463 :名無しさん@HOME2015/11/17(火) 19:26:220.net
    余りに理解不能なので少し意見が欲しい。特に女性の方の意見が。

    うちの娘はそれこそ10代中盤から付き合ってた彼氏がいたんだが
    ちょうど大学卒業と同時くらいに別れた。
    娘は他に好きな人が出来たと言っていたが、恐らくそれは半分本当で半分嘘だろうと思う。
    確かに娘の新しい彼氏は娘の元彼よりいかにも女にモテそうな(悪く言えば遊び人)タイプだったが
    同時に一流企業勤め。逆に娘の元彼氏は就活の年に震災があったせいで
    就活に失敗して、零細企業にしか行けなかった。
    彼氏は別れたくないと言ったようだが、娘は言葉は悪いが一方的に捨てたらしい。

    何故ここまで詳しいかと言うと、その元彼氏と私は趣味が一緒というか
    私がその元彼を趣味に引っ張り込んだからだ。
    その時色々相談にも乗ってやったりして、元彼が高校生の頃から
    週に1度は娘抜きで一緒に趣味を楽しむ仲だった。
    娘しかいない私にとっては息子同然でいずれ本当に息子になってくれないかな?
    などと思っていた。
    娘と元彼氏が別れて、元彼君が社会人になってからも月1、2回は交流がある。
    長いので一度切ります。


            サンフランシスコ, カリフォルニア州, 市, 都市, 住宅, 家, 通り, 丘

    278 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/04/08(水) 10:17:40.65ID:gb7PuFQu.net
    よくある無断駐車ネタ
    でもまさか自分の身に降りかかるとは・・・

    うちは賃貸だが戸建で庭付き
    建物がボロいのでお値段お手頃で俺も嫁も気に入って住んでる
    庭とは書いたが、実際には駐車場として使っている
    我が家は角地に建っていて、東側の細い道路から庭に車を入れる形
    もう一つの道路側である南側は生垣でふさがれていた

    しかし雪害のため、その生垣が半分くらいダメになってしまい、駐車場の南側がオープン状態だった
    代わりに塀でも作ろうかと思いながら、めんどくさくて放置していた

    日中は我が家は誰もいないし、車は俺が乗って出かけているので気づかなかったのだが、どうやら昼間、ここに無断駐車している輩がいたらしい
    俺がたまたま家の近くを車で通った日、見るからにDQN車が駐車場に、なんとその生垣跡の南側から斜めに頭から突っ込んで駐車してあった
    最初見たとき、事故って家に突っ込んだのか!?と焦ったものだ
    住人からしてみれば、南側の生垣跡は車の出入り口として認識していなかったのでその発想にまず驚いた

    けどまぁ、その日だけのことなら、とチキンな俺はスルーを決め込むことにした
    だが、それこそスレでよくあるように、DQN車は平日日中はちょくちょく停めていることが判明した
    ご近所の人に「車替えたの?」とか何度か聞かれたのだ(土地柄的にDQN車には寛容)
    スレを読んでいた俺には警察を呼んでも無駄であろうことは想像できたし、直接対決も怖いので結局泣き寝入り
    今更塀を付けてDQNに言いがかりをつけられるのも怖かった

    駐車場とは言っても元は庭なので、土の上に砂利を敷いただけだったため、車が出入りするたびに多少の砂利が道路に飛び出す
    東側の本来の出入り口は俺が竹箒で掃除していたが、このころから南側も俺が掃除する羽目になり、鬱々としていた

    ある週末、嫁が庭で家庭菜園をしたい、と言い出した
    駐車場の奥、西側の端は庭本来の土が残っていたので、その部分を掘り返して植物を植えたいとのこと
    スコップで土を掘り返し、腐葉土などを盛っておいた

    つづく

    662 :名無しさん@おーぷん2017/11/04(土) 21:36:17ID:A6n
    小学校時代、男子A、Bにいじめられてた。
    テンプレ一通りのことはされてて、自杀殳することも何度かよぎった。
    体格も声量も劣る俺は、毎日奴らの良いようにされてた。

    ある日、ABに連れられて人里から離れた丘陵にある廃坑跡に行った。
    虫やら蛇やらが出る場所で、途中には野生動物の出没注意の看板もあるような場所。

    宿舎みたいな小屋の横に深く大きいため池があったんだが、な ぜ か ABはそこに落ちた。
    足が届かず、「おい俺!早く助けろ!」ともがきながら叫ぶA。
    近くにロープが落ちていたのを見つけたが、
    う っ か り ロープを全部投げてしまい助けられなかった。

