トメ・ウト

    499:名無しさん@HOME2009/03/06(金) 10:33:31 0

    うちは旦那がトメにお小遣いを渡すのをやめなくて
    そのうち仕送りの話になって、それで別居した。
    ウトが生きていたころはトメはウトの言いなりで出かけることもなかったとか。
    それで、ウトが亡くなったあとにトメは自分の田舎に戻ったんだけれど
    そこでかつての友達や職場の仲間などと親交を深めて
    旅行とか食べ歩きとかをするようになった。
    東京の家を売って田舎に引っ込んだから、お金には困ることはないはずなのに
    「旅行するのに服を買いたいから小遣いをくれ」というかんじで
    定期的にお小遣いをせびってくる。
    最初は旦那も自分の小遣いの範囲で送っていたけど
    仕送りをトメに言われてから「家計から毎月送りたい」と言い出して喧嘩になった。
    1度別居して離婚話になったときに、旦那はやっと目が覚めたというか現実を見たというか。
    そのとき、旦那は40歳でトメは75歳。
    離婚して子供たちが大学を出るまで養育費を払い、財産分与もして。
    再婚は望めるかといったら無理だろう、と。

    実家にいたころ、トメが暴君ウトの言いなりで楽しみがなかった生活だったことや
    独り身のトメに対する申し訳なさをお金で何とかしたかったみたいだけど
    私の親が「私たちもそんなに楽しい楽しいで生活はしてこなかったし今もしていない。
    私たちの親だってそうだ。生活ってそんなものじゃないのか」と言ったのも効いたみたい。

    653:名無しさん@HOME2012/02/07 12:56:32

    豚切り失礼

    私は長男嫁で義実家同居中
    そこに遊びに来た義弟夫婦がお土産を持って来てくれた
    何でも義弟嫁ちゃんが友達の結婚式で遠方に行ったらしく、それのお土産をわざわざ買ってきてくれた
    久しぶりに旅行的なことが出来て楽しかった、学生時代に戻ったみたいだったと義弟嫁ちゃん
    しかしそれが気に喰わないらしいトメ(ウトさん単身赴任中)
    しっかりお土産貰いながらもぶちぶち文句を言う

    「はぁー…いいわね、若い人は。私なんて結婚してから友達と旅行なんてしたことないわ…」

    同居してる私にとっては日常的な愚痴だが義弟嫁ちゃんは違う
    さぞうっとうしかろと思って何か言う度に私が言葉を返しておいた
    しかしトメは止まらず

    「そもそも嫁の立場で家を空けるなんて…信じられない」
    (むしろ遠慮してた義弟嫁ちゃんを快く送り出したのは義弟くん)
    「友達だって既婚者を誘ってどういうつもりなのかしら…いつまでも独身気分じゃ困るわ」
    (友達の結婚式ついでに観光してきただけ)

    全部がこの調子でぶちぶちと文句を流す(途中、義弟くんや私が止めるも止まない)
    すると突然義弟嫁ちゃんが泣き出した!
    「お義母さん!」って言う私と嫁ちゃんを慰める義弟くん
    トメは気まずそうにしながらも「フン!」とそっぽを向く

    「なによ大袈裟な…泣く位なら旅行なんて行かなければいいのよ」
    「大体前から思ってたけど結婚したっていう自覚が足りないの。仕事もいつまで続けるんだか」(医療系正社員の義弟嫁ちゃん)
    「さっさと子供産んで入りなさい。そしたら余計な遊びなんかする気なくなるわ」

    続く

    71:名無しの心子知らず@\(^o^)/[sage]2015/11/05(木) 08:56:15.85 ID:vA+G+Lxc.net
    はー。長文ごめん。産後もう3ヶ月経つけど今日また産後にやられた事を思い出した。
    里なしで手伝いは必要無いから入院中に来てと言ったのに大量の荷物と共に退院日にトメに凸された。帰ったその足で大掃除と茶の準備する羽目になる。

