武勇伝

    588:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2014/02/10(月) 17:53:39.72ID:NSkkdLAB
    長くなってしまった。

    結婚できてお花畑全開の義弟夫婦。
    特に義弟嫁は、専業主婦→女の勝ち組と信じていて、いかに結婚が素晴らしいか、自分ができた嫁かを、義兄嫁である私や義母に語る。
    そんな中でも、特別、未婚の小姑(私の夫の妹で、義弟嫁から見ると義姉)がターゲットにされてて、
    「自分磨きなんてしている間に、いい男性はみんな結婚していっちゃうんですよ!」(自分磨きなんて小姑は言ったこと無い)
    「仕事は一回やめても続けられるじゃないですか!義母さんみたいに!」(小姑は某スーパーの社員、義母さんは子供独立後始めた別スーパーのレジパート)
    と、事あるごとに失礼なこと言ってきて、私夫婦、義両親で叱るんだけど、義弟嫁は、心の底から善意のつもりで、小姑も相手にしていない風だったので、
    今ひとつ義弟嫁には説教も効いていないようだった。

    この前の新年会、義実家に集まったとき、義弟夫婦がホクホク顔で、生きた鯛と伊勢海老1箱を持ち込んできた。
    義弟嫁「やっぱ鮮度が命ですから!専業主婦ならこのくらいは!」と、捌く気満々。
    ニコニコしながら、「お台所借りますねー」と、義弟と共に奥へ消えていったは良いが、10分もしないうちに「ぎゃー!」という義弟の声が。
    驚いてみんなで様子を見に行くと、台所の床に散りばめられた伊勢海老・おがくずと、ビチビチと、シンクの中で暴 れる鯛の姿。
    義弟は、床に逃げた伊勢海老を捕まえようとするが、ザリガニ的なバック走で翻弄され、
    義弟嫁は、なんとかまな板に伊勢海老を押さえつけるものの、上手く刃が入らず苦戦→伊勢海老床へ逃走→伊勢海老、義弟を翻弄のループに陥っていた。
    見かねてみんなで伊勢海老を捕まえ、先に鯛を…と義弟嫁が鯛に手を伸ばすが、やはり鯛も床へ逃走→「何もしないで!」と、おがくずだらけの台所を拭きながら義母絶叫。

    616:1/32012/06/10(日) 13:09:05.84 0
    誰もいないようなのでサクっと。

    結婚が決まった途端にトメが●になった。
    ついでに旦那の兄も引けをとらない●っぷり。
    ウトと旦那は庇ってくれるけど、結婚式でのお家柄やら学歴やらのpgrから始まり、嫁sageは止まらず、合鍵で侵入して私の物を捨てまくってくれた。
    くだらないかもしれないが、結婚前から録り貯めてた○曜ロードショーと×曜洋画劇場のDVDは泣くほどショックだった。
    ちなみに合鍵は良ウトに預けてた物をパクったらしく、その後ウトが返してくれた。

    そんな折り、義実家から食事会をするから来なさいと連絡が来た。
    私の両親や兄2人と妹とその配偶者も連れて。
    目的は次兄の嫁だ。
    次兄の嫁は若いし綺麗、何より結婚式では目を引くほど立ち居振る舞いが美しかった。


    私も「バレエとかやってた?」ときいたほど背筋が真っ直ぐで指先まで神経が行き届いてる感じ。
    その次兄嫁を次兄と別れさせて、クソコウトと結婚させたいらしい。アホか。
    絶対行くもんかと思っていたら、トメが実家に連絡し、父が了承してしまったらしい。アホか。
    父としては「断ったらもっと(私が)いじめられると思って」らしい。
    父は母と長兄に〆られてたが、次兄嫁は「大丈夫だよー、みんな一緒だし」と言ってくれた。

    513:名無しさん@HOME2007/04/11(水) 08:38:54
    トメから電話がきた
    「GWはいつ来るの?」
    「子供が2ヶ月になったばかりなので、GWはどこにも行けないですねー」
    「んま!実家に顔出しもしないなんて。
    私の母親ならそんなことは許さなかった。
    嫁子さんのお母さんは甘やかしの育児だったのね」
    「あぁ、トメさんはウトさんのご実家に帰省されるんですね。
    お気をつけて行ってらっしゃいませ。大トメさんによろしく。」

