165cmあるので小さい方でバランスが
    悪いのか、冷え性で長年苦しんできた。去年さるブログだ冷え取りと言う
    靴下を 五本指絹 五本指純綿 先が丸い普通の靴下を絹・純綿と繰り返して
    合計10枚はくという健康法を知った。
    これが自分にびったりあって足先指先の冷えがよくなって、年中抱えていた
    カイロを手放せた。でもこれをすると普通の靴が履けない。
    靴屋に行って、ためし履きしたところ男物の26㎝がぴったりでした。
    男物!って靴で無く若者向きのものを選んで履いてますが、旦那と同じサイズに
    なってしまった。
    上の服装も、女っぽいものは合わないので、カジュアルにしている。
    でも法事や義実家に行くときは、スカートをはかないと「女らしくない。」と
    トメがうるさいのでスカート・ストッキング・ヒール靴で行っている。
    帰ってから冷えて大変だけどね。

    ある日コトメが、渡すものがあるってやって来た。後から考えると
    玄関に置いてある若物風の男物靴をじろじろ見ていたみたい。
    その後も連絡も無く、コトメがいきなりやってくることが増えた。
    そのたびに上がりたがるけど、コトメはあら捜しの名人で上にあげたりしたら
    後からトメに「片付けてなかったんですってね。」とか「洗濯物を干すときに
    叩かなかったんですってね。」とか嫌味を言われた過去があるので
    あげたくないので「これから出かける。」とか言って三回に一回ぐらいしか
    上げなかった。
    あげるときも今を掃除してから上げるので、コトメは玄関前で待たせてました。

    16 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/08/27(水) 02:59:25ID:u67SEHHq.net
    ちょっとリッチなスーパーに行った時の話

    大学の頃、両親が旅行に来るってので部屋の余ってる俺の下宿先を宿として使うことになった
    そんで家で久々に母の味を食べさせたいっていうので、ちょっと高めのスーパーで俺と彼女(丁度両親に紹介した)が食材を買うことになった

    買うもの揃えてレジ待ちしてると、後ろに並んでた母親と子連れが急にぐずりだした
    小学生くらいの子供は早く帰りたい帰りたいと駄々をこね泣き叫び、母親はうるさいわね、順番待ちしてるんだから黙りなさい、とかなりきつめに叱っていた
    待ってる間、カートにしがみついた子供が喚きながらカートを押すので、前にいる俺の脛にカートが当たってかなりイライラ、しかも当たってるよと言っても聞かない
    でも子供のやることだしと我慢していた

    81 :名無しさん@HOME2012/10/01(月) 13:02:53i
    トメさんが先月「お隣さんの孫ちゃんアレルギーでケーキ食べられないらしいんだけど、アレルギーって何?」と子育てした事があるとは思えない発言をしていた
    だから「下手したらタヒぬので食わせたら杀殳人」と懇切丁寧に簡単に教えた
    「嫁はアレルギーあるの?」とワケわからないこと聞いてきた
    「あるよ。海老蟹」と教えておいた。これは事実
    金曜日に伊勢海老、車海老、セミ海老、毛蟹が送られてきた

    美味しくいただいた。バカめ、加熱すれば問題ないんだよ
    旦那に「アレルギーの話をしたとたん送られてきた。これは杀殳人未遂」と伝える。昨日絶縁完了した

    色々ありがとう、御馳走様でしたさようなら

    251 :鬼女タウン 2015/12/20(日) 18:36:42 ID:KmT
    母同士が幼馴染みで、赤ちゃんの頃から兄弟のように育ち、
    年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼。
    その彼の祖父が事故で大怪我をし介護が必要になり、
    私は彼と彼両親、彼祖父母のお願いもあり、介護に関わるようになった。
    結局その事故の怪我が原因で彼祖父は5年もしない内に亡くなってしまった。
    仕事を辞め、慣れない介護で腰を痛めてしまったが、
    祖父母の居ない私には本当の孫のように可愛がってくれる人達で、
    介護に関われたのは幸せだと思っていた。
    介護の合間に彼祖父母から昔話を聞いたり、
    秘伝の漬け物の作り方を教えてもらったりと楽しかった。
    亡くなる前に孫達(私)の花嫁姿が見たいと言われ、
    彼と二人で仮衣装を着て彼の家で一緒に写真撮影をした。
    「○(彼祖母)さんが嫁に来てくれたとき、○(彼母)さんが息子の嫁にきたときを思い出すねえ」
    と彼祖母に手を握られながら幸せそうに話す彼祖父に私号泣。
    彼も「じーちゃん達みたいな夫婦になるから安心してよ」と言っていたのに。