    手伝いと称して家事をするも我が家の道具や生活用品の使い方がわからず横になってるのにいちいち聞いてくるし毎回立って教えるも覚えられない。
    やっと寝られると横になったら枕元に掃除機掛けたりテレビを見ながらずっと大声で話しかけてきて寝れやしない。
    「一人でも大丈夫です(だから帰ってくれ)」と何度も訴えるも「そんなはずない!」と聞く耳持たず。
    産前にしていた家事・愛用している生活用品に散々ケチつけられ、在庫あるにもかかわらず調味料一式カスタマイズされた。
    上白糖は三温糖に、料理酒は清酒に、味付き胡椒は普通の胡椒に。
    (ここまでで体に良いものを使う主義なのかと思ったらなぜか岩塩はアジシオに変わっていたw)
    鰹節、麺つゆ、ドレッシング、チューブにんにくなどまだ残ってるのに全てトメのこだわりの品()に銘柄変更。これ全部一回の買い物で買ってきたんだぜ…。
    一万以上使ってたから何買ったかと思ったらほぼ調味料w
    それはまだ許せるとして一番ムカついたのは退院後初の沐浴を取られたこと。
    念の為事前に「お風呂に入れるの楽しみにしてるんですよ」とジャブ打って置いたのに着替えを用意している間に抱っこして風呂場に連れて行かれた。
    他にも色々されて精神的にまいってしまい泣いて懇願してお帰り頂いた。
    新しい鍋焦がしたくせに隠して帰って行ったw
    今日バターが無くなったのでトメが買ってきたバターを使おうと開けてみたら無塩バターだったので再びイラ~っとしてカキコ。

    381:名無しの心子知らず2007/12/27(木) 03:32:07 ID:C+OQyqPY
    トメは良トメ。
    色々良くしてくれるし、足向けて寝られない位。
    シャキシャキ働きカッコいいし、結構バカな発言をするダンナに
    常識的な説教をする姿を見て、正しい事言うなぁ〜と思ってた。

    だがついに赤が産まれ、まさかの
    「おばあちゃんなんて絶対呼ばせないわよぉ(はぁと」

    キタ───―(゚∀゚)───―!!!

    ばあちゃんはばあちゃんじゃんって突っ込むダンナに対して
    「どうせ嫁子ちゃんをママって呼ばせるんでしょ?
    じゃ、私は『お母さん』でいいじゃない。ね〜孫くん(はぁと」

    あの…私は「ママ」派じゃなく「かぁちゃん」なんですが('A`)
    って、そういう問題じゃないか…orz
    「ばぁば」よりヒドイよね…

    年下ダンナの母だからまだ50歳になってない位なので
    気持ちはわからんでもないが、ポジション的に「祖母」なのは
    どうしようもない事実なんですよ…(´・ω・`)
    カコワルイよ…トメ…

    うちの母も兄夫婦に子供ができた時、同じ歳くらいだったが
    「おばあちゃん」を受け入れてた気がするぞ。


    2chのどっかで読んだような話が実際起きるとは…orz

    912:名無しさん@HOME2010/10/12(火) 15:20:46
    義兄夫婦がウトメと絶縁した。てか、私ら巻き込んで逃げた。

    ウトメが二世帯住宅建てて、義兄夫婦と同居。
    ウトメ+高校生のコトメで義兄嫁をいびりまくるが、義兄が激務だったため
    義兄嫁は黙って我慢し続け、壊れる寸前だったらしい。
    やっといびりに気付いた義兄がウトメと戦うが無駄だと知り、転勤願い。

    ちょうど私達が結婚の挨拶に来た時期だった。

    ウトメには長期出張だと嘘をつき「その間、弟達が住めば良い」と提案。
    仕事だから仕方ないが、義兄嫁は家事させるから残れ!と言ってたウトメも
    可愛い次男坊と一緒に住める!新しい家政婦ゲット!で快諾。
    後宜しく〜と義兄逃亡。

    私達は何も知らずに、義兄夫婦が帰ってくるまで、家の頭金を貯めようね
    と気楽に住んでみると、二世帯でも何でも無い。
    嫁の物は自分の物とばかりに、勝手に部屋に入っては盗んだり壊したり。
    わざとぶつかったり、仕事辞めて家事しろと五月蝿い。

