武勇伝

    843 :名無しさん@おーぷん 2017/09/07(木) 00:27:34 ID:cST
    もう随分昔の話しだが、DQNの暴力話・胸糞話なので注意。

    妹の結婚式で大暴れしてた小学生のガキ2匹物理的にぶちのめして
    (妹が高砂から目とアゴで「やれ」って命令すんだもん…)
    発狂しながら止めにきたその親も両方ぶちのめして
    止める為に向かってきた向こうの親族や会場の人をこっちの親族が止めてる時に
    妹がいつの間にか司会からマイク奪ってて
    「うるせー!」って絶叫からの

    「お前が泣いてどうしても結婚してくれって言うからしてやったのに
     本当なら一生に一度の結婚式をガキに台無しにされて、
     それでも一言も注意できない様な根性なしのバカ男なんかいらない。
     兄ちゃんに対して被害届でも何でも出して良いよ?
    (さすがに「え?なにそれこわいw」と思ったが)、
     でも、もうあんたとは絶対に結婚なんかしない。
     それで良いな?」

    と新郎に啖呵を切った妹は俺と似たり寄ったりのDQNだなぁとオモタww

    面白かったのは、
    それを聞いた新郎が突然
    「うわああああああああああああああ!!」とか叫んで
    自分の親族に突入、老若男女問わず手近にいるのにグーパンして
    血塗れで倒れてるガキとガキ親にボッコンボッコン蹴り入れて
    「謝れええええええええええ!!
     妹ちゃんとお義兄さんに謝れよおおおおおおおおおおお!!!」って号泣してたw
    そしたら新婦だけじゃなく向こうの親族一同土下座。

    式場にも釘刺したみたいで、結局警察のけの字も動かんかったわ。
    田舎の本家長男て凄いのな。
    田舎怖いって思ったよw

    そのガキ共は、その時の怪我でちょっと障害が残ってPTSDなのか対人恐怖症になって
    15年以上たつのに現在も絶賛ひきこもり中らしい。

    結局その新郎と結婚した妹は本家長男嫁になり、親族に何か言われたら(嫌味とか)
    「わっかりましたー、兄に相談してみますー♪」って言うとみんな黙るから楽で良いわと言っている。

    もうやんねーよ、歳を考えろ歳を。

    俺には何の恩恵もない事と、妹に警察に売られかけたのが修羅場。
    バックマージンよこせ、バカ妹。

    464 :名無しさん@HOME 2010/12/19(日) 19:03:53 0
    年賀状話に便乗。 

    結婚して以来、年賀状を私に書かせようとしては失敗してるトメ。 
    今年はよもや来るまいと思っていたのに。 
    「アンタの字だけは役に立つって言ってるのに、姑様の役に立とうとは思わないの!!!!!!!」 
    旦那は「逆らうからうるさいんだよ。ハイハイ言ってりゃいいんだよ」 
    ので。トメに凝視されつつ書いてやった30枚。 
    (途中一度文句言ったので、わざと墨飛ばしてやったら見守るだけになったけど) 

    今年の一月にウトさん亡くなった。 
    ウト親類だけには忌中の御挨拶をだし、自分の親族や友達には 
    「ようやく一人に戻れました、これからは人生を楽しみます」という年賀状を出すらしい。 
    ので、嫁は自腹を切り、トメ名義でウト親族にも同じ賀状を出しました。せいぜい揉めろ。 

    ついでに旦那とプリンの「不倫しました」という賀状も作ってしまった。 
    もったいないから出そうかな、誰に出してやろうかな。

    363 :名無しさん@HOME 2009/10/09(金) 19:25:57 0
    いいともを見てるといつも思い出すのだが、同じ学校に農家地帯から 
    通って来てる、めちゃくちゃ美人でスタイルも抜群な先輩が居た。 
    あんまりキレイ過ぎて、学内の男子は声を掛ける事すらためらう程。 