    831 :鬼女タウン 2007/09/15(土) 18:07:52 ID:vWYMjClT
    親戚に視覚障害者がいて、盲導犬を連れてるんだけど、
    一緒に電車やバスに乗ると、よく席を譲ってくれる人がいる。
    結構お年を召した方の場合が多く、
    「足が悪いわけじゃないので大丈夫ですよ」と本人が断っても、
    「いやいや、わんちゃんが疲れるでしょう」と言って引かない。
    この前、「じゃあ、お言葉に甘えて」と座ろうとしたところに、
    「大丈夫ならうちの子供と代わってくれます?」と言って強引に入ってきたお母さんがいた。
    そして子供を座らせ、その子が盲導犬を撫でたりハーネスを掴んだりしても、
    「この子、わんちゃん大好きなんですよー。○○くん、よかったねー、可愛いねー」って。
    「仕事中に撫でられると、遊びたくなってしまうのでダメなんです。すみません」と言っても、
    「あら、でも、そういうのって建前じゃないですか。
    ケガさせられたりすると困るからって。うちの子は大丈夫ですから、安心してください」

    建前かどうかは、お前が判断することじゃないでしょ。
    自分は絶句してしまったが、親戚は一生懸命説明していた。

    906 :鬼女タウン 2016/09/02(金) 09:39:32 ID:0gd
    学生の頃、父親が「隣家に監視されている!」と言い出したことがあった
    隣との間に高い塀をたてたり隣家の窓を睨んだりと行動がおかしくなって、母と私でどうやって父を病院に連れていこうかと悩んでいた
    両親が仕事に行き、私は休講になったからと家で留守番。その日、庭から変な物音が。
    ガチャガチャと物置の戸を開けようとしているような音や庭を歩き回る音、私は泥棒かと思った
    カーテンの隙間からそーっと携帯のカメラを向けて動画を記録、カメラ越しに携帯の画面に映ったのは隣家のおばさんだった
    昔の携帯だから長くは撮れなくて、3~4本の細切れ動画になった。すべてに家庭菜園の野菜を取ったり物置やプレハブの戸をいじったり庭に鳥の餌を撒いているものが撮れた
    父は正しかった
    その夜、機種交換前の古い携帯に動画を移して父に提出。父は全てを確認した足で隣家に乗り込んだ
    動画がいい証拠になったんだろう、常識人の隣家の旦那と話がまとまったようで念書的な紙と大吟醸を貰って父が帰宅した
    それから隣家のおばさんから「ちょっと様子を見に行っただけなのに神経質!」「学校サボる不良め!」「盗撮魔!」と度々罵倒されたが、その度に「父に報告します」というと逃げるので怖くはなかった
    隣家の2階の窓からこちらに向けてゴミを捨てられたことがあったが、「今のも撮りましたよ(嘘)」と言うと2度とされなかった

    何が神経わからんって、先日父が亡くなったときの隣家のおばさんの言動
    「あなたのお父様とは凄く仲が良かったの、だから形見分けに時計ちょうだい」
    「生前約束してたから駐車場も使わせてね、お父様いなくなったんだから空くでしょ」
    「お香典(千円だった)あげるから家に上げて」
    母が無言で線香立ての灰投げつけて追い払った
    隣家の旦那に報告したら旦那は父の遺影に土下座で謝ってくれた
    あんなに嫌がらせしておいて、亡くなったとたんに分かりやすい嘘までついてタカろうとする隣家のおばさんの神経がわからん

