2020年08月

    【前編】嫁母が障碍者の嫁兄を残して他界。嫁「離婚して欲しい。私は兄の介護をする。子供も育てて欲しい」…どうしようorz
    485: 123 2009/05/30(土) 22:47:45
    弁護士と話してきた。 
    嫁兄の後見人の手続きと相続放棄までの流れを聞いてきたよ。 
    嫁実家に行ったが実家は嫁兄が暴れてめちゃくちゃに。 
    嫁の介護じゃ何かが駄目らしい。 
    この状況じゃ嫁が介護抱え込んでたらすぐにつぶれる。 
    借金とりもきたし。 
    月曜は仕事休んで嫁に付き添って役所やらワーカーやらに会うことにした。 
    息子二人はとりあえず3日ぐらいなら自炊もできる年だしな。

    23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/24(日) 16:09:02
    嫁の母親が亡くなった。 
    嫁の兄は障害者。 
    嫁に「離婚して欲しい。 
    私は兄の介護をする。 
    子供も育てて欲しい」って言われた。 
    嫌だよ、嫁を愛してる。 
    けど嫁の責任感みたいなものもわかる。 
    板挟みだ…

    412:1/4投稿日:2009/03/28(土) 19:52:54
    ピーナッツのトメコトメ。両方クソ。
    嫌みいびりは当たり前、家探し、窃盗なんでもござれ。
    夫が〆ても言う事聞かず、逆に被害者ぶって泣いたり喚いたり。
    リビングに私の下着を持って来て親戚や客の前で広げては
    「こんなの履いてーww」とにやにや。
    トメは昔同居だった大トメにいびられまくり、これら全て大トメにやられた事らしい。
    「だから嫁いびりしてもいい」と主張するトメコトメ、困った顔のウト。
    これでもう義実家詣では無くなり、夫は心底憎いと思っていた大トメと同じ事をするトメコトメを嫌っていた。
    ウトが〆ようものなら
    「アタシはこんなに苦労してきてキェェェェェーー!!」
    「お母さんが可哀そうキエェェェーー!」
    「ウトはあの女にたぶらかされたんだ慰謝料よこせキェェェェー!!」ってなもん。
    その大トメは今はウト弟の家にいるが、遠方という事と、トメとコトメが会いに行くのを大反対、夫にとっても母をいびる嫌な祖母、
    なので1回しかあった事がない。
    先週、大ウト法事で大トメに会ったんだけど、来るなり睨みあうトメコトメと大トメ。
    一瞬で周りもピリピリムードになった。
    それにしてもトメには散々いびられたが、言う事がトメとそっくりww
    「相変わらずみっともない服だね!」「ろくに顔も出さないダメ女が!」
    「あんたなんかと結婚させるんじゃなかったよ!」
    年齢と方言の分か、大トメの方が言葉きつくて貫禄があったけどw

    何と以外にも大トメは私にはとても優しかった。
    まあろくに会わないし、トメいびりの一環でもあるだろうけどもw
    「後継ぎの嫁かー、あら美人だこと~。ひ孫太郎(私の子)や大ばあちゃんのとこおいで~」
    「孫太郎(夫)もいい嫁さんもらって幸せモンだなぁ~wひ孫太郎は孫太郎によく似てるなぁ~」
    「あらららあ~、かわいいこと!!」
    と大喜び、子供をほめられてまんざらでもない顔の息子ラブ夫。

    781:1/32011/02/23(水) 20:47:02.96
    少しフェイクあり


    同居ウトメは良なのに、土日に凸してくるコトメ(夫姉)は天麩羅イビリをしてくれた

    東京から雪国に嫁いだのだけど、
    ・雪かきの仕方も分からない嫁pgr(ただし自分は手伝わない)
    ・私立高校出てるなんてpgr(地方とは事情が違うことを説明してもスルー)
    ・まだ子供できないの?(婦人科系の病気もちにはこたえた)
    などをチクチク言ってくる。その度にウトメがシメるが効果なし

    またコトメコも、勝手に部屋に入ったり庭を荒らしたりなどやらかしてくれた
    旦那は当時1ヶ月以上仕事で家を空けることもありなかなか相談できずにいた

    966:名無しさん@HOME2011/07/24(日) 09:07:26.05 O
    コトメが産後の里帰りに汚義実家に帰ってくるにあたり
    旦那(コトメ弟)が掃除に行ったんだけど私は行かなかった
    で、旦那が着いただろう時間に電話が来た
    トメ「嫁子ちゃんはきてくれないの?」
    私「コトメ夫さんは来て片付けしないんですよね」
    大幅な片付けが必要なのも今くらいの時期に里帰りするのも半年も前からわかっていて
    直前まで受かれてるだけで片付けなかったウトメのために
    他人の私が出向くわけない
    妻と子のためにコトメ夫は近距離住みでも片付けにこないのに
    何で私が行かなきゃならん
    あれしか言えなかったけど私が行きたくないことは伝わったと思われる