    やがて先に沈むA。苦しむAに足を掴まれ水中に引きずりこまれるB。
    はしごもないし、四隅は垂直のコンクリ製。どうやっても自力では上がってこられない。
    水しぶきが聞こえなくなるのに時間はそこまでかからなかった。
    ドラマとかで見る溺タヒ体って浮くものだと思ってたけど、実は沈むんだってことはびっくりした。

    AB。ごめんね助けられなくて。
    俺、ズブでノロマで役立たずのひょろもやしだからさ。


           悲鳴を上げる, 子, 女の子, 人, 子ども, 小児期, 叫び, 少年

    773:名無しの心子知らず2008/02/18(月) 12:16:33 ID:uBTwvdMp
    未遂話だけど、満を持して降臨。

    通販でDVDを購入している我が家。
    先々月、発売日に届くはずの物が届かなかった。

    荷物追跡では配達完了になっているので、盗難として警察に通報。
    そのことを近所の人、数人に注意喚起つもりで話をした2日後、
    盗られたDVDが開封済みでポストに入っていた。

    戻ってきたのはいいけど気持ち悪いし、先に見られた事に腹がたったので
    先月の発売日にフェイクのDVDに防犯ブザーを取り付け、ポストに入れておいた。

    警察に届けていることを知ったなら、もう来ないかと思っていた矢先、
    防犯ブザーの鳴り響く音がしたので、慌てて家から飛び出すと
    片手に大音量を出す封筒を握り、片手で抜けたピンを必タヒで探す
    同じ園のママがいました。

    「郵便がポストに入っていたから、渡してあげようと思って〜」と
    ひきつり顔の園ママ。
    私が「で、うちに何か用事?」とピンを差し込みながら聞くと
    「ううん、ただの通りすがり〜」
    とごまかしてたけど、うちのポストは通りすがりで中が見える構造じゃないし、
    コの字に家が並んでいるので、通り抜けは無理。

    前の件もこの人だと思ったけど証拠もないし、事の経緯を話し警察に届けだしてる
    ので、疑われると困るから気をつけてね。と言い解放しました。

    あれから何事も起こらないけど、園ママがやたら物をくれたりするので気持ち悪い。

    76 :名無しさん@おーぷん2014/05/25(日) 15:28:45ID:6dWWee8Yw
    3年ぐらい前に友人が新築の分譲マンションを購入した。
    うちにも案内チラシがよく投函されてたマンションだったんだけど
    そこは確かペット共生マンション。
    ペットOKよりもう一歩先の共生型マンションで、
    ペットの足洗い場があったりする。
    私は犬好きだけど今は飼育不可のマンション住まいなので
    いつかこんなマンションいいなーと眺めてたからよく覚えてる。
    その友人が買ったマンションがそこだと知った時
    あれ?彼女犬嫌いだったと思ってたけど違ってたっけ?と思って
    その疑問をぶつけてみた。
    そしたら「嫌いは嫌いだけど駅から近いしセキュリティもしっかりしてるし
    夫婦揃って通勤に便利な立地だから決めたんだー」と言ってた。
    ちなみに旦那さんは犬嫌いではない。彼女だけ。
    ン千万って言う大きな買い物なのに、大丈夫なのかな~と心配したけどそれは黙ってた。
    そしたら案の定、入居から3ヶ月経った頃から電話やメールがガンガンきて
    エレベーターが犬臭いとか、廊下で吠えられたとか、
    どいつもこいつもペットの躾がなってないとか怒り心頭。
    そりゃあルールを守ってない人がいるなら怒るのは当然だと思うけど、
    そこまで犬嫌いだったら、そもそもそんなマンション選ぶ方が馬鹿だと思うわ。
    それでもフンフンと愚痴を聞くぐらいならというスタンスだったんだけど
    だんだん犬好きなんて馬鹿が多いだの非常識が多いだの
    怒りの方向が変な方に向かってきて、犬好きの私としてはちょっとイラッとし始めた。
    で、とうとう「犬嫌いがペット共生マンションを買うってのが一番馬鹿なんじゃないの?」
    って言ってしまった。
    そしたら「マイホーム、先を越された者の僻みかしら、ウザいわー」って言われた。
    あー、もうずっと私のことその程度だと思ってたんだと思って
    「この間から目がシュワシュワするとか鼻水が酷いとか言ってるけど、それ花粉症じゃないと思うよ。
    たぶんペットアレルギーだと思う。素敵なマンションね。ご愁傷さま」と言って切ってやった。