    大トメと仲の悪いトメはしばらく黙ったまま
    「GWは混むしね。家で過ごした方がいいと思う」と言い、電話が切れた。

    967:愛とタヒの名無しさん投稿日:2010/02/07(日) 19:36:50
    3月のガーデンで、新郎上司奥が怒って「コート出して!」って言った披露宴出たことある。
    スタッフは渋ってたけど「私のコートを返しなさい!」という上司奥に迫力負け。
    そしたら他の人も「私も」「僕も」ってなって、みんなコートを羽織ってしまって(それでも寒かったけど)。
    更に写真を撮るのも誰も前に出ず。
    新郎新婦席にはストーブがあったんだけど、上司奥が新婦を押しのけて高齢の出席者を集めてぬくぬくしてたwww

    134:名無しさん@HOME04/08/07 10:07

    先週末、義兄の結婚式に出席してきました。

    最初、10時半挙式・親族集合は9時だったので
    7時半起きね~と旦那と話していたら、旦那が酒を飮むウトの為に
    運転手役を仰せつかり、かつ着物を着るトメの着付け時間予約の為に

    8時に式場に行くことになりました。
    で、朝6時に起きて7時半に義実家に到着したのに、トメがイライラした顔で

    「遅いわね~」
    「私は4時半に目が覚めて、うとうとしてたけど5時に起きたわよ」

    等々おっしゃってました。


    「私はまだ若いので、そんな早くに起きません」と、しれっと言い返したら
    「あら、私だって別に年寄りだから早起きだったんじゃないのよ…」とモゴモゴ。

    「十分ババァだ」(ウト)、「文句があるなら乗るな。そしたら俺達はもっとゆっくり
    できたんだ」(夫)と後方からの援護もあり、トメは出鼻をくじかれて撃沈してました。

    年寄り認定が思いのほか堪えたらしく、
    それからは朝っぱらのウザイ電話もピタッとやみました。

    256:2422009/05/14(木) 11:29:25
    新婚当時はピチピチwwwのギャルwwwだったのもあり私の全てを信用しなかったトメ。
    訪問するたび服装(デニムにシャツとかそんなんでも)にダメ出ししたり、
    夕飯作りのときは横に立たせて料理のあれこれや蘊蓄を垂れ流す。
    夫はウトと将棋に夢中で知らん顔。

    というかウト夫、親子揃って何も聞こえていない。

    口ではべらべらしゃべるくせに、私には何もさせようとしないので、本当にトメの隣に
    ただ立って聞いて返事をするだけ。
    「はぁ」「あー」「なるほどなるほどー」と言うだけ。
    ギャルwwwなりに毎回耐えていたが実に苦痛だったので、
    トメが偉そうに「料理のさしすせそ、ほら言ってみな」と言ったときに
    「さとうっしょー、しおっしょー、んで酢?っしょ?あー、しょうゆでー、みそだっけか」と超ダルそうに。
    「何それ!」と怒ったので「合ってんべ」と上下にゆさゆさ揺れてやった。


    「…!じゃコレできる!?やってみなさいよ!お刺身のツマ!できるのできないの!?w」
    まるで逆ギレかのような勢いで大根半分でみぞおちツンツンしてきたのでぶんどってかつらむき。

    シュルシュルシュルシュル…
    そりゃもう新聞の字が透けて読めるほど薄くて美しい、それでいて一度も途切れないかつらむきの完成。
    色々突っ込まれるのがイヤだったから言ってなかったけど実は調理師学校卒。
    まさにあちらが見えるほど薄く薄く、大根が鉛筆ほどの細さになっても最後まで。
    そんな卒業試験を終えたばかりの私に

    あろうことかかつらむきってプギャー


    ポッポーとなるトメに「いっすか」と言い放ち、手洗ってさっさと居間でくつろいでやった。
    その日の夕飯はトメの悔しさと負けず嫌いが相まっていつもよりすんごい豪華だった。おわり。

    名無しさん@HOME投稿日:2012/03/08(木) 00:14:47.16
    大した修羅場じゃないけど親戚が集まった時に
    家で漫画家やってる息子がニートと勘違いされて親戚に家追い出されそうになったあげく
    旦那と親戚の結構激しい喧嘩になったりで酷かった…

