恋愛・結婚

    298 :2017/07/28(金) 11:30:32ID:KpH
    自分の出生にまつわる衝撃話。

    私の生家は、私が幼稚園ぐらいまでは父親がおらず、母子家庭だった。
    その後、父親がともに暮らすようになった。
    小学生の頃は「(母親も働いていたため)転勤で一緒に暮らせなくなったが
    父親が決心して仕事を変わったので暮らせるようになった」と言われていた。
    父親側の親戚との交流がなかったのは疑問に感じていたりもしたが、父方祖父母は既に亡くなっており
    遠方の父方伯父以外の親戚はいないと説明されていた。

    成長して、父方伯父やいとこと話をしていると、父方祖父母や親戚が実際にはいるような節も
    聞いたけれど、父実家は伯父や父の結婚に反対していたらしいという話も聞いたので
    祖父母の反対や「嫁姑問題」なんかがあって、なかなか同居できなかったんだろうと勝手に解釈していた。
    母はいわゆるキャリアウーマンで、「姑」なんか全くこわくなさそうだし、
    そう考えれば父が母の姓を名乗っていることのつじつまもあったので、あえて聞こうとはしなかった。

    去年に、定年退職して間がない年齢だったが、父がガンで亡くなった。
    その時に、母と父方伯父から私の出生に関する話を聞いた。

    父と母は大学の同じゼミで、就職してからも交際は順調でいずれ結婚すると
    周りから見られていた。実際、半同棲のような感じだったらしい。

    母は学生時代からいわゆるフェミニズム運動のようなものに関わり、就職してからも
    ある程度続いていた。(定年後の今も、事業所向けのセクハラ防止講座とかで話してる)
    ただ、私が母から言われたのは
    「セクハラ(昔はこういう言葉もなかったらしい)や役割の押し付け(飲み会のお世話役など)
    には、曖昧な態度を取らず毅然と拒むか然るべき機関に訴えること。困っている被害者が居れば助けること」
    「結婚しても『自分の財布』を持ち、自己決定をかかさない。大事なことは夫婦で相談。
     家事や育児、あるいは収入を「相手に丸投げ」ではダメ」
    「制度上改姓は仕方がないとしても、相手の家の一員になるわけじゃなく新しい家庭を作るもの。
    『入籍』という言葉は正しくない」
    という感じで、今で言えば当たり前というか穏健なものだけれども、当時としては
    母は「変わり者」扱いされたらしいが、父はそういう母が好きで、対等なカップルだったらしい。

    【前編】暇潰しに図書館に通ってた。ある日借りた本に手作りの可愛い栞が挟まれたままだった。俺は持ち主に返すため司書にお願いに。それが彼女との初対面だった…
    629:6072013/01/14 20:23:47
    大変お待たせいたしました。
    仲間うちではてきとーに喋れてる話なんだが、
    文章となると難しいね。恥ずかしくってさ。

    607:名無しさん@お腹いっぱい。2013/01/07 02:01:11
    初めてした会話のスレで気が向いたらこっちでkwskと言われてたので、
    正月休みにkwsk書いてみた。んで、ちょっとお邪魔させてくれ

    388: 名無し@話し合い中 2006/08/08(火) 09:12:21
    嫁さんと別れたいけど、相談にのってくれるかな?
    嫁さんは悪くないよ、俺が悪いだけ。それでもいい?
    正直な気持ち全部話すから聞いてくれないかな?
    離婚できるように助言して欲しいんだけど。

    853: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/16(金) 14:33:25.01 ID:pNg37DSr0
    ど真ん中との格差についての話題読んでたら胃が苦しくなった 

    俺もそうだよ 
    ど真ん中は細くて可愛らしいのに男もびっくりな芯が太い自由人で、別れてから俺もやっぱり真逆な性格の家庭的な人を嫁にした 

    育児がひと段落ついたはずなのに今度はお受験だと騒ぎ出して、だったら贅沢は出来んねって話になってボロアパート暮らし 

    嫁見てると独身時代に熱くなれる物がなかったから育児にここまで張り切っちゃうんだろうなと 
    結婚妊娠に必タヒだったのも俺の事が好きとかじゃなく熱中する何かが欲しかったんやろな 

    ど真ん中は昔から常に何かに全力だった 
    楽しみや生き甲斐を自力で創り上げるっていうのかなー 

    だからなのか俺の夢にも興味津々だったし全力で応援してくれたし「○○君の夢と私の夢が叶うためには何処でどう一緒に暮らすのが一番なのかな」ってよく真剣に話し合ったりしてた 

    今の俺は夢なんて語った日にゃ嫁は応援どころか子供に抱きついて、育児ガーお受験ガーと喚き立てるだろう 
    実際そうだったし。もうほとほと疲れて夢なんてとうの昔に捨てたけどね 

    ど真ん中は既婚なんだか独身なんだか謎 
    ただ相変わらず当時と同じく輝いてるし必タヒに生きてるんだなって痛いほど伝わってくる 

    昔と変わったのは垢抜けまくったのと、都心部に住んでるのと、応援者や仲間に囲まれているのと、本当に綺麗になった 

    たまに悔しくなって「俺には育児という生き甲斐があるんだぜ!」と心の中で呟くが、あれ?俺、嫁と同類じゃんw 

    帰宅して足も伸ばせない湯船に浸かる瞬間が一番現実を直視して虚しくなる

    491 :名無しさん@おーぷん
    昨日「この子と結婚しよう」と決めた話

    昨日、彼女が「今月昇給したからお祝いに、ちょっと良いお店の焼肉を食べに行こう」と言ってきた
    いつも通り俺がちょい多く出すか、割り勘くらいに考えてたんだが、彼女が「今日は全部出す」と言っておごってくれた

