652:名無しさん@おーぷん2015/09/23(水)01:46:37ID:fe8
    ちょっと手に負えなくて吐き出したい。
    板違いかも?
    二人目の性別も女子と判明してから色々義実家で揉めてたらしい。

    内容は今年デキ婚したコトメ旦那が顔合わせからうちの長女溺愛してて、
    うちも絶対女の子がいいって言ってたみたいで。
    予定日がうちと何日しか違わなくて、ほぼ同時に性別が判明したんだけど、
    うちが女でコトメは男の子だった。
    義両親は初めての男孫で嬉しそうだったのに、
    義両親伝いにうちの性別を聞いたコトメ家が喧嘩?したらしく、
    今遠距離義実家にコトメが帰ってきたらしい。
    曰くコトメ旦那が「女の子が良かった」から始まり
    「男の子なんて粗暴で扱いにくくて嫌だ」
    「なんでもっと早くわからなかったのか」
    (暗におろせるならおろせぐらいの勢いで)
    「義兄(うちの旦那)に頼んで、赤子を変えてもらえないか」
    とかとんでもない話をしだしたそう。
    終いには、男の子産むなら離婚、認知しないとまで言い出したのが今日の話。

    コトメは気をきかせてか、
    そんな話は今日義母から電話が来るまで全く知らなかったから血の気が引いた。
    義母も義母で
    「申し訳ないけど、本当に女の子で間違いないのか病院でもう一度見てもらって欲しい」
    とかいう内容の電話だった。
    多分娘可愛さにおかしくなってるのかと思うけど、旦那は激怒してる。

    その電話が来るまで、姉妹妄想膨らましてニタニタしてたのに
    怖いやら腹立つやらで、寝付けないわお腹張るわ。
    これから義実家全体的にどう付き合っていこうか、もう…手に負えない。

    【前編】トメが指を怪我した。トメの代わりに家事をしに車で二時間強の義実家に通えと言い出したマザコン夫。私「仕事あるんだけど?」…
    786: 707(1/1) ◆4nkUSgJs2k 2009/04/26(日) 14:45:54 0


    エネまとめに143-707でまとめてもらっていた嫁です。 
    旦那がトメの怪我?を心配するあまり、義実家に行ったまま戻ってこなかったのですが。 

    いろいろありまして、離婚しました。
    超上から目線で「離婚したいならしてやる」と威張っていた旦那ですが、 
    トメに貸した私の貯金の明細と借用書、ここ数カ月のトメへの仕送りと家計の現状、 
    トメからのいびりとそれを増長させていた旦那の現状を叩き付けると態度が一変。 
    「嫁は俺を愛してるんだからそんなはずはない、これは誰かの陰謀だ」 
    「誰かが嫁か俺に横恋慕してるんだ」 
    「嫁は脅迫されてるんじゃないのか」 
    春の陽気に頭沸きましたかと思わずにはいられませんでした。 
    責任をなすりつける第三者はいねーよ、現実見ろよと突き放し、 
    嫁のくせにと罵るトメには借金の一括返済を要求。 
    「分割は認めない。払わないの分かってるから。質屋でもサラ金でも 
    親戚に頭下げて回るのでも好きなの選べ」でトメ号泣。

    144: 名無しさん@HOME 2009/03/04(水) 23:24:33 0


    旦那が私の携帯を止めようとしやがった。
    私は自分の口座から、自分の給料で支払っとるわバカタレめ。
    ちなみにうちも自発的に実家にお帰りになりました。3月はマザコンエネ夫発生期ですか。

    201:名無しの心子知らず2010/07/01(木) 12:36:06ID:uPnXIlU8
    この間の町民運動会に自治会費を納めていない一家(小学生含む)が
    ビーチテント広げてくつろいでたのよね
    で、いざ昼食の時間になって、町内会のみんなで輪になって
    お互いのお弁当持ち寄ってわいわいやってたら、その一家の
    下の子(たぶん幼稚園くらい)がトコトコやってきて一緒に
    お弁当をつまみだしたの。
    そしたら少ししてお兄ちゃん(小学2年生くらい?)もやってきて
    「○○だけズルイ!ボクも食べる!」って言って食べだした。

    からあげやら海苔巻やらをすごい勢いで食べる食べる。 
    こりゃぁいけない、親に言って帰ってもらわないと 
    と思って親を探したらビーチテントはカラ。ふと気がつくと 
    「あらあら、どうもすみません」なんて言いながら一緒にパクつきはじめてる。 
    町内会の爺ちゃん婆ちゃんは子供好きだから、子供らだけなら何も言わなかったけど 
    さすがに親までとなると困ってしまって「あなた達、自分のお弁当は?」って聞いたら 
    持ってきてないって・・・近所のコンビニでお弁当買うつもりだったんだけど 
    今行ったら売り切れてたって。小さい子供がいるのにお弁当も無いなんて・・・・ 
    で仕方なく分けてあげたんだけど、ごちそうさまもありがとうも無く、食べ終わったら 
    さっさと自分のテントに帰って行った。

