鬼女タウン

当サイトでは、2chの生活系のスレッドをまとめています。 主に鬼女、キチママ、修羅場系、に関するものです。

    916 :鬼女タウン 2017/07/17(月) 11:06:54 ID:z30
    彼氏の友達に紹介されて以後、一緒に遊んだり飲みに行くようになった。
    彼氏の友達は学生時代の仲間で、彼氏を含めて男5、女2のグループ。
    そこに私が加わった。
    私以外の女性2人のうち1人Aさんが、いわゆる姫的存在で、美人。集まりにほぼ皆勤。
    もう1人の女性Bさんはグループ外の彼氏持ちで、お花見とか大きなイベント以外は段々来なくなった。
    姫は姫なもんだから、皆にチヤホヤされてるだけで動かない。
    BBQでも座ってるだけだし、座ってても周囲が世話を焼く。
    片や私は姫には程遠い外見で、チビの固太り。
    私の対応もよくなかったんだけど、周囲にからかわれたり
    Aさんと比較されるたび「ごめんねネタキャラで~」とか言っていたら
    その扱いが定着してしまった。
    動くのは嫌いじゃないから雑用も率先して動いてたら
    「コイツは動くのが当たり前」「Aは動かないのが当たり前」これも定着した。
    たまにBさんが来ると、私の扱いがひどいって苦情を言ってくれて
    その場では治るんだけど、また次の集まりではもとに戻っていた。

    そのBさんが去年結婚して、集まりに全然来なくなった。
    女性メンバーが私とAさんだけになり、私に対する皆の態度はどんどんぞんざいになった。
    「Aちゃんを見習え」「Aちゃんに比べてお前は…」
    「Aちゃんに教えてもらえ」「Aちゃんに謝れ」「Aちゃんと並ぶな」
    気が付くとこんな台詞しか言われなくなってた。
    彼氏も笑いながらこれを言う。そして雑用は全部私。
    いい加減鬱憤が溜まってたんだけど、大人なのにキレたらみっともないかなとか
    場の空気を悪くするのはよくないかと思い、
    彼氏にだけ陰で「ああいうのはやめて」と言っていた。

    三連休前の金曜日、また飲み会があって、彼氏の家に集まった。
    どういう流れか細かいところは忘れたけど、
    私がグラスを運んだりしていたらCさんという男性が「のろま!」と言って私の腿をグーで殴った。
    結構な痛さだったので真顔になってしまい「やめて下さい」と言ったら
    お尻を平手で思いっきり叩かれて、「何がやめてだよ」と続けて両手で尻を連打された。
    皆ゲラゲラ笑って、彼氏も笑っていた。
    Aさんも「あらあら」みたいな顔でお上品に笑ってた。
    なんかその瞬間すべてが嫌になって、バッグ掴んで帰った。
    Cさん他男2名から「のび太のくせにナマイキ」的なメールが来た。
    彼氏からは「子供じゃないんだから~」と呆れたようなLINEが来てた。
    電源切って放置してるけど、会って別れ話しなきゃいけないのかな。
    もう会いたくないし、何もかもめんどくさい。

    862 :鬼女タウン 2016/02/02(火) 15:41:09 ID:0KZ
    いま喫茶店にいるんだけど、二つとなりの席のBBAがよく通る声でマルチ紹介してる
    紹介されてる女性は聞き流してるようでいて要所要所でバッサリ断ってるのに、マルチBBAがあの手この手で言葉を変えてずーっと喋ってて可笑しいwww

    586 :鬼女タウン 2017/07/13(木) 18:14:50 ID:o3bahvpH.net
    長文失礼。

    たまにライン来たと思えば内容は必ず旦那さんの愚痴という友人。
    「なんで子育てしてる主婦が働かなきゃいけないの!どうして私が夫も子も育てなきゃいけないの!」って謎理論で収入少ない旦那タヒネみたいな。
    いやいや皆さん子供を保育園なりなんなり預けて仕事してますよ、と。
    今日さすがに「旦那単独事故でタヒんでお金になって(はぁと」って言うのはドン引きした。
    一緒に悪口言い合いたいんだろうけど、うちは夫婦仲がいいからせいぜい合わせて「お金ないよねー」くらいしか言えず…旦那さんの年収の愚痴言われても相槌くらいしかうてなくて愚痴のゴミ箱状態。
    (いやでもうちの方が貧乏なんですけどね…)
    今思うと「デキ婚!これでゴール!」って思ったんだと思う。
    私が結婚する前散々「デキ婚しちゃえ☆」って言ってきたから。