    自分の方が5つも年上なのに、情けないからやっぱり出そうかなーって思ってたら
    「いつも自分と遊んでくれるお礼だから良いよー。自分と遊んでくれるから仕事頑張れたし、昇給したし」だって
    いつもはどっちかと言うと倹約家でしっかりした子なんだけど、いざっていうときの思い切りの良さでさらに好きになった
    あとは、いつも車出してくれるお礼だって
    恥ずかしい話、デートのときは男が車出して当然って思ってたから、まさかそんなことで礼をされると思わなくて、すごい驚いた
    今まで付き合ってた女で車を出してくれるお礼で飯をおごってくれる女なんていなかった
    決して、焼肉につられたわけじゃないが、こうやって何か違う形で返してくれる彼女に「結婚するなら絶対こいつだ」って思った

    恥ずかしいから焼肉のときに決意したことは黙っておくけど、近々なにか他に理由をつけてプロポーズしようか……

    161: 名無しさん@おーぷん 2018/06/29(金)13:15:39 ID:Jb0
    学生時代から6年間、大学の先輩と付き合ってた。
    お互いに一人暮らしだから自炊してたんだけど、ある日に醤油を切らしていたのを料理中に気付いたけど肉じゃがだし・・・と麺つゆで代用した。
    それから彼が事あるごとにに「お前の料理は麺つゆ味だもんな」と言ってくるようになった。
    料理に麺つゆ使ったのなんて、その一度きりだって彼もしってるのに。
    それでも、一度は麺つゆで肉じゃが作ったのは事実だし・・・と不満はあったけど気にしないように努めてた。
    先輩である彼が先に卒業就職して食品系の営業だったこともあって色々と美味しいものやお酒を経験していき更に「お前の料理は麺つゆ味」と言われるようになった。
    ある時、飲み会でベロベロになった彼から電話があって酔っ払った彼の同僚?先輩?が電話の向こうで「料理に何でも麺つゆ味はやめてあげて~メシマズ~!」と酔っ払い声で囃し立ててた。
    だけど好きな気持ちは消えなくて、結局私が大学卒業して社会に出て2年近く経ってから結婚前提で彼の御両親にお会いした。
    そこで色々な話をしていて彼が「こいつ料理は結構美味しいんだよ。でも麺つゆ味w」と草生やしながら両親に語ってて、そこでようやくスーッと冷めた。
    6年付き合ったうち何十何百と料理したうちのたった一回の麺つゆ料理で全てが麺つゆ料理のように周囲に言われて私は彼の周囲から一生、メシマズ麺つゆ女と思われなきゃいけないんだ・・・とハッと目が醒めた。

    71: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 22:45:09.46 ID:j8xG6e5Q.net
    誰もいないようなのでこそっと書き込み。(初心者のためご容赦ください) 

    ・会社の1年後輩の女性がと真ん中ストレートだった。 

    ・自宅に何度か電話したりして、映画に行ったり食事をしたりして、付き合っているつもりだった。 

    ・あるとき、俺は二人で出かけた先で意を決してプロポーズした。 

    ・1週間考えさせてと時間を経たあと、俺は呼び出されて振られた。 

    ・それから数年後、俺は今嫁と出会い、結婚、子どももできた。 

    ・それから20年以上経って、実は彼女は子どもができない身体だったことを知った。

    ・もしかしたら、彼女はその事情があったからか?と思い至ったたときの衝撃。 

    ・「○○さん、子ども好き?」って目を見て訊かれた瞬間のフラッシュバックが何度か。 

    以上、これだけ。嫁には言えない。このまま墓場に持っていく。 

    どこかに書きたかった。元日からお邪魔しました。

    623: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 23:44:29.76 p.net
    20代半ばで、付き合っていた彼氏に突然フラれた。 
    結婚の話がその半年ほど前から出ていて、お互い親に挨拶も済ませたところだったので、私はこの世の終わりかと思うくらいに落ち込んだ。

    最後に彼と会った時に知ったのだけど、私と別れたと聞いた彼母は彼に激怒して泣いたらしい。 
    しばらくして私の実家に彼母からお詫びの電話があり、私に会いたいと言うので後日会った。彼母のことは好きだったからお別れの挨拶がしたかったし。 

    会ったらお金を渡された。 
    なんでも彼は彼父の本当の子供ではなく、彼母が結婚前に付き合っていた人との結婚後の浮気で出来た子。相手もそれを知っていて、彼が結婚すると聞いて結婚資金にと大金(が入った彼名義の通帳)をくれたらしい。 
    それを全額引き出して私に持ってきた。 
    もちろん何度も断ったけど、 
    「私ちゃんにはお詫びの言葉もない。何が何でも受け取ってもらいたい。うちの者は誰も知らないお金だし彼の本当の父とももう二度と会わないから」 
    と言い続ける彼母からの重い空気に耐えかねて、結局受け取った。 
    彼の本当の父が27年、家族に内緒でコツコツ貯めてきたというそのお金を全部もらった。 
    400万ちょっとあった。 

    ちょうどバブル期の派手な時代で、お金はあっという間に使い果たしてしまった。 
    受け取ったこと、彼の本当の父の想いを踏みにじったこと、フワフワした用途で全部使ってしまったこと。 
    どれも最低だから誰にも言ってない。

    【前編】東京の大学に進学、一人暮らしを始めた。文学少年だった俺は大学も行かず家で小説ばっか読んでたんだ唯一週間にしてたこと、それは毎日夜にトンカツ屋に行くことだった…
    154:名も無き被検体774号+2012/02/09(木) 22:16:32.69 ID:qZA5vYVTO
    トンカツ屋に繁く通ってたら人生が変わった
    スピンオフ
    彼女と幼なじみの対峙

    このページのトップヘ