    しかし農家ってのは何処までも恐れを知らぬ様子で、当時17才だった 
    先輩に、干支が2回りで同じの41才長男との縁談を持って来た。 
    当時母から聞いた私は何かのギャグかとすら思ったが、当時夏休み中に 
    学校で流行っていた昼ドラがいいとこの娘さんが石原義純?と無理矢理 
    結婚させられるというもので、それを思い出した皆が大騒ぎ。 
    先輩を守る会みたいのまで結成される始末。 
    けれど先輩はそれをあっさり解散させて、自力で縁談を流れさせた。 

    その方法は、当時160くらいで40キロだった体重を半年かけて倍にした事。 
    その上でこれ以上無いと言っていい程だらしのない女(先輩談)を、 
    相手方宅で演じてきたらしい。 
    どんどん太って行く先輩の姿は、状況を知っていても凄かった。 

    破談が決まって数ヵ月後、先輩は卒業。以前から内密にお付き合いしていた方と上京。 
    私が会いに行った頃には既に元の先輩へと戻っていた。凄過ぎる。 

    今でも例の見合い相手は未婚で、家族で先輩の悪口を言い続けている。 
    先輩が結婚して男の子を産んだと伝え聞いてもあんな下品でデブな女wと 
    笑いの種にするばかり。 
    大抵の後輩・同級生は今の先輩を知っているので内心大爆笑w 

    太っていた頃の先輩は今にもネ果足でビヨンセ踊り出しそうな姿だったので、 
    いいとものビヨンセも痩せたら先輩みたいになるんじゃないかと思う時がある。 
    長文すんません。

    725:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/10/27(月) 20:22:41.66 ID:NkGizQjk.net
    大した武勇伝じゃないんだけど…個人的にスカっとできた話
    めっちゃ長い上に駄文ですみません

    学生時代中高といじめられてた。グループ内でのはぶきとかが嫌で抜けたのが原因
    中高どっちもそれが理由。人を見る目がなく学習能力無い私が馬鹿だった。

    中学は教科書とか私物を切り刻まれたり通りすがりに悪口言われたりボウリョクもあり。
    男女どっちも色々言われてた。こっちは特に仕返しせず各々卒業したら絡む人がいなくなったり出来婚して暇になったりで
    私に連絡してくるようになった。アドレス変えて無視。

    高校も同じ感じ。男子はそうでも無かったけど女子が陰湿でローファーにガムや画鋲仕込んだり
    筆箱便器になすりつけられたり、彼氏に私の悪口言ったり。

    悔しかったから「何でまだ学校きてんの?」と言われたから学校に行く。
    「氏ねよ」と言われ笑顔で仲の良い友達と自分のハマっていることについて楽しそうに話す
    そしてついにゴミを投げつけられ「本当ブス、まじ目障り、てか目腐るから見んのやめよーゴミ箱以下だろ」と言われ
    頭の中でプチッと来た。グループのリーダー各の胸倉を掴み
    「目障りなら見んじゃねぇ、大体私がお前等に何したんだか言ってみろ、一人ずつ呼び出して聞いてやるからな
    こっちの原因なら頭下げて謝ってやるよ。ほらまずお前からだ」と廊下に引きずりだし
    問いただすも皆が皆明確な理由を言わず責任の擦り付け合い。
    騒ぎを聞きつけた先生も来て半修羅場。先生にも
    「事前にいじめられてるって言ったのに何も助けてくれなかった、教育委員会に言ってやる」と怒鳴った
    結局その場はなだめられたけど親にも言ってあったから教育委員会に言ってくれて担任は異動
    教育主任はそのままだった…
    いじめてたグループは責任を擦り付け合ったせいか喧嘩がおっぱじまりバラバラになり
    何人か孤立し退学。

    その時の彼と同棲してて結婚って話が出たから書き込んでみた。
    長い上に微妙な話でごめんなさい 

    141:名無しさん@HOME2007/06/01(金) 09:29:39
    私じゃないけど、娘(6歳)の発言。

    旦那と義理妹は食べた分だけと太る体質。
    昔は旦那も太ってたけど、私が食事管理をしてから標準になった。
    そんな義理妹が家に来たとき、いつものように嫌味を連発。