    学生時代からの長い付き合いだったけど、毒気にあてられるからもうFOする。

    861 :鬼女タウン 2018/02/21(水) 12:36:55 ID:9WbWJjxt.net
    婚約目前の恋人が実家でヨウムを飼っていた
    さらにチベタンマスティフ(ものすごい大きい犬)もこれから飼う予定だったらしい
    実家で飼うだけならいいんだけど親が面倒見れなくなったら私達が面倒を見なきゃいけないと思うと、チベタンマスティフだけは勘弁してほしいと言ったんだけど
    全然聞く耳持ってくれなくてチベタンマスティフのかわいさがわからないなら結婚できないとまで言われてこっちも冷めてしまった
    なんか急に彼氏の嫌な部分が走馬灯のように流れてきた
    ご飯作ってくれる事はたまにあるけど洗い物とかは全くしないし掃除も押し付けてくるし絶対ペットの世話しないタイプなの目に見えてるしもう婚約解消しよう

    717 :鬼女タウン 2016/10/20(木) 21:18:55 ID:QXe
    彼女の嫌な一面に醒めつつある、別れようか悩んでる
    この間彼女友人の新築祝いに呼ばれて行って来た
    その子は既婚者で小さな子供も居るんだが、彼女曰く
    昔からだらしなくて部屋が汚い!独身の頃は私が料理や世話してあげたりしてたの!
    サバサバしててずっと彼氏がいなくて顔が残念系とも言ってて
    女子力低いから心配だよー!って行く前から言ってた

    いざお宅にお邪魔したら家の中凄い綺麗だし何より料理がめちゃくちゃ旨かった
    煮物の蓮根とか花形?っていうの?みたいに切ってあるし
    角煮とか感動するぐらい柔らかい
    俺はウマイウマイ!って食ってたんだけど、彼女は塩足りないね!とかクックパッドでこれ載ってたー!とか
    こんな料理とかしちゃうキャラじゃないじゃーん!とか言いまくってた
    彼女友人は綺麗目のしっかりした人で彼女の小言にもごめんねーって流してた
    彼女の言ってた通り独身時代はだらしなかったらしいけど、結婚して変わったんだって
    もうこの時点で彼女にげんなりしてたんだけど、帰り道駅まで送る時に
    彼女友人と飼っていた犬も一緒に駅までお見送りしてくれたんだわ
    その時に犬がウンコしたんだけどそれを彼女友人がビニール袋何枚か重ねて取ったんだわ
    彼女友人の前では何も言わなかったけど解散してから彼女がボロクソに言いまくってた
    犬のウンコ拾った手で出された料理とか最低!吐きそう!
    普段は料理してないのに今回だけ頑張ったに違いない!見せつけられた!
    どれも不味かった!私の料理の方が美味しい!
    デザートがなかった!気遣いがない!
    出るわ出るわ、クレーマーみたいな文句
    そこで俺が同意しなかったから更に切れて
    あの女と浮気でもする気か!あんなブサイクどこがいいのか!
    とか言いながら顔をひっぱたかれた
    さっき会社終わりに話そうと思ったけど無視されたからもう嫌だ別れたい
    友人彼女の旦那が羨ましい

    528 :鬼女タウン 2016/03/03(木) 17:06:33 ID:JsL
    独身中も結婚してからも我が家にきて一緒に飲んだり食べたり寝たりしてきて夫も大好きだった友達。
    その日に急に、行っていい?ときかれても、とくに断る理由もないからいいよーと二つ返事で招いていた。
    でも子供ができてから正直困る。
    当日に言われても、寝かしつけとかあるし、夜は酒とつまみ持参できてくれるけど、いつも日付変わる前くらいに帰っていくから子が寝てからしようと思ったことができない。
    事前に日程を調節するなら全然いいんだけど…
    腹黒い事を考えると、周りみんな子持ちになって飲み相手がいなくなったんだろうな。
    あと自分が結婚決まったから話聞いてほしくてたまらないんだろうな。

