鬼女タウン

当サイトでは、2chの生活系のスレッドをまとめています。 主に鬼女、キチママ、修羅場系、に関するものです。

    職場・会社

    528 :鬼女タウン 2009/09/07(月) 15:20:56 ID:wN6U7xdp
    先週、仕事の面接に行ってきた
    結果の電話があってご丁寧に「残念ですが、今回の採用は・・・」
    まぁ、しかたないと思ってこちらも「そうですか、ご連絡ありがとうございました」
    と切ろうとしたら、「それでですね」と話し始めた
    要約すると「お金を払う事はできませんが、あなたの技能はわが社で十分活かせます」
    「というわけでわが社にボランティア(無料)という形で来てください」
    「うちは土日に人手がたりないので土日に来てくれてもいいですよ」
    「仕事になれるためにはしばらく10時間労働してもいいですよ」だって。
     ふざけるな、ボランティアで飯がくえるか!をやさしく伝えると
    「仕事が決まるまででいいですよ」
    「経験が何よりのアピールポイントになりますよ」だって
    不採用者をただ働きさせようなんてずうずうしい会社だと思ってびっくりした

    633 :鬼女タウン 2017/07/19(水) 15:00:50 ID:pYPCPG++.net
    職場の同期でよく遊んぶ3人(A(友やめ物件)、B、C)と旅行にいくことに

    夕方頃ホテルに着いた後、車で2、30分程の場所に穴場スポットがあるとのことで早速移動。
    行ってみたらかなり良い場所で、その後の行程を変更するか?との話になった
    案としては
    ・このままこの場所で夕飯(呑み含む)を取って、車は代行を頼んでタクシーでホテルに帰る
    ・車ですぐにホテルに帰って夕飯(当初の予定はこちら。ただし、ホテル周辺にはめぼしい飲食店がないので
     スーパーで買い出しして部屋で食べることになる)

    私はどちらかというと部屋食派で、友人Bはここで食べていきたいとなったけど、Aが急にだんまりになって下を向いてしまった
    「どうしたの?具合でも悪い??」と聞いても「んー…」と言うだけ。
    すると今回の旅行のまとめ役的なCが
    「せっかくだから、多少お金はかかちゃうけど観光地を楽しみたい」
    と言ったので、その場で呑んで帰ることに。
    その間もAはずーーーっとだんまりで、みんなが何か話しかけても「んー…」としか言わず。
    次の日には普通に戻ってたので、「何か虫の居所が悪かったんだろう」と納得して終わった

    ところがその後、旅行から帰って来て職場の人に「旅行どうだった?」と聞かれた時、
    Aが「この人たち、ほんとにびっくりだったんですよー!!」と言い出した
    曰く、タクシー頼むとか、お金をかけてまで呑みたい意味が分からない、
    そもそもそんな行き当たりばったりなのが自分は信じられなかったとのこと。

    そういう意見もあるだろうけど、それなら話し合いをした時黙り込まずに言えばよかったし、
    計画が雑なのが気に入らないなら旅行前にCが色々提案してくれた段階で言えばよかったのに。
    アラサーにもなって察してちゃんなのが気持ち悪くなって個人的関わりをCOした

    790 :鬼女タウン 2018/03/31(土) 17:19:27 ID:6rj
    自分が新卒で最初に入った職場の人間関係が最悪だった
    ピリピリしてる人が多くて常に周りの人間に粗探しをしてマウンティングしあってばかり
    自分の得意分野では「お前らなんでこの程度のことも知らねーんだよ!」
    「この分野の仕事は俺がいないと回らない。お前ら俺に感謝しろよ無能ども!」って感じでマウントを取り合い
    自分が詳しくない分野の話になると「俺はこっちの技術専門なんだから知らないのは当然だろ!」とふて腐れる
    そういう人が何人もいた

    そして先輩たちは新人が入るととにかくいびりまくる
    「お前の給料だと時給換算だと○○円くらいか。お前は今日はお勉強ばかりで何も仕事ができなかったから
     会社は○○円の損害を出したってことだな
     あーあ、その分を俺が稼いでやらないといけないのか。お前、自分が寄生虫だって自覚しとけよ」
    「君、確か××大学出身だったよね。なのにそんなことも知らないのか。××大学ってレベル低いんだね(笑)」
    みたいな感じ

    直属の上司もしょっちゅうヒステリーを起こしてた
    この人部下から挨拶されても返事をしない(かすかに体がぴくっとする程度の反応があるくらい)
    なので挨拶をしても聞こえてるのか聞こえてないのかよく分からない
    しかしもしも聞こえて無かったら「ちょっと!今日私に挨拶しなかったでしょ!」とヒステリーを起こす
    聞こえてなかったかなと思って挨拶をし直すと「聞こえてるわよ!バカにしてるの!?」とやっぱりヒステリーを起こし
    大き目の声で挨拶をすると「うるさい!」とヒスる
    なので適度な声で挨拶し、挨拶が聞こえてたときのごくわずかな反応を見逃さないようにしないといけなかった
    しかも機嫌が悪い時はそばを通る時に足音が鳴ると「うるさい!社内で足音を立てるな!静かに歩け!」と怒り
    なるべく静かに歩くと「忍び足で歩くな!痴漢か!気持ち悪い!」と怒る
    支離滅裂だった