    トメ(もちろん太い)もそれに便乗してきてウンザリしてたら、娘が
    「ばあばもおばちゃんもふとってるんだから、わるくちいってるとよけいにみんなにきらわれちゃうよ。」

    多分私が普段から悪口言ってると嫌われるよ、と言ってるからだと思うけど、
    でも太いことまで指摘するとは思ってなかった…
    まぁ二人とも黙ったから結果オーライ

    300 :名無しさん@HOME2011/10/01(土) 23:20:490
    プチだけど投下。トメ、悪い人じゃないんだけど、
    たまにいらっとする典型的なトメっぽいことを言う。

    結婚してしばらくして義実家におよばれした時、旦那が席を外した時に
    「嫁子さん、うちに嫁いだからには男の子を産んでね」と言われた。
    ちょっと酒が入っていたのも手伝って思わず
    「あったりまえじゃないですか!男も!女も!産むまでがんばります!!」
    となぜかガッツポーズ。ちょうど旦那も戻ってきたので
    「○○君!お義母さんが男の子産めって!!両方できるまでがんばろうね!!!」
    とガッツポーズ。旦那もちょっと酔ってたのか
    「オーイエス!!頑張るぞ!!!」とガッツポーズ。あっけにとられるトメ。
    「母さん!頑張るから!帰っていい!!?」と超笑顔の旦那。
    コトメが笑顔で「いいんじゃない?片づけ私やるしー。」と言って
    くれたのでそのまま帰った。帰ってすぐに旦那寝たけどねwww

    同居も色々言われたけど、ウト(婿養子)とコトメ(元々友達で仲いい)が
    トメ説得してくれて今度義実家に近い(車10分)けど別の場所に
    家を建てることが決まったので記念にカキコ。

    55 :名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月) 08:58:00 ID:x5j
    会社にグループ会社から出向している役員Aってのがいた。
    そいつはいつも偉そうに歩き決して人に道を譲らず(相手が大荷物でどけられなかったり妊婦でも)威張り散らすだけで仕事もさっぱりな奴だった。
    しかしウチの会社はグループ内では稼ぎ頭、当然給料もよいので出向ではなくいずれは正式にウチの役員になろうと色々策を講じていたらしい。

    654:名無しの心子知らず2009/12/02(水) 11:20:40 ID:dcqFs9/7
    うちの父も同じようなことあった。

    信号無視で突っ込んできた車(30代母&数ヶ月の女の子)に側面に衝突された。
    父車はフロントガラス大破、助手席(誰も乗ってなかった)側面大破で廃車にするほどだったけど
    父、母子ともに怪我無し。
    でも赤ちゃんが乗ってるということで父が救急車を呼び、搬送してもらった。

    そして来た警官。追突された側の父を怒鳴る怒鳴る。
    信号を守っていたのに、信号が青でも一時停止しなかったお前が悪い
    この電柱の幅が何メートル(間違ってた)だから出たお前が悪い
    警官同士で話してる間に保険やさんが来たから、横で合流しようとすると
    「きさま逃げる気か!!」等など。
    父ぶちきれて、警官の名前と所属を聞いて、その場解散後警察署に直行。
    署長とは顔見知りなので話すと、その警官は前から苦情が多いと困りきった顔で話してたそう。
    で、その警官は年度末に配置換え?になった。

    その事故ママのほうは、最初は保険会社に全面的に任せるはずだったのに
    うちの実家が自営業と分かると
    自分たちの車(事故がなくてもボロボロの古い車)の新車価格以上の示談金を
    直接(電話だったり、家にきたり)請求してきた。
    保険会社が相手にするなと言ってしなかったけど、凄いな・・・と思ったよ。

    363 :鬼女タウン 2007/02/02(金) 13:00:41 ID:col5XytB
    去年の夏の話。
    学校から帰ってると前から腕に刺青かシールかわからないけど入れた怖そうなデブDQNが3人ほど歩いてきてた。
    私はデブで怖い人はとにかくダメであと100メートルも歩けば家につくので目をそらしてやり過ごそうとした。
    それなのに緊張して自分のひざで通学かばんを蹴ってしまいかばんがDQNのヒザにあたってしまった。
    すみませんと言って逃げようとするも、DQNどもに絡まれてしまい、固まる私。