    673 :鬼女タウン 2016/01/29(金) 14:03:48 ID:2QI
    昨日久しぶりに元旦那から連絡がありました。
    私と元旦那の離婚の主な離婚原因だった義妹がタヒんだそうです。
    タヒんだのはかれこれ1か月ほど前だったようですが、ようやくいろいろなことに整理がついたので、
    もう一度やり直せないかというものでした。
    私の方は、別れるときには旦那に対しては未練などなかったのですが、
    旦那のほうはそうでもなかったみたいです。
    息子が一人いるせいもあったのかもしれません。
    息子は社会人となって独り立ちしています。
    息子に連絡を入れると伯母さんが無くなったからお葬式に出るように旦那から連絡があったようですが、
    息子は出席を断ったらしいです。その後私に話そうか迷っているうちに忙しくて忘れたといっていました。
    旦那から復縁の要請があったことを非常に驚いてると同時に怒っていました。
    私が旦那と離婚したのは、義妹の精神疾患が悪化して私が杀殳されかけたからです。
    幸い私の分厚いお肉が邪魔をしてくれたおかげで3か月ほどの入院で済んだわけですが、
    その前から義妹の異常行動に悩まされていたのに、出入り禁止や、病院で診察を受けることをなあなあにすまされ、
    挙句、息子が中学3年の時に被害妄想がひどくなって、刺されるまで、
    何の手段も講じてくれなかった旦那に嫌気がさし、退院後すぐに離婚をしました。
    私を刺したことにより、義妹は強制入院。
    その後何年かは隔離病棟にいたようですが、最近になって義両親が義妹を病院から引き取ったと聞いていましたが、
    自杀殳未遂を繰り返していたようですが、薬の過剰摂取により体調がおかしくなり、
    その後病院で亡くなったようです。
    正直義妹がタヒんだからと言って、旦那への愛情が戻るはずはないし、何を考えて
    復縁を申し出たのかも意味不明。
    今までは息子の近況を知るために連絡を取っているようなこともありましたが、
    息子が一人立ちした現在息子に直接連絡を取っているので、
    わたしとの連絡を取る必要もないと思うので、これを機会に
    連絡をしてこないように言うつもりです。
    なんか長くなりましたが、吐き出せて少しすっきりしたような気がします。
    ありがとうございました。

    833 :鬼女タウン 2018/04/07(土) 01:26:50 ID:QRx
    無自覚のマザコンである兄が女叩きにハマってなんかもうグタグタだった
    外食より母さんの飯がいい、外で交友関係を広げるより母さんといた方が気が楽、~できない女はないなー、母さんだってできるのに。
    って調子でいつも母さん母さんだった兄。
    本人はマザコンの自覚がなく、まとめでも見たのかよく女批判をするように。
    しかし兄が女批判する度に母が反応する。
    女なんて役に立たないしな→えっ!役に立たないのなら、母さんが作ったご飯はどこ消えたの?綺麗にしてる家は誰が使ってるの?母さんが育てた子はどこへ行ったの?
    女なんてすぐ托卵する→母さんを見てそう思っちゃったの?だとしたら、どこがそう思わせたの?
    という感じで、いちいち嘆き悲しむもんだから兄が慌てて否定する。そうは言ってないだろ!とか、そういう意味じゃないよ!とか。
    最初は兄の馬鹿みたいな発言に苛ついたけど、発言→母反応→即否定のグタグタ感がすごすぎてどうでもよくなった。
    マザコンなのに自覚ないのも、女批判を叩きにハマるのも、そのくせ即否定するのも色々と神経わからんかった

    897 :鬼女タウン 2018/04/06(金) 11:20:59 ID:Ipq
    旦那と焼肉するといっつも肉をとられる。
    「それ私が待ってたやつ!」
    「あ、ごめん。焦げちゃうと思って。」
    が毎回。
    よく焼きが好きな私とちょい焼きが好きな旦那では不利すぎる。
    特に私の「よく焼き」は本当にカリカリになるくらいが好きで、
    「焦げちゃうと思って」は他の人にも言われるから仕方ないのかなとも思う。
    しかし結婚2年目で、そろそろ私の焼き加減を覚えて欲しいなとモヤモヤしてた。

    なのでこの間やり返しやった。
    ちょい焼きの手前のほぼレア状態でサッととってバグバグ食べてやった。
    自分の口に肉が入ってこない寂しさを実感せよ!と思って。
    たら入院した。
    生肉怖い。
    お見舞いに来た旦那に
    「生焼けの肉の怖さを知って欲しくて」
    と弱々しく訴えたら感動していた。
    今後はよく焼いて食べようねって話になったので結果オーライ。

    228 :鬼女タウン 2011/12/19(月) 18:25:27 0

    義実家で集まることがあるんだが妹の旦那が仕事で遅れてやってくるらしい

    「○○くんが車で来たら飲めないからかわいそうでしょ」
    「コトメちゃん、あなたら、○○くんで車が3台になると大変でしょ」
    「コトメとコトメコちゃんだけで車で帰らせるのがかわいそうでしょ、1台で○○くんと3人なら安心だし」

    というわけで「長男くんにコトメちゃんらを迎えに行ってと伝えといて」と言われた
    そしたら帰りはコトメ家族がみんなで帰れるし、○○くんがお酒も飲めるじゃんってね
    往復1時間―ガソリン代も時間も労力もかかるのに簡単に「長男くんが迎えにいけばいいのよ」て
    うちの旦那が軽視されてるようでむかついた

    コトメ、トメ→義実家 わが家→義実家 曾祖母→義実家 の3家族を輸送するはめになった

    このページのトップヘ