衝撃的

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/08(土) 20:51:47.77 ID:gJXaH4Xd0
    「ネタスレで書かれてるような想像上のリアルでのねらー」 
    +「体験談系スレのありえないぐらいの行動力やコミュ力のあるヲタ」 
    +「ヲタ気質や2ch好きを隠さない俺かっけー思考なDQN」 
    って感じの奴だ 
    とりあえずそいつをAってことにする

    118:名無しさんといつまでも一緒2006/02/10(金) 22:03:44
    俺はなぐれなかったなあ。
    真冬の最中に二人ともすっぽんぽんで放り出して警察呼んだら、俺が監禁だかでとっ捕まったw
    まあ大騒ぎになったからとりあえずせいせいしたし、両方から金もふんだくったしね。
    ただ元嫁の家庭が壊れたのは不本意だったな。仲の良い夫婦だったのに。 

    537:おさかなくわえた名無しさん\(^o^)/2016/12/13(火) 17:41:54.71 ID:WB5KzGBq
    小姑が腎臓2個ともやられて完全に腎不全になった。
    「もし適合するようならお前の腎臓を妹(小姑)にくれんか?」と夫に言われた。
    その時は「うん、わかった」と承諾したが、
    自分の腎臓を摘出される場面を想像したり
    もし摘出後に今度は自分の残りの腎臓が悪くなったらもう後が無いじゃんとか
    考えたら後からジワジワ恐怖感が湧いて
    「ごめん!やっぱり怖い!」と適合検査の協力願いの話を拒絶してしまった・・・

    小姑や夫や姑は私の薄情さを責めるようなことは一切無かったが
    透析生活になった小姑には当然ながらずっとすまなさと疚しさがあった。

    しかし後々になって気付いたら、小姑が腎不全になって以来
    夫や姑自身は適合検査なんて全くしてないんだよね。
    腎臓移植なんて成功の可能性が一番高いのは当然血を分けた親族。
    それでダメなら他のドナーを探すのがまぁ普通だろう。
    なのに、夫と姑は自分の腎臓を本気で提供する気はなかったのか
    検査すらしてみずに、私には「腎臓クレ」と気軽によく頼めたなぁ・・・ 

    436 :◆g6uCTzy6EY2010/12/09(木) 10:05:45
    帰っても誰もいない真っ暗な家
    一人のハロウィン
    一人のボジョレーヌーボー
    一人の俺の誕生日
    一人のクリスマス
    一人の大みそか
    そして一人のバレンタイン
    淋しいだろう?
    別に戻ってきても構わない

    俺はバツイチだとバカにしたりはしない
    俺に謝る必要なんかない
    反省だけしてくれたらそれでいい

    ※母さんだけには謝ること
    母さんは今グッチの財布が欲しいと言ってます

    離婚してから届いたメールです。
    離婚理由は、嫁に財産なんて要らないと姑が私の通帳を盗んで切り刻んだのが発端。
    あまりにもあっさり離婚したので、ほんとに離婚して良かったのかな?と思いかけたころに届いて、やっぱり離婚して良かったと思い直しました。
    笑える要素の少ない腹が立つだけのメールです。 

    482: 名無しさん@おーぷん 2016/11/28(月)09:33:21 ID:Cid


    旦那、ずっと前から腰が痛い腰が痛いって言ってて
    一度検査受けたら?って言い続けてた。


    湿布も鎮痛剤も効かないなら筋肉痛や神経痛じゃないだろと。
    元々女房が言うことなんて馬鹿にして聞かない人だったけど、私なりに心配してたのに「うるせえ!」って怒鳴られたり殴られたり。
    なのでもう黙ってた。
    先々週、夜中にのたうちまわってやっと病院へ。
    結果、手遅れの膀胱がんだって。膀胱だけに?
    女房としてはショック受ける話なんだろうが、ホッとしてる自分がいる。

    334:名無しさん@HOME2007/05/30(水) 16:58:43
    姑と姑友人を怒鳴り、罵倒してしまった。
    姑友人の障害者の息子を差別する発言もしてしまった。
    でもうんざりしていたのですっきりした。
    長くなりますが書かせてください。