    正直泣きそうなのにDQNどもはかなりしつこく絡んできて刺青を見せながらすごんでくる。
    私の学校の周りは意外と人通りがすくないし、今日は休みであまり部活もないので誰もこない。

    「こんにちは、お世話になっております」いきなり誰かの声が聞こえた。
    顔をあげてみると線は細いがナイフのように鋭そうな男がいる。DQNのパシリまで加勢かと思いさらにパニックに。
    怖くてたまらない。
    「なんだてめえ?」DQNが言い終わるかしないうちに殴り飛ばされ倒れるDQN。
    他のDQNがその男を殴りかかろうとしたところ、男は昔のヤンキー映画で見たようペチャンコのかばんの代わりに大学のクラッチバッグで防ぐ。
    そして無口のまま殴りかえしていた。DQNどもはほとんど顔から血をだしていてすぐに逃げていった。

    私はパニックになっていたのでろくにお礼もできないまま、何か言いたげな男から逃げるようにその場を去り少しコンビニで落ち着いてから帰宅した。
    すると家にあの男がリビングで母としゃべっている。状況の飲み込めない私。
    この人はいったいだれ?と思いながらドアの前に立っていると、母が気づいて私に説明する。
    「先週からゆう(弟)のために来てくれてる家庭教師の先生よ。優秀だけど元ヤンだから怖がるかと思ってあんたには黙っといたの。」

    あとで聞いた話リビングにあった私と弟の写真を見ていて私だと気づいたらしい。
    弟も大分厳しく指導されて、よく泣いていたみたいですが、成績も急上昇して無事に昨日の入試で弟は難関中学に受かりそうです。

    692 :鬼女タウン 2015/08/17(月) 15:39:33 ID:ekH
    祖父の修羅場
    戦時中に軍の後方勤務?か何かで軍需工場で働いてた
    しかしある時に工場の事故に巻き込まれて負傷
    傷が治るまで家に帰されることになった
    だがこの時、傷が元で祖父の視力はかなり下がってしまっていた
    曽祖父がこっそり診させた医者曰く、長期的にはほぼ回復するが、このまま戦場に行ったらうまく戦えずタヒぬかもしれないとのこと
    だというのに治り次第早く元の場所へ戻れという空気が周囲にあり、祖父の身分証等々も地元の駐在に預かる名目で取られていた
    傷がどんどん癒えていくのと同時に戦場がどんどん近づいてきてとても恐ろしかったそうだ
    そしてほぼ完治して来週にでも戻れという状況になったある日のこと
    深夜に曽祖父に呼ばれて祖父が仏間へ行くと幾ばくかのお金と鞄ひとつが用意してあった
    「これ持って逃げろ、鉄道の線路沿いに京都行け」と曽祖父が言ったそうだ
    散々悩んだが行ったらタヒぬとわかってる息子を戦場に行かせたくない、非国民かもしれんが俺はお前の命が惜しい
    曽祖父にぶるぶる震えながら言われて祖父は泣きながら父ちゃんありがとうごめんと頭を下げて飛び出した
    そのまま夜通し線路沿いに歩き、更に丸一日かけて京都駅に辿り着いた
    腹を空かせて駅構内をふらふらしてるとそこに消防隊の募集があって衣食住付きと知り消防署へダッシュ
    身分証等々は無いから半分賭けだったがそこの署長に直談判したらうまく行って採用されて落ち着けた
    同情してくれた署長が上手くやってくれて追っ手はこなかったらしい
    逃げた後の実家の方もそれなりの旧家であったことと曽祖父が根回し上手だったのでほぼ何もなし
    そうして祖父はどうにか国内で終戦を迎えて昭和が終わる少し前まで消防士として奉職
    実家の方も当初は帰りづらくあったが曽祖父が亡くなるまでにはちょっとずつ帰れるようにもなった
    あの時に曽祖父が逃がしてくれなかったらお前らいなかったかもなあと今年も祖父は遠い目をしている

    このページのトップヘ