修羅場

    688:名無しさん@おーぷん2015/10/25(日)12:46:59ID:6fg
    今朝、結婚前提でお付き合いしてた彼氏の実家にご挨拶に行ったら、
    お父さんにあっついお茶ぶっかけられて
    「たけし(仮)は渡さん!!」って怒鳴られたあげくにおシ/リ蹴っ飛ばされた。

    彼氏もお母さんも
    「まあまあ」って軽くたしなめるだけで何もしてくれなかった。

    すごく怖くなって、
    化粧直すってトイレ行くふりして彼実家飛び出して、タクシー拾って病院行ってきた。

    おシ/リは軽い打撲で、
    お茶のかかったところ(鼻の下から顎にかけて)は
    軽度のやけどということだそうだ。

    医者の勧めで診断書書いてもらって、帰宅して両親の顔見たら
    「こんな仕打ちを受けさせるために独り娘を育てたんじゃなかろうに」
    と思えて、両親と自分が可哀想になって思い切り泣いてしまった。

    さっき父親が自分の会社の顧問弁護士に電話したら、
    その弁護士の先輩を紹介してもらったそうだ。

    先輩弁護士が到着次第、
    付き添ってもらって警/察に行くことになるみたい。
    携帯見たら彼氏からばんばん着信入ってて、
    母親がそれ見てブチ切れて、
    タオルにくるんで自分のカバンにしまってた。

    なんか今になって顎が痛くなってきて、
    鏡見たら赤かったのが紫っぽくなってきてグ■くて泣きそう。

    954: 本当にあった怖い名無し 2014/03/04(火) 21:52:10.32 ID:lV2MMVzF0
    ようやく片付いたのでまとめたら厄落しに投下させてもらいます。

    742:恋人は名無しさん2010/06/10(木) 01:20:31ID:wsYOacbBO
    私子 フリーター 当時18歳
    彼男 私子の彼氏 コンビニでバイト 当時17歳(高校生)
    A子 彼男のコンビニの常連客 当時16歳
    B子 A子の友達 当時16歳
    A彼 A子の彼氏 当時18歳


    私子と彼男は付き合って1年目だった。ほんわか癒し系の彼男は年下によくモテていた。でも「僕は私子ちゃんが大好きだよ」と、よく言ってくれていたので、不安はなかった。

    ある日のコンビニバイト中に、常連客のA子からメアドの書かれた手紙を渡されたという彼男。

    「モテるね」と言う私子に対して彼男は「でもすぐ返したよ」とニコニコ超笑顔。


    その出来事から1週間後位に、ひさしぶりにA子来店。
    A子「話があります」
    彼男「今バイト中なので…何ですか?」
    A子「終わるのを待っててもいいですか?」
    彼男「彼女と会うので困ります」
    A子「彼女居るんですか?」と、驚いたリアクションのまま帰って行ったA子。

    この話を彼男から聞き、私子ちょっとだけ妬いたのは内緒w
    「大丈夫だよ」と、またニコニコ超笑顔で言う彼男を信じた。

    420:おさかなくわえた名無しさん2013/10/08(火) 12:52:14.01ID:w4U5RJ0M
    娘の小学校の担任の先生(以下、担任と略す)のところへ一度、乗り込んでった事がある。
    もう娘も中学生だし、ふと思い出してスレ汚し。

    その日、娘がすごい面相でわんわん泣いて帰ってきた。
    しゃくり上げる娘からどうにか話を聞くと、給食の時間、担任から、ものすごい勢いで怒鳴られ、机を蹴られ、宿題提出につかっていたノートをびりびりに破かれ、しまいに給食カートをひっくり返すほど興奮してキレられたらしい。

    娘だけでなく、教室の他の生徒も含め、もうただただ担任からの怒りの嵐を必タヒで耐えていたのだが、うちの娘は、放課後いえに帰り着いた途端、気が緩んで大号泣という事になったらしい。

    長いので、一旦やめます。

    【前編】ママ友Aから炙り出しメールその1が届いた。他4人のママ友にも。が、メールその2が届いたのは私だけだった…完全に疑われてるよね( ;゚Д゚)ガクブル
    769:525炙られ ◆AwxFk53NV62010/10/26(火) 10:57:15ID:SZUQJmb2
    その1

    炙られですが、A夫婦の了解を得て書き込みます。
    夕べCママから「Aさんが盗られたブレスレットと似たやつ、さっきBママがしてたよ」とメール。
    私は???と思いつつ、「簡単に疑うもんじゃないよ。」と返信。すぐにAさんに、「Cママに何を盗られたか話した?」と電話。
    Aさんは教えてないとの事。
    すぐにAさん宅へ行きCママからのメールを見せ、Cママが犯人だろうと結論づけ。
    Aさんのご主人が帰るのを待って、Aさん夫婦がCママ宅へ凸。
    ここからはAさんから聞いた話。
    Cママ宅へ行きご主人が、「お話ししたい事があります。」と言った所に奥からC旦那が登場。