    特に酷い姑からの仕打ちは
    婚前、彼(現夫)の家族に挨拶に行った時、私と二人きりの時に姑が
    「あなたは息子にはふさわしくないわ。相応の人を紹介してあげるから別れなさい、いいわね?」
    と言ってきた。無論、彼に相談し、彼が叱って説得してくれた。
    後日姑から連絡があり、お詫びをしたいからと私と姑二人きりでの外食に誘われた。
    呼び出された先には姑と姑友人とその息子。
    姑は私と姑友人の息子の仲を取り持とうとの呼び出しだった。
    姑友人の息子は見るからに障害者で介助する人間が必要だから嫁に来いとの事だった。
    その障害者に抱きつかれたり殴られそうになっている私を見て姑は
    「あら、気に入られたみたいね。友人さん、
    いい娘さんでしょう?仲人は私が引き受けるから進めましょうよ」
    とニヤニヤ。姑友人もノリノリだった。

    477:名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/27(水) 23:15:58.15 .net
    何で砂糖をチョコレートで代用するんだ
    何で醤油をコーラで代用(ry

    何で味噌をキャラメルやピーナツバターで(ry
    ひいたコーヒー豆をおから代わりに使うんじゃねえ

    お前が持ってるのは豆腐じゃなくてヨーグルトだ
    菜っ葉が無いからって庭の草むしってくるな

    もう疲れた
    買い置き切れちゃっただもーんウフフ^^じゃねえ

    260 :名無しさん@HOME 2008/11/01(土) 14:47:47 0
    今日、義実家もお寿司だったw 
    寿司桶を私の前にイカと河童巻が来るようにトメが置いたので 
    お茶を入れている隙に 
    イクラと雲丹のところに回した 
    美味しかったよ

    【前編】結婚してからずっと孫孫孫孫言われ続け、やっと授かった男の子。トメ狂喜乱舞「私の孫私の孫私の孫私の孫私の孫」挙句、夫とトメが勝手に名付けて出生届提出…
    208:改名希望嫁2007/06/14(木) 09:59:14
    前スレで、夫とトメに「トメ祖父」の名前で息子の出生届けを出された「改名希望嫁」です。

    私の元同僚で、現夫の同僚(課は違いますが)と電話で話しました。

    ・人事に子供の出生に関しての届出をしたら、人事部の女の子に
    「これが赤ちゃんの名前なんですか?」と驚かれ、
    1人暮らしではじけて飲み歩いていると、飲み会では
    「うちらのじーちゃんでもこんな名前ないよね〜」
    「誰の趣味でこの名前なの?」
    「なんかもう年金もらってそうだよね」だとか
    「年金世代というより、寺の過去帳にしかないって」だとか
    「赤穂浪士世代じゃない?」とか

    とにかく思いっきり夫の前でみんなが息子の名前の「感想」を述べたそうです。
    同僚曰く、夫は最初のほうこそ「みんな言いたい放題だなw」と言っていたものの
    「そんなにアレな名前?」とだんだん意気消沈していったようです。

    そして、誰かが「誰がつけたの?つけたがったのは奥さん?」と言い、
    夫が「うちの母親が…」と言ったら、非難轟々だったそうです。
    既婚で女の子2人の父の先輩男性と夫はずっと深刻な顔でひそひそやっていたらしく、
    同僚はその内容は聞いてないようなのですが、途中で先輩が激昂して
    「いい加減にしろよ!俺が奥さんの親なら離婚してこいと言うね、飲んでないで帰れよ」と
    言ったと。それで夫は先に帰ったけど、そっち(うちの実家)に行った?と
    電話があったのです。

    289:名無しさん@HOME2007/06/11(月) 21:34:04
    愚痴を書かせてください。

    結婚してからというもの、ずっとお題目のように孫孫孫孫言われ続けた。
    3年くらいしてやっと授かった子が男児だと判った時のトメの狂喜乱舞はすごかった。
    私の孫私の孫私の孫私の孫私の孫。

    私の入院中に夫とトメふたりに勝手に子供の出生届けを出された。
    名前はなんとトメの祖父の名前。
    あまりの仕打ちにその時は言葉も出なかった。
    ものすごい明治・大正テイストな名前に驚愕。(古風ではなくただ古臭い)
    2人のときに夫を責めたが「お前は子供を自分の身体で産んで母親になった。
    俺は名前を生み出すことで父親になれるんだ。それくらいいいじゃないか。」といった。
    何でトメの祖父の名前なんか…と言ったら
    「お前は痛みに耐えられなくて帝王切開にしたんだろ?お前はそうやってお産を選べた。
    俺が名前を好きに選んで何が悪い?」と。
    生み出したんじゃなくてトメが決めただけじゃないか。
    痛みに耐えられなかったのではない、旋回異常で緊急帝王切開になっただけなのに。
    そう言っても「もう届けは出したから」。
    もう体が動くなら夫を〆頃したかった。

    出された出生届けはどうにもならないと観念し、名前の漢字1文字目の読みだけを
    取って、それだけで呼ぶ。

    このページのトップヘ