    789:名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/30(木) 20:19:04.49ID:LA8MFLQgd
    嫁が子供の頃に買ってもらったピアノが家にある
    家は子供が男2人で兄のとこは女2人

    兄嫁がピアノくれって言ってたのをずっと断ってたが
    とうとううちの両親も譲ってやれって言い出した
    じゃあ買ってやればいいじゃんって言ったら、
    弾く人がいないんだから譲れってよ

    嫁も趣味で弾いてるし近所の子供も家に練習に来てるんだから
    やれるか
    年末年始帰るのやめるか検討中

    91:名無しさん@おーぷん2014/11/01(土)15:51:17ID:P8Ap3vX0s
    報道されたのでフェイクが
    盛り沢山ですがお許しください

    私が二十代の頃に
    実の妹に旦那を寝取られたことがある

    もちろん慰謝料を双方からぶんどって離婚
    昔から妹を可愛がって私を
    sageまくった両親は妹の味方だったよ

    私は両親妹と縁を切って遠方へ逃亡
    その地で別の男性.と再婚して子供が産まれた
    子供が中学生になったぐらいに、
    再婚相手が救急車に運ばれたと連絡があった
    再婚相手は何者かに暴行、重傷とのこと
    私は発狂しながら病院にかけつけ、
    再婚相手の無事を祈った

    再婚相手は一命を取り留め、
    私とファザコン気味の
    子供は安心して泣きまくり
    再婚相手の回復後はもちろん
    警察が入り事情聴取だ
    再婚相手は「小柄な女にやられた」と証言

    これだけではなんとも・・・
    な感じな刑事さんたちだったが、
    必ず捕まえると約束してくださいました

    759:名無しさん@HOME2012/10/17(水) 06:33:37.04 0
    そうか、このスレは監視されてるのか・・・・w
    まあいいか。

    弟が結婚するときに住宅をどうするかで、弟と嫁母がもめた。
    弟の職場の近くか嫁実家の側かって事だったんだけど
    このとき弟嫁から「お義姉さん、助けてください」と泣きつかれ、
    のこのこ出掛けて行ったのが間違いのもとで、
    結局私一人が悪者になり、弟夫婦は嫁実家で同居をスタートさせた。

    結婚してからはずっと疎遠気味だったんだけど(約3年)
    最近嫁が不妊症ってことが分かって、弟が離婚を申し出たらしい。

    で、また弟嫁からヘルプの要請の電話が来た。
    その時の彼女のセリフが素晴らしかったw
    「またあの時みたいにうまく取り持ってくださいよ!」

    ( ゚Д゚)ハァ??なにがうまかった訳?
    結局私をスケープゴートにして自分の思い通りにしたかっただけでしょ?
    同じ手が二度通じるか!とオブラートに包んで伝えたら
    「役に立たねぇなー」とガチャ切りされた。
    ムカつくわー。

    583:名無しの心子知らず@無断\(^o^)/2014/10/18(土) 06:50:24.84ID:rTNuRyRG.net


    娘の名前、佳瑚。
    佳の字がつけたくて、でも「佳子」だと「よしこ」に見えるし「子」の字には意味がないので「瑚」にした。
    「瑚」は、珊瑚の瑚、大切な宝石って意味を込めた。

    「カコ」です、まではいいんだけど、口頭で漢字の説明するのが大変。
    珊瑚のゴです、の説明も、コじゃなくてゴの発音をしてるところに自らモヤモヤしてる。

    【前編】嫁がメシマズでトンデモ飯しか作れずその上浮気…たった2年の結婚生活だったorz
    195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/10/22(月) 23:20:32.79 ID:czlIOUa40
    話し合いは泥沼化しそうだったが、後日嫁に新事実発覚 
    浮気相手の子供が腹に出来てました(しかももう下ろせないくらい。デブだし黙ってりゃ俺にはわからんと思ってたらしいが、嫁母が気づいて俺と弁護士に教えた) 

    俺、腎臓おかしくしてからED気味でレス歴1年くらい 
    どうみても俺の子ではありえない 

    デートしてるだけじゃなかったのかよ嫁よ 

    というわけで離婚確定、慰謝料は俺が貰う 
    ただ生まれてくる子供には母親は必要だし、警察沙汰にはしないことにした 

    このページのトップヘ