    971:本当にあった怖い名無し投稿日:2013/08/20(火) 21:34:47.41ID:+IUfgh4o0
    ・十数年前の話。
    ・高校の野球部、一番ショートでレギュラーだった俺。
    ・三年の夏、最後の甲子園に向けて、県大会が始まる。
    ・駅から家までの夜道、顔を隠した数人の暴漢に襲われて右足骨折。

    ・当時、校長が国際派だったせいで朝鮮学校とよく練習試合をした。
    ・負けると、駅などの公共の場で集団に囃し立てられる。
    ・勝つと、主力選手が「謎の負傷」。
    ・県大会前に練習試合、かなり手は抜いたものの相手の自爆で勝利。
    ・原因はこれだろうと思われ、犯人も見つからず。

    ・自分は出られずとも、裏方くらいはやりたいと、スコアラーや道具の整備をする。
    ・チームは準決勝で惜敗、お疲れ会で皆から「お前が出ていたら」と惜しまれる。
    ・同じ三年で、俺の替りに出場したAが「出たのは俺なのだから、そうやって惜しむのは
    俺をバカにしている」とキレ始め、かなり悪い空気の中で散会。

    810: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/10/01(水) 17:18:09.98 ID:6S6KuYyo.net

    在宅でかれこれ10年近く仕事してる。

    二人目が生まれて落ち着いて来たから、仕事を増やす為に保育園の申し込みに役所に行ったら、 
    「保育園はフルタイムで外で働いているお母さん達のもの。家でパソコン弄ってる仕事は仕事とは言えない。 
    自分のペースで仕事しながら子育てできるでしょ?フルタイムのお母さん達はね、毎朝早くから起きて家事して泣く泣く子供達と別れてるの!あなたには入る資格がない!」 
    と職員のおばさんに怒られた。 
    それでも保育園に一人目は入れてたことなどを話して粘っていたら、 
    「地域の民生委員にあなたの仕事が仕事なのか判断してもらって!デザインなんて遊びだと思われるだろうけど~。」と笑われた。 

    さすがに頭に来て 
    「分かりました。出直して来ます。次は顧問弁護士連れて来ますね。」と言って帰ってきたんだけど、家と事務所の電話がジャンジャン鳴ってる。NDには役所の番号出てるし、留守電に上司と名乗る人から謝罪入ってるけど知らんがな。

    466:名無しさん@おーぷん2015/11/24(火)11:16:08 ID:cya
    痴漢冤罪の場にいたので報告がてら。
    今朝の電車で女子高生のおしりにOLの鞄が当たってるのを「こういうの痴漢だと思うのかなぁ」なんて思いながら見てた。
    そしたら女子高生が隣の男の方見て「痴漢やめてください!」と涙目で叫んで、痴漢容疑の男(以下容疑者)は2人の男と1人の女に取り押さえられ、次の駅で引きずりおろされた。
    容疑者は否定してたし、暴れてもいなかったんだけどね。

    んで俺も一緒に電車降りて「俺見てたんで―、証言します。」とだけ言って、駅員と警察くるまで待機
    待機中容疑者の態度が面白くて、取り押さえてた奴らが正義感から色々怒鳴り散らしてたんだが、「はぁ、へー、ふーん」って感じで流してて、余裕あんなーと思ってたw

    容疑者と被害者別々に事情聴取。
    で、証言しますよって言った俺は女子高生側に連れて行かれて、取り押さえてた奴らは仕事があるから、証人いるならいいよねって感じで解散した。
    女子高生の証言が「ずっとおしりを触れらてた」程度だったのに、警察がきて話をしているうちに変わっていった。
    警察が「スカートや肌着の中に手を入れられたんだよね?」とか勝手に言いだすと、女子高生が「あ、それもされました。」って感じで勝手に内容盛っていくでやんのw
    で、逐一俺の方見て確認するんだけど、何も言わずにうんうん頷いてた。


    最終的に容疑者の方に、女子高生は連れて行かず、俺と警察だけで確認に行った。
    容疑者はすごい冷静に「やってないんだから、そうとしか言えない。弁護士来るまで黙秘するよ。俺逃げようとなんてしてないのに、無理やり抑えられて怪我した。これ傷害じゃん。」と否認。
    んで警察はないことないこと読み上げて、証人もいるし、示談の為に謝罪と5万円払ってどったらって言って認めさせようとしてた。

