929 :鬼女タウン 2016/02/03(水) 18:42:19 ID:gH7
    エネme話で叩かれそうなので書き捨て。
    結婚して15年、もう本当にエネmeだった。頭にお花が咲いて、いい格好しいだった。
    「私さえ我慢すれば」「子供ができたら、この人もきっと変わってくれる」
    「告げ口なんてはしたない」「頑張りはきっと誰かが見ていてくれる」
    「誠意の通じない人なんてこの世にいるわけない」
    全部本気で思ってた。
    でも「子供ができたら~」は叶わなかった。
    これは後でわかったんだけど、夫、私と結婚前にパイプカットしてた…。

    結婚後は即同居。
    義理両親、夫、私、義兄、義姉(出戻り)、義姉子2人、義妹、義祖母の10人家族。
    10人分の家事って、それだけで一日が終わるくらいの量。
    洗濯機は一日何度も回さなきゃならないし、食事も三度三度、義父と夫と義妹と義姉子たちのお弁当作って
    義祖母の介護して、義姉子が帰ってきたら世話して…買い物行く暇もない。
    みんな洗面所を使った後は床がびしゃびしゃだし、トイレも朝夫たちが出勤したあとはすごい悪臭+床の汚れ。ちなみに和式。
    渡される生活費は12万。充分じゃん?と思うだろうけど、10人分はだとカツカツ。
    ここから義祖母のオムツや医療費、義姉子の月謝やおやつ代も出さなきゃいけないし。
    夜は義父の背中を流させられる。さすがに服を脱ぐのは拒否。背中殴られたけど、拒否を貫いた。
    義母は空気。義姉は鬱病だそうで、一日中ぼーっとしていて何もしない人。携帯が普及してからはずっと携帯いじるようになった。
    義妹は唯一まともに私としゃべってくれる子だけど、どうしようもなくDQN。
    義兄は自分以外の全てが嫌いで、特に女が嫌いっていう人。
    義姉の娘を陰で虐待してた(肉体的暴力)。やめさせたら唾吐いてきた。
    夫は空気。結婚したら空気になった。

    945 :鬼女タウン 2016/02/03(水) 21:36:28 ID:66E
    「これ冷え性にいいんですって」と分けてもらった
    ヒマラヤ岩塩っていう黒っぽい塩を風呂に入れたら異臭騒ぎになったわ…

    1 :鬼女タウン 2017/01/17(火) 23:53:43 ID:WcR63D+XK.net
    どうしたらいいんだ…
    どこの部屋かは不明だが物音は明らかに上から聞こえた


    警察に通報するにも情報が少なすぎる

    115 :鬼女タウン 2015/02/08(日) 21:08:47 ID:ko8
    暴力あり。

    うちの親父が、俺の娘に半年以上セクハラをしていたと今日はじめて知った。
    身バレしてもいい。フェイクなし。
    親父は72歳。校長まで勤めあげた、今でも先生先生言われてるジジイ。
    娘は13歳中学生。俺から見てもおとなしくて内気な子。
    恥ずかしい話だが親父は俺の嫁が若い頃にも、セクハラまがいの冗談(と親父は言ってる)を
    しょっちゅうかましていた。
    「若いから乳が張るだろう~」と両手を乳モミモミの形にして追いかけ回したり
    泊まりに行ったら「メンスなら、ナプキンは持ち帰ってくれよ。家が生臭くなるからなワッハッハ」
    と飯食ってる最中に言いだしたり、
    俺が結婚した途端に誰だこのエ□オヤジ?っていうキモイ言動をするようになったので
    しばらく疎遠にしていたという過去があった。

    554 :鬼女タウン 2017/05/14(日) 16:33:15 ID:???
    病院でも学校でも平気でタバコ吸ってたなあ
    男性はタバコ吸って一人前ぐらいに喫煙率は高かった気がする

    803 :鬼女タウン 2016/02/01(月) 16:26:26 ID:lGv
    家の隣が元々社宅だったのだが、社宅を潰して集合住宅を建てるようだ
    それはいいんだけど、我が家の庭に家屋の背面をびっしり横付けしてくるようで悲しくなってきた
    建てる前は竿地にするみたいなこといってたのになぁ...
    庭木が壁に隠れてしまうのでダメになりそう
    一応うちから60センチ離してるから日照権的には問題ないらしいんだけどね
    あと庭木の落ち葉とか凄い苦情来そうで今から憂鬱

    177 :鬼女タウン 2017/04/16(日) 10:47:11 0.net
    義兄嫁がお産で亡くなった義妹の子を養子にもらいたがって暗躍中だったのが判明
    ウトメは義兄嫁に説得されちゃて孫ちゃんと会えなくなるよりその方がいいと思いはじめ

    うち夫と義兄は実の父親が育てるべきって意見で私も同意
    義妹夫も子を手放す気はないので保育園や養護施設を探し始め、義妹夫の母も呼び寄せた

    それで思うように行かない義兄嫁がものすごい怒って騒ぐまではまあわからんでもない
    わからないのは、なんで私に味方になってうちの夫や義妹夫を説得してよって要求やら懇願やら説得やら寄越すのかなって点
    もともと義兄嫁と私仲良くないのに何で味方になると思うのか・・・?