    うんざりしてすぐに別居したが、義実家出る前にコトメを2、3発なぐって
    (最初に手を出したのはコトメ)私の物を取り戻し、ついでに壊した物も弁償させた。
    誰も彼も義兄嫁みたいに大人しいと思うな。

    義兄には後で滅茶苦茶謝られた。ウトメの言いなりロボットになってしまった
    義兄嫁を守るのに必タヒだったって。

    924:名無しさん@HOME2008/07/23(水) 16:47:00

    ここを読むようになって、
    今迄「私がいたらないから…」「悪い嫁だから…」と思ってた自分の目が覚めたよ。
    考えたら、なんで自分家の家事も仕事もあるのに(旦那は長期単身赴任で留守)
    義実家に呼び出されて、義実家の家事までせにゃならんのだ?
    加えて、有り難うの一言もなくテンプレ通りの嫌味ばっかり。

    なので、常に鞄に録音機仕込んで義実家に行くようになった。
    トメのテンプレ嫌みを逐一録音。特に酷いものだけを編集しておいた。
    たまの休みに戻って来た旦那が、義実家とうまくやってるか?と聞いてくれたのを、
    待ってました!と泣き崩れ。
    「旦那さんとはやっていきたいけれど、御実家とうまくやってく自身がない。
     私は悪い嫁だから。旦那さんにも申し訳ない。離婚を考えてる。
     弁護士にも相談した(弁護士の無料電話相談になw)
     旦那さんの所為ではない事を弁護士に分かってもらうために、証拠も集めた」
    で、録音テープをスイッチON。

    その後、
    旦那がトメを糸交めてくれ、元々私に仕事があるから義実家近くに残ってただけなので、
    今は私も仕事を辞めて旦那の単身赴任先へ移り住んでいる。平和だ。

    936: 名無しさん@HOME 03/12/23 12:22
    トメお気に入りの兄嫁が4人目の女の子を産んだあとに 
    私の産んだ子が男の子だと知ったら、急に家に来いこい言い出した。 

    今までは兄夫婦が神様で何でもいいなり援助しまくり、子供の出来ない弟夫婦は無視。 
    私が家に行っても「会いたくない」と言って追い返されたこと2回。 
    誰が行くかいアフォと思ってそれからは連絡を絶った。 
    年賀状が来ても私のことは「御奥様」と他人のように書いてきていた。 
    多分本当に名前も知らなかったんだと思う。 
    だから他人でいいや、むしろありがたいと思っていたのに。 
    子供が男の子と知るや態度が豹変。旦那に私への小遣いまで言付けてきた。(変わりすぎ) 

    最初の子をタヒ産した私に電話してきて、わざわざ自分の子供を電話に出させた兄嫁の仕打ちも忘れない。 
    まだアウアウ言って会話にならんような赤んぼと延々30分も会話させられて涙で受話器がベトベトになったわい。 

    最近では、何を勘違いしたのか同居の打診までしてきたのでキッパリ言ってやった。 
    「とんでもない。そちらにはご立派なお兄様夫婦がおられるのに。 
    今 ま で 通 り お兄様を大切になさってくださいね~~」 
    そしてトメが絶句している間にガチャ切り。以後無視。 
    そんなに男孫に会いたいか。絶対に会わせん。許さん。

    507:名無しさん@HOME投稿日:2011/04/17(日) 13:37:39.80
    じゃあ、うちのクソトメの話でも。
    多趣味で、社交ダンスやら和裁やらをやり、食事の時はクラシック、テレビはほとんど観ない、 
    結婚した当初は何となく近寄りがたかった。 
    お互いの家には、季節ごとの折に触れて日帰りで顔を出すくらいで、干渉はほとんどなく完全別居(距離は電車で30分くらい)。 
    だが子供が生まれて5年、10年たつごと、会うたびクソトメにクラスチェンジしていった。 
    まず最初にアム○ェイにハマり、「嫁子さんも買わなくちゃ!いい商品なのよ!!」 
    とゴリ押ししてきて、その時は「家にありますから結構です!!」と帰宅したが、 
    ウトには「嫁子さんに折角勧めたのにふじこふじこ」と言って、ウトから逆に叱られていた。 
    次にはイヤゲモノ攻勢。義実家へ夫・子供と一緒に顔を出すと、 
    トメは待ってましたとばかり押し入れを開け、これも持っていきなさいあれも持っていきなさいとやりだす。 
    出される衣類はクタクタになったのやシミがついてたり、後はとても着られないようなデザインばっかり。 
    その場で断っても後で宅配便で送りつけられてきて、これは夫がその都度〆て、 
    トメの名前で衣類のダンボールが届くたび、捨てたり送り返したりしてやっとなくなった。 
    続きます。