    で、俺が「俺が見たのは、OLの鞄が女子高生のおしりに当たってて、痴漢と勘違いしてるかもなぁっていう状況です。その人痴漢してないですよ」と証言した途端、場が凍った。
    警察が「でもさっき被害者の証言に頷いてましたよね。」って聞かれて、「冤罪ってこうして出来上がるんだなぁと思って、一人で納得して頷いてただけで、証言したわけじゃないし。」と言ったら、容疑者が大笑い。
    警察が「痴漢を見たわけじゃないなら、帰っていいですよ。」とか言い出したんで、「容疑者さんが不憫だし、裁判やるなら取り調べ含めて見たまま証言します。」って容疑者に名刺渡して帰った。
    さっき容疑者から「向こうの出方次第で警察訴えるかも知れないけど、とりあえずお礼がてら奢らせて」と電話来て、その後の様子とか聞きたいので今晩飲みに行くことになった。

    淡々と書いてはいるけど、すげぇワクワク、興奮してる。
    容疑者と気が合いそうだし、この年になって新しく友達ができそうです。 

    525:名無しさん@HOME2009/03/24(火) 13:44:06
    壮絶な過去もない、すっごいプチな話だけれど、長文ですみません。

    旦那が家業をついでいるため、旦那の実家で、同居一年目。
    最初は良トメだったけれど、

    3ヶ月ほど前から些細な嫌がらせ?みたいなものをするようになってきた。 

    磨いた革靴に、植木に水やるふりして水かけられたり、大事にしていた植木鉢をうっかり割られたり、
    金魚の水替えという名目で、勝手に金魚をバケツに入れて、忘れられて、
    炎天下に何時間も放置されたり、飼い犬(中型犬)の首輪がへたれていた、という理由で、
    勝手に買ってきた首輪に変えて、それが小型犬用できつくて犬が嫌がっていたり、
    干してある洗濯物から、私の肌着だけが地面に落ちてたり、
    お風呂に入ってあがったら、用意していたバスタオルで手をふかれた形跡があったり、
    張り替えたばかりの障子をやぶられたり、ふいたばかりのガラスに指紋つけられたり、
    コンタクト捨てられたり…という、書いていても嫌がらせか天然なのか分からない
    微妙なラインの出来事が、3ヶ月間毎日続いた。


    旦那に訴えて〆てもらっても、
    「ガサツな私、また失敗しちゃった…。ごめんね!ごめんね!悪気は無いの! 
    私、もうボケてるのかも…もう長く生きられないのかも…グスン」みたいなことを言うので、
    強く〆られない。何せ小柄でかよわい人なので、大柄で横広な私が責めると、虐めている構図に見える。
    ウトはトメにべた惚れなので、泣かれるとお手上げ。
    それどころか、旦那がエネはいってきて、
    「些細なことで争うのは止めよう」と言いだす始末。

    些細だけれど、毎日毎日やられると、けっこう精神にくるんだよねー…。

    60:名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/11(月) 20:28:41.39
    朝飯晩飯嫁のマズメシ何年も食い
    偶然体重計に乗ってみたら、50kgになってた。(177cm)
    とうとう藤原基央並になってしまった。
    タヒんでしまわないか心配だよ。

    411:本当にあった怖い名無し2011/11/10(木) 20:45:55.80ID:uNcH5mNg0
    狙って、というか偶然やってきた機会を復讐に使った話
    身元バレ防止の為一部フェイク入れています。
    またグロい表現が多少あり長文になります。読みにくかったらすいません。


    自分の母親は10年ほど前の春の夜に父親と一緒散歩途中、飲酒運転のオッサンにひき逃げ
    されて杀殳された。家で留守番していた私は父親の「母さんが目の前で轢かれた!」っていう
    絶叫にも近い電話で現場にかけつけた。
    道路にブレーキ痕は全くなく車の進行方向とは逆のところに血痕と細かい無数のガラスの
    破片が散らばっていた。父と一緒に母を探した。
    母親はおよそ70mほど吹っ飛ばされた田んぼと水路の隙間で見つけた。
    私がダメ元で心臓マッサージした。父を呼び警察・救急呼んだ。
    すぐ警察と救急が到着した。ほんの数百m(本当に視界に入るぐらいの場所に)先に病院が
    あった。父だけが付き添いでいった。
    私は残りわかる限りの状況を警察に説明していたところにフロントガラスが半壊状態の車が
    戻ってきた。ソイツだった。赤ランプが大量に点灯していて怖くなって戻ってきた、といった。
    前が半壊状態で前が見えないから窓を開けて運転してきた、といった。
    その場でソイツは逮捕された。思わず殴りかかろうと思ったら警察にひきとめられた。

    このページのトップヘ