    そういうヒステリーやマウンティングしない人もいたけど、そういう人たちはゾンビみたいなタヒんだ目で黙々と仕事してる感じ
    (俺もそのゾンビタイプの1人だった)

    離職率が高くて俺の一年上と二年上はみんな一年持たず辞めていったそうだった
    そして俺の次の年に入ってきた新人は朗らかで温厚な子で俺ともすぐ仲が良くなって、なるべく俺はその子をかばってたんだけど
    半年くらいで「先輩ごめんなさい!俺もう耐えられないです!」と泣きながら俺に電話してきてそのまま会社に来なくなって辞職
    その次の年に入ってきた子はきの強い子だったけど「ざっけんな!」とブチ切れて一年もたずに辞職
    そんな状態でも社長は「うちは技術が高くてレベルが高い。なので優れた資質のあるやつでないと定着できない」と自慢げ
    比較的まともな会社幹部の1人が「うちはもうだめだ……」とため息を付いたりしてた

    ここまで書くとこの会社がとんでもないブラックっぽく見えるかもしれないけど意外にも業務自体はホワイト
    ほぼ毎日7時か8時には帰れる
    (残業すると「残業しないと仕事をこなせないノロマ!」「会社の光熱費に負担をかける寄生虫!」とむちゃくちゃ説教される)
    土日出社や長時間残業は繁忙期以外はないし、繁忙期も年度末のごく短期間
    給料は正直低いけど各種手当やボーナスもちゃんと出る
    人間関係だけが最悪なところだった

    60 :鬼女タウン 2016/02/02(火) 14:15:29 ID:ec7
    パート先の同僚A、社内不倫の噂があるが事実なのかどうかは知らない。
    不倫は大っっっ嫌いだが、自分と関係のない人が何をしようが興味がない。
    ベッキーのあの件がお昼休みの話題にのぼった。
    「意外だったねー」「気ぃ強い子なんだねー」等と軽い感じで話してたら
    Aが「不倫って言葉が良くないと思う」と突然言い出した。
    ワイワイ話していたのが、その一言でざわ・・・ざわ・・・って感じw
    そこからAの演説が始まった。
    曰く、「不倫って言葉はおかしい。人を好きになることが何故倫理に反するのか。
    出会う順番が違っただけで、結婚したあとに真実の相手と出会ってしまうことだってある。
    それは奥さんにとっては、間違った相手と夫婦になってしまったということ。
    気が付いた時点で修正ができれば誰も不幸にならないのに!」
    そこで同僚の中でも年長のボス的存在のBさんが
    「不倫じゃなければ何なの?」って聞いたら「深く考えることもないんじゃない?純愛でしょ」って。
    一瞬沈黙が支配し、直後大爆笑。
    その瞬間を例えるなら、ニコニコ動画の右から左に流れて行く「wwwww」が
    画面一杯に現れた感じ。
    今思い出しても腹いてぇw

    8 :鬼女タウン 2012/11/15(木) 19:51:20 O
    うちは結婚して約八年、私達が結婚した時はまだ義弟は独身だった。
    私と義弟嫁は会社が同期で同じ部署、特に仲良くはなかったけど勤務先の慣習で同期の女性全員を披露宴に招待した。
    二次会で義弟嫁が義弟に猛アタックしてたのは、夫や私もちら見してた。
    「弟くんモテキ到来だ!やっと春がきたか」と夫の幼なじみが言ってたのを覚えてる。
    出会いのきっかけはどうでも、それから順調に交際が始まり、婚約して翌年結婚。
    同じ部署に姻戚がいるのは如何なものかという空気があり、私が別の部門に配置転換された。
    ウトメもまだ現役で忙しくしていて、3家族が互いに干渉することも無い良い距離感の付き合いだったと思う。
    私の配属先は実は花形業務から外れた畑違いの仕事で、当初は戸惑った。
    でも仕事を始めてみたら、思ってもいなかった自分の資質を引き出して貰えて、仕事もまあ順調。
    大きな仕事の隙間にタイミング良く妊娠できて、産休あけに復帰してちょこっと頑張ってたら運良く昇格できた。
    その頃に義弟嫁もめでたく妊娠したのは良いけれど、花形部門は激務で産休育休から復帰してきたら、やっぱり風当たりはよろしく無い。
    特に義弟子は少し体が弱いようで、頻繁に熱を出したり病院通いで義弟嫁もかなり煮詰まってしまい、よく愚痴り電話が入るようになった。
    仕事と育児の板挟みの、働く女性の辛さは私にもわかるので、慰めたり励ましあったりしてた。
    義弟嫁実家は遠隔地で育児支援を望めないし、ウトメも現役で孫の世話に専任できる状態でない。
    でも私も同じ条件下で、それなりにしんどかった乳幼児期を乗り越えてきた。
    先日も愚痴電話を聞いてたら、何が地雷だったのか
    「うちの子は私さんちみたいに楽な子供じゃないの、仕事だってあなたと違って主流の部署で、泣き言を言ってたら置いていかれる」
    「あなたは自分が何でも適当にやってるから、真剣に苦しんでる者に冷たいのよ」
    と噛みつかれた。
    「今が一番きつい時期だよね。どうしようもなかったらウトメ(トメは今年早期退職してパートに変わった)に相談してみたら」って言ったのが悪かったのか?
    安易な励ましで追い詰めちゃったのか?
    もう面倒くさいので「私との会話で不愉快にさせてごめんなさい」って言ったら、無言で電話切られた。
    吐き出し長文ですみません。