           赤ちゃん, 眠っている赤ちゃん, 女の赤ちゃん, 新生児, かわいい, 裸

    883 :名無しさん@HOME2014/11/05(水) 12:35:370.net
    去年子供が生まれたら、入院してる産婦人科に義兄嫁が見舞いに来た。
    普段親しくしてなかったから意外だった。でも授乳時間以外は寝たいのに
    面会時間一杯居座られた。赤ん坊は同室で義兄嫁が授乳時間以外ずっと抱いて離さなかった。
    旦那が夜面会時間ぎりぎりに来て、居座っている義兄嫁におどろいたぐらい。
    次の日も面会時間開始と同時に来た。また夜まで粘られて食事が豪華で有名な産婦人科の
    食事を食べてるのをじっと見られるのにもまいった。デザートが食事の後に配れるのだけど
    それもじーとみてるんだもの。流石に夜来てびっくりしてる旦那に言って
    もう来ないでくれと義兄に電話して貰った。流石に三日目は来なかったけど
    退院する日に現れたのはびっくり。うっかり退院する日を教えたのは私だけど
    まさか現れるとは。その場には里帰りするために実父と実母が居たので
    挨拶だけして帰ろうとしたら、義兄嫁がさっさと後部座席に座ってしまった。
    車は普通のセダンだから後部座席に寝かせるチャイルドシート入れたら
    一人しか座れないのに、義兄嫁が先に座ってしまって、私達はぽかーん。
    実母が抱いてる赤ん坊に向かって手を出して「早く●●ちゃん下さい。」
    ●●なんて聞いたことも無い名前でした。実父が義兄嫁に「どういうつもりですか?」と
    聞いたら「え?●●ちゃんを自分の家に連れて帰るだけですけど。私さんが意地悪で
    三日ぶりにあったので早く抱きたいんです。早く車出してください。」
    これは頭おかしいと判断して、実母と赤ん坊連れて産婦人科前に居たタクシーを拾って
    実家に帰宅。義兄嫁はなんか叫んでましたが実父が抑え込んでました。

    ここまで来ると義兄嫁糖質?とか思うでしょ?病院で検査したけど全くの正気。
    自分は長男の嫁だから次男嫁が子供産んだら自分が育てて当たり前だそうで。
    ちなみに義兄嫁不妊じゃありません。女の子が四人います。
    義実家に跡取りが必要と言うわけでもありません。なのに一族(!?)に男の子が
    産まれたら自分が引き取るつもりだったとか。子供が四人もいるので
    結構揉めましたが先月やっと義兄夫婦離婚して、義兄嫁が親権要らないと言うので
    女の子四人義兄が引き取りました。

    556 :名無しさん@HOME2011/02/08(火) 00:10:070
     昨日絶縁してきた。

     ウトが事業に失敗し、総額2500万くらいの負債を抱えた。

     いきなり夫に「金かせ~!!」という電話がきたのが、1月末くらい。

     うちの夫は堅実で、若いころからしっかりと貯金をしており、ウトの借金を
    全額ではないが、ある程度返せるほどのお金を持っていた。
     ただ、そのお金は住宅購入の頭金であり、地価が高い地域なので、頭金が
    なければ、家は買えない。
     そこで、頭金を渡す代わりに、私と夫で義実家の土地にローンを組んで
    2世帯住宅を建てることにした。

     私は正直、結婚前にトメにいびられていたため、嫌だったが、さすがに
    夫の実家が競売にかけられるのを見るのはしのびなかったので、了承する
    方向で考えていた。

     しかし、先日トメと2人で会ったとき、
     「嫁子さ~ん。私、2世帯のプラン考えてみたの。」
     と、家の大まかな図を出してきた。
     どう見ても、ウトメたちのフロアのほうが広いうえ、金を出すのは私たち
    なのに、何しきってるんだ??と、腹が立ってしょうがなかった。

     続きます。


           メルセデス, ベンツ, ホワイト, 近代的な, 車両, 交通, 車

    361 :名無しさん@そうだドライブへ行こう2005/02/06(日) 00:25:32ID:55XXs1zb0
    マンションの駐車場に一晩違法駐車された。

    ヤマト糊たっぷりつけて、「勝手に停めるな田舎者」と書いた紙を貼り付けて
    おいてケー札に通報。
    翌朝、違法駐車してたDQNオヤジが張り紙みて叫んだ。
    「俺は東京から来たから田舎者じゃねえ!」

    駆けつけたケー札に、「田舎者の張り紙が許せない!」と怒るオヤジ。
    自分の事棚に上げて何を言ってるんだと、DQNオヤジこっぴどく怒られてました。

    運転席の目線辺りにB4以上のサイズで貼るのが効果的と判明。
    剥がすのにえらい苦労してたぞ。

    611 :名無しさん@おーぷん
    PTAの子供会で私がタヒにかけた修羅場
    20年近く前で、まだそこまでアレルギーが浸透してなかったのかな
    子供の頃だったからそれほど時世を理解しでたわけではないんだけど、それが原因で危なかった