    147 :鬼女タウン 2015/12/12(土) 09:24:49 ID:88h
    書き溜めて来たら、微妙に上の話とカブってるかもしれん。
    実兄が離婚した。
    2年前から「離婚したい、俺はATMだ。嫁も子供も俺を利用するだけで家族と思ってない」
    と愚痴っているのは知ってたがまさか本当に離婚するとは思わなかった。
    兄貴も兄嫁も浮気や借金などはなかったから、性格の不一致と嫁姑の諍い等を理由に別れた。
    子供は高校生の娘と息子。親権と養育権は兄嫁が取った。
    兄貴の離婚を後押しし、味方してくれた同僚らと兄貴は祝い酒を交わし、
    「ようやく自分の人生を取り戻せた」と涙ぐんでいた。

    俺は兄貴とは4歳違いでガキの頃はよく嫌な事をされた。
    いじめというほどじゃないが、チキチクいじってきて、こっちが泣いて怒ると笑って逃げる。
    兄貴は子供達にも同じことをしていた。
    何か「買ってあげる」と約束しておいて当日に「ウッソ~」とやって泣かすとか、
    「おまえの鼻が大きいな」と顔や体の特徴を何度もいじって泣かすとか、1つ1つはたわいない。
    なぜな泣かすのかというと「泣き顔が可愛い」らしい。
    しかし子供たちも9~10歳になると学習して相手にしなくなってくる。
    ある時、姪(兄の娘)がアイドルにハマった。当時小学生だった姪は、兄貴に「チケットを取ってやる」
    と言われ信じた。しかし当然のように嘘だった。
    兄貴はそれを姪の誕生パーティで「ウッソ~」とバラした。
    その場には俺も両親もいた。誕生パーティは号泣する姪を慰める会と化した。

    943 :鬼女タウン 2015/03/28(土) 18:21:21 ID:2Dl
    悩んでるというほどじゃないけど、リアルで人に話しにくいので書いてみる。

    自分はアラフォー。こないだ学生時代の知人から突然電話があった。
    知人は複雑な家庭環境や身体の障害から不登校気味で、年相応の知識や常識は持ち合わせていない。
    お互い学生だった頃は自分が気にかけて家に遊びに行ったり話をしたりしていたが、フェードアウトして十数年連絡を取っていなかった。
    電話の内容はちょっとしたことだったんだが、久々に話すとなると自然に今どうしてるのみたいな話になった。
    知人は学生時代の生活から変わらない生活をしているようで(障害年金と親の年金で生きてる)、最近あるテーブルゲームにハマり近所の対戦場へよく行くとのことで、外出していることに安心したくらいなんだが、
    その後に続いたのが「(自分)は結婚したんでしょう?やっぱり子作りってするの?」ときて、息を飲んでしまった。
    そういうことは話題に出してはいけないと返したんだが「いいじゃん、ねぇどういう感じなの。わたしは一生経験することがないからさ、知りたいんだよね」と元気ににこやかに続けられた。
    自分としては、相手は障害のある知人だから怒る気にはなれず、どう返したらいいか少し悩んで、
    どういう感じか聞いたところで、人によってものすごく違うものだから、逆に人のことは聞かないほうがいい、ということを話した。
    しばらく明るく元気にごねられたが、こちらも明るく元気にかわし続けて、じゃあねと電話を切った。

    言葉を選ばずに言うと、知人が"普通の人"ではないから今更そんなに驚くことじゃないんだけど、十数年ぶりに連絡とって、十数年間何も変わっていないのに小さなショックを受けた。
    翌日ぐらいに図書館へ行き、障害者への対応の本を探したけど、介護老人と障害児向けの本ばかりでがっくりするくらいには動揺した。
    知人はこれからどうなるのだろう。何かしてあげたい気もするし、かつてそう思っていたけど結果フェードアウトして今に至るので、迂闊なことはしたくないというのが正直な気持ち。

    このページのトップヘ