    832 :鬼女タウン 2018/04/07(土) 01:19:57 ID:CjE
    テレビ取材のまとめ見て思い出したんだけど、
    前にテレビ番組制作のADやってた時、先輩たちのテレビに対する考え方が違いすぎて神経わからんだった。
    まとめは取材を受けたけどテレビに出られて嬉しいでしょ?みたいな対応されたって内容だったんだけど、
    ほんとにその通りで、テレビに出られるんだから感謝すべき!って思ってるADがほとんどだった。
    例えばよく先輩との会話でせ
    私「そういえばこの間アポ取った人、いくら払ってくれるのかって言ってましたよ。」
    先輩「は!?テレビに出られるのに?」
    私「でも私もそう思いますよ。
    だってその人が出演してくれて、番組完成するじゃないですか?
    だから給料も出るじゃないですか。
    その人は時間割いて来てくれるから、その分の報酬的なものは払わないと出てくれる人減っちゃいますよね」
    先輩「全然意味わかんないんだけど?
    テレビに出られてお金ももらえて宣伝してもらえてって、
    そんなうまい話あるわけないじゃん。
    お金は払えないからなんとか言っといてよ」
    私「払えないなら出ないって言ってましたよ。たぶん相手はテレビが宣伝になると思ってないんじゃないですか?」
    先輩「んー、とにかく分かってもらえるまで説得して」
    私「一応しますけど、別の仕事も急ぎなのでずっと連絡するのは厳しいですよ」
    って感じだった。
    飲食店とかをテレビで取材するのって、宣伝ってメリットに対してお客さん呼べない、
    食べ物をテレビ用にたくさん作らなきゃいけない、もしかしたらカットされるかもしれない、
    嘘の情報を流されるかもしれない、とかちょっと考えただけでも結構デメリットがある。
    ましてや今はそこまでテレビの時代でもないし、先輩や他の上司達があそこまで踏ん反り返ってる意味が分からなかった。

    新卒のわたし、1ヶ月前から熱って言って仮病使ってるのだが

    1 :名無しさん@おーぷん:2017/11/19(日)21:43:01 ID:rnc
    明日から出社しようと思うのだがどんな顔で出社していいか分からないし今日部長から電話がかかって来て「診断書出してね」で絶望していて出社したくない。

    【3/4】その日社長から皆に紹介された新人がとんでもない女だった。社「今日から営業部に入ってもらう。宜しくな」皆「よろしくお願いします」女「私、設計がしたいです」社「え?」…
    157:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:33:28.03 ID:3e8lTqdb0
    周りが注意しても、聞く耳持たない。

    あいかわらずヘンテコな『出来る女』で
    「部下に注意して何が悪い!」とキレる。

    クリステルも人間なので、100回に1回は計算ミスしたりする。

    そういう時のアントンは「高卒、足し算教えたろか?」とか口出ししてくる。


    そんな執拗なイジメが続いて、クリステルも皆も限界だった。

    【2/4】その日社長から皆に紹介された新人がとんでもない女だった。社「今日から営業部に入ってもらう。宜しくな」皆「よろしくお願いします」女「私、設計がしたいです」社「え?」…
    94:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:02:06.35 ID:3e8lTqdb0
    そのあと、ベテランさんは大将に

    「ビショビショにしてごめんなさい。飲み物粗末にしてごめんなさい。」とひたすら謝っていた。

    大将が笑顔で「気にせんでええよ」と言ってた。

    ベテランさんはクリステルや私たちにも謝ってきた。

    私は結構飲んでたせいか、何故か号泣してた。
    アントン以外の人が良い人すぎて涙が止まらなかった。
    大将にアイスを貰って、皆がタクシーに乗せてくれてお家に帰った。

    【1/4】その日社長から皆に紹介された新人がとんでもない女だった。社「今日から営業部に入ってもらう。宜しくな」皆「よろしくお願いします」女「私、設計がしたいです」社「え?」…
    62:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 10:42:34.59 ID:3e8lTqdb0
    もちろん営業部は猛反対。

    営業の方が電話・FAX・コピーや雑用が多いので絶対に無理だ。

    しかもユリさんもまだ居るしベテランさんも手伝ってくれてるから、充分だと訴えた。

    けどそこはワンマン社長。聞いてくれるわけもない。
    ってことで、次の週からアントンは営業部で仕事をすることになった。

    ユリさんが何故か「何か・・・ごめんね」って謝ってきた。


    私はちょっとお腹が痛くなった。

    このページのトップヘ