    義妹がデキ婚してマスオさん状態だったので義妹の突然のタヒ後も義妹夫と赤ちゃんは義実家で同居を継続している
    義(妹夫は会社員なので日中子育てしてるのはウトメ)
    そこへ義兄嫁が入り浸って手伝って、ウトメを洗脳
    ・赤ちゃんには両親揃ってる方がいい
    ・義妹夫はまだ若いから再婚して家庭を持つ可能性がある
    ・長男家だから同居する予定
    義妹夫が再婚したら子供連れて行かれちゃうよ~
    継母にいじめられるかも?
    義妹夫だってまだ若いから身軽な方がいいよ
    だから義兄夫婦が義妹の忘れ形見を養子にして同居すれば皆幸せ!
    という主張
    たしかに一つの方法ではあるが、義妹夫に無断な時点でアウトと思う

    義妹夫がうちの夫と友達で義妹との縁もそこからなので、夫が義妹夫に連絡して事のあらましを伝えた
    義妹の夫はウトメに甘えすぎたと反省して、当面は保育園や行政の補助でどうにかしようと動き出した
    実は会社に転勤希望の相談も出してて、義妹の法事が一区切りを目安に地元に戻って実家に頼りながら育てる気だったそう
    ウトメは義妹夫からそれ聞いて大騒ぎしてたけど義兄と夫が説得中

    623 :鬼女タウン 2014/01/15(水) 08:44:02 0
    流れ豚切って箇条書き

    ・旦那単身赴任で2才娘と二人暮らし
    ・私風邪を引く
    ・私が寝てる間に娘が鍵をあけて庭に出て更に逃走
    ・警察に保護されるが身元わからず
    ・どう判明したのかわからないけど4時間後自宅判明、しかし誰も電話出ない
    ・旦那に連絡行く、旦那パニック
    ・警察が自宅に踏み込む
    ・布団で寝ていた私、体温40度超えて意識戻らず病院搬送
    ・目が覚めたら病院で親族勢揃いで4日経ってた

    娘に何かあったらと思うとぞっとするし、鍵を勝手に開けられるようになってたのはびっくりした。
    でもあのとき娘が勝手に出ていかなかったらたぶん私がタヒんでた。

    14 :鬼女タウン 2018/04/06(金) 15:32:04 ID:ClC
    質問です。
    私、二十代女性ですが、子供が苦手です。
    嫌いなわけではないのですが、小さい子が周りにいなかったせいか、対応の仕方がわかりません。
    将来的に子供は欲しいのですが、子供が苦手な人ってやっぱり子供って持たない方が良いのでしょうか。

    2 :鬼女タウン 2016/01/08(金) 07:54:56 ID:VO1
    昨年の今頃、交通事故に遭いそうになった。
    朝のまだ暗い時間で、左折する際、飛び出してきた自転車(無灯火)の女子高生を轢きそうになった。
    (この時点で歩行者信号は赤、車側は青)
    幸いスピードは極限まで緩めていたので、ぶつかりはせず
    女子高生は転倒→重度の捻挫で済んだ。
    ただ、運の悪いことにその女子高生は高校三年生。
    センター試験直前で、かなり号泣→身元を聞こうにも話ができず、
    後処理をするのがかなり大変だった。

    何とか連絡先を聞き出し、ようやく親が登場したが
    「警察に通報する!」「治療費を払え!」とふぁびょるふぁびょる。
    自分の娘の心配より先に、金の出所を気にしてるよう。
    あまりに腹がたったので
    「は?無灯火信号無視で飛び出してきたのはお前の娘なんだけど?」
    「治療費?ふざけんな。自己責任だろ。ぶつかってもないのに病院に運んでやっただけでもありがたいと思え。」
    とどめに
    「そんだけ馬鹿なら、大学受験なんて全落ち確定だろ。無駄な高校生活だったなww」
    と言ってやった。
    それを聞いた女子高生は呆然→号泣。
    両親たちは呆然→無言。
    諦めて女子高生を慰め始めたので、無視して帰ってきた。
    それ以降音沙汰はないし、胸糞悪い出来事だった。


    …という話を今勤めている会社の先輩(男)に聞かされた時、瞬時にこのスレを思い出した。
    自転車(無灯火)や、相手の両親の態度にも疑問はあるが
    そこまで女子高生を叩きのめす発言ができる神経がわからん。

    このページのトップヘ