    昔の子供会では予算が余ると皆でディズニーランドに行ったりと少しリッチな遠足行事が1月頃にあった
    そんな場だから準備される料理もそれなりで、私だけアレルギー持ちで使えない食材があったのに、見た目は他の子と同じでアレルゲンだけ抜いた料理が出てきた
    いつも皆と違うものを食べなきゃならなかったのですごく嬉しかった記憶がある
    母もお店の人に「うちの子に気を使ってくださってありがとうございます」と食べる前にお礼をしに行った
    私はその姿を見て、「私もお礼しなきゃ」と席を立ってコックさんのところへ行き、母の隣で頭を下げて「おりがとうございました」と伝えた

    戻ってきて料理を見ると、さっき見た時より人参とブロッコリーが多い気がした
    「あれ?でも私の記憶違いかな」と思いつつ、隣の子たちに「なんか私の増えた?」と聞いたけど「思い過ごしじゃない?」「何もしてないよ」と言われてそのまま食べた
    私のアレルギーは同じまな板で調理してついた分くらいは食べても出るようなものじゃないけど、アレルゲンと共に炒めたり煮たりしたらアウトで一気に出てきて呼吸ができなくなる
    そして私は食べて10分ほどで意識朦朧で倒れた
    顔がパンパンに腫れ上がって苦しくて涙ボロボロ流してもがく私に母がかけより、獣のような声で吠えてたのを覚えてる
    救急車がきたころには目があかなくなり、聞こえる音もぼんやりで、次に目を覚ましたころにはアレルギーを抑えるきつい注射を腕に刺されていた
    その日はそのまま入院して、翌日朝一でレストランの人が血相変えて謝罪に来た
    その時に母に「私の料理に誰かが嫌いなものいれたのかも」と告げた

    その後私の周りに座ってた子たちが呼び出され、私の料理に何かしたか質問したけど、皆口裏合わせてしてないと言う
    でも少し離れた席の子と、私達の席の丁度後ろ側に座ってた保護者が
    子「私ちゃんのお皿からお肉ほじくってとってるの見た」
    保「嫌いな食べ物の話をして、その後皆で嫌いな野菜を除いてどこかに集めてた」
    と証言したことで白状した
    子供の保護者たちはレストラン濡れ衣をきせるかたちになったことは謝罪したものの、私達への謝罪はなかった
    レストランへの謝罪も「お前のせいで面倒かけやがって」とはっきり言われた
    私のアレルギーはいつも違うものを食べるので周りに周知されていたが
    レストランの食事は(見た目は)皆と同じもの、子供が勘違いするのも仕方ないみたいなことを言われた
    その時点で相手の保護者父母10人vsシングルマザーの母1人
    私の小学校は登下校時さえPTAの集まりがやってたから、PTAで私が総スカン喰らったら、一人で登下校時させなきゃならなくなる
    しかも周りは当時まだアレルギーに知識がなく、こちらを理解してくれるどころか、多勢の方に加担する人しかいない
    母は苦渋の決断で、父の残してくれた家を手放し、小3に上がる頃に隣県の小児アレルギーを見てくれる病院のそばに引っ越した
    アレルギーで倒れてから引っ越しまで3ヶ月ほどしか無く、母の行動の速さを今更思い知って当時の母には感謝してる

    その後、私の地元出身の後輩とたまたま高校で知り合い、その人から
    「俺の地域ってPTA活動が盛んだったけど、俺の2個上の人が遠足中に倒れたらしくて、俺が入学した年からなくなったんですよね
    マジ俺楽しみにしてたのに、そいつタヒんでほしいわー、皆タヒんで欲しいって恨んでたんですよ」と言われた
    私、アレルギー一つでどれだけの人にタヒねと思われ続けてるんだろうと思うと悲しくなった


           老人, 高齢者, マクロ, 男, 古い, 人, 肖像画, おじいちゃん, 祖父

    456 :名無しさん@おーぷん2017/11/13(月) 13:25:23ID:eKd
    義祖父がボケて、私を妻と思い込んでしまって大変だった
    義祖母の昔の写真見せてもらったら確かに似ていた
    夫の実家は義祖父母同居で、私が行くのはあまりよくないかなと思いお盆と年始だけにしたら義祖父が時々私を探し徘徊するようになったので、定期的に会うことにした
    本物の妻の前で妻を装うだけでも修羅場だったし、私におやすみの挨拶して眠ってそのまま亡くなったもんだから、ずっと罪悪感がある
    義祖母は葬儀の参列者に笑って私の話をしていたし、「気にしないで、ありがとう」と言ってくれるけど、気にしちゃうよ……

    このページのトップヘ