    525:名無しの心子知らず2010/10/25(月) 16:11:14ID:TvpGXf4H
    2ch見てる人って結構いるのかねぇ。
    遂にと言うか、マ/ンドクセェと言うか、アタシんトコにも炙り出しメールが届いただぁよ。

    108:名無しの心子知らず投稿日:2011/07/05(火) 10:30:31.52ID:2SxuIf8R
    くそーやられた。

    洗濯物を外に干して掃除機かけようと家中網戸にしていたら
    玄関先から赤ちゃんの泣き声。
    すっごい嫌な予感がして玄関開けたらクーハンに入ってる新生児放置されてました。
    洗濯物干してるときにインターフォン鳴ったような気がしたんだけど
    アレ?気のせいかな?って続行したのをすげー後悔。

    「昼まで預かって、よろしく Y田より」
    って枕元にスーパーのレシート裏に殴り書きしたメモが挟まっていたけど
    肝心のY田の連絡先知らなくて軽くパニックになってしまった。

    Y田は息子と同じ幼稚園の同じバス停のママで先日出産したばかり。
    仕方が無いので預かる・・・わけもなく、
    幼稚園に電話してY田に連絡とってもらったんだけど
    私に預ける約束をしたと言い張りお迎え拒否。
    連絡先も知らないのに預かる約束するわけないだろと幼稚園側に言って
    Y田の連絡先教えてくれと言ったんだけど個人情報がどうのとか言って教えてくれない。

    これ警察に通報してもいいよね?
    一旦家の中に入れちゃったら世話しないとダメですか?
    おそらく玄関先に放置されて1時間以上経つから心配になってきた。

    2013/07/03(水) 08:09:22.84 ID:xBd9ptTV0

    とある新婚夫婦の話 

    夫が仕事中に陣痛の間隔が短くなってきたと産婦人科からの連絡 
    ↓ 
    わくわく感とドキドキ感でいっぱいの中とにかく病院へ直行 
    ↓ 
    病院到着、看護士さんへ案内され分娩室へ間もなく産まれるらしい 
    ↓ 
    嫁の手を握り励ましながら我が子の誕生を待つ 
    ↓ 
    オギャー 
    助産医「あら、肌が黒いねおじいちゃんかおばあちゃんからの遺伝かしら」 
    ↓ 
    夫「いえ、私の両親や彼女の両親は色黒ではないですがどういうことですか?なにか良くない病気ですか?」 
    ↓ 
    助産医「いえ、こ、これは…旦那さんちょっとこちらへ」

    200:名無しさん@お腹いっぱい。2010/06/19(土) 23:56:47

    晩酌のあてに自分で買ってきてた大好物の明太子が無残なものに変わったよ\(^o^)/

    不味いと美味くないの間をいくご飯食べた後風呂入ってから明太子食うんだ!と楽しみに帰ってきた俺絶望
    食いもんのことで喧嘩するのはみっともないって言う親父の教えを盛大に破って大喧嘩
    暴言失言までかましてしもた
    嫁号泣させてしまい罪悪感で今タヒにそう

    だって、ほんとに楽しみしてたんだ、明太子
    可哀そうなことになってるし、楽しみを奪われるしで大人げないけどきれちゃった

    ごめんよ

    250:恋人は名無しさん2009/11/25(水) 18:57:10ID:0VV0NXD00

    流れぶった切るために投下。
    板違いかもしれない。

    私が小5のとき、父が浮気して家に帰ってこなくなった。
    浮気前もろくでもない父で、給料を家に入れない、パチ狂い、酒好き、
    私や姉が小学校高学年になったらシリやチチを掴むなどの最低男だった。
    家族構成は父・母・姉・私・弟、祖母(父方)。
    祖母はいわゆる「シュウトメ根性」って感じの性格で、弟だけを溺愛していたが
    弟は母ラブだったので父も祖母も嫌っていた。

    父が帰ってこなくなり、私はあんな奴いない方がいいや~と思ってたから
    このまま帰ってきませんようにと思いつつ、学校行ったり遊んだりしていた。
    しかしある日帰宅してみると、家がパニックになっている。
    家の中めちゃくちゃ。
    姉が泣きながら祖母に置き時計やら灰皿やらを投げつけていた。
    祖母、わけのわからない金切り声で泣き叫ぶ。母は姉を止めるのに必タヒ。
    弟は姉の加勢をしていた。

    このページのトップヘ