    676: 名無しさん@HOME 2007/12/16(日) 11:53:07

    結婚3年目で同居、最初の1年半はトメの苛烈なイビリにも耐えていた。 


    だけど良い嫁キャンペーン終了、 
    された事言われた事すべて夫に報告、私も言い返すやり返すで家庭崩壊寸前。
    そして3ヵ月後には引越し、すぐに妊娠。 

    妊娠を一応報告したら嫁憎さに腹の子も憎しと私を突き飛ばす。 
    更に引越し、住所を教えず。 

    そして息子を出産、引越し引越しでお金は無いが幸せな日々。 

    当然トメには息子の顔は見せてない。 

    コロされたり危害を加えられたらたまったもんじゃない、病気も犯*も予防が大事。 
    嫁イビリで孫コロそうとしたババァも実際にいたしね。 
    昨日の晩、トメが泣きながら電話をよこし、 
    「反省してる、寂しい、孫ちゃんに会いたい、戻ってきて欲しい、 
    昔みたいな事は絶対しない、許して欲しい、助けて欲しい、耐えられない」。 

    一通り聞いた後 

    「寝言言うなよ、このキチの孫ゴロしババァ」 
    とだけ言って切った。 

    月曜にはこの電話も番号を変える事にする。 

    今まで電話だけは受けてやってたんだが、何もそんな情けかける事無いな。

    158: 1 2010/03/29(月) 23:51:47 0

    離婚成立一周年記念に思い出話を投下。 

    問題発生当時、私は妊娠中。 
    義実家が電車で30分ほどの距離で、義実家訪問はほとんどなかった代わりに、トメがよくうちに来てた。 
    歳の割には元気で(夫20代で、トメは70近かった)、遅くに出来た末っ子の夫を超可愛がってた。 

    そもそも安定期に入るまで夫以外には妊娠を伝える気はなかったのに、 
    夫がトメに話してしまったらしく、それをきっかけにトメ来襲が月イチから週イチに増えた。 

    ○○さんはまだ若いし、こんなに早くに子どもを作らなくても良かったのに~とか。 
    ○○さんはお仕事続けるんでしょ?兼業ママは大変よ~とか。 
    普通(と言うのも変だけど)、早く産め産め言われるもんだと思ってたから、 
    トメの言葉は変だなとは思ってた。
    こういう事を言われるたびにイライラというか、うんざりというか、とにかくストレスが溜まった。 
    でも、何故か「トメさんは私に子どもを産むな、おろせと言うんですか?」とは言えなかった。 
    一応夫には愚痴ってた。夫は「母さんは○○が心配なだけだよ」と言うばかり。 
    でも私が「あんな風に言われるとストレスが溜まる。産むなって言われてるみたい」と言い返すと、 
    「母さんはそんな人じゃない。考えすぎ。今は気が立ってるからなんでも悪いように考える」と言われた。 

    私の両親は早くに亡くなってたし、唯一の近い肉親である兄は家庭持ちだし、 
    誰にも相談出来なくて、毎日憂鬱だった。 

    そんなこんなで、すごく具合が悪い日があって、会社を休んだ。 
    これまた夫がトメに連絡したらしく、見舞いと称して突撃してきた。 
    でも珍しく嫌な事は言われず、私の様子を見て、干渉せず、夕飯の仕度をしていた。 
    帰り際「冷蔵庫に麦茶作っておいたから飲んで。少し熱があるみたいだから水分摂った方がいいよ」と言われた。 
    ありがたいと思ったよ。その時は。

    このページのトップヘ