    397:名無しさん@HOME2011/06/08(水) 22:00:18.00 0
    旦那が私の実家にしたことだからスレ違いかも。

    旦那は訳あって、お互いに認めた専業主夫。
    時々私実家に行くも、親兄弟親戚一同から旦那の事で嫌みを言われて足が遠のいてた。

    先日、親戚が集まることがあり、久し振りに旦那と私実家へ訪問。
    すると母と実の兄弟から「主夫なら料理くらいできるよわね」と、
    一人あたり数百円の金を渡されて旦那が台所を任された。

    地場の安い食材を使って、しっかりした味と、量でも満足ある料理を作った旦那。
    遠縁の親戚からは絶賛。母親と実の兄弟が取り寄せたオードブルは余りまくり。

    実家も兄弟の嫁も飯マズなんで、余計にショックが大きかったらしい。

    799:1/2投稿日:2009/04/09(木) 04:56:47ID:4I1t43BQ

    山でウド、カタクリ、タラノメなどの山菜を採っていたら、同じく山菜を採りにきた親子を見つけた。
    ちなみにそこは俺んちの山なんだが、普通の人は山が国以外の誰かの持ち物だって知らないかもなぁ、と思って我が家では毎年見てみぬ振りをしていた。
    しかしその親子は初体験なのか乱獲が酷かった。
    タラノメなんて手が届かないと枝を折って採っていた。
    だからさすがに見かねて
    「あ。ちょっと、折らないでください。生えてこなくなりますから」と注意した。
    突然の俺の登場にちょっと驚いた父親だったが、素直に謝ればいいものを
    「別に君の持ち物じゃないだろ」と
    口答えしてきた。
    「いや、ここ僕んちの山なんですよ」と言ったら何故か急にキレだして、
    「ハァ?なんだよ僕んちの山って。いい加減にしろよ?」とか言ってくる始末。
    びびりの俺は内心泣きたくなってきたが、頑張った。
    「いやだから僕んちの土地なんですって。だから枝とか折らないでください」
    「じゃあ証明してみろよ、ああ?こっちはなぁ子供連れてきてんだぞ、ああ?だったらお前も草とか踏むんじゃねぇよ、ガキが。殴られたいのか?」
    怖かったのでここで俺は
    「いいから、折らないでくださいね!」と言って退散することに。
    いいさ捨て台詞と思われても。ってことで隠れて監視することにした。

    869:名無しさん@HOME2007/10/01(月) 15:59:26

    嫌味返しなDQNネタです。結婚して一年ちょっと。
    キレるほどではないけれど、常に言葉の端々で私を見下していた義実家。
    (例トメが「嫁子さんはこんなの食べたことないでしょ。
    食べ方知ってるかしら〜?」と生き雲丹や牡蠣を出してくる。

    ウトが雑学レベルの薀蓄を一方的に小一時間話した挙句
    「嫁子さんの家じゃあこんな深みのある話はでないだろうけどな」と〆る等)
    旦那は平和ボケで気が付いてないし、今は笑顔でスルーして
    そのうちウトメを影で〆ればいいかと思って今までやって来た。

    義実家へ行く時はいつも旦那の車
    (仕事で酷使するのでサイズの大きくて燃費の良い軽)だった。
    でもたまたま車検だったので代車を使うのも嫌だし、
    私の車(派手な外車で燃費悪い)で義実家へ。

    着いて駐車場に止めたら、ウトメコウトコトメがぽかーん。
    「何コレ!どうしたの?!」「買ったの?!」と慌てる義実家一同。
    「いや、嫁ちゃんのだよ」と旦那が答えると、全員が『嘘だろ』という顔で私を見る。
    「嫁子さん、あんた、息子の稼ぎでこんなの買って!」と
    ウトが怒りでプルプルしながら言い出して
    「共だからって貯金もしないで!やっぱりあんた息子の金が目当てだったのね!」
    とトメもウトに加勢。

    旦那が慌てて「何言ってるの!これは嫁が親御さんから買ってもらった車だよ。
    嫁は結婚前からずっとこれに乗ってるよ!」
    と言い返したら「えぇっ?!」「嘘でしょ!何言ってるの!」
    「貧乏じゃなかったんだ・・・」とショック状態。

    このページのトップヘ